オキナワ マルバネクワガタ。 Neolucanus1

日本のマルバネクワガタ

オキナワ マルバネクワガタ

今年もそろそろですね、オキナワマルバネクワガタ。 やんばるの森のみに住むクワガタで、成虫は秋(9~10月頃)に現れます。 2016年、環境省は「種の保存法」により国内希少野生動植物種に指定し、採集や譲渡等を禁止しました。 生息環境の悪化や採集圧により減少が著しく、またやんばるは国立公園化、世界自然遺産登録を目指す中でやむを得ないことでしょう。 国内希少野生動植物種の指定前、最後のシーズンとなった2015年の秋は相当数の採集者が来ていたようです。 指定後の昨シーズン(2016年)は、マルバネの季節に合わせるかのように国頭村では村営林道の夜間通行規制を9月より開始しました。 また、採集者を取り締まるため、環境省や地元警察、森林組合、住民らによるパトロールも強化されました。 まあ、マルバネに限ったことではありませんが、やれやれと言いますか、相も変わらずですね。 関連記事 スポンサーリンク 目次• オキナワマルバネクワガタはなぜいなくなった? そもそもオキナワマルバネクワガタは本当に減ってしまったのか? 減ったとしたらいつどこでどのくらい減ったのか、これまでのモニタリングデータは? その原因を示す科学的データは? と言いたくもなりますが、減ったという話しか聞かないので減っていることは間違いないでしょう。 問題は、なぜ減ったのか?ということですね。 やはり採集圧? 度を超えた悪質な乱獲、商業目的の大量採集、繁殖場となる樹洞の盗掘など、このような採集者を擁護するつもりはありません。 しかし、マルバネ減少の要因を採集圧として、ただ採集禁止、採集者の取締りという現状の対策は、まるで採集者のみを悪者に吊るし上げ、根本的な要因から目を背けさせている気がしてならないのは私だけでしょうか? スポンサーリンク やんばるの森と林業 やんばるの森に来ると、まず驚くのが林道の多さです。 やんばる3村(国頭、大宜味、東)の林道密度は7. さらに林道舗装率は、全国平均の44. 2015年3月、国頭村における林道事業に対し、県の公金支出差し止めを求めた裁判の判決(那覇地裁)があり、休止中の林道事業の再開は社会通念上是認できない、としました。 現在も林道開設は休止のままで、世界遺産登録を目指す中で今後も事業の再開はないでしょう。 やんばるの森の中を網の目のように縦横無尽に走る、異常ともいえる林道事業の実態が裁判で明らかになったわけですが、この訴えがなければ未だに新しい林道がつくられていたかと思うとぞっとします。 しかしその一方で、林業という名のもと、国頭村の村有林では毎年10ha程の規模で皆伐(ずべての樹木、草木を伐る)が行われています。 木材資源の需要が低迷し、将来的な見込みもないまま、補助金によって成り立たせている事業です。 もちろん、土砂流出防止や水源涵養、生態系の保全といった多面的機能を有する一次産業(本土の中山間地域の農業や森林育成など)のように公益性の高いものであれば、補助金による支援が不可欠と言えます。 しかし、やんばるの現状の林業はと言えば、需要が見込まれないまま皆伐して有用樹の人工林に転換するというもので、公益性どころか皆伐による赤土流出や生態系の破壊といった環境への影響が非常に大きいものです。 補助金によって続ける事業でないことは明白でしょう。 最近では、環境への配慮を謳い、下のような看板を現地で見ることがあります。 そもそも、この試験を実施する背景や目的が全くわかりません。 帯状択伐と皆伐の違いは何ですか? 配慮事項として「沢沿いの樹木を残置」とありますが、大型機械では沢沿いの急傾斜地での作業はできませんし、地図を見るとそもそも沢は試験区域外になっていますし、一体何を言いたいのか理解に苦しみます。 スポンサーリンク 採集者の取締りだけでは何も変わらない、マルバネ減少の本当の要因は? オキナワマルバネクワガタの減少の根幹は、このような林業と林道事業にあると考えられます。 森林の皆伐による生息地の破壊・分断にはじまり、林業のための異常な数の林道開設がさらに環境の悪化、側溝での乾固死、ロードキル等を招いただけでなく、悪質な採集者の森の奥への侵入を許してしまったのではないでしょうか。 もちろんこのような要因は、私の推測であり、異論・反論あるかと思います。 採集禁止と採集者の取締りは、現状では必要と思いますが、同時にモニタリングによる生息状況の把握、減少の原因究明と対策がなければ単なるパフォーマンスと言わざるを得ません。 皆伐によって人知れず消えていくものより、採集者による捕獲のせいにした方が対外的にも目に見えてわかりやすい、というだけです。 昨年、採集者取締りのパトロールの様子が地元新聞に写真とともに掲載されていました。 森林組合が参加していることに驚きましたが、地元住民と思われる女性参加者の足元がサンダルだったことにはもっと驚きました。 一体何をしているのでしょうか? まとめ やんばるでは、毎年新たな森が伐り拓かれ、皆伐による林業が税金によって今も続けられています。 昨年9月にやんばる国立公園が誕生しましたが、そのエリアは林業を優先するかのような限定的なもの。 全体として見れば、やんばるの森の質は低下の一途を辿っています。 もちろん戦後の荒廃した地から森の育成に尽力し、現在も林業で生計を立てている方がいらっしゃいます。 環境省や沖縄県は、原生的な森に生息・生育する固有種を価値とする世界自然遺産登録を目指すのであれば、現状の林業ではなく本来あるべき亜熱帯の自然を保全・活用した地域づくりへ転換するべきでしょう。 林道も、管理用の必要最小限なものを残して、それ以外は取り壊すぐらいの改革をするべきです。 オススメ!.

次の

2018年秋のオキナワマルバネクワガタ

オキナワ マルバネクワガタ

Neolucanus1 Neolucanus protogenetivus Y. Kurosawa,1976 アマミマルバネクワガタ 奄美大島・徳之島・請島に分布 請島の個体群はssp. hamaii Mizunuma,1994とされる 歯型の変化が見られて『大歯型』が出現するグループの一つであるが、知る範囲では他種に比べてその割合は少なく、徳之島産と請 島産でそれぞれ数例知られ て いる程度。 奄美大島産は従来知られていなかったが、BE-KUWA(むし社)33号ギネスで『奄美大島油井岳産 の大歯』個体が図示された。 2009年10月オークションサイトに同一飼育群と思われる飼育品の大型個体が出品され、その紹介画 像の中に上記個体を含む大 型の個体がお り、さらに 2010年1月には上記の中の大歯個体も出品・。 マルバネ類を特に大きくする飼育法というのは現在存在しないと思われ、従って野外でも『大歯型』が出現す る可能性はあると考えられる。 下に図示できた大歯型は上記個体群と同系統の瀬戸内町産F 2飼 育個体 瀬戸内町 奄美大島 湯湾岳 奄美大島 金作原 徳之島町白井 伊仙 徳之島 伊仙町 徳之島 2013年10月1日、奄美大島とその周辺の5市町村(奄美市、龍郷町、大和村、宇検村、瀬戸 内町)で、希少野生動植物の保護に関する条例が施行され、アマミマルバネクワガタの採集ができなくなった。 種指定であり、現在ま で記録のない与路島や加計呂麻島でマルバネを発見したとしても、合法的に採集し、発表する手段がなくなったことになる ここに図示した個体は、いずれも条例の制定前に採集または飼育されたものです 現在、種としてアマミマルバネを合法的に採集できるのは、ハブだらけの徳之島だけになってしまった 瀬戸内町 奄美大島 奄美大島長雲峠 徳之島町白井 ssp. hamaii Mizunuma,1994 ウケジママルバネク ワガタ むし社世界のクワガタムシ大図鑑で記載された瀬戸内町請島に産する個体群。 しかし島嶼分布なので亜種として扱われることが多い 大山 請島 大山 請島 Allotype 神奈川県立博物館所蔵 大山 請島 条例により天然記念物に指定され採集禁止であるが、指定前に採 集された 個体やそれらを元に細々と累代されている個体が存在するようで、オー クションサイトなどでたまに出品されているのを見かける Neolucanus okinawanus Sakaino,1984 オキナワマルバネクワガタ 沖縄本島北部にのみ産する。 減少した時期に個体数に影響を与えるほどの採集圧がかかった とは思われないこと、当時はまだマングースが北 部国頭村に達していなかったこと、米軍演習場は半世紀にわたり存在しているが個体数の減少が最近起こったこ とから、林道整備による生息域の分断・乾燥化が 主原因と言われている Neolucanus insulicola Y. Kurosawa,1976 ヤエヤママルバネクワガタ 八重山諸島(石垣島・西表島・与那国島)に産し、与那国の個体群は亜種 donan Nizunuma,1984 とされる。 体色はやや褐色を帯び、夜間採集で懐中電灯で照らすと赤っぽく見える 野底岳 バンナ岳 仲間川林道 仲間川林道 仲間川林道 バンナ岳 於茂登岳 仲間川林道 ssp. donan Mizunuma,1984 ヨナグニマルバネクワガタ 石垣・西表に比べると生息地の範囲が狭く、産地における個体数はあまり多くないようである。 しかしその(少ない)イメージと幼 虫の飼育が比較的簡単であ る ことが幸いしているのか、飼育されている個体数はかなり多いように感じる。 本種は2011年4月1日より種の保存法に基づいて「国内希少野生動植物種」に指定されたため、譲渡などができなくなった。 「売るのもあげるのもダメ」ということになったわけで、普通に3桁の産卵数になる本亜種は従来であれば『殖えすぎた分は他の人 にあげよう』というのが出 来たわけだが、それが違法状態になった結果おそらく飼育個体数は減ったのではないだろうか 野生個体群に対する保護効果も怪しいもんだが、指定の結果「種としての個体数」が減るという結果になったと思われることが釈然 としない インビ岳 満田原 インビ岳 比川 Neolucanus maximus Houlbert,1912 マキシムスマルバネクワガタ 中国南部からインドまで分布し、台湾産も本種の亜種とする場合がある。 大腮には「タテヅノ」が2対見られ、大腮基部の突起の方が 大きい。 アッサム周辺産は眼縁突起の形状や鞘翅の光沢が異なることからssp. confucius Lacroix,1972 とされる ssp. confuciusに相当する個体 Thrumshingla National Park 住所: Buthan Fang N. thailand ssp. maximus Doi Inthanon Thailand Sapa N. Vietnam Nghe-an C. Vietnam この行の個体の体長はほとんど同じだが、大腮の歯型は異なる 左個体の側面 Nghe-an C. Vietnam Nghe-an C. Vietnam Nghe-an C. Vietnam Nghe-an C. Vietnam Nghe-an C. Vietnam Nghe-an C. Vietnam ssp. fujitai Mizunuma,1994 福建省 眼縁突起が突出し、やや細身の個体群 江西省 九江 広西壮族自治区 大明山 広西壮族自治区 大明山 ssp. vendli Dudich, 1927 オオマルバネクワガタ 台湾産の個体群。 独立種として記載されたが、旧大図鑑で maximus の 亜種とされて以降この扱いが踏襲されている。 Neolucanus perarmatus Didier,1925 ペラルマトゥスマルバネクワガタ ベトナム北部〜中国南部に分布。 中国産は大腮が長く伸び、上に向く歯の形状も異なるが、分布境界が不明瞭でクラインのようになっ ており亜種にするのは困難 と思うが、新大図鑑ではssp. goral Kriesche, 1926 を復活させて中国南部〜東部の個体群の亜種名としている。 Vietnam これ以降がssp. 平均的な大きさや大腮の形状に地域変異が見られるが、個体数が少ないため か現在までに亜種記載はさ れていないようである。 しかし、本種の分類上の位置付けが明確になったのは下記のように旧大図鑑発行時であり、それ以前には日本 産を含む[タテヅノマルバ ネクワガ タ]に Neolucanus saundersii が充てられていた影響から、ヤエヤママルバネクワガタなどを saundersii の亜種として記述してある文献・サイトも多く見られる Darjeeling India 上を向く突起は先のものの方が 長い Darjeeling India N. India 現在では クワガタ の輸入ルートが多岐にわたるようになってそれほどではなくなったが、少し前までは輸入ルートも数少なく、従って珍品が入荷したと きに最初に声をかけてもら える順番もある程度決まっていた。 要するに我々のような末端に珍品が最初に来ることは無かったわけだが、それなら最初の方の順番が完全に決まっているかというと そうではなく、ある意味早 い者勝ちの部分もあったのである。 『南西諸島のクワガタ採りの名人』の称号を恣にしていた水沼哲郎氏(月刊むしクワガタギネスにおける南西諸島産マルバネクワガ タの初代タイトルホルダー であったこ とからもそのあたりのことは伺える)は、その最初の方の一員であった。 あるとき、ダージリンから大型マルバネクワガタの大歯型が 3頭入荷した。 その内の2 頭はさっさと行き先が決まってしまい、タッチの差で出遅れた水沼氏に残されていたのは大歯とはいえもっとも小型の個体だった。 だが、 donan 記載時に多くの文献に目を通していた強みからか、水沼氏は入手した個体が従来入荷していた「タテヅノマルバネクワガタ」とは形態 が異なっていることに気づ いた。 なんと、先に売れてしまった大型 の2頭はただの Neolucanus maximus (ただしssp. confucius )で、残されていた個体は『真の』 Neolucanus saundersii 、世界のクワガタムシ大図鑑 223ページに載ることになる個体だったのである Putao Kachin Putao Kachin Sagain Myanmar E. Kachin 東部カチンには、より体長 が小さくとも大歯型になる個体群が分布している 大歯型でも基部の突起はほとんど 認められない E. Kachin Neolucanus giganteus Pouillaude,1914 ギガンテウスマルバネクワガタ 大腮先端にのみ上向きの歯を有する。 藤田 2010 は新大図鑑で、ベトナム北部〜広西チワン族自治区にかけての褐色味の強い個体群に対しssp. spicatus Didier,1930を充てている ssp. giganteus Pouillaude,1914 Mai Phonsali N. Laos Mt. Maotoushan Yunnan Mt. Maotoushan Yunnan ssp. spicatus Didier,1930 この亜種を認めるとすると、亜種の境界は 広西チワン族自治区〜四川省にあるようである TamDao Pia Oac Caobang VietNum 広西チワン族自治区 大明山 広西チワン族自治区 大明山 左の個体は大歯ではないが、大腮基部に も小さいながら上向きの歯を有する。 眼縁突起の形状も何となく tanakai っぽい。 広西チワン族自治区 広西チワン族自治区 Neolucanus maedai Nagai,2001 マエダマルバネクワガタ 某氏はこの種が入ってきたときに、『 Neolucanus yokozuna』 という名で記載したかったらしいのだが、永井氏が先に maedai の名で記載してしまった。 鞘翅の光沢がかなり強く、前胸の形状と合わせ他種との区別は楽。 タイ中西部の比較的狭い範囲に分布して おり、最近ミャンマー東部 からも maedai と 見なせる個体群 が得られたが、眼縁突起の 形状などに幾分違 いがあるようにも見受けられる。 Omkoi ChiangMai Thailand 突起は非常に特徴的 Omkoi Thailand 左の2頭は神奈川県立生命の 星・地球博 物館所蔵のHolotypeとAllotype 撮影時は Neolucanus tanakai も所蔵されているはずだったのだが、県博には未所蔵とのこと。 新大図鑑制作時にむし社F編集長も tanakai を借りに来たらしく、まだ水沼生物研にあるはずと聞いて大阪まで撮影に行った由 Neolucanus katsuraorum Tsukawaki, 2011 カツラマルバネクワガタ 前胸後縁の形状や鞘翅の光沢は N. maedai にやや似るものの、大腮の基部上向きの突起や大腮下面の形状が異なる。 今のところベトナムのコンツム省、クァンナム省周辺から得 られているが、個体数はそ れほ ど多くない模様。 フエ産ラベルも存在するらしいが、だとするとマエダマルバネと異なりかなり低標高のエリアにも分布していること になる。 記載文には触れられていないが、 maximus や maedai とは前脛節の突起の感じがかなり異なる Mt. NgocLinn Kontum prov. 大腮基部が下方に張り出す Mt. NgocLinn Kontum prov. NgocLinn Kontum prov. NgocLinn Kontum prov. NgocLinn Kontum prov. Quang Nam Prov. Neolucanus waterhousei Boileau,1899 ウォーターハウスマルバネクワガタ 大腮基部が太く、先端が独特の湾曲を持つ共通点から、次種 baladeva Hope,1842 のシノニムとされてきたが、ほぼ同じ体長で比較した場合先端の上に向く突起の有無から区別できるとして、 永井氏が独立種に復帰させ た。 大型個体では区別は簡単だが、分布が重なっているので小型個体では判りにくい個体も見られる Darjeeling 大腮には上向きの突起はない Lim Cai Chinhills Myanmar Lim Cai Chinhills Myanmar Kanchenjang Nepal Dahatingzen Kachin 大型個体では特に大腮が大きく 反り上がる Neolucanus baladeva Hope,1842 バラデバマルバネクワガタ インド北東部・ネパール〜ミャンマー北部にかけて産する。 70mmを超えるような大型個体でも細かい内歯が大腮内側に並び、大歯 にはならないようである Kahsi Hills India Neolucanus waterhousei に似るが 大腮には上向きの突起を具える Neolucanus angulatus Hope et Westwood,1845 アングラトゥスマルバネクワガタ インド Sandkaphu Near Darjeeling 産地と記載文から判断する限り、左の 個体は表 記の種だと思うが…。

次の

冬にしかいない伝説のクワガタを探せ #1【オキナワマルバネクワガタ】

オキナワ マルバネクワガタ

概説 の場合、大歯型では大顎全体が上方に反り、先端付近の内歯で噛み合うようになっている。 両歯型ではのようになり、系統発生学的には、ツヤクワガタ属だけではなく、オニクワガタ属やにも近いともいわれる。 「丸羽根」の名の通り上翅を含む平面形はズングリとしている。 体色は全身が黒いものが多く一般的には地味なイメージがあるが、全体或いは前翅のみが褐色のものや、ツヤクワガタ属の一部のように斜めに黄色い模様がついたり、頭部脇にツヤクワガタのような突起が発達する種類も存在する。 判別も前胸背板の後角が尖り方、大顎の内歯の大きさ、有無によって行う。 ヤエヤママルバネクワガタのは体長57mm(2002年)で日本最大。 マキシムマルバネクワガタは体長60mmを越え、クワガタムシのメスとしては世界最大級の大きさである。 オキナワマルバネクワガタ(の展示) 日本では以南のに生息するためか馴染みが薄いが、最大個体は60mm以上になり、横幅もある。 今日知られる分類は水沼哲郎の熱心な研究 によるところが大きく、以前はチャイロマルバネクワガタ以外全種全亜種が「タテヅノマルバネクワガタ」として括られていた。 また、一般に採集されるようになったのはがから返還された以降で、おもにの学生が最も早期から盛んに採集していた。 チャイロマルバネクワガタ Neolucanus insularis Miwa, 1929 、に生息。 8mm - 36. 6mm(飼育下では35. 7mm、2008年)と小型、昼行性、よく飛翔する、幼虫の食物が樹木の赤色腐朽物(フレーク)ではない、といった点で日本の他のマルバネクワガタと大きく異なる。 生活史が長らく不明であったが、幼虫が林床土壌を食べて育つ生態を昆虫写真家が解明した。 では自然環境保全条例の施行規則を改正して、5月から種指定、地域指定の両面から採捕、殺傷を制限しており、本種は保全種に指定されて石垣市内での採捕、殺傷が禁止されるとともに、周辺は保護地区に指定されてすべての動植物の捕獲、殺傷を控えることが求められている。 アマミマルバネクワガタ N. progenetivus Y. Kurosawa, 1976 原名亜種 N. progenetivus 、に生息。 旧タテヅノマルバネクワガタ亜種群中で最もオスの大顎の発達が悪く、大歯型は極めて稀である。 3mm - 65. 2mm(飼育下では68. 3mm、2012年)。 国産マルバネクワガタの中で年間の成虫出現期が最も早い。 奄美大島、徳之島の全市町村で条例により捕獲が禁止されている。 環境省第4次では 絶滅危惧II類 VU ()に指定されている。 ウケジママルバネクワガタ N. hamaii Mizunuma, 1994 に生息。 に鹿児島県の条例で採集が禁止された。 さらに、には(種の保存法)に基づくに指定され、日本国内での捕獲や譲渡が原則として禁止されている。 環境省第4次レッドリストでは絶滅の可能性が2番目に高い 絶滅危惧IB類 EN ()に指定されている。 オキナワマルバネクワガタ N. okinawanus Sakaino, 1984 北部に生息。 黒色で艶がある。 9mm、2012年)。 文献によってはアマミマルバネクワガタの亜種に分類されている。 2016年に種の保存法に基づく希少野生動植物種に指定されており、捕獲や譲渡が原則として禁止されている。 環境省第4次レッドリストでは 絶滅危惧II類 VU ()に指定されている。 ヤエヤママルバネクワガタ N. insulicola Y. Kurosawa, 1976 原名亜種 N. insulicola 石垣島、西表島に生息。 オキナワマルバネクワガタに似るが体色は若干茶色味を帯びる。 6mm - 67. 4mm - 57. 2mm、2006年)。 幼虫は、、等のフレークを食べて育つ。 が生息地であるが、数は減少した。 石垣市では自然環境保全条例の施行規則を改正して、2015年5月から種指定、地域指定の両面から採捕、殺傷を制限しており、本種は保全種に指定されて石垣市内での採捕、殺傷が禁止されるとともに、於茂登岳周辺は保護地区に指定されてすべての動植物の捕獲、殺傷を控えることが求められている。 石垣市での捕獲禁止に伴い、規制のない西表島に採集者が殺到しており、日本甲虫学会では2016年10月12日に節度ある行動を呼びかけている。 環境省第4次レッドリストでは 準絶滅危惧(NT)()に指定されている。 ヨナグニマルバネクワガタ N. donan Mizunuma, 1985 に生息。 4mm - 62. 7mm(飼育下では65. 0mm、2011年)。 生息地はが生息していないため飼育用の材をとるための採集者が増えるとともに、開発が進んだため近年生息数が壊滅的に激減するとともに 、4ヶ所あった生息地が1ヶ所に減少した。 に種の保存法に基づく国内希少野生動植物種に指定され原則採集や譲渡が禁止された。 採集品だけでなく市場に大量に出回っている飼育品の譲渡もできなくなったため、愛好家や研究者は、野外で絶滅すれば飼育品も残らずに種自体が絶滅するとして、に指定するか与那国島のみでの採集禁止にするよう求めている。 [ ]環境省第4次レッドリストでは絶滅の可能性が最も高い 絶滅危惧IA類 CR ()に指定されている。 日本以外 マキシムマルバネクワガタ N. maximus 原名亜種 N. 2mm 飼育69. 2mm(2007) に分布。 confucius に分布。 fujitai に分布。 vendli に分布。 パリーマルバネクワガタ N. parryi に分布。 斜めの黄色い模様を持つが、うっすらと模様があるもの、斜めより少しふっくらとしているものなどもいる。 アカマルバネクワガタ N. swinhoei Bates, 1866 に分布。 nitidus Saunders, 1854 に類似しているので、亜種関係もある可能性をもつ。 『月刊むし』によると、与那国島の海岸で採集されたという記録があるが、台湾から海流によって流れてきた可能性が高いといわれている。 デリカトゥスマルバネクワガタ N. delicatus に分布。 大顎は他のマルバネクワガタよりも長くなり、先端に内歯が密集する。 前翅が黒くなるタイプと、のように赤味が付くタイプがいる。 ギガンテウスマルバネクワガタ N. giganteus 北部・・北部・中国南部に分布。 ほっそりとした体型で、マキシムスの次ぐらいに大きくなる。 体色は黒で、前翅は飴のような光沢を持つ。 ブレビスマルバネクワガタ N. brebis ・タイ北部・ラオス・中国。 前翅を除いた胸部が太くなり、がっちりした印象がある。 カスタノプテルスマルバネクワガタ N. castanopterus 北部・・・・ミャンマー・タイ北部・中国雲南省に分布。 頭部が小さく、前翅が褐色に色づく。 バラデバマルバネクワガタ N. 3mm(飼育65. 2mm)。 ラティコリスマルバネクワガタ N. laticolis ジャワに分布。

次の