トヨタ 自動車 ライズ。 トヨタ・ライズ

トヨタライズはなぜ天下を獲れたのか? 新車登録台数好調で首位獲得!!

トヨタ 自動車 ライズ

モデル概要 『SUVに乗りたい、荷物をたくさん積みたい、でも運転しやすいコンパクトなサイズがいい』といったユーザーの声に応える、全長4m以下の5ナンバーサイズのコンパクトSUV。 コンパクトなボディに対してゆとりのある容量と可動式デッキボードで使い方の幅が広がった荷室がポイント。 ワイドで個性的なフロントビューや大径タイヤによる力強いエクステリアにより、週末のレジャーでも目立ち度はバッチリ。 インテリアにはアクセントカラーの配置されたシートや、「先進」「ワクワク」「シンプル」「アナログ」などテイストが選べるLEDのデジタルスピードメーターなど遊び心が演出されている。 機能面では「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」なども搭載されており、運転支援システムも充実。 モデル概要 『SUVに乗りたい、荷物をたくさん積みたい、でも運転しやすいコンパクトなサイズがいい』といったユーザーの声に応える、全長4m以下の5ナンバーサイズのコンパクトSUV。 コンパクトなボディに対してゆとりのある容量と可動式デッキボードで使い方の幅が広がった荷室がポイント。 ワイドで個性的なフロントビューや大径タイヤによる力強いエクステリアにより、週末のレジャーでも目立ち度はバッチリ。 インテリアにはアクセントカラーの配置されたシートや、「先進」「ワクワク」「シンプル」「アナログ」などテイストが選べるLEDのデジタルスピードメーターなど遊び心が演出されている。 機能面では「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」なども搭載されており、運転支援システムも充実。 グレード別の新車・中古車価格 モデル概要 『SUVに乗りたい、荷物をたくさん積みたい、でも運転しやすいコンパクトなサイズがいい』といったユーザーの声に応える、全長4m以下の5ナンバーサイズのコンパクトSUV。 コンパクトなボディに対してゆとりのある容量と可動式デッキボードで使い方の幅が広がった荷室がポイント。 ワイドで個性的なフロントビューや大径タイヤによる力強いエクステリアにより、週末のレジャーでも目立ち度はバッチリ。 インテリアにはアクセントカラーの配置されたシートや、「先進」「ワクワク」「シンプル」「アナログ」などテイストが選べるLEDのデジタルスピードメーターなど遊び心が演出されている。 機能面では「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」なども搭載されており、運転支援システムも充実。  発売日 2019年11月01日 2019年11月01日 2019年11月01日 2019年11月01日 2019年11月01日 2019年11月01日 2019年11月01日 2019年11月01日 排気量 996 cc 996 cc 996 cc 996 cc 996 cc 996 cc 996 cc 996 cc エンジン区分 ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン ガソリン 燃費 22. 9 m 4. 9 m 4. 9 m 4. 9 m 4. 9 m 4.

次の

トヨタ 新型 ライズ / ロッキー VS C

トヨタ 自動車 ライズ

トヨタ自動車は、2019年11月5ナンバーサイズで1リッターエンジンを搭載している新型SUVの「ライズ」を発売し、人気上昇中のモデルとなりました。 そろそろ、街中でも見掛けるようになり、気になっている方も多いのではないでしょうか。 ライズはダイハツのロッキーとは兄弟車となりますが、ダイハツ工業が新世代の車に向けたDNGAをコンパクトカーとして、初採用し、プラットフォームからパワーユニットまで、すべてが新しくなったモデルです。 開発コンセプトになっているのは、「アクティブ・ユースフル・コンパクト」。 普段の街乗りから、週末のレジャーまでどんなシーンでも使いやすいことをコンセプトにしています。 上質感だけでなく、安全装備なども充実しており、様々な観点からレベルが高い車種となっています。 広い室内とデザインが魅力 ドライバーのシートに乗り込んでみると、先進性とプレミアム感がある「アクティブマルチインフォメンションメーター」を採用していることが分かります。 このメーターは、4種類のメーターデザインを変更できることがポイントです。 「先進」「ワクワク」「シンプル」「アナログ」の4種類からデザインの変更ができます。 真ん中には9インチディスプレイが設置されており、SDL規格、Apple CarPlay対応なのでスマートフォンを接続できます。 インテリアはダイハツの兄弟車であるロッキーとほとんど変わらないスタイルとなっています。 シートはブラックのファブリックが採用されています。 赤色のパイピングが印象的なデザインです。 他にコンソールなどに赤やシルバーの加飾が施されているので、上質感と遊び心が演出されています。 車内、トランクスペースの広さは実車を見ると驚くのではないでしょうか。 沢山の荷物を積んで家族で出掛けるイメージがすぐに持てるでしょう。 ライズに搭載されているパワーユニットは、トールやタンクに搭載されている1リッターターボエンジンの改良版。 違いはインタークーラーが前置きに変わっていることです。 吸入温度を低く安定させることに役立っています。 エンジンの効率をよくして、燃費が向上していることやトルクアップの効果がありました。 触媒のサイズが大きくなることによって、圧損を低減しているのもポイントです。 大容量の触媒を組み合わせることで、エンジンの吸気や排気をスムーズにしています。 組み合わされるCVTは、新型タントでも使われたD-CVTというもの。 ギア駆動を組み合わせた構造とすることにより、高速領域ではギア駆動に切り替わります。 高速の伸びと燃費が向上する期待ができます。 4WDシステムは「ダイナミックトルクコントロール4WD」で、電子制御カップリングを使用しています。 小さなスリップが起きた時には、路面のミューを計算してリアに適切にトルク配分します。 これによって、路面が安定するまで4WDで走り続けることができ、滑りとグリップが繰り返されることがありません。 滑りやすい道でも、力強くそして安定して走行できるパワーユニットが搭載されています。 ライズの安全装備 ライズのグレードと価格は以下の通りです。 ダイハツロッキーよりもお買い得感のある価格設定ですが注意点も。 ただし、ライズを選ぶ上で注意しなければならない点はXには予防安全装備のスマートアシストは搭載されていません。 安全装備についてはダイハツのロッキーと異なるところで、ロッキーは全グレードにスマートアシストが搭載されています。 装備面で見た場合、ダイハツロッキーのGとトヨタライズのZが同クラスと考えて頂ければよいのではないでしょうか。 ライズとロッキーどちらかで迷った場合は、両車の装備表とグレード、価格設定を並べて検討をされることがおすすめです。 ニーズを掴んだコンパクトSUV!.

次の

人気急上昇トヨタのSUVライズの特徴やスペックは?魅力を徹底解剖!

トヨタ 自動車 ライズ

Photo:Z。 ボディカラーはターコイズブルーマイカメタリック〈B86〉。 お支払いについては様々なプランを設定できます。 詳しくはスタッフにおたずねください。。 Photo:Z。 ボディカラーはマスタードイエローマイカメタリック〈Y15〉。 お支払いについては様々なプランを設定できます。 詳しくはスタッフにおたずねください。。 余裕のある軽快な走りを叶えるパワー走行モードをはじめ、マニュアル感覚の走りを楽しめる制御があります。 [パワー走行モード制御] スロットルを高開度に制御し、エンジン回転数を高い状態にキープ。 アクセル操作に対して優れたレスポンスをもたらします。 ステアリングの「PWR」スイッチで、切り替えが可能です。 [Sレンジ] 有段オートマチックトランスミッションのように、車速とアクセル開度によって変速ポイントを決定する自動変速制御を行います。 [マニュアルモード(シフトマチック制御)] CVT車でありながら、マニュアル感覚のシフトチェンジが可能に。 ドライバーの変速操作に応えた、アクティブな走りが楽しめます。 [ブリッピング制御] マニュアルモードにおいて、シフトダウン時にエンジン回転数を最適化する(意図的に上げる)ことで、スムーズで変速ショックの少ないシフトダウンを可能にします。 広さと使い勝手を拡張する2段デッキボード構造を採用。 フラットで出し入れがしやすいデッキボード上段時と、たくさん積み込めるデッキボード下段時で、荷物の大きさやシーンに合わせた使い方ができます。 さらにデッキボード下にも収納スペースを確保し、買い物カゴや洗車セットなどを積載しておくのに便利です。 デッキボードを取り外せば、荷室高にいっそうゆとりが生まれるため、観葉植物など背丈の高い荷物の収納も可能。 また、デッキボードは斜めに立て掛けた状態を維持できる設計になっており、デッキボード下収納スペースへの荷物の出し入れをしやすいように配慮しています。 デッキボード下収納の容量 デッキボード立て掛け時 (VDA法によるトヨタ自動車(株)測定値) 2WD車 デッキボード上段時145L/デッキボード下段時80L 4WD車 デッキボード上段時104L/デッキボード下段時38L *1. 2WD車の場合。 4WD車は260mm。 2WD車の場合。 4WD車は135mm。 2WD車の場合。 4WD車は1,025mm。 衝突警報機能(対車両・対歩行者)/衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者) 2. 標識認識機能(進入禁止) 3. 先行車発進お知らせ機能 4. LKC(レーンキープコントロール) 6. 車線逸脱警報機能/車線逸脱抑制制御機能 7. BSM(ブラインドスポットモニター) 8. オートハイビーム 9. ADB(アダプティブドライビングビーム) 10. サイドビューランプ 11. ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方) 12. スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム) 14. パノラミックビュー 15. RCTA(リヤクロストラフィックアラート) *1. 約2秒後に、停止保持状態が解除されますのでブレーキを踏んでください。 クリープ現象により前進しますので、停止後は必ずブレーキペダルを踏んでください。 ただし、二輪車や電柱、壁などに対しても作動することがありますが、これらへの衝突を回避することを目的とはしていません。 高速道路のサービスエリア出口や、一方通行の多い都市部などで役立ちます。 [Z、Gに標準装備。 ACC:Adaptive Cruise Control *2. 約2秒後に、停止保持状態が解除されますのでブレーキを踏んでください。 [Zに標準装備] *1. 隣の車線を走る車両をミリ波レーダーで検知。 ドアミラーでは確認しにくい後側方エリアに存在する車両に加えて、隣接する車線の死角領域に急接近してくる車両も検知します。 車両を検知するとドアミラーに搭載されたLEDインジケーターを点灯。 その際、ウインカーを操作するとLEDインジケーターが点滅し、ブザー音で警告することで、より注意を喚起します。 一部の特殊な道路状況等では、静止物に対してもインジケーターが点灯する場合があります。 実際の車線変更時にはドライバー自ら周囲の安全状況を直接確認する必要があります。 ヘッドランプ点灯走行時に、ウインカー操作やステアリング操作と連動して点灯。 交差点への右左折進入時などに、歩行者や障害物の視認性を確保します。 また、シフトが[R]ポジション時には左右同時点灯します。 必ず車両周辺の安全を直接確認してください。 手放し運転を推奨するものではありません。 ステアリングに手をかざし、安全運転を心がけてください。 スマートアシストは、ドライバーの判断を補助し、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。 脇見運転やぼんやり運転などドライバーの前方不注意を防止したり、悪天候時の視界不良下での運転を支援する装置ではありません。 また、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。 運転時は常に先行車や歩行者との距離や周囲の状況、運転環境に注意して必要に応じてブレーキペダルを踏むなど距離を保ち、安全運転を心がけてください。 ドライバーの運転操作、急カーブ、急勾配、雨等の道路状況、および天候によっては、システムが作動しない、または作動が遅れる場合があります。 DVD・CDデッキは搭載されていません。 また、ナビゲーションシステムは含まれません。 スマートフォン連携により、ナビアプリが利用可能となります。 お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。 市街地モードは、信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定し、郊外モードは、信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定、高速道路モードは、高速道路等での走行を想定しています。 メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。 の商標です。 の商標です。 また、実車においてもご覧になる環境(屋内外、光の角度等)により、ボディカラーの見え方は異なります。 実際の走行状態を示すものではありません。 実際の走行状態を示すものではありません。

次の