ラミエル。 第5使徒ラミエル

【エヴァンゲリオン】最強の使徒ラミエルのすごいところ4つ

ラミエル

本記事ではの「第6の使徒」を解説する。 の第6使徒についてはを参照。 概要 に登場する使徒。 TV版の第5使徒に相当する。 TV版では下部からドリルを伸ばす以外に殆ど変化や動作を見せない使徒だったが、劇場版では「四次元立体を三次元空間に投影した」というコンセプトに基づき、様々な形に変形し攻撃・防御を行う。 また、一定距離内に侵入した敵目標を攻撃するタイプと考察されており、出撃したエヴァ初号機を感知した途端攻撃態勢に入り初号機を大破させている。 初号機の陽電子砲による1回目の狙撃が命中するも、致命傷とはならず星型正二十面体のような形となって反撃するが、零号機の盾に阻まれ、2射目で殲滅される。 陽電子砲による攻撃を受けた際には、大きなトゲを無数にもつウニのような形(正確に言うと完全二十面体)となり、人の叫び声のような奇声を発する。 殲滅された後はジオフロントまで到達したドリル部も形象崩壊し、NERV本部に血の雨を降らせた。 客演など 5月31日から6月13日まで開催されたエヴァンゲリオンコラボの限定レジャー「使徒襲来」に登場。 名称は「第6使徒」。 最初は 生身で使徒に立ち向かうことになり、第6使徒の攻撃を避けつつ射撃でダメージを与えていく。 使徒への与ダメージが多いと初号機に、被ダメージが多いと零号機に搭乗できる可能性が高くなる。 初号機に搭乗するとポジトロンスナイパーライフルで使徒に攻撃可能となる。 2019年11月下旬から12月上旬に開催されたエヴァンゲリオンコラボのコラボボスエネミーとして登場。 緊急クエスト「第6使徒殲滅作戦」で戦う事が可能。 こちらも名称は「第6使徒」。 地球のアニメ作品である「」に興味を持ち始めたアークス達が具現化させてしまったとしてアークスシップに出現。 本物同様にATフィールドを展開し、加粒子砲も放つことが可能。 さらに原作通りボーリングマシンでジオフロント…ではなくアークスシップの動力部分を目指していた。 なお、この緊急クエストのBGMは原作の戦闘曲である「DECISIVE BATTLE」 作曲: を使用している。 イベント「エヴァンゲリオンラッシュ」でボス敵および報酬カードとして登場。 カードの方は育成が出来ず、ほぼコレクション用。 こちらでも名称は「第6使徒」。 「」シリーズ 同様、基本的に再現用のイベントキャラとして登場。 では自力で撃破も可能。 でも自力で撃破可能。 ポイント獲得のためには自力で撃破する必要がある。 天獄篇では再生使徒として再登場。 シークレットシナリオで復活登場するが、「など恐るるに足らずだ」と、実際あまり強くない。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

モンストの「ラミエル」の評価/適正!わくわくの実についても解説!

ラミエル

その名は神の慈悲の意。 魂の管理者。 シンボルは雷霆。 別称:レミエル/Remiel。 ウリエルの別名=ファヌエル/Phanuelと同一視されることもある。 …世界が悪に染まり混乱の極みに達した終末。 神によって「最後の審判」が下される時。 死者は土の中で復活を待つとされる。 善を為した人は光り輝く「新しい世界」へ。 悪を為した人は「永遠の地獄」へ。 ラミエルの役割である魂の管理とは、この終末世界で人々の霊魂を管理することなのである。 ラミエルは「真の幻影を支配する」ものとも伝えられる。 ラミエルの幻影とは、ただの幻や夢の類では無い。 ユダヤやキリスト、イスラム教での幻影=Visionとは、選ばれし人間に神の意志を映像として認知させること。 深い信仰、そして真実への求道心を持つ者に、神から与えられるメッセージが黙示なのである。 数々の預言者、聖人が得た黙示の成果を鑑みても、「幻影の支配者」たるラミエルの任務は極めて大きな意味を持つ事が解るだろう。 ラミエルの別称、レミエルは「雷霆」を司るという。 この荒ぶる側面から彼を堕天使とする説も有力だ。 堕天使としての彼は「背教者のリーダー」とされ、ミルトンの失楽園の中では、ことさら凶暴な側面を強調されている。 また、ファヌエルとしての側面として知られるのは、一つは「エチオピア語の譬話集/The Ethiopic Book of Parables」にて、サタンたちの誘惑を断ち切り、永遠の命を望む者たちの悔い改めの気持ちを支配すること。 古代ヘブライでは邪悪な霊から身を護る際にこの名を口にしていたようだ。 ラミエルは「栄光の天使」のうちで、"確定していない三人"の候補者の一人とされる。

次の

第6の使徒 (だいろくのしと)とは【ピクシブ百科事典】

ラミエル

概要 [ ] 第伍話および第六話に登場する。 色は水色で、正八面体の姿をしている。 およそ生物らしからぬ姿をしているが、移動の際には特徴的な鳴き声を発する。 プリズムの外殻部に粒子加速器と同様の機能が備わっているようで、そこでを蓄えて放つ超高出力の加粒子砲による超長距離狙撃を得意とする。 出撃直後のを狙撃して行動不能にした後、本体下部から掘削シールドを出して本部・ジオフロントへの接触を図った。 において、EVA初号機のポジトロンスナイパーライフルとの撃ち合いの末に敗北、殲滅される。 [ ] 「第6の使徒」として出現。 最初こそ旧と同じ正八面体で登場するが、攻撃するごとに複雑なをする。 掘削シールドも描写が変わった。 登場作品と役柄 [ ] 原作再現される場合は大体イベントで撃破され、プレイヤーが普通に撃破できるのは稀で倒したとしても復活する場合が多い。 [ ] 初登場作品。 先にを襲撃していたを一蹴し、その後にジオフロントへの侵入を目論む。 原作通りのイベントで倒される事になるが、その際のポジトロンスナイパーライフルのエネルギーはから供給された。 エヴァのバッドエンドルートでは復活し、再び戦う事になる。 を上げたやのかかったユニットに撃たせ続けるだけで簡単に無力化できてしまう。 実の所持久戦に滅法弱く、てんで大した事の無い相手である。 ただし、と同様に毎にENを20回復する点には留意したい。 実は、まともに戦えるのはこっちの再生ラミエルのみ。 つまり、バッドエンドルートを通らないと上記のイベントでしか出番が無い。 ちなみに、対攻撃用のデータは、なんと加粒子砲の射程が無限! [ ] 原作通りヤシマ作戦のイベントで倒される。 自力で倒す事はほぼ不可能。 を貫くほどの攻撃でダメージを与えたとしても加粒子砲の命中率が脅威的な上、この時点では一番HPが高いであろうですら防御しなければ1撃で沈められるほど攻撃力が高い(基本攻撃力は 9999もあり、更にこのシナリオでは7段階改造されているため、攻撃力は 10749に達する)。 その上、射程が尋常じゃない。 そのステージではを倒せばクリアになる為、素直にそっちと戦うべき。 なお、この時の初号機が撃ったポジトロンスナイパーライフルのエネルギーは、「威力を高めたとを触媒により複合使用する」という凄まじいものだった。 本作では、追加ルートにおいて再生使徒軍団の一体として復活、初出時のトンデモ性能そのままに登場するので、 並みいる使徒の中でも危険度は文句なくNo. 更に熟練度が高いと全能力がフル改造されるため耐久力の高さも群を抜いている。 この時点では味方の戦力も充実しているのでを総動員すれば数値程には苦戦しないが、最優先で倒したい。 今回はイベントが終了済であることもあり普通に戦わなければならない。 しかし、従来作に比べて大幅に弱体化しており、そのあっけなさは今回のの不遇ぶりを象徴している。 とはいえ、攻撃力と射程・命中率はそれなりに再現されているので、運動性の不十分なでは返り討ちに遭う事も。 [ ] 新劇場版設定。 本編では第19話「繋がる絆」で登場するが、『』同様力押しで倒すことが可能。 ただし、今回も高い能力値を有しているので一筋縄ではいかない。 武装は「ビーム砲」1種類のみだが相変わらず強烈な性能で、射程1~14の全体攻撃で命中補正が+50、おまけに(使徒)は&持ちと隙が無く、生半可な戦力で仕掛けるとカウンターを喰らって何も出来ないうちに沈む。 なお、今回護衛対象のEVAは完全な射程外にいるが、増援のと軍団が茶々を入れに向かってくるのでそっちに注意すべし。 ただし、獲得のためには狙撃までに一定値以下にまでHPを減らさねばならず、さらにIFルートへのポイント獲得のためには最低1回は力押しで倒さなければならないため、撃破を狙うのであれば十分な改造や育成が必須となる。 再生使徒の1体として再登場。 携帯機シリーズ [ ] 新劇場版設定で 第6の使徒名義での登場。 やはりヤシマ作戦によって倒されるのだが、自力で倒す事も可能。 ただし、攻防共に凶悪な能力を持ち、1周目で倒すのは至難の技。 シナリオの関係上、最初から使徒の気力150で始まる一方で、ヤシマ作戦が開始されるのが6ターン目開始時なので実質5ターンしかないと言うのも難度に追い討ちをかける。 獲得資金が大量にある上、撃墜ボーナスでがあり、イベントで復活した後の2回目も撃墜できれば後述の面倒くさい擬態獣増援の部分もパスできるので、腕に自信があるなら挑戦してみよう。 ちなみに、復活するユニットは2度目以降は経験値しか手に入らないようになっている本作において、唯一2度目の撃墜時もが手に入る敵ユニットとなっている。 撃墜ボーナスの気力限界突破も二つ手に入っているように表示されるが、実際に入手できるのは一つのみ。 なお、第6の使徒のシナリオのMAPは擬態獣が第三軍として登場するのだが、と第6の使徒のどちらにも襲い掛かってくるので、放っておくと使徒に突っ込んで勝手にビーム砲でなぎ払われてしまう。 その様はの囮の攻撃装置の如し。 しかし、対第6の使徒戦で一番厄介なのは、使徒の強さでも何でも無く、途中で増援として現れるのおかわりである。 非常に厄介で、このMAPが初見殺しとして名高くなっている原因。 マップの南東端・南西端にいきなり現れ、陽電子砲発射準備をしているEVA初号機めがけて突っ込んでくる。 しかも「一度でもEVAが攻撃されたらその時点でゲームオーバー」と言う敗北条件まで付く。 移動後攻撃の射程も含めると2ターンでEVAに到達する位置に出現するため、北東・北西にいる擬態獣軍団に向かって全軍出払っていると間に合わずに即ゲームオーバーになってしまう。 VXT三部作 [ ] 新劇場版設定。 第30話A「変わりゆく世界」で襲来。 本作では一度撃破した後に現れるを撃破後にヤシマ作戦のイベントで倒される。 今回のヤシマ作戦イベントは、の波動エンジンからエネルギー供給されることに。 第7の使徒を撃破するまでは何度も撃破できるが、攻撃するごとにHPが全回復するため、約30000のHPを一回の戦闘で削らなければならない。 他に稼ぎに利用できるや(通常ルート)に比べると難度が高く、稼ぎにはあまり向かないか。 その後で復活するが、ということで普通に撃破可能となっている。 それどころかを事前に強化していれば 改造引き継ぎするのを貫けない光景が…。 単独作品 [ ] 基本的に『』同様、ヤシマ作戦のイベントで倒される。 今回のポジトロンスナイパーライフルのエネルギーは『』とのクロスオーバーで、ハイパーデンドーデンチを使用( 電童の分は民間人の協力によって自転車発電を行う事で作った電力で賄った)。 ちなみに、より後で登場するので、ゲンドウは「予定より遅れた」と評し、そして「シナリオに誤差が生じたので使徒に欠番が出る」と断定した。 フィールドがイベント仕様で貫かれないようになっているため、絶対に倒せない。 新劇場版設定。 が死の間際に放ったを阻止する。 TV版では四面体の接触部分である外周で粒子を加速して放つというものだったが、新劇場版では変形して放つ。 『』は「ビーム砲」名義となっている他、版も存在し、こちらは周囲をビームで薙ぎ払う、というもの。 なお、新劇場版のものは、『L』における通常兵器版は花が開くように中心部から何度も展開して星のような形になって放ち、MAP兵器版は周囲にビットのようなものを浮かべた形状になって放つ。 さらに、『第3次Z時獄篇』の通常兵器版は「上下に分離、重箱を連ねたような形になって放つ」もの。 [ ] (小) (大) 移動タイプ [ ] 可能。 [ ] L パイロットステータス [ ] [ ] 、、 、 、、、、、 、、、、、 、、、、 (特殊スキル) [ ] L9 L2、、L1、L1 (隊長効果) [ ] 命中率+40% 『』で採用。 固有 [ ] 気力130以上で、精神コマンド「」「」がかかる 『』で採用。 余談 [ ]• ラミエルはユダヤ・キリスト教伝承の「雷」を司る、復活を待つの管理者、幻視の支配者である。 特徴的な鳴き声は、円谷プロの特撮作品『帰ってきたウルトラマン』に登場する光怪獣プリズ魔と同じもの。

次の