宿題 画像。 宿題がしたくなる方法 (画像あり)

宿題に集中する方法: 14 ステップ (画像あり)

宿題 画像

学校の宿題が好きだという生徒は、本当に稀有な存在です。 おそらくほぼ全員の皆さんがうんざりしているのではないでしょうか。 結局、お気に入りのテレビ番組の続きを見たいと思うときに、宿題を始めたいという気にはなれません。 おそらく、宿題をする気に全くなれないことが、問題なのではありません。 そもそも、宿題をする気があるから、皆さんはこの記事をこうして読んでいます。 多くの場合、重要なのは、宿題を始めるための動機を見つけることです。 今この記事を読めば、ぐずぐずしないで勉強を始めたくなるはずです。 長い目で見れば、宿題は自分を成長させてくれるものです。 学校の先生は生徒に学んでもらいたいと思うからこそ、宿題を出すのです。 放課後の自由時間をあらかじめ確保する 自習時間があるときは、できるだけたくさんの宿題に取り組みましょう。 学校で宿題を終わらせた分だけ、家でしなければならない分が減ります。 土壇場で全てを終わらせようとしてはいけません。 授業中(ただし、自習時間がある場合)や昼休みなどの空き時間を有効活用し、宿題を全て終わらせるようにしましょう。 この方法を用いれば、理解できない部分があるとき、学校で教えてもらうこともできます。 先生の手が空いているときに、質問しましょう。 先生は生徒の手助けをするための存在です。 遠慮せずに、助けを求めましょう。 最も手のかかる宿題から優先的に取り組みましょう。 理由は、その方が燃えてくるからです。 まず問題に目を通し、取り組んでいくにつれて、繰り返し考え続けることができます(難しい問題に優先的に目を通すことで、「深く」考える、すなわち独創的に考え始めることができます)。 時間をおいてさらに考えるようにすれば、あまり行き詰まることはなくなります。 また、潜在意識の中に問題に優先して取り組むべきだという思いが生まれます。 今までのように、問題の深みにはまって長時間悩み続けなくてもいいのです。 宿題への取り組みを有意義なものにするため、最も手のかかる問題にすぐに挑戦し、それからもっと易しい宿題に取り組みましょう。 その後、最初の問題に戻って、異なる視点から細かい手がかりを探しつつ、新しい解き方を探りましょう。 裏の裏まで、いろいろな角度から考えましょう。 問題に取りかかる時に、たとえそれが問題を考え直すときであっても、創造力を発揮することができます(このとき、独創的に「深く」考えることができます)。 創造力は、刺激、元気、やる気を生み出します。 問題を分解する 問題を段階に分けて解きましょう。 ざっと目を通して、大まかなトピックを素早くつかみましょう 〜「考えるきっかけとなる」着想や観点を得るために、見出し、序論、地図、表、写真、説明文、太字や斜字体で書かれた部分、脚注、章ごとのまとめに目を通しましょう。 〜全体を複数の部分に分けて、それぞれの問題や記述式の問題に取りかかりましょう。 まず最初の文や冒頭部分で一括りにし、続きは述べられている内容によって論理的に細かく分類するという方法をとりましょう(一歩一歩、着実に進みましょう)。 〜先に考えた流れを踏まえつつ、再考を加えて、次の段階に進みましょう。 それぞれの文や言い回しの言葉に、一つずつ目を通すと、答えを書けるようになったり、新しい発見をすることができます。 〜他の問題に移る必要がある場合、後で答えを書くための余白として、数行空けておきましょう。 解答を再考する場合、 すでに書いたところや見直したところを読みましょう。 そして、そこからわかることを考えましょう。 異なる観点や今まで気づかなかった方法などが見つかるかもしれません。 目標とご褒美を設定する 目標を達成したり、宿題を終えたら、自分自身にちょっとしたご褒美を与えましょう。 ご褒美があると楽しい気分になり、また「宿題を終えた後」なら喜びも2倍の大きさになります。 宿題を終えてから読むために、お気に入りの本をとっておきましょう。 すぐに電話でおしゃべりできるように、宿題を終えてから連絡する時間を友達と決めておきましょう。 お気に入りのウェブサイトを見たり、常にしたいと思っていたとっておきの計画を実行しましょう。 来るべき祝祭日や休暇を動機付けに利用しましょう。 木曜日になったら、もう少しで週末です。 そして、宿題に取り組んでいるこの瞬間にも、刻一刻と週末が近づいてきます。 連休、冬休み、夏休みといった長期休暇が近づいてきたら、宿題を進ませた分だけ、休暇を満喫できるということを思い出しましょう。 なるべく気が散らない場所を探す 勉強専用の場所を確保しましょう。 友人やテレビなど、気を散らす可能性のあるものが存在してはいけません。 また、テーブルのような硬い表面を持つところで筆記しましょう。 高校生の皆さんの場合、パソコンを使って宿題をしなければならないときもありますが、チャットプログラムや宿題に関係のないウェブサイトなどを開いてはいけません。 勉強に集中できないときや眠いときは、図書館に行って、人通りのある場所のテーブルで宿題をするという手もあります。 静かな雰囲気であれば集中力が高まり、適度に人通りがあったほうが眠くなりません。 そして、宿題が行き詰まったときは、図書館員に相談したり、参考文献を利用することもできます。 本当に宿題をやりたくない場合、宿題に取り組む準備だけはしましょう。 紙、鉛筆、教科書、そして飲みたい人は一杯のコーヒーを準備しましょう。 それから席について、読まなければならない本のページを開きましょう。 次に、第一段落を読みましょう。 そのときまでには、たいてい、答えや、レポートやノートのはじめの一文を書ける気がしてくるはずです。 テーブルや机の上で宿題をしましょう。 ソファーやベットの上では絶対にしてはいけません。 退屈になった時にベットがとても柔らかいと、可能性があります。 たとえ実際に眠くならない場合であっても、心地よさから注意散漫になります。 本当に難しい宿題を抱えている場合、壁にぶつかって行き詰まらないように、まずは簡単な宿題から取りかかりましょう。 できる限り、宿題を終わらせるまで寝てはいけません。 「ああ、明日は宿題を終わらせるために早起きしよう。 」と言って眠りに落ちた翌朝、十分に早起きできなかったり、早起きはしたものの、その日は一日中疲れた状態で過ごすようになります。 睡眠中に、脳は眠りに落ちる直前に覚えた記憶を定着させる傾向があるということが研究でわかっています。 それゆえ、何かを覚えるときは、寝る直前に取り組みましょう。 これは寝る直前に100個の単語を暗記できるという意味ではありません。 寝る直前に覚える単語をほとんどすべて復習できるように、日中に少しずつ暗記しましょう。 長時間(2時間以上)宿題に取り組む場合、1時間ごとに15分の休憩をとりましょう。 休憩をするとき、宿題を再開しない言い訳を作りやすいご褒美や気分転換をしてはいけません。 宿題のためにパソコンを使う必要のある場合、ウェブサイトを読ませて勉強を中断させようとする広告の誘惑に気を取られてはいけません。 なるべく広告を除去するブロッカーを利用し、誘惑されないように気をつけましょう。 イライラしてはいけません。 宿題をしていて行き詰まり、長丁場になりそうな場合、一時的に別の宿題に切り替えましょう。 宿題がわからないことで、あまり悩んではいけません。 周囲に助けとなる存在はたくさんあります。 インターネット、両親、友達などを活用しましょう。 周囲に助けを求めても解決できなかった場合、学校に早めに登校して、先生に宿題の説明をしてもらうという手もあります。 ノートと教科書を手元に置いて宿題に取りかかりましょう。 何も手がかりなしの状態で宿題をしてはいけません。 解き方が思いつかないときは、授業で使っているノートを見ましょう。 残りの1日の予定に影響するような、先延ばしは避けましょう。 「ああ、今夜やればいいかな。 」と思いはじめたとき、その日の計画を確認しましょう。 たとえば、「だめだ。 今夜は見たいテレビがあった。 」と予定を思い出せば、今すぐに宿題に取りかかれます。 学校での空き時間やバスの移動時間を利用して、宿題をはじめましょう。 家に着いたらすぐに残りの宿題をしましょう。 学校や下校時間なら頭が「学習モード」なので、その日に学んだものを鮮明に思い出せます。 さらに、その日の残りの時間を自由に使えます。 翌日まで、学校のことを考える必要もありません。 早起きをして勉強したい人も、もちろんいます。 早めの就寝を心がけましょう。 可能だとしても、遅くまで起きていたり、やたらと早起きしたりしてはいけません。 長期的に見れば、この習慣は体に悪影響を与えます。 脳を働かせるため(眠気防止のため)に、軽食は健康的なものを少しだけ取りましょう。 どうしても食べ物をご褒美に設定したい場合、1問もしくは2問解いた後、一度に大量に食べる行為はくれぐれも避けましょう。 さもなければ、宿題を終えた後のご褒美だという事実を無視して、思う存分食べたくなります。 極力、食べ物やご馳走をご褒美として使うことは避けましょう。 やはり、食べることで後々健康や体重に悪影響を引き起こす可能性があります。 しかしながら、「カロリーの少ない軽食」すなわち、少なめのサラダ、もしくはクラッカー2枚、アーモンドのような豆類3、4粒、ひとくちサイズの肉製品、もしくは紅茶1杯であれば摂取してもかまいません。 457. mwimg a. header. important;font-size:13px;background-color:rgba 67,95,44,. 4 ;color: FFF;font-weight:bold;padding:8px;margin:0!

次の

宿題がしたくなる方法 (画像あり)

宿題 画像

学校の宿題が好きだという生徒は、本当に稀有な存在です。 おそらくほぼ全員の皆さんがうんざりしているのではないでしょうか。 結局、お気に入りのテレビ番組の続きを見たいと思うときに、宿題を始めたいという気にはなれません。 おそらく、宿題をする気に全くなれないことが、問題なのではありません。 そもそも、宿題をする気があるから、皆さんはこの記事をこうして読んでいます。 多くの場合、重要なのは、宿題を始めるための動機を見つけることです。 今この記事を読めば、ぐずぐずしないで勉強を始めたくなるはずです。 長い目で見れば、宿題は自分を成長させてくれるものです。 学校の先生は生徒に学んでもらいたいと思うからこそ、宿題を出すのです。 放課後の自由時間をあらかじめ確保する 自習時間があるときは、できるだけたくさんの宿題に取り組みましょう。 学校で宿題を終わらせた分だけ、家でしなければならない分が減ります。 土壇場で全てを終わらせようとしてはいけません。 授業中(ただし、自習時間がある場合)や昼休みなどの空き時間を有効活用し、宿題を全て終わらせるようにしましょう。 この方法を用いれば、理解できない部分があるとき、学校で教えてもらうこともできます。 先生の手が空いているときに、質問しましょう。 先生は生徒の手助けをするための存在です。 遠慮せずに、助けを求めましょう。 最も手のかかる宿題から優先的に取り組みましょう。 理由は、その方が燃えてくるからです。 まず問題に目を通し、取り組んでいくにつれて、繰り返し考え続けることができます(難しい問題に優先的に目を通すことで、「深く」考える、すなわち独創的に考え始めることができます)。 時間をおいてさらに考えるようにすれば、あまり行き詰まることはなくなります。 また、潜在意識の中に問題に優先して取り組むべきだという思いが生まれます。 今までのように、問題の深みにはまって長時間悩み続けなくてもいいのです。 宿題への取り組みを有意義なものにするため、最も手のかかる問題にすぐに挑戦し、それからもっと易しい宿題に取り組みましょう。 その後、最初の問題に戻って、異なる視点から細かい手がかりを探しつつ、新しい解き方を探りましょう。 裏の裏まで、いろいろな角度から考えましょう。 問題に取りかかる時に、たとえそれが問題を考え直すときであっても、創造力を発揮することができます(このとき、独創的に「深く」考えることができます)。 創造力は、刺激、元気、やる気を生み出します。 問題を分解する 問題を段階に分けて解きましょう。 ざっと目を通して、大まかなトピックを素早くつかみましょう 〜「考えるきっかけとなる」着想や観点を得るために、見出し、序論、地図、表、写真、説明文、太字や斜字体で書かれた部分、脚注、章ごとのまとめに目を通しましょう。 〜全体を複数の部分に分けて、それぞれの問題や記述式の問題に取りかかりましょう。 まず最初の文や冒頭部分で一括りにし、続きは述べられている内容によって論理的に細かく分類するという方法をとりましょう(一歩一歩、着実に進みましょう)。 〜先に考えた流れを踏まえつつ、再考を加えて、次の段階に進みましょう。 それぞれの文や言い回しの言葉に、一つずつ目を通すと、答えを書けるようになったり、新しい発見をすることができます。 〜他の問題に移る必要がある場合、後で答えを書くための余白として、数行空けておきましょう。 解答を再考する場合、 すでに書いたところや見直したところを読みましょう。 そして、そこからわかることを考えましょう。 異なる観点や今まで気づかなかった方法などが見つかるかもしれません。 目標とご褒美を設定する 目標を達成したり、宿題を終えたら、自分自身にちょっとしたご褒美を与えましょう。 ご褒美があると楽しい気分になり、また「宿題を終えた後」なら喜びも2倍の大きさになります。 宿題を終えてから読むために、お気に入りの本をとっておきましょう。 すぐに電話でおしゃべりできるように、宿題を終えてから連絡する時間を友達と決めておきましょう。 お気に入りのウェブサイトを見たり、常にしたいと思っていたとっておきの計画を実行しましょう。 来るべき祝祭日や休暇を動機付けに利用しましょう。 木曜日になったら、もう少しで週末です。 そして、宿題に取り組んでいるこの瞬間にも、刻一刻と週末が近づいてきます。 連休、冬休み、夏休みといった長期休暇が近づいてきたら、宿題を進ませた分だけ、休暇を満喫できるということを思い出しましょう。 なるべく気が散らない場所を探す 勉強専用の場所を確保しましょう。 友人やテレビなど、気を散らす可能性のあるものが存在してはいけません。 また、テーブルのような硬い表面を持つところで筆記しましょう。 高校生の皆さんの場合、パソコンを使って宿題をしなければならないときもありますが、チャットプログラムや宿題に関係のないウェブサイトなどを開いてはいけません。 勉強に集中できないときや眠いときは、図書館に行って、人通りのある場所のテーブルで宿題をするという手もあります。 静かな雰囲気であれば集中力が高まり、適度に人通りがあったほうが眠くなりません。 そして、宿題が行き詰まったときは、図書館員に相談したり、参考文献を利用することもできます。 本当に宿題をやりたくない場合、宿題に取り組む準備だけはしましょう。 紙、鉛筆、教科書、そして飲みたい人は一杯のコーヒーを準備しましょう。 それから席について、読まなければならない本のページを開きましょう。 次に、第一段落を読みましょう。 そのときまでには、たいてい、答えや、レポートやノートのはじめの一文を書ける気がしてくるはずです。 テーブルや机の上で宿題をしましょう。 ソファーやベットの上では絶対にしてはいけません。 退屈になった時にベットがとても柔らかいと、可能性があります。 たとえ実際に眠くならない場合であっても、心地よさから注意散漫になります。 本当に難しい宿題を抱えている場合、壁にぶつかって行き詰まらないように、まずは簡単な宿題から取りかかりましょう。 できる限り、宿題を終わらせるまで寝てはいけません。 「ああ、明日は宿題を終わらせるために早起きしよう。 」と言って眠りに落ちた翌朝、十分に早起きできなかったり、早起きはしたものの、その日は一日中疲れた状態で過ごすようになります。 睡眠中に、脳は眠りに落ちる直前に覚えた記憶を定着させる傾向があるということが研究でわかっています。 それゆえ、何かを覚えるときは、寝る直前に取り組みましょう。 これは寝る直前に100個の単語を暗記できるという意味ではありません。 寝る直前に覚える単語をほとんどすべて復習できるように、日中に少しずつ暗記しましょう。 長時間(2時間以上)宿題に取り組む場合、1時間ごとに15分の休憩をとりましょう。 休憩をするとき、宿題を再開しない言い訳を作りやすいご褒美や気分転換をしてはいけません。 宿題のためにパソコンを使う必要のある場合、ウェブサイトを読ませて勉強を中断させようとする広告の誘惑に気を取られてはいけません。 なるべく広告を除去するブロッカーを利用し、誘惑されないように気をつけましょう。 イライラしてはいけません。 宿題をしていて行き詰まり、長丁場になりそうな場合、一時的に別の宿題に切り替えましょう。 宿題がわからないことで、あまり悩んではいけません。 周囲に助けとなる存在はたくさんあります。 インターネット、両親、友達などを活用しましょう。 周囲に助けを求めても解決できなかった場合、学校に早めに登校して、先生に宿題の説明をしてもらうという手もあります。 ノートと教科書を手元に置いて宿題に取りかかりましょう。 何も手がかりなしの状態で宿題をしてはいけません。 解き方が思いつかないときは、授業で使っているノートを見ましょう。 残りの1日の予定に影響するような、先延ばしは避けましょう。 「ああ、今夜やればいいかな。 」と思いはじめたとき、その日の計画を確認しましょう。 たとえば、「だめだ。 今夜は見たいテレビがあった。 」と予定を思い出せば、今すぐに宿題に取りかかれます。 学校での空き時間やバスの移動時間を利用して、宿題をはじめましょう。 家に着いたらすぐに残りの宿題をしましょう。 学校や下校時間なら頭が「学習モード」なので、その日に学んだものを鮮明に思い出せます。 さらに、その日の残りの時間を自由に使えます。 翌日まで、学校のことを考える必要もありません。 早起きをして勉強したい人も、もちろんいます。 早めの就寝を心がけましょう。 可能だとしても、遅くまで起きていたり、やたらと早起きしたりしてはいけません。 長期的に見れば、この習慣は体に悪影響を与えます。 脳を働かせるため(眠気防止のため)に、軽食は健康的なものを少しだけ取りましょう。 どうしても食べ物をご褒美に設定したい場合、1問もしくは2問解いた後、一度に大量に食べる行為はくれぐれも避けましょう。 さもなければ、宿題を終えた後のご褒美だという事実を無視して、思う存分食べたくなります。 極力、食べ物やご馳走をご褒美として使うことは避けましょう。 やはり、食べることで後々健康や体重に悪影響を引き起こす可能性があります。 しかしながら、「カロリーの少ない軽食」すなわち、少なめのサラダ、もしくはクラッカー2枚、アーモンドのような豆類3、4粒、ひとくちサイズの肉製品、もしくは紅茶1杯であれば摂取してもかまいません。 457. mwimg a. header. important;font-size:13px;background-color:rgba 67,95,44,. 4 ;color: FFF;font-weight:bold;padding:8px;margin:0!

次の

「宿題は悪影響で効果なし」は本当?を元塾講師が考察。ハリス・クーパー教授の研究・論文を誤解?│元塾講師による勉強教育情報サイト

宿題 画像

気が散るものは排除しましょう。 パソコンの電源は切って、FacebookやTwitterなどを見られないようにします。 目の前の課題に集中したいなら、課題とそれに関連するもの以外は全て一掃しましょう。 パソコンで調べ物をする必要がある場合は、その検索だけに集中します。 携帯やパソコンをどうしても触りたくなってしまう場合は、それらを別の部屋に置いておくか、お母さんやルームメイトに預けるのも手です。 必要ならば休憩時間にだけ返してもらいます。 最近の研究では、宿題をする時に穏やかなインストルメンタルの音楽を流すと集中力が高まるという結果が出ています。 個人差はありますが、効果があるかどうか試してみましょう。 X 出典文献• また、勉強する場所の温度が快適かどうか確認します。 その場所の温度を変えられない場合は、寒くて勉強に集中できないということがないように、体を温かくするものを用意して、快適に過ごせるようにしましょう。 スケジュールを立てます。 計画的に進めないと目標達成が困難な場合があります。 各課題ごとに時間枠を設定しましょう。 例えば、理科の宿題は4時から5時の間、数学は5時から6時の間にする、と決めます。 こうすると各課題をもれなく網羅できます。 その上期限があるので適度に緊張感を持って課題を完遂でき、土壇場になって慌てることもありません。 課題の提出期限の確認は極めて大切です。 期限に応じて適切なスケジュールを立てることができるからです。 提出期限の確認を怠って翌日提出の宿題を4つも抱えてしまったら…これはかなりの無茶と言わざるを得ません。 勉強机の整理整頓を心がけましょう。 例えば英語のノートを何冊も広げた机で数学の課題に取り組むのでは、集中力を維持しやすいとは言えません。 ひとつの課題を終了してから次の課題に移りましょう。 複数の課題に同時進行で取り組むのはやめましょう。 まずひとつの課題を終えてから、次に取り掛かります。 最近の研究では、平行作業をすると一時的に知能指数およびそれぞれの作業における認知能力が下がり、どちらの作業も効率が落ちることがわかっています。 X 出典文献• 課題を完了するごとにリストを消していきましょう。 課題を終えたらすぐに、リストにチェックを入れます。 課題をいくつかの部分に分けて、達成する度にひとつずつチェックしていくのも良いアイデアでしょう。 リストにチェックを入れると達成感が味わえて、続けて頑張ろうという気持ちになります。 どうしても解けない問題があるときは、ひとまず放置します。 分からない問題をじっとにらみ続けても余計イライラするだけで時間の無駄です。 とりあえず他の課題に手をつけて、まずそちらを新たな気持ちで進めましょう。 後でまた分からない問題に再挑戦する時には、前より気分良く取り掛かれるでしょう。 宿題ができたら自分にご褒美を与えましょう。 課題をひとつ終える度にその努力に対する報酬を与えることが重要です。 ゲームなどのお楽しみ、お菓子、ちょっとした自由時間などを目標に頑張ると早く宿題を終える意欲が出て、すなわち集中して取り組めます。 「自分にご褒美作戦」を試してみましょう。 小さな紙片をその日の課題の数だけ用意して、課題の内容をひとつずつ書き出してまとめておきます。 さらに、休憩時間にもらえるご褒美の数と同じだけの紙片を用意して「携帯をチェック」「Facebookをチェック」「10分だけゲーム」「TVドラマを一話だけ見る」など、ひとつずつ書き込んで別にまとめます。 課題をひとつ終えたらご褒美カードの中から1枚選びます。 これはきちんと宿題をしつつ自分のしたいことも同時にできる素晴らしい方法です。 ただしご褒美の内容は調子に乗り過ぎないようにしましょう。 ドラマは最新話だけなら構いませんが、シーズン全部を見るのはいけません。 騒がしいきょうだいの隣に座らないようにしましょう。 集中すべきは宿題であり、友達ではありません。 電話がかかってきたら後でかけなおしましょう。 きれいに片付いた部屋で勉強しましょう。 そうすれば「部屋の掃除」を口実に宿題を後回しにすることもありません。 テレビがついている場所や、料理の匂いや嫌な匂いがする場所などでの勉強は気が散るので避けましょう。 宿題を始める前に、ランニングやジャンプなどの軽い運動をしてみましょう。 数分でも体を動かすと、血行がよくなります。 自然の景色を眺めると生産性と集中力が向上するという研究結果があります。 窓から裏庭を眺めてみましょう。 ただし、気が散るものは見ないようにしましょう。 自然の風景の絵・写真や花瓶に生けた花でも、多少の効果は期待できます。 意外なことに、後で宿題をするより今すぐにした方が、自由時間が多く取れます。 他に何かすることがあったとしても、宿題を後回しにするのはやめましょう。 後回しにすると余計にやる気がなくなります。 宿題をしたくない時は宿題が終わった後の楽しい時間のことを考えましょう。 宿題中に服がチクチクして気が散らないように、くつろげる服装に着替えましょう。 「宿題に集中する方法」をひたすら検索し続けるのは時間の無駄です。 さっさと宿題を始めましょう。 必要な文房具が全部手元にあることを確認しましょう。 宿題のスケジュールを立てましょう。 例えば、数学と理科の宿題が全部終わったらテレビを15分見ていい、などです。 達成できたことに対して、自分にご褒美を与えましょう。 音楽を聴きながら勉強すると、はかどる人と逆に気が散る人がいますが、それは主に学習スタイルの違いです。 無駄なことをして大事なことを後回しにしないで下さい。 宿題を最優先にして、なるべく早く済ませましょう。 携帯電話の通知機能やグループメッセージの着信音はオフにしましょう。 そうすればいちいち携帯をチェックしなくても済みます。 携帯の音は消そうと思えば消せるものです。 宿題を始める前に気が散るもの 携帯、パソコンなど は遠ざけ、勉強だけに集中できるようにしましょう。 ドアを閉めて外の騒音をシャットアウトしましょう。 休憩を取る必要があれば取りましょう。 騒音や妨害に対してイライラするのはやめましょう。 深呼吸をして、宿題を終えるまでは余計な思考は遮断しましょう。

次の