こんな時どんな顔をすればいいのか分からないの。 こんな時、どんな対応…、いやどう言い返せばいいですか?

笑えばいいと思うよとは (ワラエバイイトオモウヨとは) [単語記事]

こんな時どんな顔をすればいいのか分からないの

この記事の内容• 自分の場合は主に仕事や転職・独立、そして人間関係で悩むことが多かった気がします。 朝起きて「どうすればいいんだ……」とつぶやいたことが何回あったか。 朝起きて憂鬱を感じたことが何回あったか。 自己啓発の本を読んだり、セミナーに行ったりしましたが、結局すぐに答えは見つからず。 いろんな人に会って、いろんな情報をかき集めたがどうすればいいかわからない。 そんな日々がいかに長く感じられたか。 30代はほぼそんな感じで生きてきたので、すごい人生を悶々として生きてきました。 この状況が一番いけないと思いながらも、どうすれば良いかわからず、中途半端な状態をずっと続けてみたり。 そんな時期を何年も過ごしてきて感じたことは、本を読んだ内容、セミナーに行った内容をいかに自分に落とし込むか。 本を読むといろんなことが書いてあります。 でも、その行間が読み取れないと、実は自分にとって間違った方向に進んでしまうことがあります。 このままじゃだめだと思いつつも、どうしたらいいかわからない。 職場の周りの人が何を考えているのか全然わからない。 どう身動きを取ったらいいか全然わからない。 仕事のやり方だけではなく、コミュニケーションの取り方とか、そういうことも含めてすべて悩んでいたんですよね。 「この仕事、向いてないよな」と思っても、すぐに部署を異動してくれるわけではないですし、変更してくれても、「あー、外された」と、返って落ち込むことになったと思います。 自分で進むも退くも地獄の状態を作っていたんですよね。 そもそも、会社に居場所がないように思えてきました。 結論としては後述するように、結局会社員に向いていなかったということになったのですが、会社を辞めることはすごい勇気のいることでしたし、決断したときは「本当に大丈夫か? 」とか「これから先の年収を捨てるのか? 」とかいろいろ迷いがありました。 結局、決断するまで何年もかかってしまいました。 と思うかもしれませんが、じゃあ辞めてどうするんだろう?? 自分には何もできることはないじゃないか。 そんな思いが自分にブレーキをかけていました。 特にこのブログを始めるまでは、ずっとそんな悶々とした気持ちでした。 会社を辞める辞めないについては、いろんな本で、いろんなことが書かれていますよね。 「会社があなたを守るわけではない。 とにかく思い切って会社を辞めてみよう」と書いている本もあります。 「いや、いきなり会社を辞めては危険だ。 会社の給料の2~3倍になったら会社を辞めよう」と書いている本もあります。 「辛いと思ったらさっさと逃げろ。 自殺するよりはまし」というのが最近の風潮で、これは自分もそう思うんですが、一方で「逃げてばかりではいつになっても自由になれない」と書いている本もあります。 これも間違っていないと思います。 はあると思いますが、これも目安でしかなく、これぐらいの金額を用意できなくても辞めた方が良いこともあります。 あくまで本で書いているのは原理原則 特に成功哲学系の本はそうかと思います でしかなく、会社辞める辞めないは一例でしかないんですよね。 しかも、人によってはどれが正しい選択かは変わってくる。 退職・独立・転職は大きな決断ではありますが、結局これは原理原則に従った生き方をするための手段でしかないんですよね。 手段やツールは人によって違ってきます。 人によって適職も性格も違ってくるので当然のことです。 自分のように独立した方が良い場合もあれば、転職した方が良い場合もありますし、もちろん会社に留まった方が良い人もいます。 なかには、会社員をやりながら、自分自身でもビジネスを持つ生き方ができる最強な人もいるでしょう。 自分にとってどれが最適な選択かまでは本には書いていないし、セミナーに出ても教えてもらえない。 個別コンサルを受けても決めてもらえません。 いろんな情報のなかから行間を読み解いて、自分なりに解釈していくしかないんですよね。 自分の場合、会社員に向いていないことがわかったので、結局会社を辞めて独立しました。 お金に関する話をすれば、そのときの総貯金額は退職金を含めても前職の年収の5倍程度、会社以外の収入は支出を超える程度でした。 理想は会社の給料を超える程度まで行くことだったと思うのですが、もうこれ以上待てないと思って思い切って独立してしまいました。 結果として何とか貯金を切り崩さずに生きていますし、多幸感は比較にならないほど多いです。 会社にいて幸せになる人もいれば、会社にいて不幸のどん底に叩きつけられる人もいます。 でも、それは自分にしかわからないことなのです。 自分も選択理論心理学などを学んでいますし、人との関わり方について学ぶ機会は思った以上に多いです。 コミュニケーションに関する本なんかも非常に多いです。 原則としては、人間関係を変えようとしている人の多くは、どこか相手をコントロールしようとしていたり、逆に我慢を重ねてしまう人なのではないかと思います。 なので、人間関係をよくするには、まずは自分から相手に興味を持つことだと思うのですが、どうしてもや、どうしても生理的に受け付けない人、一緒にいるとマイナスエネルギーをもらってしまう人がいます。 そういう人は、時にはばっさり切り捨てて縁を切ることも大切だったりします。 人間関係ってメリハリがすごい大事だと思うんです。 興味のある人であれば、前述した人間関係の築き方を学びさえすれば、自然と良好な関係を結べると思いますし、そうでなければ、どうやってもうまくいきません。 嫌いな人に興味を持とうなんて無理なんです。 なので、ある程度人間関係を断捨離していくしかないかと思います。 これも人それぞれ答えは決まってきます。 会社の人間関係をばっさりと切る必要があったり、友達をばっさりと切る必要も出てくる人もいるでしょう。 一方で、それが逆効果になることがあります。 人間関係については、自分に正直になるしかないと思います。 どのような人と繋がっていくと心地いいのか、どういう人と出会っていけばいいかは、自分の直感などを頼りにしていった方がいいでしょう。 個人的には、を持つ人や、は見逃してはいけないと思います。 「オーラ」ですから直感です。 一目見た瞬間、2~3分話してそれが伝わる人がいます。 そういう人を見逃してはいけないと思います。 そういう人と出会うことで、何か価値観の肯定的な変化が起こる可能性があるのです。 逆に、がいればすぐに逃げた方が良いかもしれません。 これもだいたいわかることありますよね。 ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス SNS。 同じ趣味の仲間とつながろう! カテゴリー• 281• 201• 123• 134• 322• 166• 109• 196• 110• 152• 188• 123• 137• 1 最近のコメント• に K O より• に 通りすがり より• に もんきち より• に 独身王 より• に 通りすがり より アーカイブ•

次の

エヴァ【大喜利】綾波「ごめんなさい、こういう時どんな顔す...

こんな時どんな顔をすればいいのか分からないの

弟は可哀想だなって思うようにしました笑 こんな小さい喧嘩で嘘ついて情けないな、可哀想って思って、私がしてなくても はいはい、すみませんね 私がしちゃったみたいでって言って1人の部屋に閉じこもり好きなことをして忘れます いちごミルクさん(選択なし・14さい)からの答え とうこう日:2020年5月28日• うーん… 気持ちは分かるよ。 今は貴女も妹ちゃんも幼いから妹が可愛がられてると思う。 私は妹の立場。 兄がいるよ。 なんでも兄のお下がり。 兄はなんでも新しいものを使える。 なのに私は古いものばっか。 それに、幼い頃は庇ってもらえた。 兄はすぐ暴力を振るう人だけど、私が幼い頃は母も父もすぐに止めてくれた。 でも大きくなるにつれてほったらかし。 ちょっとした口論から始まって兄が逆上して殴ってくる。 顔を殴られようと、首を絞められようと、力の弱い妹は何もできない。 だから私はお姉ちゃんとかお兄ちゃんって立場が羨ましく思えるよ。 妹ちゃん、大切にしてあげて ハムさん(選択なし・14さい)からの答え とうこう日:2020年5月24日• そんなもん 妹が何歳なのか知りませんけど、 妹という生き物はそういうものです。 私にも5歳下の妹がいますが、 構ってちゃんで、私の部屋に入って来てまで「ねぇ、これ見て!」とか 「ゲームしよー」等、 口では言いませんが、行動で訴えて来ます。 どうか1人にさせてくれw まぁ、別に良いんですけどね。 私、若干シスコン気味ですし 確かにイラつく事も理不尽な事もありますが、 それでも10分くらい経てば怒りは 収まります 私だけ?w 世界にたった1人の姉妹なんですから、 ちょっとは大切にしてあげて。 ストレス発散法は自分の好きな事を すれば良いと思いますよ。 今更ですが、 読めない漢字があったらすみません。 ぶどうさん(広島・15さい)からの答え とうこう日:2020年5月24日• んん?? あ、タイトル変でごめんね。 でも、姉の方が有利だよ?笑 力強いし、怒ればなんだってできるし、暴力ふるっても怒られないし。 妹の方が大変なんだよ。 私だけかもしれないが。 姉ってなんでもズルいんだよ。 有利なんだよ。 妹は不利なんだよ。 力は弱いし、構って欲しいだけで嫌われるし。 すぐ泣くっていうけどあなたは喧嘩して泣いたことないの?母親とか父親と喧嘩して悔しくて泣いたことないの?あなたが親より弱いと同じで妹はあなたより弱いんだよ。 家族の誰よりも弱いんだよ。 すぐ泣くって当たり前じゃん?妹は泣いてチクることしか出来ないの。 弱いからね。 そりゃあ有利な姉からしたら分からないだろうけどさ。 少しは妹の気持ちも分かろうよ。 姉だけが大変で、苦労してるわけじゃないし、妹もなにかしらで大変で苦労してるんだよ。 姉とは全く違う理由で。 辛口っぽくてごめん。 でも、妹ってあなたより不利なんだよ。 強いから分からないだろうけどね。 とりあえず、話を聞いてみて。 きっと何か分かる。 ねりうめさん(東京・16さい)からの答え とうこう日:2020年5月23日•

次の

自分が何がしたいのか分からない人用【人生~趣味まで発見方法】

こんな時どんな顔をすればいいのか分からないの

新卒の学生に企業が求める能力として、よく挙げられるのが「主体性」です。 仕事をする上では、確かに重要な能力ですが、重要であるにもかかわらず、曖昧で数値化しづらいのも事実です。 「主体性がない」と言われてしまうと、本人はどう改善すればよいのか、さっぱり分からないのです。 今回は、こうした悩みを抱えている女子社員を紹介します。 ハウスメーカーの一般職として働くK美さん(25)は、関西の私大を卒業後、入社して3年目の若手です。 住宅営業の総合職社員のサポートのほか、ショールームでの接客などもこなし、後輩の指導を任されることも増えました。 インテリアコーディネーターの資格も取り、前向きに頑張っています。 が、最近、男性上司との面談で、「よくやっているし、接客も素晴らしい。 でも、もっとこう、『主体性』を出して欲しいんだよなぁ」と言われてしまいました。 主体性って、何? その場では、「分かりました」と答えたものの、よく考えれば、「主体性って、何?」。 K美さんは言います。 「今まで、進んで仕事をやってきたし、資格も取った。 お客様や社内の人たちと向き合うときに、手抜きはしたことがないんです。 でも、『主体性がない』って、どういうこと?」 経団連が2014年1月9日に公表した、「新卒採用(2013年4月入社対象)に関するアンケート調査結果」によると、企業が選考にあたって、特に重視した点(5つ選択)は、1位がダントツで「コミュニケーション力」(86. サービス精神旺盛で、人当たりのよいK美さんは、コミュニケーション力は申し分ない。 ただ、上司からは、「主体性」に欠けると言われてしまいました。 「私は、目の前のお客さんや総合職社員に対して、目いっぱいのサービスをしているつもり。 でも、それって『主体性』とはまた、別モノなんですね」と、顔を曇らせるK美さん。 ただ、どうすれば「主体性」がアップするのか分かりません。 上司に尋ねてみたところ、「もっと、現場の問題点とか、これからの会社のこととか、前に出て提案して欲しいんだよね」との答えが返ってきました。 K美さんは、いよいよ悩みを深めてしまいます。 確かに、「現場の問題点」として、思い当たるフシがないわけではない。 が、これまでは、「問題を報告する」というより、「どんな職場にも多少の問題点はあるのだから、文句を言わずに適応して、できることを精一杯やる」のが、ビジネスパーソンとして、あるべき姿だと考えてきたのです。 「協調性」や「コミュニケーション力」だけではなく... 「だって、課題を見つけて、上司にいちいち報告するのって、『会社批判』になってしまう可能性もありますよね。 問題の指摘も大事だとは思うけど、私は今、目の前の人に尽くして頑張りたいんです」(K美さん) 彼女のように、サービス精神が強いタイプは、どんどん前へ出て提案する「主体性」よりも、環境に適応する「協調性」や、「コミュニケーション力」に長けているタイプが多いもの。 ただ、それだけでは、長期的な人材育成をしたい上司にとって、不安が残るのかもしれません。 上司からすれば、勤務年数が上がってきたK美さんに、どんどん重要な仕事を任せていきたい。 その際、「K美さんは、会社のことや、今後のキャリアを、どう考えているのだろう」ということが、知りたいのではないでしょうか。 そう考えると、彼女に足りない「主体性」とは、現場でお客様対応をするときにはそれほど重要性を感じなくても、長いキャリアを自分で舵取りしていく時には、必要になってくるのでしょう。 曖昧で数値化しにくい、「主体性」という能力。 普段はその重要性に気が付かなくとも、自らのキャリアを、(それこそ主体的に)構築する際には重要なのだなぁと、悩めるK美さんを見て思うのです。 (北条かや).

次の