あふれ 桜。 盆栽の作り方:一才桜を育てる

FUNKY MONKEY BABYS 桜 歌詞&動画視聴

あふれ 桜

一才桜を育てる環境 一才桜は日当たりと風通しの良い屋外が生育に適しています。 でも、夏の強い日差しで葉焼けしたり傷んだりするので、夏場の西日は避けましょう。 夏季限定で半日陰に移動してやると良いでしょう。 他の時期には逆に太陽の光を浴びないと花芽が少なかったりつかなくなったりします。 冬も屋外でよく日光の当たる場所に置きますが、あまりにも寒風が強かったり霜で鉢土が凍るような時には軒下に移動して土の上には腐葉土などをかぶせて霜よけにすると良いです。 花が咲いたら室内で観賞したくなりますね。 そんな時には室内と屋外を3日交代ぐらいで置き換えてやると元気を保てます。 灌水と肥料 一才桜は水をとても好みます。 水切れは致命傷になるということは覚えておきましょう。 鉢土が乾いたらそこから水が流れ出るまで十分水をやりましょう。 開花期は特に水切れに注意してください。 1日1回の水やりが基本ですが、春から秋は様子を見ながら朝晩の2回やるようにしたほうが良いですね。 肥料は有機の固形肥料を年に3回から4回施します。 真夏と梅雨時・冬季は避けます。 花のあとには必ずお礼肥えをやる必要がありますので5月の置き肥は必須です。 花がら摘み 花が終わったら、終わった順に花がらをこまめに摘んで取り除きましょう。 次の花芽の付きが良くなります。 また、害虫や病気の元にもなるので付けたままは避けたほうがよいでしょう。 枯れた葉や傷んだり黄変した葉も取り除きます。 植え替えの時期と用土 植え替えに適しているのは11月と3月初旬です。 3月は芽が動き出す前のスピード勝負です。 2年から3年に1回植え替えますが、根の伸びが比較的早いのでよく観察しておくと良いですね。 一才桜の魅力はミニマルさです。 小さく育てるには植え替えの時に根を切り詰める必要があります。 もう少し大きくしようという時には根は整理するだけですが、小ささを保ちたい時には切り詰めましょう。 用土は桜の専用用土を購入すると簡単です。 自分の手で配合したい!というならば、黒土3:赤玉土4:桐生砂3がおすすめの配合です。 一才桜の剪定 今年盆栽作りを始めたばかり・・・という方は、花後に長く伸びた枝を半分に切り詰めるだけでも大丈夫です。 そのぐらい肩の力を抜いて向き合うと楽ですね。 本格的に剪定をやってみよう!という時には、伸びのとまった枝を3節ぐらい残して剪定しましょう。 また、根元や枝元に出た芽は取り除いておくと花が良くなります。 剪定の時期は4月から5月までが良いです。 梅雨時に花芽ができるので5月に終わらせるようにしましょう。 2月から3月の休眠期と11月ごろ、花芽を残した剪定もできますので徒長した枝は切り詰めましょう。 日当たりが悪い・水切れ・夏の高温と西日で枯れてしまうことがありますが、それ以外は強く育って毎年八重の可愛い花を咲かせてくれます。

次の

盆栽の作り方:一才桜を育てる

あふれ 桜

富士五湖エリアでも有数の富士山ビュースポットです。 壮観な風景は、国内外から訪れる人々を魅了しています。 春には、桜・富士山・五重塔という日本のシンボリックな風景を一枚の写真に収めることができるスポットとして大人気! 公園内のソメイヨシノが満開になる時期にあわせ「新倉山浅間公園 桜まつり」を開催。 会場でのステージイベントのほか、地元グルメが味わえるブースの出店なども予定されています。 日本最古のエドヒガンザクラで、推定樹齢は2000年ともいわれています。 国の天然記念物にも指定されている、とても神秘的な巨木です。 ほかにもソメイヨシノ、同じ頃に約8万本のラッパ水仙も咲きます。 3世紀末につくられた東日本最古のものといわれています。 古墳のまわりにソメイヨシノやヤエザクラなど約4000本の桜が植樹され、毎年多くの花見客でにぎわいます。 昼は松本市街と北アルプスを一望でき、夜はライトアップされた桜と夜景が楽しめますよ。 こちらの出土品は松本市立考古博物館に展示されているそうです。 どんな人が昔ここに? ピンクの絨毯とともに、古代のロマンが広がるスポットです。 「日本桜の名所100選」のひとつに数えられ、明治・大正時代に植樹された大きな古木が多いのも特徴です。 なかでも小諸が発祥の小諸八重紅枝垂(コモロヤエベニシダレ)はたいへんめずらしい桜で、紫紅色から徐々に淡く変化する色彩の美しさは圧巻です。 『懐古園桜まつり』では、ぼんぼりの灯りに浮かび上がる石垣とライトアップされた桜が雅な情緒を醸し出し、幻想的な世界を楽しむことができますよ。 他にもご紹介しきれなかった魅力的な桜がいっぱいあります。

次の

いわき市の桜の名所「松ヶ岡公園」、トンネルぐるりんなど楽しいものにあふれています。

あふれ 桜

今日ご紹介する桜の写真は、「松ヶ岡公園の桜」。 いわき市内で最も古い公園で、ツツジ園 と桜の名所 です。 この公園の歴史は古く、1907年(明治40年)に平町議会が、日露戦争記念行事として、茶畑、麦畑と竹やぶであった矢小路台(薬王寺台)を開いて、防火用水をかねた大貯水池をつくりました。 この貯水池を中心として桜、梅、つつじを植えたのが始まりです。 その後、東京大塚にあった 旧城主・安藤邸内の古つつじ1000本を移植し、さらに全国から つつじの名木3,000本を集め、つつじ園と桜の名所として今日にいたっています。 毎年、開花期の4月には、園内の 約270本の桜がいっせいに開花し、恒例の桜まつりが行われます。幕末の外交に老中として、活躍した平藩主安藤対馬守の銅像や天田愚庵邸があります。 平地区の住人にとっては、花見といえばこの「松ヶ岡公園」。 宴会はしなくても、桜まつりの期間中、一度は足を運ぶのではないでしょうか。 撮影日は4月21日。 ぜひご覧ください。 第1駐車場近くの貯水池からすでに桜の木がたくさん咲いています。 貯水池には亀さんが泳いでいるのですが、撮影するのを忘れました。 おととしの記事にありますので、亀が見たいという奇特な方は をご覧ください。 公園の中には大きな桜の木がたくさんあります。 松ヶ岡公園は 第1公園と 第2公園に分かれていまして、第1公園には「 スカイサイクル」などの遊戯施設があり、つつじ園を併設しています。 そして、第2公園には「 トンネルぐるりん」という、それはそれは素敵な名前の遊戯施設があります。 小さなお子さんのワンダーランドだと、勝手に思っています。 (大人もきっと楽しい。 ) まずは、第1公園に行ってみましょう。 少しの急こう配はありますが、歩きやすい階段もありますので、お年寄りの方もお子さんも元気に登ってこられます。 桜まつりのシーズンには、出店がたくさん出ていて、大人も子どもも楽しめます。 そして、夜になると提灯に灯りがともされて、それはそれは綺麗です。 柔らかな花びらで、かわいらしい桜の花がたくさん・・・。 ふふふ・・・桜の花も笑顔になっていますね。 昼間から宴会を楽しむ方の姿も・・・。 園の中心にあるこの桜の木の下は特等席らしく、人気のスポットです。 つつじ園の近くには、平藩主・安藤対馬守正信公(あんどうつしまのかみまさのぶこう)の銅像があります。 この銅像は、平字八幡小路に居住した本多朝忠(1895~1986)が制作し、大正11年(1922)6月旧平藩士の集い「平安会」によって建立されました。 明治4年(1871)10月、東京の屋敷で歿した。 53歳であった。 この像の建つこの岡は、戊辰戦争では平藩の砲台が置かれ、西軍に抗戦した拠点として知られていました。 また、宝暦6年(1756)美濃国加納(現岐阜市)より、磐城平に移住した安藤家家中の者が、はるか西方を望んで旧地を憶い偲んだ「望郷の山」でもあります。 のちに、銅像は太平洋戦争の激化にともない金属供出のため昭和19年に撤去されました。 戦後、諸橋久太郎平市長を会長に安藤信正公銅像再建期成同盟会が結成され、現いわき市内を中心に行政及び一般さらに各学校の生徒たちから寄付を募り、昭和37年7月に再建されした。 そんな歴史があるのです。 園内には 「スカイサイクル」「メリー・ゴーランド」「回転ボート」「豆汽車」などの遊具があります。 園内の遊具の利用料金は、個人料金で子どもが60円、大人が120円。 団体料金(20名以上~)になると、子供が40円、大人が100円です。 素晴らしく安いですね。 ただ残念なことに、東日本大震災の影響で長く休園していましたので、遊具は安全性が確認できていない現在も動いていません。 少しさみしいです。 昨年は、震災の影響で安全が確認できませんでしたので、閉園されていました。 本当に、 一年越しの花見ということになります。 皆さん、ここで花見ができる喜びに笑顔満開でした。 さて、第1公園をあとにして、第2公園に参りましょう。 第2公園には、素敵な「 トンネルぐるりん」がありますよ。 第2公園には歩道橋を渡っていきます。 歩道橋から公園を見ると、こんな感じ・・・。 素敵な桜の山が眼前に広がります。 第2公園に到着! はい!これが 「トンネルぐるりん」 素敵でしょ~~。 今も昔も子どもに人気の遊具です。 ちなみに、利用料金は無料です。 桜のトンネルの中に、ぐるぐる回っているトンネル・・・。 それだけではありません。 トンネルから伸びている オレンジのパイプに注目! これ、覚えていてくださいね~~ 本当に綺麗でしょ~。 桃源郷があったら、たぶんこんなところです。 さて、いいですか~~~? さっき、覚えていてくださいと言った「 オレンジのパイプ」。 この正体は「 伝声管 」です。 トンネルぐるりんの中で遊んでいるお友達とお話ができるんですね~~。 こんな素敵なアイディア!ありますか~~?? いわき市 松ヶ岡公園 、やりますね! ぜったい遊ぶと楽しい、大人がやっても楽しいに違いないです。 以上、松ヶ岡公園を紹介しました。 これからの季節、5月はつつじの名所となります。 まだ楽しめると思いますので、ぜひ足をお運びください。 さて、 松ヶ岡公園の桜を撮影するかたわら、数名の方にお声掛けさせていただき、 をさせていただきました。 この活動は、いわき市民の元気な笑顔を集め、いわき市民はがんばっているぞ!と発信していく活動です。 この「 がんばっぺいわき」のロゴデザインは、鳥取県出身、いわき市在住のイラストレーターである、ユアサミズキ氏によるものです。 お仲間でお花見をされていたグループの方たち。 ユアサミズキさんをよく知ってらっしゃるようでした。 こちらの方々もお花見をされていた方たちです。 お花見を終えて、周りを掃除されてるところをお声掛けしました。 自分たちのところだけじゃなくて、少し広くゴミを拾われていたのが印象的でした。 素敵な若いカップルさん、とてもお似合いですね。 なんだか雰囲気が少し似ているお二人ですね。 美男美女、とても爽やかなお2人です。 今日は、親友同士で遊びに来たというお2人です。 白いワンちゃんを連れていました。 今ちょうど4か月とのことで、かわいい盛りですね。 いいなぁ~。 最後に、駐車場で 着物姿が素敵な美人さんを見つけました。 紺色の落ち着いた下地に、ピンク色の桜が可愛らしくデザインされた振袖、金色の帯の中にも桜が大きくデザインされていて、とても素敵です。 こんな素敵な方に出会えるなんて、とても幸運でした。 今年、成人式を迎えられるそうで、その前撮りを済ませてきたとのことです。 さぁ、春ですね。 元気にいきましょうー! なお、僕が撮影したスナップ写真は に集約されます。

次の