キャッシュ レス 消費 者 還元 事業 と は。 キャッシュレス・消費者還元制度のご案内

キャッシュレス還元って何? 最大5%のポイント還元、消費増税前より安くなるケースも

キャッシュ レス 消費 者 還元 事業 と は

新築住宅の販売• キャンセルにより存在しなくなった原因取引に対する支払い• お一人様につき「1回の支払いにおける還元上限」と、「月間還元合計上限」があります。 詳しくは「景品詳細」をご確認下さい。 「消費者還元補助による還元」におけるPayPayボーナスの還元上限には、お一人様につき「1回の支払いにおける還元上限」と、「月間還元合計上限」があります。 1回の支払いにおける還元上限:25,000円相当• 月間還元合計上限:25,000円相当• PayPay決済でお支払いいただいた際に、仮に「消費者還元補助による還元」を適用すると、「消費者還元補助による還元」による1カ月あたりのPayPayボーナスの還元額が25,000円相当を超えるときには、当該還元合計額が25,000円相当となるよう付与いたします(還元合計額が25,000円を超えることはございません)。 PayPayボーナス付与の際に、小数点以下は切り捨てとなります。 「消費者還元補助による還元」の対象のお支払い方法は、「PayPay残高」、「PayPayあと払い(一括のみ)」または「クレジットカード」です。 適用について• 「概要」欄記載の対象取引以外の取引には適用されません。 キャッシュレス・消費者還元事業登録済加盟店にて、「概要」欄記載の対象取引についてPayPay決済をご利用いただいた方に対しては、「消費者還元補助による還元」に加え、当社の他の特典やキャンペーンが適用されます。 なお、「消費者還元補助による還元」によるPayPayボーナスの還元が他のキャンペーン等により制限されることはありません。 キャッシュレス・消費者還元事業登録済加盟店のみに起因する還元取消や剥奪に関してPayPayボーナスの還元取消や剥奪を行う場合がありますが、その場合は別途当社よりPayPayボーナスの再付与を行います。 「消費者還元補助による還元」の内容および適用条件を予告なく変更する場合や、中止する場合があります。 Alipay(支付宝)アプリを利用してPayPayのQRコードを読み込み決済した場合は、本企画は適用されません(PayPay利用特典の適用もありません)。 禁止事項等について• 以下の場合は「消費者還元補助による還元」の適用対象外とします。 景品の取得に関し、一定期間の取引・キャンセル等の状況により不正行為が行われたと当社が判断した場合。 景品が付与される前に景品対象のPayPayアカウントを停止または解除した場合。 PayPay残高利用規約その他当社の利用規約に違反する行為があった場合、またはそのおそれがあると同社が判断した場合。 お一人様が複数のPayPayアカウントを利用した場合。 通常1回の決済にて支払うべき商品等代金を、複数回に分割して決済することにより景品付与を受けた場合。 一定期間の取引・キャンセル等の状況により当社が不正のおそれがあると判断した場合、PayPayのご利用を停止させて頂く場合があります。 PayPay決済の対象となった加盟店との契約について取消し、無効主張または解除(合意解除を含みます。 以下全体を通じて同じです。 )した場合、理由の如何に関わらず、また返金の如何に関わらず、「月間還元合計」は、当該取消し等をした時点から将来に向かってのみ減額されます。 そのため、「月間還元合計」が25,000円相当に到達して以降に取消し等を行った方が、当該取消し等の前に、PayPay決済をしていた場合であっても、当該取消し等によって取消し等の前に行った決済が「消費者還元補助による還元」の対象となることはありません。 加盟店による自己取引の可能性があると弊社が判断した場合、PayPayボーナスの付与に際し対象のレシートまたは領収書を確認させていただくことがあります。 加盟店自身がPayPay決済を利用される時には、必ず、PayPayボーナスの付与がなされるまで、レシートまたは領収書を保管してください。 また、当社が「不当な取引」またはその疑いがある取引を発見した際は、キャッシュレス・消費者還元事業の定めに従い、当該取引に関するお客様の情報を上記事務局に連絡することがあります。 他人のキャッシュレス決済手段を用いて決済した結果として、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 架空の売買や、直接又は間接を問わず、自らが販売した商品を同額で再度購入する取引等、客観的事情に照らして取引の実態がないにも関わらず、当該取引を根拠として、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 商品若しくは権利の売買又は役務の授受を目的とせず、本事業による消費者還元を受けることのみを目的として、キャッシュレス決済を行い、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 本事業の対象でない取引を対象であるかのように取り扱い、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 本事業の対象取引が取消、解除その他の事由により存在しなくなった、又は現金若しくは本事業の対象外取引である金券等による反対給付が行われたにも関わらず、自己又は他者が本事業における消費者還元に基づく利益を得ること• 本事業の対象でない加盟店が対象であると申告することで、他者に本事業における消費者還元に基づく利益を得させること• ・Apple、Appleのロゴ、App Storeは、米国および他国のApple Inc. の登録商標です。 ・Google Play、および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。 ・QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です。

次の

キャッシュレス・消費者還元事業とは?仕組み・期間・メリットまとめ|金融Lab.

キャッシュ レス 消費 者 還元 事業 と は

キャッシュレス・消費者還元事業とは? キャッシュレス・消費者還元事業とは、 対象店舗でキャッシュレス決済を利用すると2%または5%ポイント還元されるサービスのことです。 今回の増税に伴い、 経済産業省が主導となりキャッシュレス・消費者還元事業が始まります。 対象となる店舗 画像引用元: すべてのお店での買い物が還元対象となるわけではありません。 特定の加盟店でキャッシュレス決済を利用した場合のみ、決済金額の一部が還元されます。 加盟店の条件は以下のとおり。 上記マークが目印です。 中小の店舗• 軽減税率制度の対象• キャッシュレス決済に対応している また、加盟店によって還元率が異なります。 中小・小規模事業者:5%• 大手企業の直営店は還元がないため、同じ看板を掲げているお店でも2%の還元があるお店と還元がないお店が混在することになります。 対象のお店を探せるアプリもリリースされているため、ぜひ活用してみてくださいね。 対象となる決済手段 キャッシュレスとは、現金を使わない支払い方法のこと。 本事業の対象となるキャッシュレス決済は下記の通りです。 クレジットカード• デビットカード• プリペイドカード• 電子マネー• スマホ決済 上記のうち、キャッシュレス・消費者還元事業に登録したキャッシュレス決済事業者のサービスを使って対象店舗で買い物をすると、還元を受けることができます。 2019年9月現在、 クレジットカード会社やスマホ決済アプリ、デビットカードを扱う各銀行など、非常にたくさんのキャッシュレス決済事業者が既に登録しています。 実施期間は2019年10月1日〜2020年6月30日 キャッシュレス・消費者還元事業の実施期間は、 2019年10月1日から2020年6月30日までです。 還元の方法 還元の方法は、利用する決済事業者によって異なります。 即時〜3ヶ月ほど後にポイント付与• 請求金額から相殺• ポイント相当額を後日口座に充当(主にデビットカード)• 即時還元(実質値引き) 還元の上限 還元される金額には、上限が設けられています。 これも決済事業者によって異なりますが、クレジットカードなどは 月15,000円を上限としている決済事業者が多いようです。 利用しているクレジットカードの発行会社や電子マネーの運営会社の発表をチェックしましょう。 キャッシュレス・消費者還元事業の目的は? 次に、なぜキャッシュレス・消費者還元事業が始まるのか解説していきます。 増税は税収を増やす目的がありますが、なぜポイント還元など余計に費用がかかるようなサービスを始めるのでしょうか。 増税後の消費の冷え込みを抑えるため 増税が迫ってきている今、「増税するから節約しなきゃ」と思う人が多いのではないでしょうか。 皆が皆節約をすると、国の中でお金の循環が悪くなってしまいます。 そのような 増税後の景気の冷え込みを回避するため、今まで通りかそれ以上に買い物をしてもらうようキャッシュレス・消費者還元事業を導入するのです。 キャッシュレス決済導入店舗を増やすため キャッシュレス・消費者還元事業には、キャッシュレス決済を普及させたいという狙いもあります。 日本はまだまだキャッシュレス決済後進国であり、現金主義の人が多い傾向にあります。 一方で、海外ではほとんどの国で既にキャッシュレス決済が一般的となっています。 東京2020オリンピックや大阪で開催される2025年日本国際博覧会を控える今、日本を訪れる人向けにキャッシュレス決済を普及させたいという目的があります。 今回の増税に合わせてキャッシュレス決済導入店舗を増やすためにも、キャッシュレス・消費者還元事業が必要なのです。 国が主導となり2019年10月1日からスタートするポイント還元サービス• 対象店舗でキャッシュレス決済するとポイント還元される• 対象店舗は中小企業や小規模店舗、キャッシュレスマークが目印• 景気の冷え込み回避とキャッシュレス普及が狙い 次の章では、キャッシュレス・消費者還元事業の仕組みについて解説します。 キャッシュレス・消費者還元事業の仕組み 画像引用元: 次に、キャッシュレス・消費者還元事業の仕組みについて解説します。 決済事業者(クレジットカード• 中小・小規模事業者• 消費者 上記4者の立場から、キャッシュレス・消費者還元事業の成り立ちを整理します。 国から決済事業者へ補助金を支給する 国は、決済事業者へ補助金を支給します。 この補助金は、 店舗のキャッシュレス決済導入費用や加盟店手数料に充てられます。 従来キャッシュレス決済を導入するには費用が必要な上、店舗は決済事業者へ一定の手数料を払わなければいけませんでしたが、本事業によりそれらの費用が軽減します。 決済事業者と中小・小規模事業者は契約を結ぶ 決済事業者と契約を結んだ中小・小規模事業者は、キャッシュレス決済手段を手にすることができます。 ここにかかる 費用はゼロです。 端末代金や設置費用を国が3分の2、キャッシュレス決済事業者が3分の1負担することによって、店舗に導入費用の負担は一切かからないのです。 また、本事業により加盟店手数料を3. 25%以下に引き下げることが条件とされていますが、さらにこの手数料のうち国が3分の1を補助するため、加盟店手数料率は2. このように、 お店の負担が少ない状態でキャッシュレス決済を導入することができるのです。 消費者は中小・小規模事業者でキャッシュレス決済を行う 私たち消費者は、中小・小規模事業者の元でキャッシュレス決済を行い、商品やサービスを受け取ります。 この時点では今までと特に変わったところはありません。 一部店舗では、即時還元、つまり実質値引きされる場合もあります。 消費者は決済事業者からポイント等を付与される 本事業の対象となる中小・小規模事業者で買い物をしたら、 消費者は後日ポイント発行やキャッシュバックという形で還元を受けられます。 国から受け取った補助金が、間接的に消費者にも届けられるイメージですね。 国がキャッシュレス決済事業者に補助金を与える• 中小・小規模事業者は決済事業者からキャッシュレス決済手段を導入• 国の補助により、端末代金や設置費用が無料、加盟店手数料も安く• 消費者はポイント等の発行やキャッシュバックで還元を受ける 次の章では、キャッシュレス・消費者還元事業のメリットを紹介します。 キャッシュレス・消費者還元事業のメリット 次に、キャッシュレス・消費者還元事業のメリットについて解説します。 前章で、国がキャシュレス決済事業者へ補助金を発行し、さらにキャッシュレス決済事業者から中小・小規模店舗に対しキャッシュレス導入費用や加盟店手数料を補助することを説明しました。 つまり、 キャッシュレス・消費者還元事業は中小・小規模店舗と私たち消費者に対して大きなメリットがあるサービスだということになります。 消費者側のメリット まず、消費者側のメリットについて解説します。 増税は国民にとって必要なこととは言え、諸手を挙げて賛成しているという人は少ないかもしれません。 しかし、キャッシュレス・消費者還元事業があることで、実質の負担を限りなく少なくすることができるのです。 ポイント還元率が非常に高くお得に買い物ができる 高還元率クレジットカードが還元率1%以上といわれている中、 2%あるいは5%還元されるのはかなり大きいです。 1,100円から5%還元を受ければ、実質の負担は1,045円。 このように、 5%還元されれば、消費税8%のときよりも安くお買い物ができるのです。 決済時の時間が短縮できる キャッシュレス決済は、お金を出したりお釣りを受け取ったりする手間がありません。 クレジットカードなどはサインや暗証番号を求められる場合がありますが、スマホ決済や電子マネーなら端末にかざすだけで決済が完了し、非常にスムーズです。 財布がなくてもスマホで簡単に買い物ができる 今は、スマホが財布代わりにもなる時代です。 これまで大手のお店でしか使えなかったかもしれませんが、 今回のキャッシュレス・消費者還元事業によって中小・小規模店舗でもスマホ決済が使える機会が増えるでしょう。 中小企業または小規模店舗のメリット 次に、中小企業または小規模店舗のメリットについて解説していきます。 国としては、 東京2020オリンピックに備えてキャッシュレス決済をさらに普及させたいという目的があります。 中小企業や小規模店舗にとっては、できるだけ安く簡単にキャッシュレス決済を導入できるまたとない機会ではないでしょうか。 無料でキャッシュレス決済の導入ができる キャッシュレス決済の導入費用は一切かかりません。 これまでコスト面でキャッシュレス決済の導入を渋っていたお店は、導入に踏み切るチャンスです。 9ヶ月間は維持費も安い 9ヶ月間は加盟店手数料率も安く、 維持費を抑えることができます。 キャッシュレス・消費者還元事業終了の2020年7月以降の加盟店手数料率は不明ですが、9ヶ月だけでも利用する価値はあると言えます。 集客アップと購買促進が期待できる これまで大手のお店に集中していた客足が、キャッシュレス・消費者還元事業によって中小・小規模店舗に向く可能性が大いにあります。 また、5%もの還元が受けられるならと、増税前よりも多く買い物をする消費者も増えるかもしれません。 キャッシュレス決済でレジ業務が効率化できる キャッシュレス決済は、レジでの支払いも非常にスムーズです。 現金のやり取りが減るので、 お釣りを多く準備しておく必要がなくなります。 防犯の面でも嬉しいポイントですね。 増税後の買い物はキャッシュレス決済を使わないと損! 最後に、キャッシュレス・消費者還元事業のメリットについてまとめます。

次の

キャッシュレス・消費者還元制度のご案内

キャッシュ レス 消費 者 還元 事業 と は

2019年10月より、対象店舗でキャッシュレス決済を利用すると、ご利用額の5%もしくは2%が還元されます。 対象店舗によって還元率が異なります。 詳しくは下をご確認ください。 1 JCBグループ会社については、下をご確認ください。 還元対象期間 2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)• 上の期間のご利用分が還元の対象です。 還元対象店舗 対象店舗は、下の経済産業省ホームページ内の、「使えるお店を探す」よりご確認ください。 「絞り込み検索」機能を使用すると該当するお店のみが表示されます。 【還元対象店舗に関する注意事項】 ホームページや、店舗掲載ポスター等に、JCB・QUICPay(クイックペイ)マークが表示されていても還元対象とならない場合がありますので、本機能を利用してご確認ください。 経済産業省のホームページに遷移します。 このマークの展示・表示のあるお店が目印です! 対象店舗にて、店頭での還元を実施する場合は、以降の条件とは異なる場合があります。 還元対象カード 会員番号が「354」からはじまるJCBクレジットカード 会員番号が「357」からはじまるJCBデビットカード 会員番号が「357499」からはじまるJCBプリペイドカード• QUICPay(クイックペイ)TMおよびApple Pay、Google Pay(TM)でのお支払いも対象です。 「354」からはじまり、カード表面に「JCB CARD Biz」または「CORPORATE」と表示があるカードは対象となりません。 また、その他事業経費の利用を目的としたカードは対象となりません。 JCBおよびJCBグループ会社が発行するカードのうち、上に記載のない会員番号からはじまるカードは対象となりません。 その他、一部対象とならないカードがあります。 Apple Payは、米国および他の国々で登録されたApple Inc. の商標です。 Google Payは、Google LLCの商標です。 還元方法 JCBクレジットカード 【還元方法】• 1 本事業専用のポイントです。 Oki Dokiポイント、その他お持ちのカードに付帯する各種ポイント制度とは異なります。 2 前月16日から当月15日までに制度事務局(経済産業省)から還元データが到着した場合、翌月10日(土・日・祝日の場合は翌営業日)のお支払い時に還元されます。 【還元対象支払い方法】 次のお支払い方法が還元の対象となります。 ショッピング1回払い• ショッピング2回払い• ショッピングリボ払い• ショッピング分割払い• ショッピングスキップ払い• ショッピングボーナス払い• 対象売上情報が弊社に届き次第ポイント算出を行います。 キャッシングサービスご利用の場合は還元の対象となりません。 JCBデビットカード 【還元方法】• 1ポイント=1円として制度事務局(経済産業省)からの還元データが到着次第、順次お支払い口座に入金• 本事業専用のポイントです。 Oki Dokiポイント、その他お持ちのカードに付帯する各種ポイント制度とは異なります。 バリューとは、利用できるJCBプリペイドカードの金銭的価値です。 バリューの有効期限は、会員が最後にプリペイドショッピングを利用した日、または、バリューをチャージした日の2年後の同日に属する月の月末です。 還元を受けるにあたり、個別の申込や申請は不要です。 JCBクレジットカード、JCBデビットカードは、カード退会後であっても、対象期間内のご利用分は還元対象となります。 JCBプリペイドカードは、カード退会後は、対象期間内のご利用分であっても、還元対象となりませんのでご注意ください。

次の