ブラインド タッチ レベル。 【初心者必見】0からブラインドタッチをマスターする5つのポイント|MATUdiary

ブラインドタッチがもたらす3つのメリット。優れた無料練習サイトを3つ紹介。

ブラインド タッチ レベル

今の自分のレベルを意識して、ひとつ上のレベルを常に目指して練習してください。 レベルの設定は以下のようになっています。 「Good! 」より上もあるのですが、そこからは練習をつんでご自身でご確認ください。 レベル スコア ???? ???? 一般的なオフィスワークでは困ることのないレベルです。 プロレベルにはまだ届きません。 より高いレベルを目指すには、正確さを高めましょう Good! 正確さを意識して更にスコアアップを目指しましょう。 できるだけ毎日練習を続けましょう。 誰もが努力してできるようになっていきます。 ここからスタートです。 E 22~38 E- 0~21.

次の

パソコンのブラインドタッチとは、どのレベルのことでしょう?...

ブラインド タッチ レベル

この記事では、プログラマーになるには ブラインドタッチができるようになることがめちゃくちゃ重要だということについてご紹介します。 プログラマーにせっかくなりたいと思っても、今までパソコンをあまり触ったことがない人ほど、 タイピングが遅いし、そもそもPCも詳しくないから私はプログラマーに向いてない…と思ってしまいがちですよね。 確かに、プログラマーとして活躍するにはブラインドタッチは必要だと思います。 けれど、 みんながみんな、最初からブラインドタッチができたというわけではありません。 どんなにすごいエンジニアでも、最初はたどたどしいタイピングから徐々にスキルアップしていったわけです。 私自身も、 最初はものすごくタイピングが遅かったですが、しっかりと日々練習したおかげで少しずつブラインドタッチができるようになりました。 パソコンに苦手意識のある人でも、しっかりと練習すれば必ずブラインドタッチを身につけることができます。 1、なぜブラインドタッチが必要なのか? なぜ、プログラマーはブラインドタッチができる必要があるのでしょうか? 別に、ブラインドタッチができなくても、タイピングができれば問題ないと思いませんか? 最も大きな理由の一つとしてよく言われるのが、 コーディングのスピードを上げるということがあります。 これも間違いではありません。 しかし、コーディングのスピードを上げるのは単にタイピングのスピードを上げるよりも、 その機能を実装するのにどういったコードを書くべきか、自分の頭の中でどれだけ早く思いつくかの方がはるかに重要になります。 何を書くか思いつくことができれば、あとはその通りにコードを書くだけになりますので、残りは簡単な作業になります。 逆にいえば、この 書くべきコードの全体像を思いつくことこそが、プログラミングで一番難しい作業になります。 話を戻しましょう。 プログラマーがなぜ、 ブラインドタッチをできる必要があるか? それは、あなた自身がプログラマーとしての 信頼を得るためです。 想像してみてください。 もしあなたが知り合いのAさんにプログラミングのお仕事を依頼するとします。 あなた自身はプログラミングのことはよくわかりませんが、他に頼るつてもありませんので、Aさんにお仕事をお願いすることにしました。 そのAさんが、タイピングがたどたどしかったら、あなたはどう思いますか? もし あなたよりタイピングが遅かったらどう思いますか? 本当にこの人にお仕事を任しても大丈夫かと 不安になると思います。 逆にプログラミングのことはよくわからないけれど、 めちゃくちゃタイピングが早かったら、なんかめちゃくちゃできるプログラマーなんじゃないかと思いませんか? プログラマーは他社に派遣されて、駐在しながらお仕事をすることが多い職業です。 駐在先の会社には、プログラマーだけではなく、企画の人や、デザイナーなど様々な人がいます。 その人たちと協力して、プロジェクトを進めていくわけですから、まず お互いに信頼を得る必要があるわけですね。 その信頼を勝ち得るためにも、まずはブラインドタッチを習得しましょう。 2、ブラインドタッチができると面接で圧倒的に有利 未経験からプログラマーとして就職活動をする場合は、面接でプログラミングの知識以外のところでアピールする必要があります。 その中でも、 ブラインドタッチができると面接でとても大きな強みになります。 ブラインドタッチができるだけで採用とする会社もあるくらいです。 面接で抜き打ちでタイピングをさせる会社もあります。 ブラインドタッチができるとそれだけ パソコンに慣れ親しんできた証拠にもなりますので、ブラインドタッチができて損は絶対にありません。 3、ブラインドタッチは日々の練習で確実にレベルアップできる ブラインドタッチは日々のちょっとした練習で確実に上手くなります。 毎日何時間もタイピング練習をする必要はありません。 日々のちょっとした隙間時間に、ウォーミングアップもかねてタイピング練習をするので十分です。 私も、仕事の昼休みの10分間だけ、毎日タイピング練習をすることに決めています。 タイピング練習は、 というサイトがおすすめです。 こちらのサイトでは、 ローマ字入力と 英語、かな文字の練習をすることができます。 一回のゲームごとに特典が算出されて、その特典ごとにランクが発表されます。 750〜 Godhand 700〜749 Jedi 650〜699 Tatujin 600〜649 Rocket 550〜599 Meijin 500〜549 EddieVH 450〜499 LaserBeam 400〜449 Professor 375〜399 Comet 350〜374 Ninja 325〜349 Thunder 300〜324 Fast 277〜299 Good! chiebukuro. yahoo. あたりまで記録を伸ばすことができました。 目に見えてタイピングが早くなったと感じるのは3ヶ月目くらいだと思います。 しばらくは順調にタイピングが上手くなっていきますが、BランクからAランクに昇格するあたりで壁がきます。 その時も、くさらずに コツコツと毎日タイピング練習を続けていきましょう。 確実にタイピングのスキルが上がっていきます。 自分がどのキーが苦手で、自分の運指パターンも冷静に分析できるようになれば、もっとタイピングが早くなります。 目安として、 etypeでAランクを取得することができれば、業務で支障をきたすことはありません。 まずはAランクを目指して見てはいかがでしょうか? まとめ さて、この記事では、 プログラマーとして仕事をするにはブラインドタッチを取得する必要性に関して、記事を書きました。 もしこの記事を見ていただいているあなたが、プログラミング未経験からプログラマーに転職しようとしたいと考えているなら、まずはタイピングの練習を始めましょう。 タイピングがしっかりとできれば、 面接で確実にアピールポイントになりますし、想像以上に企業はタイピングを重要視しています。 タイピングは長時間がっつり練習するものではなく、毎日のちょっとした隙間時間にコツコツしましょう。 継続は力です。 私も、日々タイピング練習していきます!• 未経験からエンジニアに転職したいと考えている人を対象にレッスンを行っております。 私は29歳未経験からエンジニアに転職しました。 それまではミュージシャンを目指して音楽活動ばかり。 社会人としての経験はゼロでした。 エンジニア転職を決めたきっかけは、 その当時、ミュージシャンという職に対して将来的に希望がもてず、お金もなく、副業でやっていた物販にも失敗し、借金も1000万オーバー。 まさに人生のどん底で、そんなときに次の人生のステージとしてプログラミングという世界を選択しました。 あれから、数年。 今ではフリーランスとして仕事ができており、 収入もあの頃の数倍にまでなり、借金も返済できました。 エンジニア転職で人生が変わったといっても過言ではありません。 ただ、エンジニアに転職してからの時期は、困難の連続でした。 プログラマーという職はタフな仕事です。 これからエンジニアを目指される方には、少しでも現場で苦労してほしくないという気持ちで、プログラミングのレッスンをしております。 私のレッスンではPHPを基本的なところからしっかりと学習していただいております。 これからPHPを使ってバックエンドエンジニアになりたい方には、大変おすすめのレッスン内容になっております。 レッスンはマンツーマン形式を採用しており、しっかりとメンティーさんお一人お一人に対して、丁寧にコードレビューをして、 プログラミングの基礎をしっかりと身につけていただきます。 出題する問題には回答は用意しておらず、ご自身がしっかりと ロジックを考えることを最大限重視しています。 また現場基準でコードレビューをしっかりおこなっておりますので、悪いクセがつくことを防ぎます。 PHPを基礎からしっかりと学習したい、Webエンジニアとして転職を考えているということでしたら、私のレッスンはおすすめできます。 実際の実績としても、 30代での転職成功者も多数! 未経験から 機械学習エンジニアに転職成功! MENTAでは圧倒的に高評価のレビューをいただいております。 エンジニアに転職して、人生を変えたい 再チャレンジしたい と思っている方 もしかするとお力になれるかもしれません。 まずはお気軽にご相談ください。

次の

【大学生に必須の能力】ブラインドタッチは3日でマスターできる!!

ブラインド タッチ レベル

プログラミングはブラインドタッチができないとつらい まあ、ここはわざわざ説明しなくてもいいレベルですかね。 結論からいうと、プログラミングには、ブラインドタッチが必須です。 初心者は1分間に60回くらいと言われてたりします。 ただ、ブラインドタッチができるようになって早くなっていくと、1分間に300回くらいは全然可能になります。 早い人はもっともっと高い数字になりますが。 普通に考えて、これだけでも作業効率が5倍も変わってきます。 単純計算ですが、ブラインドタッチができない方が50時間かけてつくるものを、ブラインドタッチによって10時間に縮めることができます。 それくらいにプログラミングに影響するものですね。 ブラインドタッチができないとエンジニアになれない? ブラインドタッチができないと、エンジニアになることは厳しいです。 正直、活躍できません。 この業界では、ブラインドタッチができることは、ペンをもって字を書くくらい基本的なことでして、仮にエンジニアなれたとしても精神がやられるだけだと思います。 周りから驚かれるのに耐えられればいいけど、多分最初は相当きついはずです。 ただ、ブラインドタッチができないからといってエンジニアを目指すのをやめるのは、もったいないです。 正しいブラインドタッチって? 正しいブラインドタッチは、覚えておくことが基本です。 我流はブラインドタッチの速さが上達しにくいのでよくありません。 正しい方法だと、キーボードの一番上の段にある、数字のボタンまでタイピングできるようになります。 実際に私は、正しいブラインドタッチをしていない時期がありましたが、正しい方法に変えてからは速さがだいぶ変わりました。 正しいブラインドタッチは以下のような感じです。 おすすめの練習方法 おすすめの練習方法を紹介します。 正直、ブラインドタッチはやっていれば早くなりますので、最小限の時間でいいと思います。 無駄に時間をかけすぎるのはもったいないです。 私が紹介するのは、以下の2ステップだけです。 逆にキーボードを見ないで打てる方は、ステップ1は必要ありません。 正直、スピードは早くなくても、キーボードを見ずに打てるようになるところまでいけばOKです。 このツールは、無料なのに、ブラインドタッチのレベルチェックまでできて、楽しいです。 ステップ2:コードを書き続ける キーボードを見ないでうてるようになれば、あとはコードを書き続けるだけです。 他のタイピングソフトはいりません。 プログラミングの知識を学びつつ、正しいブラインドタッチを意識するのが最強だと思います。 そのため、ブラインドタッチの練習としてはかなり適していると思います。 コードを書き続けていれば、誰がやっても自然とブラインドタッチ速度が早くなります。 知識を身につけながら、ブラインドタッチのスキルも向上するので、いいことだらけです。 おまけ:プログラミングの効率をあげれるものは? おまけとして、プログラミングを学ぶ際に、準備しておきたいグッズを紹介します。 書見台 書見台買ってみたけど、衝撃的な便利さ。 プログラミングを学ぶには必須だと思います。 PC・参考書・書見台の3点セットが最強だと言うことに気がつきました。 実際に買った書見台は、Amazonで1500円くらいなのでお手頃です。 もっとはやくから導入すべきだったと、少し後悔しています。 書見台とは、本を開いたままで立てかけられる台のことです。 書見台は、参考書を開きながら、プログラミングをやるには最適すぎます。 プログラミングを学ぶ上で、これを用意しておくと効率あげれるので、本当におすすめです。 念のため、私が買った書見台ものせておきます。

次の