度々の連絡失礼します。 重ねてのご連絡の使い方・例文は?重ねまして/重ねてお手数を

「度々」の意味とは?ビジネスメールでの使い方も分かりやすく紹介

度々の連絡失礼します

また、ビジネスでは「何度もすみません・失礼します」という少し丁寧な言い方になりますね。 「Sorry to bother you again. 」が、一般的に一番使われるカジュアルな表現になります。 何かを何度も聞いたり、何度もメールやメッセージを送ったりする場合に使えます。 また、 「Sorry to keep bothering you. 」でも同様です。 少し丁寧になると下記のようになります。 ビジネスなどフォーマルな場面でも使える表現です。 「bother(ボザー)」は「悩ます・困惑させる」という動詞になります。 」という英語府レースがありますが、それは「お構いなく!」や「気にしないで!」という意味になります。 (また私だけど・・・)」という表現も仲がいい間柄では使える表現ですので覚えておきましょう! 日本人は謝りすぎると言われているので、仲がいい友達などにはこれくらいの表現で全然大丈夫です。 これを更に丁寧にすると、「bother」の代わりに 「interrupt」(インターラプト)という単語を使います。 「interrupt」は、「割り込む・遮る」という意味です。 」という表現でOKです。 2.ビジネスメールで使える丁寧な「何度もすみません」の英語フレーズ ここでは丁寧に表現する「何度もすみません」のメールやメッセージ編をご紹介します。 例えば次のような場合に必要になりますね。 お忙しいところ、何度もすみません• 度々のご連絡失礼いたします• 何度もメールしてすみません• 続けてのメール失礼します 基本となるのが、 「Apologies for ~. 」、または 「I apologize for ~. 」となります。 「apologize(アポロジャイズ・謝罪する)」と「apology(アポロジー・謝罪)」の複数形(apologies)と前置詞の「for」を使って表現します。 「sorry」の単語を使うより、更に丁寧になります。 また、「My apologies for ~. 」も同様です。 それでは先ほどの日本語を英語で表現してみると下記のようになります。 お忙しいところ、何度もすみません:Apologies for my continuous e-mails. 」とすでに知っている相手であればこれでもOKです。 度々のご連絡失礼いたします:I apologize for my frequent contacts. 」などでも構いません。 何度もメールしてすみません:I apologize for bothering you with all the emails. 」でも同様です。 続けてのメール失礼します:I apologize for e-mailing you again. また、他にも次のような場面があるので、その表現も押さえておくとビジネスメールを書くとき、口頭でフォーマルに伝える時に役立ちますので、押さえておきましょう!• また、「I really appreciate your precious time. (あなたの貴重な時間に感謝します)」など感謝で表現してもOKです。 何度も催促してすみません:Apologies for asking you many times. (急かしてすみません)」という表現もあります。 度重なる変更申し訳ありません:I truly apologize for many changes. 前置詞の「for(またはto)」の後ろに具体的な名詞・動名詞(toの場合は動詞)を入れることでストレートに相手に何が何度もしているのかを明確にできます。 」 あなたもそんな悩みを一人で抱えていませんか? また、英語をマスターした人だけが知っている 「めちゃくちゃ簡単なカラクリ」があるということをご存知ですか? そのカラクリを知って、単純に実践したからこそ、偏差値40だった私が短期間で「英検1級」と「TOEIC満点(990)」を取得する英語力を身に付けることができました。 2つの資格とも一発取得です。 本来、英語は一番カンタンな言語です。 それにもかかわらず、私は日本人の9割以上の人が英語に苦しんでいるのが不思議でなりませんし、だからこそその苦痛をなくして、英語を勉強せずに楽しく上達できるようにしてあげたいと思っています。 今回は、英語が苦手な日本人が挫折せずに英語をマスターするための最短手法と具体的ステップについて、私が数万人に英語を教えながらブラッシュアップを重ねた 「学校教育とは180度違う完全ノウハウ」を 無料PDF(全71ページ)という形でまとめました。 ふつうのリスニングを禁止した方法から、言いたい事がパッと言える写真スピーキング法、暗記せずに2万単語以上がスグ出る手法、文法を一切勉強せずに語順マスターするゲームまで、ほとんどの日本人が知らないやり方です。 これが日本人の脳の構造上、必要かつ最短ルートで英語力を身につけるノウハウになります。 短期間で英語上達しなかった人は必ず見ておいてください。 机に30分も座れない・・・ テストは常に赤点(偏差値40)・・・ 英語とは無縁の人生だった・・・ そんな落ちこぼれの私でさえ短期間でマスター出来ましたし、多くの実践者が短期で結果を出してくれていることからも、 正しいステップで、勉強せずに、楽しみながら無料で英語をマスターするというのが最大のポイントです。 興味がある方に、 今だけ期間限定でPDF(全71ページ)を無料プレゼント中です。 このPDFを片手に、あなたの英語学習をより加速させてあなたの望みを叶えていただければ、私にとって一番嬉しいことです。

次の

「度々」の意味と使い方、敬語、類語・言い換え、「重ね重ね」との違い

度々の連絡失礼します

「度々」の意味と読み方 「度々」の読み方は「たびたび」が基本で、稀に「どど」「よりより」とも 「度々」の基本的な読み方は「 たびたび」です。 「たびたび」の他にも「 とど」や「 よりより」と読まれることもあります。 「 度々〈とど〉」は、「たびたび・しばしば」という意味合いで使用される言葉 「 度々〈よりより〉」は、「時々・おりおり」という副詞として使用される言葉です。 「度々」の意味は「何度同じことが繰返される様子」で、具体的な頻度の定義はなし 「度々」は、「 同じことが何度も繰り返される様子」を言い表した言葉です。 主に、相手に対して何度も同じことを繰り返してしまったということに対して申し訳ないという気持ちや、感謝の気持を伝える場面で使用され、 繰り返される頻度について具体的な定義はありません。 日常生活はもちろんのこと、ビジネスシーンなど幅広い場で使用される言葉です。 「度々」は、「度度」と表現されることもありますが、一般的には「度々」が使用されています。 「度々」の使い方と例文 「度々すいません」は「何度も繰り返し申し訳ありません」 「度々すいません」は、「 何度も繰り返し申し訳ありません」という意味で、同じ人に対して何度も迷惑をかけることを予め伝えたり、相手にお詫びをする場面でし使用されます。 例えば、「確認をしてほしい」いうお願いを一度したにもかかわらず、まだ確認をしてもらえていないという場合に、「度々すいませんが書類の確認をお願いいたします」というように使用すると、「繰り返し確認することをお願いして申し訳ないのですが」というニュアンスで謝罪の意味を込めたうえでお願いをすることができます。 つまり、「大変恐縮なのですが〜」といった クッション言葉と同じ使われ方をするということがわかります。 「すいません」は少々くだけた表現であるため、とくに目上の人に対して使用する場合など敬意を示すべき相手に対して使用する場合は、「度々申し訳ありません」というようにより丁寧な表現をするほうが適しています。 例文 「度々すいません。 もう1枚確認していただきたい資料があるのですがよろしいでしょうか」 「度々すいませんが、もう一度連絡をいただくようお願いしてもらえますか?」 「度々すいません、予算案に関する資料をもう一度見せていただけますか?」 「度々すいませんが、やはりハンドルの調子が悪いのでもう一度見てもらいたいのですが」 「度々お手数をおかけして」は「度々手間をかけさせてしまい」 「度々お手数をおけして」は「度々手間をかけさせてしまい〜…」というニアンスで使用されます。 「手数」は、「 ある物事を達成するために必要な労力、動作、手段の数」を意味します。 「ある物事」とは自分以外の第三者のために行う物事を指し、「かける」は「時間・費用・労力などをそのために使うこと」を意味していて、「〜を強いる」というニュアンスになります。 つまり、「度々お手数をおかけして」は、 相手に何度も時間や費用・労力といった手間をかけさせてしまうことにたいするお詫びの気持ちを伝える表現です。 例文 「度々お手数をおかけしてしまいますが、新しい決定事項については郵送していただけますか?」 「度々お手数をおかけしてしまいますが、今一度お間違えがないか、ご確認いただいてよろしいでしょうか」 「度々お手数をおかけして申し訳ありません、もう一度ご希望の日程をお伝えいただけるとありがたいです。 」 「度々恐れ入ります」は「何度も迷惑をかけ申し訳ありません」 「度々恐れ入ります」は、「 何度も迷惑をかけてしまい申し訳ない」という気持ちを言い表した表現です。 「恐れ入る」には「自分の悪かったことについて申し訳なく思う」「相手の厚意にたいして恐縮する」という意味があります。 相手に対して何度も繰り返し迷惑をかけることを申し訳なく感じ、恐縮している気持ちを「度々恐れ入ります」というような言い回しで依頼やお願いごとをする場面などで使用することができます。 「度々のご連絡失礼いたします/申し訳ございません」は「何度も連絡をしてしまい申し訳ありません」 「 失礼いたします」は、自分が何かをする場合に相手に断りを入れる意味で使用される言葉で、「失礼する」の謙譲語である「いたす」に丁寧語の「ます」をつけた表現です。 「 申し訳ございません」は、「相手にすまない気持ちで、弁解や言い訳のしようがない」「大変すまない」という意味で、相手に対して詫びる際に用いる表現になります。 「度々ありがとうございます」は「何度も繰り返しありがとうございます」 「度々ありがとうございます」は、「何度もありがとうございます」 重ね重ね相手にお気遣いいただいた場合のお礼の気持ちを伝える言葉です。 「度々ありがとうございます」は、「 何度もありがとうございます」という意味合いで、 重ね重ね相手にお気遣いいただいた場合のお礼の気持ちを伝える言葉です。 「度々……〜ありがとうございます」というような使い方をすることが多く、さらに丁寧な表現をする場合は「度々……〜いただきお礼申し上げます」といった表現を使用しましょう。 「度々の質問」は、 相手に何度も繰り返し質問をする場面で使用される言葉です。 同じ質問ではなくとも、同じ人に対して何度も何度も質問をすることは、相手にとって負担をかけてしまうことですし、うっとおしいと思われてしま可能性もあります。 例えば、新しい仕事を任されたばかりでわからないことがあるけれど、何度も先輩に質問するのは申し訳ないという場面で、「度々の質問で申し訳ないのですが・・・」というように使用することができます。 「度々の質問」は「何度も繰り返し質問をすること」 「度々」の類語 「度重なる」は、「 たびかさなる」と読みます。 「度重なる」の意味は「 何度も同じようなことが続いて起こる」です。 例文 ・度重なる失言が原因で、彼に対しての批判の意見が増えた。 ・度重なる失態をどうぞお許しください。 度重なる 「しばしば」は、 ある程度の期間をおいて、同じ行動や状態が何度も繰り返される様子を表現した言葉です。 「しばしば」は「度々」と同じように頻度にこれといった定義はありませんが、毎回ではなく時としてというような頻度で繰り返され事に対して使用します。 例文 ・彼は歌唱力があり、しばしばミュージカルに出演することもあった。 ・主人は基本的に定時で帰宅することができる職業ですが、しばしば帰りが遅くなることがある。 しばしば 「幾度となく」は、「 いくどとなく」と読みます。 「幾度」とは、「どのくらいの回数・何度・いくたび」という意味でのある言葉で、「幾度となく」で「何度も」という意味の表現になります、 例文 ・彼を説得するための話し合いが幾度となく繰り返されていた。 ・彼女は幾度となく私を助けてくれた大切な友人です。 「度々」の使用上の注意点 当たり前だが一回目では使えない 「度々」は、年度も繰り返される様子を言い表した言葉であるため、当たり前ではありますが 一回目で使えません。 例えば、初対面の人に対して「度々ありがとうございます」「度々失礼します」というような表現を突然使用すると「前に何かあったのだろうか・・・?」と思わせてしまうのです。 むやみやたらに使用できる言葉ではなので注意しましょう。 重ね言葉なので結婚式・葬儀などでは使えない 「度々」は、同じ意味の言葉を重ねた「重ね言葉」という言われる表現です。 「重ね言葉」は、 同じ言葉を重ねるといったことから「再婚」や「悲しい出来事の再来」を連想させてしまうため結婚式や葬儀で使用することは避けられています。 うっかり使用してしまうと、非常識だと思われかねませんので頭に入れておきましょう。

次の

度々すみません!何度もすみません!英語で言える?【ビジネス/カジュアル使い分け】

度々の連絡失礼します

「恐縮です」の英語メールフレーズ 「恐縮」という言葉は日本の文化的な背景が色濃くでている言葉の一つだね。 英語圏にはない考え方なので、場面に応じて使い分けが必要だよ。 大前提として、「恐縮です」が使われる場面において、文字通り 恐縮するより「感謝する」方が適切な場合が非常に多いことを認識しておこう。 It would be great if you could …• I would appreciate it if you could … 相手にもよるところはあるけれども、例えば、1日2、3回同じ件でメールを送るといったレベルで「恐縮」する必要性はない。 例えば相手に催促を1度や2度するときに、「恐縮」する必要はない。 感謝された方がうれしいものだからね。 心の優しい人ほど恐縮しがちだね。 「恐縮ですが」と身を縮こませる言い方を、「感謝する」ニュアンスで伝える方法がないか、一度考えてみよう。 その上で「恐縮ですが」が適切だと判断した場合、次のようなフレーズがおススメだよ。 場面別で紹介しよう。 お忙しいところ恐縮ですが …• お忙しいところ恐れ入りますが …• お忙しいところ申し訳ありませんが …• お忙しい中恐縮ですが …• お忙しいとは存じますが …• お邪魔して申し訳ないですが … これらのフレーズの後には、「~していただけませんか。 」といったように、 依頼する場合は次の英語フレーズがピッタリだ。 I am sorry for troubling you when you are busy, but …• I understand that you are busy, but …• I am sorry for disturbing you, but …• Sorry to bother you, but …• Sorry for disturbing you, but …• I understand you are occupied at the moment, but … 「sorry to bother you」と「sorry for bothering you」は基本的には同じような意味だ。 ~ingの方が、今相手を妨げているニュアンスは伝わりやすいと感じるが、好きな方を使えばOKだ。 「お邪魔する、妨げる」という場合に使いまわせる単語があるので紹介しよう。 bother• disturb• trouble• occupy この中でも「bother」と「disturb」がビジネス現場でよく見かける言葉なので、使用するのをおススメするよ。 親しい間柄なのであれば、次のようなフレーズも覚えておくといい。 I'll keep it short. I'll be quick. … 「ことを早く済ませるよ」といって文章を続ける。 早く済ませるんだから、 で紹介したように、過不足なくシンプルに文章をまとめようね。 「残念ですが」の英語メールフレーズ• 残念ですが …• 大変恐縮ですが …• 残念ながら … といったフレーズの場合は次の通りだ。 I am afraid that …• Unfortunately … これらの言葉の後には、例えば製品の不具合を連絡するとか、製品の出荷が天災などの影響で遅れるといった場合に使えるよ。 「繰り返しで恐縮ですが」の英語メールフレーズ• 繰り返しで恐縮ですが …• お忙しいところ何度もすみませんが …• 何度も手間をかけてすみませんが …• 繰り返しになり申し訳ありませんが …• 繰り返しのお願いで恐縮ですが …• 度々すみませんが … 「繰り返し」という言葉をニュアンスでとらえると、次のような表現が適切だ。 I'm terribly sorry to disturb you again, but …• I understand that you are very busy, but …• I am sorry to intrude on your precious time, but …• I am sorry for disturbing you despite being busy, but … 「very busy」は「 hectic(大忙し)」という単語に置き換えることができるよ。 hecticは会話でもよく使う単語だよ。 「度々のご連絡失礼いたします」の英語メールフレーズ• 度々のご連絡失礼いたします• 続けてのメール失礼します これらの言葉は英語のメールでは不要だ。 どうしても送りたい場合は、次のようなフレーズがある。 I am sorry to bother you over and over. I am sorry for disturbing you again and again. 「~していただき、恐縮です」の英語メールフレーズ 「~していただき、恐縮です」という場合は、その気持ちを感謝の表現で表そう。 たとえば「Thank you for ~」や「I appreciate ~」といった表現だ。 具体的には、 で紹介しているよ。 「I am afraid」や、「I am sorry」と縮こまったり、謝罪したりする必要はない。 というのも、英語の文化的にこれらのフレーズを頻繁に使うと「丁寧」という印象にはなりにくく、むしろ 「自信がなさそう」というイメージにつながりやすい。 そして、「自信がない」というイメージは日本人の「自信がない」というイメージと非にならないほどネガティブなイメージだということは知っておこう。 まとめ ここまで「恐縮ですが」という英語フレーズをたくさん紹介してきた。 実のところ「恐縮ですが」という言葉はとても日本人的な感覚なんだ。 英語には「恐縮ですが」にぴったりの言葉が存在しないし、多くの海外の国では「恐縮ですが」の感覚がないことも珍しくない。 文化の違いがある場合、まずは自分の方から歩み寄ることが大切だ。 相手のことを考えて「恐縮ですが」と言いたいことはわかる。 しかし、相手にその文化がなければ、 「なんで謝るの?」と不思議に思われたり、自信がない人と思われてしまう可能性がある。 おススメすることは、• へりくだり過ぎていないか• 毎回のように謝り過ぎていないか 意識して問題ないことを確認した上で、紹介したフレーズを使うと効果的だよ。

次の