麻薬 mdma。 MDMAとは

MDMAとは/大阪府警本部

麻薬 mdma

その他にも「麻薬特例法」による規制もあります。 日本における法律上の意味における麻薬とは、麻薬及び向精神薬取締法の別表に規定がされています。 具体的には、ヘロイン、コカイン、THC、LSD、MDMAなどです。 国際的には、LSDやMDMAのような幻覚剤の多くは、向精神薬と認識されていますが、日本の法律上は、麻薬として扱われています。 また、向精神薬とは、精神に作用する薬物の総称であり、非常に広い意味を有する用語ですが、規制の対象となるのは麻薬の場合と同じく、麻薬及び向精神薬取締法の別表で指定されている薬物となっています。 2 MDMA・MDAの薬効など MDMA・MDAの通称には、エクスタシー、ラブドラッグなどがあります。 MDMAは、本来は白色粉末ですが、色のついた錠剤の形での密売が一般的です。 俗に「エクスタシー」等と呼ばれます。 MDAは、白色粉末で、俗に「ラブドラッグ」等と呼ばれています。 MDMAとMDAはともに、視覚、聴覚を変化させたり、不安や不眠などになったりする場合もあり、使用を続けると錯乱状態に陥ることがあるほか、腎・肝臓機能障害や記憶障害等の症状も現れることがあります。 3 法定刑と裁判の種類 (1)輸出・輸入・製造 ア 営利目的がない場合 法定刑は1年以上10年以下の懲役です。 通常の公判手続に付されます。 イ 営利目的がある場合 法定刑は1年以上の懲役で、情状により500万円以下の罰金が併科されます。 通常の公判手続に付されます。 (2)譲渡・譲受・所持・施用 ア 営利目的がない場合 法定刑は7年以下の懲役です。 通常の公判手続に付されます。 イ 営利目的がある場合 法定刑は1年以上10年以下の懲役で、情状により300万円以下の罰金を併科されます。 通常の公判手続に付されます。 しかし、使用罪については尿検査の結果が陽性だったために逮捕・勾留されていることがほとんどです。 よって、無罪主張はまずありません。 なぜなら共犯者と通謀して、口裏を合わせたり、証拠の毀損、隠匿、ねつ造をしたりするのではないかと考えられるからです。 裁判官は、被告人が公判中に、再度薬物を使用するのではないか危惧していますし、被告人に薬物の使用を中断させ、薬物を遠ざけるには勾留が最善の手段と考えているため、保釈についても、認められるには、相当の努力が必要です。 ただし、興味本位の初犯で薬物依存がない等の場合は、本人の反省や親族の援助監督が可能であれば、その旨の資料を検察官に提出して、起訴猶予処分にむけてアクションを起こすことも可能です。 そのためには、薬物の入手経路や仲間を明らかにし、再使用の改善、親族等の協力を得ること、 病院への入通院の手配など、客観的な環境も含めたうえで、再犯の可能性がないことを示さなくてはなりません。 弁護士法人あいち刑事事件総合法律事務所は、刑事事件専門の法律事務所で、薬物犯罪事件も多数取り扱っております。 薬物犯罪事件に精通した弁護士にぜひ一度ご相談ください。 刑事事件を専門に取り扱う弁護士が直接「」を行い、事件に応じた最善の弁護プランを提供させていただきます。 被疑者が逮捕された事件の場合、最短当日に、弁護士が直接本人のところへ接見に行く「」もご提供しています。

次の

MDMA(通称:エクスタシー)について 横浜市

麻薬 mdma

この記事を読んでいる方は既に、ご存知かと思いますが、あの『お騒がせ女優』沢尻エリカが16日、合成麻薬であるMDMAを所持していたとして、麻薬取締砲違反の疑いで、逮捕されました。 最近、ネットなどでは『近々、大物女優の麻薬による逮捕がある』という噂がまことしやかにささやかれていて『いったい、誰?』と憶測が飛び交っていましたが、そのうちの有力候補として沢尻エリカの名前も出ていました。 覚せい剤と大麻は定番として、ピエール瀧のコカイン、そして今回の沢尻エリカ容疑者が所持していたMDMA、ひとくちにドラッグといっても色々とあるんですね。 今回は、沢尻エリカが逮捕された『MDMA』とは、について深堀したいと思います。 1989年に麻薬に指定され、覚せい剤のような興奮作用とLSDのような幻覚作用を持つ。 摂取すると、不安感、不眠から精神が錯乱状態になったり、記憶障害を起こしたりする。 乱用を続けると、心臓や肝機能の障害のほか、ショック症状から死ぬこともある。 この説明を見た限りでは、普通に『やってみたい』とは思いませんよね。 もちろんやってみたいと思わせるようでは不味いですがw。 麻薬の症状というのは摂取する人の体調や精神状態によって、大きく変化しますので、一概にこうだというものはありませんが、MDMAは比較的に『感覚』よりも『感情』に作用すると言われています。 同じ麻薬でもMDMAとLSDは全く違うもの 今回沢尻エリカ容疑者が渋谷のクラブから帰った時に所持していたとされるMDMAを摂取するとどういった状態になるのか、クラブドラッグとしてよく名前が挙がるLSDと比較しながら検証してみたいと思います。 LSD 例えばLSDという麻薬がありますが、これは視覚や聴覚などの感覚器官に作用しやすいとされていて、目の前の模様がぐにゅぐにゅと動きだしたり、想像の世界とリアルの世界が混ざってしまうような感覚になるという人もいます。 中にはそんな状態を『異次元』と表現する経験者も多いようです。 ですので、体調が悪かったり、悩みがある状態でLSDを摂取するとその悪い面に意識が集中してしまい幻覚、幻聴を伴った強烈なり『恐怖』を感じてしまうこともあります。 つまり『バッドトリップ』と呼ばれる状態です。 興味本位で手を出してしまうと、飛んでもないトラウマを一生抱えて生きる羽目になります。 絶対に手を出すのは止めましょう。 MDMA 一方、これに対してMDMAは、そういった感覚的な変化は少なく、感情に作用します。 一般的には『興奮』だったり強烈な『多幸感』を感じると言われています。 LSDのように壁紙の模様がぐにゅぐにゅと動きだしたり、距離感が無くなってしまうというようなサイケデリックな効果は少なくバッドトリップになりにくいとされていますが、MDMAが切れてしまった時の虚無感がトラウマとなってしまうケースが多く、結局は中毒となりそれが無いと正気が保てなくなってしまう恐ろしいドラッグと言われています。 『MDMAぐらなら大丈夫!』などと安易に手を出すのは絶対にやめましょう。 MDMAで逮捕された沢尻エリカ以外の有名人 MDMAと言えば、以前に俳優の押尾学が女性に無理矢理飲ませて相手が死亡すると言う事件がありました。 こうなってしまうと『麻薬使用』や『麻薬所持』では済まされませんよね。 また最近では有名金融トレーダーのKAZMAXこと吉澤和真がMDMAで逮捕されたばかり、今回の沢尻エリカ容疑者の逮捕はKAZMAXのリークによるものとの話もありますが、沢尻エリカ容疑者は大分前から警察に目を付けられていたと言いますから、真実は解りません。 余談ですが、KAZMAXと親密な関係にあるとされているAKB峯岸みなみも常習しているのではないか?と囁かれています。 沢尻エリカが所持していた合成麻薬麻薬『MDMA』 まとめ 最近田代まさしがまた覚せい剤で逮捕されましたが、この薬物については様々なサイトでその恐ろしさが書かれていますので、この記事では割愛します。 今回、沢尻エリカさんがどのような経緯でMDMAに手を出してしまったのかは知りませんが、このご時世ですから、これまでのような芸能人としての活動は今後出来なくなってしまうでしょう。 『気分を良くするため』と手を出してしまった代償はあまりにも大きいと言えます。

次の

【MDMA】効果 副作用 後遺症

麻薬 mdma

合成麻薬「MDMA」は「エクスタシー」「バツ」といった俗称で呼ばれている。 覚醒剤と似た化学構造を持つ結晶性の粉末合成麻薬で、メチレンジオキシメタンフェタミンという化学物質。 強い幻覚作用と興奮作用を併せ持つ。 09年に元俳優の男(41)が使用し逮捕された事件で注目を集めた。 80年代に米国でレクリエーション・ドラッグとして広がり始め、日本では89年に麻薬取締法で規制対象になった。 皮膚感覚が強まるため、性行為時に使われることも多い。 本来は白色粉末だが、カラフルな錠剤などに加工され、表面に絵が描かれるなど、一見するとサプリメントのような製品として密売されている。 警察庁によると昨年は1万2274錠を押収。 一昨年の3109錠から約4倍となり、密輸入量も増加した。 1錠あたりの末端価格は3000~4000円。

次の