マネー ボール 実話。 マネーボールのレビュー・感想・評価

マネーボール (映画)

マネー ボール 実話

公開 2011年 監督 ベネット・ミラー 主演 ブラッド・ピット TOMATOMETER 94% MLBの球団、オークランド・アスレチックスのGMをやっているビリー・ビーン。 アスレチックスは健闘しているが資金力が弱く、 資金力のある球団に選手を引き抜かれていく状態でした。 メジャーリーグの傾向としても、金銭ゲーム、マネーゲームの側面が強くなっており、 貧乏球団と金万球団の格差は拡がるばかりでした。 ビリー・ビーン ブラッド・ピット はセイバーメトリクス手法を取り入れ戦うことを決意しますが、 それは、 今までの野球観や常識と異なる考えになり、成功する保証もない、批判や懐疑的な目が多い中、 信念を持ち、セイバーメトリクス手法をビリー・ビーンは進めていきます。 資金力の差という不公平性の中で勝つために 記事内の画像は「」から引用 2001年10月15日にアスレチックスはヤンキースをあと一歩まで追い詰めましたが、力及ばず。 しかも、アスレチックスの主力のデーモンとジオンビはヤンキースなどに引き抜かれてしまいます。 1億1445万7768ドルのヤンキース対3972万2689ドルのアスレチックスという資金力に大きな格差がある戦いでした。 追い詰めても、 主力を引き抜かれてまるで下部組織のような状態の中で戦わなければいけないという不公平な戦いです。 資金を増やしてほしいとビリーはオーナーに頼みますが、願いは叶わず。 あくまで優勝を目指すビリーは主力が引き抜かれ厳しい状態の中で、 資金力に頼らず金満球団に対抗する策を考えます。 固定概念を覆すビリー・ビーンのチーム編成 記事内の画像は「」から引用 ビリーはインディアンズで出会った ピーター・ブランド ジョナ・ヒル に目を着けます。 ピーターは選手の分析の仕事をしており、 考え方と才能を見込んだビリーはピーターを引き抜くことにします。 ピーターを手に入れたビリーは、 セイバーメトリクスでのチーム強化を進めていくことになります。 攻撃では、打率や打点、本塁打などの分かりやすい部分が評価されがちな世界で、 ビーンたちは出塁率を重視します。 打撃や野手に対して重要視したのは、• 出塁率が高い• 長打率が高い• 選球眼が良い• 慎重性がある の要素で、安打数ではなく 四球を含めて良く出塁する選手を評価し、 また、 どんな手段でも出塁することを重視しました。 逆に重要視しない要素として、• バント・犠打は駄目• 盗塁は駄目• 打点・得点圏打率は偶然• 失策、守備率は度外視 などの 偶然や判定結果に左右されるものや 自動的にアウトを献上する行為を排除していくという考えです。 投手で重要視した要素は、• 与四球が少ない• 奪三振をよく取る• 被本塁打が少ない• 被長打率が少ない という 失点に結びつかない要素を重視しました。 逆に重視しなかった投手の要素は、• 被安打の数• 防御率・自責点• 勝利数・セーブ• 球速 などの、 アウトに関係のない部分や 投手個人による要素だけではないものを重要視しませんでした。 セイバーメトリクスでアスレチックスは快進撃! 記事内の画像は「」から引用 セイバーメトリクスを基に選手を獲得し、チーム構成を作りましたが、 指揮する監督 フィリップ・シーモア・ホフマン や選手一人ひとりには意識付けできていないので、 最初からうまく機能したとは言えない状態で、むしろ負けこんでいました。 オールスター前などの、前半戦は ビリーが推すハッテバーグ クリス・プラット が起用されず、 ビリーの思うようにチームが機能されて行きませんでした。 ビリーは荒療治とも取れる手段で、 ルーキーのペーニャや素行の悪いジェレミー・ジアンビ ニック・ポラッツォ を移籍させ、 チームに自分の考えを浸透させていくように現場にも積極的に介入していきます。 チームの歯車がかみ合いだした アスレチックスは20連勝という記録を打ち立てます。 その影にはセイバーメトリクス理論に基づいたチーム編成が大きく影響していたのは事実です。 マネー・ボールは批判や論争も生んだが爪痕は残している 記事内の画像は「」から引用 映画のマネー・ボールはセイバーメトリクス理論で アスレチックスが快進撃を起こしたという実話が基になった映画です。 そう考えればネタバレも何もその通りという感じですね 笑。 マネー・ボールの良い部分は、 まずテンポが意外と良いということと、 やっぱり ブラッド・ピットが主役で良かったなという部分はありますね。 地味な話といえば地味な話ですし、選手や試合がメインではなく理論や裏方がメインなので、 やっぱりブラッド・ピットは画が持つし観てられますな。 テンポは試合もそうですし、会議や選手とのやり取りなど、ポンポンと進んで怠くなく観れます。 また、離婚してる妻と娘が出てきますが、 変にストーリーに絡まなくて脱線しないので良かったです。 ストーリーに関係ないけど娘が歌う歌は意外と良かった 笑。 映画:マネー・ボール、野球に興味がなくても面白い! 記事内の画像は「」から引用 華やかなMLB、 メジャーリーグの世界であっても格差は存在しており、 また、 GMという裏方の仕事はあまりスポットを当てられないので、とても興味深いです。 派手さはないですが、野球のシーンも良く出来てるし、 ビリーとピーターを中心にセイバーメトリクスがチームに浸透していき、 アスレチックスが快進撃を起こすまでの流れもテンポが良くて楽しめます。 多少、 映画、マネー・ボールはビリーとセイバーメトリクス理論を持ち上げていて偏りはあるようですが、 実話ですし、現実として起きたことなので違和感もなく楽しめます。 また、野球の試合そのもののシーンは少ないですが、戦っていることが伝わり、 データから新たな野球の側面もわかって、面白い映画だと思います。 とにかく百聞は一見に如かずですので、 言いたいことは、 「マネー・ボール」、オススメです!.

次の

マネーボールはもう古い?低予算アスレチックスの新戦略|MLB|集英社のスポーツ総合雑誌 スポルティーバ 公式サイト web Sportiva

マネー ボール 実話

Vol. 270 『マネーボール(2011)』 実話の映画化。 それまでの常識にとらわれない統計を重視した戦略で、低迷していた球団を生まれ変わらせたゼネラルマネージャー(GM)、ビリー・ビーンの姿を描く。 成績は振るわず、資金も不足していたオークランド・アスレチックスでGMを務めるビリーは、現状を打破するため、斬新な方法を取り入れるが……。 マネーボール [DVD] 販売元:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント Cut the crap. ビリー: よせよ、ピート。 ビリーは、イェール大で経済学を学び、独自のデータ分析による選手評価を行っていたピートを他球団から自分の補佐に引き抜いた。 ある時彼は、選手としての自分の評価をピートに尋ねたが、ピートは正直ではないコメントをしたため、これを一喝する。 このフレーズは「でたらめを言うな」「バカにするな」ときつく言う場合に、よく使われる俗語表現。 crap は「たわ言、ナンセンス、うそ、ふざけた態度」などを意味しているが、そもそもは「くそ、汚物」を表す語。 そのため、安易に使うべきではないが、覚えておきたい表現の一つだ。 同じフレーズは『ゴッドファーザー』(72)、『メリーに首ったけ』(98)、『ブルース・オールマイティ』(03)、『バタフライ・エフェクト』(04)、『マイアミ・バイス』(06)など多数の作品に登場している。 なお、「くそっ」「ちくしょう」を表す感嘆詞の一つに、Crap. もある。 Baxter: Cut the crap, General. (バクスター: ふざけないでください、准将) 『ザ・ロック』(96)より アメリカやカナダの女の子にとって、16歳は一人前の女性として認められる重要な年。 盛大な誕生日パーティーを開いて祝う人も多くいます。 この習慣は「Sweet 16(直訳:甘い16歳)」と呼ばれるのですが、ここで説明したのは、本作の劇中にユニークな形で登場していたからです。 2002年9月4日、ビリーらが率いるアスレチックスが、劇的なサヨナラ勝ちでア・リーグ新記録の20連勝を達成しました。 劇中には球団の快進撃を表すのに、16勝時には「Sweet 16」、17勝時は「Sweeter (もっと甘い)17」という応援ボードを掲げるファンの映像が盛り込まれています。 ギルモア・ガールズ(2000-2007)•

次の

マネー・ボール

マネー ボール 実話

今シーズンもオークランド・アスレチックスが絶好調です。 6月11日現在、40勝26敗・勝率. 606とリーグで唯一勝率6割以上をキープし、激戦区と言われているア・リーグ西地区で強豪チームを抑えて首位に立っています。 他球団に比べてアスレチックスの予算は少なく、2012年のチーム総年俸は30球団中29位、2013年は26位、そして今年は27位。 限られた予算で遣り繰りせざるを得ないため、毎年のように主力選手を放出しています。 しかし2012年、2013年ともに地区優勝を果たし、今年も3連覇しそうな勢いです。 今回はアスレチックスの強さの秘訣について触れたいと思います。 現在チームトップの7勝を挙げているスコット・カズミアー アスレチックスといえば、まずは誰もが「マネーボール」という単語を思い浮かべるでしょう。 しかし、そのような戦略は10年以上前の古い話です。 映画化されて日本でも話題となりましたが、他球団も次々とその戦略をマネたので、すでにメジャーの世界でマネーボールの時代は終わっています。 現在のアスレチックスの強さは、マネーボールが主軸ではありません。 今、ビリー・ビーンGMはチーム作りにおいて、「重要なことは、ふたつある」と言っています。 まずひとつは、「トレード」。 そしてもうひとつは、「再生プロジェクト」です。 では、この2点について、具体的に説明していきましょう。 メジャーリーグのどの球団でも、トレードの際に心がけている点は、「選手の市場価値が高いときに売れ」ということです。 アメリカには、「選手のピークが過ぎる前に放出する」という一種の不文律みたいなものがあります。 もちろん、主力選手の放出が可能となるには、それに代わる若手選手がファームで育っていなければなりません。 しかしながら、アスレチックスのファームの充実度は、実のところメジャー最低クラスの評価なのです。 ではなぜ、主力選手を次々と放出できるのでしょうか。 それは、アスレチックスがトレード分析能力に秀でているからです。

次の