キングダム641。 キングダム640話(画バレから)完全確定考察|641話で飛信隊が戦を振り返る

キングダムネタバレ最新641予想 論功行賞、信は将軍に他の皆は?

キングダム641

スポンサーリンク 帰還した飛信隊 どこまでも広がる綺麗な青空。 湧き上がる歓声。 鳴り響く太鼓の音。 風になびく飛信隊の旗。 人々が待ちに待った瞬間が訪れました。 原泰久『キングダム』641話より引用 秦国王都・咸陽では、戦士たちによる華やかな凱旋が始まっていたのです。 先頭にいるのは、もちろん信。 隣には河了貂もいます。 後ろにゾロゾロと続く飛信隊の隊員たち。 みんな笑顔で歓声を受け取っていました。 「信五千人将、よくぞ龐煖を倒してくれたー」 「渕副長もよくやってくれた!」 戦士達を褒め称える声に、今までの疲れが吹き飛びそうです。 河了貂は、知らないお爺さんから「結婚してくれ」とプロポーズされていました。 モテているのは、飛信隊全員といってよいでしょう。 女性たちが花束を持ち、好きな男性の元へ駆け寄ります。 こんな時だけ、キメ顔で自慢する尾平。 側にいた慶と昂は呆れ顔です。 新人の干斗 かんと 達は女性に囲まれてデレデレ。 すると、花束を持ってキョロキョロする一人の女性が。 どうやら松左に渡したかったようです。 女性に気づいた崇原。 「後で渡しておきます」と、花束を受け取っていました。 橋の上で凱旋を眺める政。 隣にいた昌文君は穏やかな表情で言ったのです。 「信に会われないのですか、大王様」 原泰久『キングダム』641話より引用 政は「ああ、皆がよく戦ってくれた」と返事。 信とは後でゆっくり会おうと決めていました。 政は飛信隊の元気な姿を確認したあと、城へと戻っていったのです。 帰還した兵達は、それぞれが武功に合わせた褒賞をもらいました。 まだほかの武将が戻って来ていないので、論功行賞はまだ先。 それまで、しばしの解散となったのです。 スポンサーリンク 完成した信の新居 嬉しそうに咸陽の門から出て来た兵士達。 久しぶりの帰宅です。 原泰久『キングダム』641話より引用 尾平は東美 とうび に早く会いたくてウズウズ。 いや、モミモミするような手の動き。 昂は尾平の手の動きに呆れています。 干斗はそのまま帰るかと思いきや、信に話しかけました。 「隊長の家は ご出身の城戸村にあるんですか?」 信の家があるのは風利 ふうり という場所。 城戸村ではありません。 そういえば、信の家を見た事がないと集まる男性陣。 今や信も五千人将。 報酬はある程度もらっているはず。 飛信隊の新人達からすると、隊長は立派な屋敷に住んでいる違いないと気になっていたのです。 信自身も家に帰るのは1年ぶり。 お金だけ預けて、大工の田有に頼んで以来帰っていませんでした。 すると、信に駆け寄った田有。 原泰久『キングダム』641話より引用 信の新たな屋敷が完成したと言うのです。 鄴攻めに行っている間、田有の組の者達が家を仕上げてくれていました。 田有にお礼を言う信。 新居と聞いて、尾平は黙っていられません。 「信の屋敷見たい人!」 「はーい!」と、勢いよく手を上げる仲間達。 みんなで信の屋敷を見に行くことになったのです。 信の屋敷に到着。 目の前には、ボロい小さな家。 いや、むしろ小屋というべきでしょうか。 衝撃を受けて言葉がでない尾平たち。 しかし、信自身は全く気にしていません。 「前より渋くなってる気がする」と、田有を大絶賛。 新人達は、予想外のボロい建物に意気消沈。 尾平と慶は「これに大金をかけたのか?」と半信半疑。 ボロい小屋は確かに以前の住まいですが、新しい新居ではありません。 田有が呆れながら信の頭を掴み、左側に向けました。 「バカ言ってんな 隊長、あっちだ」 原泰久『キングダム』641話より引用 左側を見ると、目の前には立派な新居! 広大な敷地に、塀に囲まれた立派な建物がいくつも並んでいました。 絶句する尾平たち。 これぞ五千人将の屋敷というべきでしょうか。 尾平は驚きすぎて絶叫していました。 スポンサーリンク 嬉しい再会と報告 立派な新居を使わない手はありません。 その夜は急遽、信の家で宴をすることになりました。 いつもの宴と違うのは、それぞれが家族を連れて来ていること。 豪華な食事においしいお酒。 たくさんの家族が訪れ、子供達も大はしゃぎ。 屋敷内は賑わっていました。 原泰久『キングダム』641話より引用 尾平は、東美 とうび と友理 ゆうり を連れて登場。 「頭が高い、平伏しろ」と自慢げに歩いていきます。 東美は尾平の婚約者。 友理は尾平の弟、今は亡き尾到の婚約者になります。 尾平にはもったいないくらい可愛い東美。 恥ずかしそうに歩いていました。 信も久しぶりに東美と友理に会えて嬉しそうです。 厨房では、竜有と河了貂が次々と料理を作り上げていました。 新居なだけあって、厨房も使いやすいようです。 羌瘣は部屋のど真ん中に布団を移動。 起きてみんなと一緒に食べればいいものを、近くの料理に手を伸ばしては布団の中でモグモグ食べていました。 部屋に響く皆の笑い声。 家族全員が押しかけても余裕で入る屋敷の広さ。 五千人将となれば、ここまで立派な屋敷に住めるわけです。 新人の干斗たちも夢を膨らませていました。 「三日後に王宮に呼ばれてる?」 原泰久『キングダム』641話より引用 宴も落ち着いて来た頃、信の発言に田永が驚いて尋ねました。 王宮に単独で呼ばれるなどスゴイこと。 渕はついに信が将軍になるのではと期待しました。 なぜなら、信は岳嬰・趙峩龍・龐煖の三人を討っていたからです。 将軍になってもおかしくないでしょう。 感極まって号泣しだす尾平。 東美がハンカチで涙を受け止めています。 なんて優しい女性でしょうか。 すると、我呂が水を差しました。 「いーや、ちょっと待て そういうのは論功のときでいーはずだ」 原泰久『キングダム』641話より引用 持っている盃の手はプルプルしています。 平然と話を続けますが、我呂は大分酔っているようです。 今のところ、王翦・桓騎・楊端和の三将がまだ戻って来ていません。 なので、論功まだ先になるはず。 それなのに、わざわざ信を呼ぶなど「逆の理由だ」と我呂は考えたようです。 信は下僕から五千人将まで登り詰めました。 しかし、下僕から将軍になるなど聞いたことがなかったのです。 将軍にも格式は必要。 実力があっても、五千人将止まりの武将はいました。 我呂は最後に断言したのです。 「多分 武功は十分だが将軍にはしてやれねーって話だ」 周りは、我呂の言い分に激怒! 仲間同士で言い合いが始まってしまいました。 そんな事はお構いなしの信。 遊びに来ていた子供達と触れ合っています。 王宮には信だけでなく、河了貂も一緒に行くことになりました。 スポンサーリンク 姓を与えられた信 三日後の咸陽。 原泰久『キングダム』641話より引用 高い外壁の上で、昌文君と政が待っていました。 笑顔で政に話しかける信と河了貂。 まずは二人の活躍を政は褒めたのです。 再会を喜び合ったところで、本題に入りましょう。 政の話では、信が「将軍になるには問題がある」と言うのです。 衝撃を受ける信と河了貂。 我呂の言っていたことは本当だったのでしょうか。 すると、政は「深刻な問題ではない」と指摘。 ただ、大きな問題ではあるようです。 政が言う問題とは「名前」でした。 将軍になるには『姓』を持つ必要があるのです。 要するに、今でいう名字みたいなものですね。 さすがに将軍になるのに「信」だけでは変。 政は、信も『姓』を持つべきだと考えていました。 原泰久『キングダム』641話より引用 だから「姓を与えてやるから自分で考えろ」と言うのです。 困惑する信。 字だってまともに読めないレベルです。 急に言われても思いつきませんでした。 政がパッと思い浮かぶので良いと言うので、信は言ったのです。 「嬴 えい 」 さすがに大王と一緒というわけにはいきません。 昌文君が猛反対! ならば、政に考えて欲しいと信はお願いします。 黙って悩む政。 緊張しながら待つ信。 「ダメだ 全く思い浮かばない」 政も考えるのは苦手なようです。 すると、政はふと漂 ひょう のことを思い出しました。 原泰久『キングダム』641話より引用 漂もまた『姓』を決めるのに軽く悩んでいたのです。 漂は政の影武者。 王宮に仕えるにあたって、姓を与えることにしました。 ただ、急に決めろと言われても、漂もパッと思いつきません。 昌文君に急かされて焦る漂。 すると、政がよく食べている食べ物に興味を示しました。 原泰久『キングダム』641話より引用 政が持っていたのは「李 すもも 」だったのです。 ならば「李 り でお願いします」と、漂はあっさりと姓を決めてしまいました。 漂の新たな名前は、李漂 りひょう。 信は漂も姓をもらっていたと知って目を輝かせます。 思い出すのは、漂の言葉でした。 「ぜったい二人の名を 将来歴史に刻むんだ」 原泰久『キングダム』641話より引用 二人で天下の大将軍になると決めた幼い頃。 漂は、信に夢を託して息を引き取りました。 歴史に名を刻むなら漂と一緒がいいと思ったのでしょう。 信は青空を見上げて言ったのです。 「へへへ、じゃあ 俺も李信にする」 あっさりと決めた信に対して、開いた口が塞がらない昌文君と河了貂。 政は穏やかに「了解した」と了承したのです。 信の新たな名前は、李信 りしん。 二千年以上も後世に残すことになる名前が誕生した瞬間でした。 スポンサーリンク 『キングダム』ネタバレ 641-642 話のまとめ 原泰久『キングダム』641話より引用 今回は、信が新たに「李信」となったことで、また一つ歴史が動いた回でした。 信の穏やかな表情が見られたのは、久しぶりではないでしょうか。 なんとなくですが、子供と触れ合う信を見て、家族を持つのも時間の問題かなという印象を受けました。 約3年間かけて描かれた鄴攻め。 激戦続きの秦趙連合軍編は完結したといってよいでしょう。 ただし、厳しい戦いはまだこれからも続きます。 趙の領土を半分得たとはいえ、まだ邯鄲を占拠できたわけではありません。 さらに、中華統一を拒む他の国の武将達が数多くいます。 信は、これからも仲間と共に成長し続けなければいけません。 次回は李信となって、新シリーズへ突入。 助走期間ということで「キングダム」は3週連続の休載期間に入り、再開は6月からとなります。 李信を待ち受ける次なる壁とは!? 新章開幕が待ち遠しいです!.

次の

キングダム640話(画バレから)完全確定考察|641話で飛信隊が戦を振り返る

キングダム641

キングダムのアニメも合従軍編で盛り上がってますね。 2020年8月6日 木 発売号のヤンジャンに掲載予定のキングダム649話のネタバレ考察をお届けします。 では、嬴政と呂不韋のお話でしたね。 死を予期するような、呂不韋が嬴政の父であることをにおわせるような発言の数々に、胸打たれた方も多いのではないでしょうか? 呂不韋が死亡することで、嬴政にうらみのある人々は拠り所を失い、内乱の火はきえました。 内乱を鎮圧できた秦は今後、天下統一に向けどのような動きを見せるのでしょうか? キングダム649話もどんな展開になるのか楽しみですね。 今回は「【キングダム最新話649話ネタバレ速報】呂不韋の死後秦はどう攻める?」と題し紹介していきます。 呂不韋が亡くなったキングダム648話ですが、ここで2人の最期の会話を振り返ってみませんか? これまでの話を読み返したいと思われる場合は、キングダム単行本を電子書籍でお得に読みましょう。 さらには無料で今までのキングダムのアニメもイッキ見できてしまいますよ。 今すぐキングダムを読み直したいと思ったら下のリンク先で、おすすめのサイトを紹介していますのでチェックしてください。 キングダム最新話649話ネタバレ考察 紀元前235年中華で起きた驚くべき4つの出来事。 そこで2人は人が何であるかを再び話すこととなります。 呂不韋の、もう嬴政には会えないことを悟るような発言が印象的でしたね。 予想通り亡くなってしまった呂不韋。 反乱の芽をつんだ秦国は今後どのように攻めていくのでしょうか!? また、司馬尚のもとへ行った李牧の動向は? 今後のキングダムの考えられる展開を紹介していきたいと思います。 キングダム最新話649話ネタバレ考察 これからも趙との戦いが続く? 史実では鄴を落としてから約6年後趙が滅亡しています。 その間に桓騎が趙を攻めるなどして、何度も戦いが起きています。 李牧が解放されたことにより、史実通りに進むであろうと考えられます。 史実では、桓騎がメインとなって話は進みます。 史実においては、桓騎は幾度となく李牧と対戦をすることになり、敗北を繰り返すことになります。 今後、キングダムではこの戦いがどのように描かれるのかによりますが、史実通りにいくと、しばらくは「桓騎VS李牧」の戦いが続くことになるでしょう。 そこに、李信率いる飛信隊・王賁率いる玉鳳隊 ・蒙恬率いる楽華隊がかかわってくるのか、それとも3部隊はべつの戦へと向かうのか、この先の展開が楽しみですね。 キングダム最新話649話ネタバレ考察 桓騎VS李牧 紀元前235年に秦は平陽にて趙軍と対戦をし勝利します。 翌年、桓騎は出陣を命じられ、赤麗と宜安を陥落させます。 邯鄲の後方に陣を置かれたことに危機感を覚えた趙は、李牧を対桓騎にあてるのです。 士気の高い桓騎軍に対し、李牧は籠城を使った戦法で戦うとあります。 桓騎がここで李牧に完敗します。 秦に戻ったとしても、死刑になるかもしれない桓騎は、亡命したとも、この戦で亡くなったともいわれています。 この2人の戦い、キングダムではどのように書かれるのでしょうか? キングダム最新話649話ネタバレ考察 太子嘉は今後どうなる? 太子嘉は邯鄲を追われ、法紹にとどまることになりました。 逆賊となった太子嘉、賞金首の李牧、郭開は絶対に殺そうとする勢いです。 前回はなんとか乗り切った太子嘉と李牧ですが、それでも逃走のために半分もの仲間を失っています。 このまま生き延びることができるのでしょうか? ちなみに、史実では趙にとどまり、王翦に邯鄲を落とされるまでは趙にいたようです。 キングダムではどのような扱いをされるのか、気になるところです。 そして史実では邯鄲を落とされた後は、代に逃げ亡命政権代を立て、自ら 代王嘉として王になります。 キングダム最新話649話ネタバレ考察 飛信隊の最初の活躍の場は韓攻め? 将軍になった李信が率いる飛信隊。 鄴に向けて出陣はしたものの、そんな飛信隊の最初の活躍する場所は、韓戦となる可能性もあります。 それは史実から見て、七国の中で一番最初に滅ぶのが趙ではなく韓だからです。 また、この時は謄大将軍が総大将で出陣して韓を滅ぼしているため、李信はここに配属されて副将に就いて出陣するのではないでしょうか? 因みに、史実では韓攻めが終了した後に、「各国を滅ぼした総大将」として李信の名が挙がっています。 そのため、楚の項燕代償軍に倒されるまでは李信の活躍は続いていくでしょう。 キングダム最新話649話ネタバレ考察 秦が楚を攻める? 史実では、鄴攻めをした紀元前236年から1年後、紀元前235年に秦が四郡の兵を集めて、魏を助け楚を攻めるのあります。 秦は趙を堕とすため、必死で戦っている最中です。 趙以外の国に横やりをされるのは望ましくありません。 弱体化していた魏ですが、同盟を結び、対楚に向け進軍することで、趙戦に集中できたのかもしれません。 しかし、実際の楚との戦いは、形だけだったという説もあります。 というのも、この時、秦との戦いを避けたかった楚が、魏より出陣した将軍に対し、 楚に攻めいるのであれば、秦に賄賂を贈り、魏との同盟をなかったものにすると交渉したのです。 これを聞いた魏の将軍は、自分の身が危うくなることを感じ取り、魏攻略に本腰を入れなかったといわれています。 キングダムではどのように書かれるのでしょうか? 楽しみですね。 キングダム最新話649話ネタバレ考察 郭開が趙を売る? 上でも紹介したように、史実では秦はしばらく趙との戦が続きます。 しかもその戦いは敗戦続き。 李牧の敏腕さが伝わりますね。 今回、李牧が司馬尚のところに行くことがわかり、今後、様々な戦に司馬尚が加わることが濃厚になりました。 史実上の記載の通り 郭開は趙王に「李牧と司馬尚が謀反を企てている」と讒言した。 という結果がみえてきましたね。 ちなみにこれだけみると、郭開にとって李牧と司馬尚が邪魔だったように見えますが、実際はそうではありません。 趙をなかなか攻略できない秦は、業を煮やし郭開に多額の賄賂を贈りました。 そして趙を滅ぼすのに邪魔な2人を貶めるために、幽繆王に上の言葉を伝えるよう命じたのです。 これをきいた幽繆王は、この後李牧を殺してしまいます。 史実通りにいくのであれば、趙はこのようにして滅んでいきますが、キングダムの中ではどのように書かれていくのでしょうか。 今後のキングダムの展開に目が離せませんね。 キングダム最新話649話ネタバレ考察 昌平君が秦を去る? 秦の軍総司令官である昌平君ですが、もともと彼は楚の国の者。 なんらかの人質というかたちで秦国に来ています。 そんな嬴政にとっても重要人物である昌平君ですが、紀元前226年に秦国を去り、楚へと戻っています。 何を考えているのかわからない、謎の多い昌平君ですが、キングダムの中ではどのように書かれていくのでしょうか? 秦を裏切り楚へともどるのか?それとも嬴政の優しさ故の判断になるのか? それ次第で今後の様々な国と国の戦いに昌平君が関与してくる可能性があります。 昌平君の動きにも注目したいですね。 キングダム、呂不韋が死んでなかったとすると、劉邦の妻呂后の父呂公は、呂不韋の一族ではないか、という説があるけど、呂不韋本人?という可能性もフィクション的にはあって、だとすると秦と漢におけるキングメーカーは呂不韋ということに。 生きてても秦の中華統一時80歳だし、87まで生きてたとは — 薫 kaorubunko キングダム648。 呂不韋のその後回収。 落とし前ついて、思い入れが深い作者はきっとほっとしていると思う。 ただ蘄年宮の舌戦で彼は終わりで良かったのでは。 史実からアレンジしてる訳だしそこまで史記に忠実に見せなくても。。 次は8月か〜。 魏と一緒に楚を攻める話になるかな。 ついに項燕大将軍登場? — Passionate rinko31778 少し前に遡るけど、嫪毐 (ろうあい)の子供や今回の呂不韋(りょふい)を史実に反して敢えて生かして描いているのは、ひとえに作者の優しさなんだろうな。 — トミオ ヴァイオレット・エヴァーガーデン 9. 18 完結 ida10brahms 今週のキングダム🔥 神回。 やっぱ呂不韋えぇなぁ。 政の実父説が絵からほのめいてる。 今林辞典に「桜と橋本奈々未」以外に新たにインプットされました。 出番が来たら最大限の能力を発揮して、役目を終えたと自分を許せたら、立つ鳥跡を濁さず潔く去る。 なかなか真似できん。

次の

キングダムネタバレ641話【最新確定】李信を名乗る!漂の本名が「李漂」!

キングダム641

武功の大きさはどうか 今回の論功行賞によって信と蒙恬と王賁が将軍になるのは確実でしょう。 武功をそれぞれ見てみましょう。 蒙恬の場合 麻鉱が想像に討たれてしまいました。 これによって朱海平原の秦国左軍は驚異的な危機に晒されます。 麻鉱を直接討ったのが李牧だったのも驚きでした。 左軍をすぐさま立て直して、持ちこたえるだけの手腕を見せた蒙恬はすでに将軍の器だったと言えます。 王翦も蒙恬に関してだけは「 臨時の将軍」として、その役割を担わせました。 また王翦本陣が狙われた時に馬南慈の軍に追撃したのは蒙恬でした。 これが無ければ王翦本陣は壊滅していた可能性もあります。 王賁の場合 王賁の大きな功績は、何と言っても尭雲討ちになります。 第三よりも多くある 今回の論功行賞は第三よりも多くある気がしてなりません。 それほどに大きな戦いだったと言えるでしょう。 第一の武功は当然ですが、総大将を努めた王翦が手にするものになります。 第二が橑陽を落とした楊端和と鄴を最終的に陥落させた桓騎ではないでしょうか。 同列になるかは分かりませんが、 二と三が桓騎と楊端和という可能性は十分にあります。 そうなると信達まで回ってきません。 ひょっとしたら各戦場においての第三までという可能性もありそうです。 だとすれば、鄴攻め全体として先の将軍の3人になりそうです。 各個別の戦場という意味で、 朱海平原では第一が信で第二が王賁、そして第三に蒙恬でしょうか。 蒙恬だけは将軍首を上げている訳ではないので、その可能性は大いにあります。 ただ与えられた役割が左を膠着させる将軍としての役割でした。 別に蒙恬は悔しがる事もないでしょう。 この意味で見れば 金毛将軍を討ったのは弓矢の使い手である淡でした。

次の