チャージアックス 発掘。 【MHW】より深みへ!強属性チャージアックスの立ち回りのコツ【チャアク講座4:モンハンワールド】

モンハン4G 武器倍率|全種武器倍率データ一覧表:200~400

チャージアックス 発掘

「モンスターハンターワールド:アイスボーン MHWI 」に登場する武器 『チャージアックス チャアク 』について、特徴や操作方法・使い方や立ち回りの基本を解説します。 複雑で有名なチャージアックスのため文章量が多くなっています。 チャージアックスの特徴 チャージアックスは剣モードと斧モードを使い分ける変形武器です。 移動が早い• 攻撃の隙が少ない• ガードができる 斬れ味消費• リーチが短め• 攻撃力は低め• ビンを溜められる 剣モードは機動力が高くガードを併せ持つため 比較的安全に手堅く戦えるのが特徴です。 また、チャージアックスで 必須となるビンを溜められるのは剣モードだけになります。 斧モードの特徴• 攻撃力が高い• リーチが長い• 移動が遅い• 攻撃の隙が多い• ガード不可• ビン消費で高威力技が出せる 斧モードは攻撃の威力が高いかわりに動きが遅く隙も多い、ガードもできないハイリスクハイリターンが特徴のモードです。 剣モードで溜めたビンを消費することで強力な「属性解放斬り」が使えます。 チャージアックスの良い点・悪い点 チャージアックス全体の長所と短所についても簡単に紹介します。 高い攻撃力• 多様な強化モード• ガード可能 斬れ味を消費• リーチが長い• 変形がカッコイイ• 派手な必殺技がある• 慣れれば大体なんでもできる チャージアックスは潜在能力が高い武器です。 斧モードの攻撃力とリーチ・剣モードの機動力とガード性能、それに加えて細かなテクニックも多いため プレイヤーの腕に比例して強くなり、大体なんでもできてしまう武器になります。 あとはガチャガチャ変形したり必殺技みたいなのもあるので、 見た目が派手なのもポイントです。 「殲滅力・破壊力」といったワードが似合う、スタイリッシュというよりは脳筋系の派手さがある武器になっています。 操作や独自の要素が複雑• 考えることが多い• 火力を出すために必要な行動がどれも隙だらけ• 納刀が遅い 短所は「難しい・面倒くさい・大変」というのが大部分になります。 また剣モードは盾があったり機動力がそこそこあったりするチャージアックスですが、 実際は火力を出すために必要なチャージ・各種強化モーション・属性解放斬りはどれもこれも隙が大きくなっています。 更に 前作ワールドからビン消費や変形モーションのタイミングなどが弱体化しているため、ゴリ押し気味の甘えた立ち回りは敵が強くなればなるほどほとんど通用しません 特にマスターランク。 そのためチャージアックスの潜在能力を引き出しながら戦うには、 隙が多い技を使いつつも被弾しない立ち回りが求められます。 チャージアックスの必須知識 ここからはチャージアックスを使っていくうえで 覚えておくべき知識を紹介していきます。 ビンにエネルギーをチャージする方法• 剣モードでモンスターを攻撃し「剣撃エネルギー」を溜める• 技ごとにエネルギーが溜まる量は違っていて、 最も溜まりやすい攻撃は「溜め2連斬り」です。 これらの色は 「 R2+ 〇 」でチャージした時に、何本分のビンがストックされるかを表します。 スキル「砲弾装填数UP」が無い場合、ビンは最大5本までストックできます。 アイコンの色ごとのストック量は以下の通りです。 白:まだビンにチャージできるほどエネルギーが溜まっていない• 黄:ビン3本分チャージ可能• 赤:ビン5本分チャージ可能• 赤点滅:ビン5本分+オーバーヒート状態 一度チャージすると剣撃エネルギーがビンにストックされ、アイコンは白色に戻ります。 スキル「砲弾装填数UP」を積んでいる場合は、赤と赤点滅時に6本ビンがチャージされます。 オーバーヒートとは アイコンが 赤点滅する状態は「オーバーヒート」と呼ばれます。 ビンにチャージしないまま、剣撃エネルギーが溜まり過ぎるとオーバーヒート状態となり、 剣モードのほぼ全ての攻撃が弾かれるようになる危険な状態です。 そのため剣モードでは 「オーバーヒートする前にチャージする」ということを心がけましょう。 また、オーバーヒートしてしまった場合はチャージすることで解消可能です。 後述する剣強化による属性ビンダメージ+心眼効果+オーバーヒート時のHit数増加を利用した剣モード主体の戦法があったりしますが、やや特殊なため詳細は別の記事で紹介したいと思います。 ストックされているビンを消費することで威力が増し、攻撃にビン爆発を伴います。 また属性解放斬りは 全て心眼 弾かれ無効 効果がついています。 「属性解放斬り」の種類は以下の通り• 属性解放斬り1• 属性解放斬り2• 高出力属性解放斬り• 超出力属性解放斬り 盾強化時 ビンの消費量は超出力がストック全消費、それ以外は全て1ビン消費します。 超出力だと間に合わない隙に高出力を使ったり、ビンを消費したくない場合などに重宝するので覚えておきましょう。 『剣モードでビンを溜めて斧モードで属性解放斬り』 という流れが チャージアックスの最も基本の考え方になります。 榴弾ビン• 強属性ビン それぞれの特徴は以下の通りです。 弱点以外に当たってもしっかりダメージが出ますし、逆に弱点に当たってもダメージが上がったりはしません。 また、 モンスターの頭に榴弾ビンの爆発を当てることで気絶値が蓄積していき、一定量蓄積させることでモンスターが「気絶」しダウンします。 榴弾ビンの爆発はスキル「砲術」を積むか、武器の攻撃力が高い程大ダメージとなります。 強属性ビンの特徴 強属性ビンのビン爆発は モンスターの部位毎の属性耐性によってダメージが上下します。 モンスターの 弱点や属性耐性が低い部位に攻撃を当てられないとダメージが激減し、ビン爆発は0ダメージなんてこともあります。 その代わり しっかり弱点に当てると榴弾ビン以上の大ダメージを与えることも可能です。 超出力のビン爆発の違い チャージアックスの必殺技である 「超高出力属性解放斬り」のビン爆発には、榴弾と強属性では当てやすさに違いがあります。 榴弾ビンの方が若干密集してビンが爆発するためモンスターに当てやすく、強属性の方はビンの本数が増えるほど当てにくくなります。 ワールド程の差は無い 前作ワールドでは超出力のビン爆発の当てやすさには雲泥の差がありましたが、 アイスボーンでは強属性もだいぶ当てやすくなっています。 情報の古いサイトなどを見ると強属性の超出力にたいしてかなりネガティブな意見が多いですが、今作では そこまで悲観する必要は無いでしょう。 とはいえ榴弾の方が当てやすいのは今回も変わりません。 「榴弾ビン」が初心者の方にはオススメ ビンの種類は自分がやりたいほうやエフェクトの好き嫌いで決めてしまってもいいですが、どっちがいいか決めかねている 初心者の方などにあえてすすめるなら「榴弾ビン」になります。 モンスターの弱点を狙えなくてもダメージが安定する• 超出力のビン爆発が当てやすい• 弱点や部位ごとの属性耐性・肉質などの知識がなくても戦いやすい• それぞれ細かく説明していくと複雑になってしまうので、ここではそれぞれの概要と実戦で意識することを簡単に説明していきたいと思います。 「盾 斧 の属性強化」について 3つの強化状態の中で最も基本かつ重要なのがこの『盾 斧 の属性強化』です。 盾 斧 の属性強化のやり方と効果時間など 盾の属性強化は、 ビンが1本以上ある状態で 「高 超 出力」の出始めにR2を押して「属性強化回転斬り」を使うことで発動し強化が完了します。 このときに消費したビンの数に応じて効果時間が変化します。 その場合も 最大で150秒より時間は増えません 装填数UP時は180秒まで。 盾 斧 の属性強化で得られるメリット• 盾受け能力UP ガード性能Lv2相当• ビン爆発ダメージUP• 剣の攻撃に一部ビン爆発付与• 剣の属性強化が可能に• ガードポイント成功時にビン爆発付与 全ての効果が強力なメリットばかりですので、できる限り 盾の属性強化をしながら戦うようにしましょう。 チャアクは 『盾 斧 の属性強化状態をどこまで維持しながら戦えるか』が重要なポイントの1つになります。 剣の属性強化のやり方と効果時間など 剣の属性強化は、 盾が属性強化されている状態で『高圧属性斬り』を使うと強化が完了します。 効果時間は45秒 スキル無し時。 剣強化中にもう一度「高圧属性斬り」を使うと延長できますが、効果時間の上限は45秒です。 剣モードの全攻撃に心眼 弾かれ無効 効果• 剣による全攻撃にビン爆発付与 「剣の属性強化」は心眼による立ち回りの安定と、ビン爆発による剣攻撃の火力UPが大きなメリットになります。 効果時間の短さや「高圧属性斬り」の隙の大きさの影響で、常に維持しようとすると無茶な立ち回りになりやすくトータルの火力が落ちかねません。 そのため、あまり剣を強化することにこだわり過ぎず 『流れの中で強化できそうならする』くらいでひとまず問題ないでしょう。 とはいえ、自然にビン回収のタイミングで剣強化されているように立ち回ることが出来れば、クエストを通して結構馬鹿にならない火力UPになるのも事実です。 剣強化に特化する構成+立ち回りも存在しますが、特殊なため今回は扱いません。 「斧強化」について 3つの強化状態ラストは、アイスボーンから 新しく追加された「斧強化」について紹介します。 斧強化のやり方と効果時間など ビンのストックが一本以上ある状態で「高 超 出力」の予備動作中にL2で 「属性廻填斧強化斬り」を使用すると斧強化状態になります。 斧強化の効果時間 斧強化中は一定時間ごとストックされているビンを1つずつ消費し、ビンが無くなると斧強化状態は解除されます。 そのため、• 超出力を使うと強制解除• 盾の属性強化をすると強制解除 という2点に注意が必要です。 ビンが消費される時間は榴弾と強属性でそれぞれ違います。 榴弾ビン:12秒で1ビン消費 強属性ビン:18秒で1ビン消費 また 斧強化中に以下のアクションを行うと1ビン消費されるまでの時間が延長されます。 エネルギーのチャージ• 属性解放斬り1,2• 上記のアクションを上手くはさみながら戦い、計画的に斧強化を持続させましょう。 斧強化で得られるメリット• 斧の刃が連続ヒットするようになり火力UP• 超出力の火力UP 斧強化をおこなうと 斧の刃部分が回転しモンスターに連続ヒットするようになり、 高 超 出力の火力も上昇します。 斧強化のデメリット• 一定時間毎にビンが減っていく• 斧の連続ヒットによる斬れ味消費が激しい• 属性廻填斧強化斬りが使いにくい• 盾強化or超出力を使うと強制解除 前述の通り 斧強化中はビンが減っていくため、被弾をしたり攻撃にモタつくようだと何もできないままビンだけ無くなることもあります。 モンスターがエリアチェンジした際も減り続けるので、斧強化中はモンスターライドなどを利用して素早く追いかけたいところです。 斧強化はビンの残りが0になると解除されるため、 盾の属性強化や超出力を使うと斧強化が即解除される点も覚えておきたいポイントになります。 さらに、 斧強化に使う 「属性廻填斧強化斬り」は隙が多く、技の派生も使い勝手がよくないうえ威力も低めです。 また、 斧強化中の斧による攻撃は連続ヒットするためガンガン斬れ味を消耗します。 そもそも斧モードも扱いが難しいので、様々なリスクやデメリットを超える戦果を出すには「操作+判断+管理」といった あらゆるプレイヤースキルを要求される強化状態だと思っていいでしょう。 ガードからの派生 チャージアックスの剣モードでは、盾でモンスターの攻撃をガードすることが可能です 斬れ味消費。 ガードについて細かな仕様はこちらをご覧ください。 ガードに成功した際、のけぞり方が「小・中・大」とあるうち「小・中」の場合のみ以下のアクションに素早く派生できます。 強化撃ち• 高 超 出力• 剣:変形斬り• サイドステップ• 次の項目で紹介する 「ガードポイント GP 」でガードに成功した際も同様の派生が可能になっています。 ガードポイント GP について ガードポイント GP とは「チャージアックスの特定の攻撃の中にあるガード判定」のことです。 チャージアックスにある程度慣れてきたら実戦に取り入れていきたい技術になりますが、ガードポイントの説明だけでかなりの量になってしまうので詳しく知りたい方は以下の記事を参照してください。 ワールドの時の記事になりますがそのまま使える内容になっています。 一点だけ補足すると、 アイスボーンから追加された斧強化に使用する「属性廻填斧強化斬り」の出始めにもGPは存在しています。 判定が短くシビアなため安定させるには多くの練習が必要です。 「強化撃ち」は、 斧による各攻撃後または 盾でガード後に L2で使えます。 剣モード チャアクの剣モード時に使用可能なアクションは以下の通りです。 コマンドは全て剣モードで操作してください。 「盾突き」や「移動斬り」のような コンボからしか派生できない攻撃の始動技として振るのにも最適で使用機会は多いでしょう。 派生先• 斬り返し• 移動斬り• 盾突き• 溜め2連斬り• 段差のある位置で突進斬りをするとジャンプします。 坂になっている場所で下りに向かって突進斬りをすると斜面を滑り降りるので、そこからいくつかのアクションに派生できます 詳細は記事下部の「その他」の項目参照。 派生先• 斬り返し• 移動斬り• 盾突き• 溜め2連斬り• 剣:変形斬り 斬り返し 派生元• 牽制斬り• 突進斬り• 派生先• 回転斬り• 盾突き• 移動斬り• 溜め2連斬り• 剣:変形斬り 回転斬り 派生元• 斬り返し• 溜め2連斬り• さらに 攻撃終わりにはGPがあるため被弾も抑えられ、リターンがそれなりにある使い勝手のいい技になっています。 GPについて詳しくは「必須知識」の項目をご覧ください。 派生先• 移動斬り• 溜め2連斬り• 盾突き• 左スティックを傾けながら 〇を押すと「移動斬り」が誤爆する点にはも注意が必要です。 〇の長押し中に引き絞った剣に「バチッ」というエフェクトが出たタイミングで 〇ボタンを離すと成功します。 派生先• 回転斬り• 盾突き• 剣:変形斬り• 移動斬り 盾突き 派生元• 最大の特徴は 剣モードから直接斧モードの高火力技「高 超 出力」に派生できる点で、剣モードからでもモンスターが見せた大きめの隙を逃さず火力を稼ぐことが可能です。 後述するおすすめのコンボでも登場するのでぜひご確認ください。 派生先• 牽制斬り• 溜め2連斬り• 剣:変形斬り• 移動斬り• 高 超 出力属性解放斬り 移動斬り• 移動斬り以外の剣攻撃後 L+ 〇 左スティックを任意の方向に入力しながら 〇を押すことで、前後左右の好きな方向にスライディングしてから回転斬りを使います。 使い始めの頃は「溜め2連斬り」の誤爆で発動してしまったりうまく戦いに組み込めないかもしれないので、最初のうちは「移動斬り」は封印しながら戦っても良いかもしれません。 最初は使い道がわからなくても、「実力が伸び悩んできたなぁ」と思った時期に使い込んでみると一気に世界が広がるタイプの技になります。 牽制斬り• 溜め2連斬り• 盾突き• 剣:変形斬り チャージ R2+ 〇 剣モード中であればどこからでも派生させることが可能なアクションで、 ビンに剣撃エネルギーをチャージします。 派生先• 高圧属性斬り• 属性解放斬り1• 斬り返し 高圧属性斬り 派生元• 使うだけならビンが溜まっていなくても盾の属性強化が無くても可能になっていて、心眼 弾かれ無効 効果もあります。 盾が属性強化状態で「高圧属性斬り」を使うと「剣の属性強化」が可能です。 盾が強化されていればビンが溜まっていない状態からでも剣強化できることも覚えておきましょう 隙は増える。 ワールドよりだいぶ威力は下がりましたが、それでも剣モードで繰り出す攻撃としては最高威力の攻撃です。 そのぶん隙が多い点には注意しましょう。 「剣の属性強化」に関する詳しい仕様に関しては「必須知識」の項目をご確認ください。 派生先• 回転斬り• 盾突き• 溜め2連斬り• この 攻撃後は自動的に斧モードに変化します。 攻撃の出始めに発生が早いGPが存在するので、慣れてきたら狙ってみると良いでしょう 詳しくは「必須知識」の項目参照。 派生先• 斬り上げ• 高 超 出力• 属性解放斬り2• 斧:変形斬り ガード 剣モード中: R2 剣モード中に R2を押している間はガードが可能です。 ガード時は斬れ味を消費するため、何でもかんでもガードするのはやめましょう。 チャージアックスのガード性能などについての詳細は以下の記事もご確認ください。 派生先については「必須知識」の項目で詳細を確認してください。 GPでガードした際も同様に派生できます。 また、 R2を押した状態で L2を押して 左スティックを入力すると 「カニ歩き」のように盾を構えたままジリジリと移動することが可能です。 L2を先に押したり同時押しだとスリンガーを構えてしまうので、使う際は注意しましょう。 「カニ歩き」やガード成功時・ガードを解いた直後には、後ほど紹介するサイドステップに派生が可能な点も操作に慣れてきたら思い出してみてください。 派生先• 強化撃ち• 高 超 出力• 剣:変形斬り• サイドステップ• チャージ 斧モード 斧モードで使えるアクションは以下の通りです。 斧による攻撃は全てスーパーアーマー SA 効果があるので、攻撃中に被弾しても吹っ飛ばされないものであれば中断されることはありません。 記載されている コマンドは全て斧モードで操作してください。 技の発生時にGPが存在するため納刀状態からガードを狙いたい場面で使えます。 ただし、 解放2から出す場合はGPはありません。 派生先• 斬り上げ• 高 超 出力• 突進叩き付け• 強化撃ち• 属性解放2• 入力方向に走り込んでから斧を叩き付けるため間合いを詰めるのに便利なぶん、技全体の隙は大きくなっています。 斬り上げ• 強化撃ち• 属性解放2• 斧:変形斬り• 味方が近くに居るときは封印した方が良いでしょう。 派生先• 縦斬り• 属性解放2• 斧:変形斬り• 強化撃ち 縦斬り 派生元• 斧強化中は「斬り上げ」と「縦斬り」をループさせるだけでも結構な火力になります。 派生先• 斬り上げ• 高 超 出力• 属性解放1• 突進叩きつけ• 斧:変形斬り• 強化撃ち 属性解放斬り1 派生元• 縦斬り• 属性廻填斧強化斬り• チャージ 〇 斧モードで抜刀状態 棒立ち か、一部の攻撃から派生可能な属性解放斬り。 ビンを消費した場合は心眼効果+ビン爆発が付与されます。 属性解放斬りの中では最も隙が少ないものの、威力も一番低くなっています。 使用頻度は高くありませんが、細かい火力稼ぎや特定のルートからコンボを繋げたい時などに使える技です。 最初は使わなくてもいいですが、慣れてきたら存在を思い出してあげると幅が広がるタイプの技になります。 派生先• 属性解放斬り2• 高 超 出力• 斬り上げ• 斧:変形斬り 突進属性解放斬り1 派生元• 属性廻填斧強化斬り L+ 〇 斧モードで抜刀状態か属性廻填斧強化斬りのあとに、 左スティックを入力しながら 〇を押すことで 一歩踏み込みながら属性解放1を繰り出す「突進属性解放斬り1」を使えます。 属性解放斬り1• 強化撃ち• 叩きつけ• 突進叩きつけ• 剣:変形斬り• 斬り上げ 〇 横方向に2回斧を振り回す属性解放斬り。 ビンを消費するとビン爆発+心眼効果が付与されます。 攻撃力や気絶値などは2回目の振り回しの方が強いので2段目は外したくないところですが、段差などの高低差に弱く1段目だけ当たって2段目は外すというパターンもよく起こりがちです。 1段目しか当たらない場合は解放1以下の威力になるので、技の選択をする際に参考にしてください。 派生先• 斬り上げ• 叩きつけ• 高 超 出力• 斧:変形斬り• 強化撃ち 高出力属性解放斬り 派生元• 属性解放斬り2• 高出力には 心眼効果があり、ビンを消費するとビン爆発が3回発生します。 威力は高いものの攻撃後は剣モードに強制的に変わる他、技の隙も大きいので使う場面は選びましょう。 高出力を発動するモーション中に盾を属性強化するための「属性強化回転斬り」と、斧強化するための「属性廻填斧強化斬り」を使用可能です。 盾強化や斧強化について詳しくはページ上部の「必須知識」の項目をご確認ください。 派生先• 属性強化回転斬り• 属性廻填斧強化斬り 超高出力属性解放斬り 派生元• 属性解放斬り2• 斧攻撃は横になぎ払う1ヒットめの威力が低く、2・3ヒットめは高威力になっています。 ビンの残り本数が0の状態で超出力を使うと、3ヒットめが発動しないため威力は大きく低下します。 ビン爆発も補正値が高く他の解放斬りより高威力な爆発になりますが、 使用後はビンがすべてなくなる点に注意しましょう。 技の性能は ハイリスクハイリターンで、攻撃威力が高いかわりに必要な準備が多かったり技の隙が大きかったり、ビンが全部なくなったりします。 また、前作にあたる ワールドより威力が低くなったうえ、技の途中で被弾すると「攻撃を当てていなくてもビンが全て無くなる+斧状態で起き上がる」ため、弱体化著しい調整となっています。 前作が強すぎただけでまだまだ現役の技ではありますが、古い情報を見ると「超出力だけ使っていればいい」というようなものも出てきます。 しかし、 今は考えなしに使えるほどお手軽では無いので選択肢の1つとして使うようにしましょう。 ビンの消費数や隙などを考慮して、超出力より高出力を使いたい場面で利用していきましょう。 派生先• 属性強化回転斬り• 属性廻填斧強化斬り 属性廻填斧強化斬り 高 超 出力のモーション中: L2 ビンのストックがある状態で属性廻填強化斬りを使うことで「斧強化」できます。 斧強化に関しては仕様が複雑なため、詳しくは記事上部にある「必須知識」の項目をご確認ください。 属性廻填強化斬りは隙が大きく派生先も隙のある技ばかりなうえ、後ろに下がりながら攻撃するため当てにくく威力も低いので 使い勝手の悪い技になります。 強化撃ち• 属性解放斬り1• 突進属性解放斬り1• 斬り上げ• 突進叩きつけ 属性強化回転斬り 高 超 出力のモーション中: R2 高 超 出力モーションの前半で R2を押すと剣モードに変形しながら「属性強化回転斬り」を使えます。 その際に ビンのストックがあると「盾の属性強化状態」になります。 盾の属性強化に関しては仕様が複雑なため、詳細は記事上部の「必須知識」の項目をご確認ください。 動作としては剣モードの回転斬りと同様で、 技の終わりにGPがあるのも一緒です。 派生先• 移動斬り• 溜め2連斬り• 盾突き• 剣:変形斬り 斧:変形斬り R2 斧モード中に R2を押すことで剣モードに変形しつつ回転斬りを繰り出します。 攻撃終わりにGPがあり、以降は剣モードに移行します。 派生先• 移動斬り• 溜め2連斬り• 盾突き• 剣:変形斬り その他 その他の特殊なアクションについて紹介します。 斜面を滑り降りる状態からの派生 坂道の下りでダッシュしたり剣モードの突進斬りをすると、斜面を滑り降りる状態になります。 そこから以下のアクションに繋がります。 ジャンプしたくない場面ではガードかそのまま滑っていくかを状況にあわせて選択しましょう。 ジャンプ攻撃 ジャンプ中にできる攻撃は以下の2種類です。 斧の方が威力は高いですが着地後にリスクがあり、剣はその逆になります。 ジャンプ変形斬り ジャンプ中: R2 現在とは違うモードに変形してから振り下ろします。 状況にあわせて攻撃するモードを選択しましょう。 スリンガー L2 + R2 アイスボーンから 抜刀状態でもスリンガーを使えるようになりました。 L2 で構え照準を合わせ R2 で発射できます。 やや複雑なため詳細は記事上部の「必須知識」の項目をご確認ください。 派生先• 共通〇:属性解放斬り2 クラッチクロー L2 + 〇 チャージアックスに限ったことではありませんが、アイスボーンから新たにクラッチクローが追加されました。 L2で狙いを定めたら 〇でクローを発射し、当たればモンスターに掴まれます。 モンスターに掴まりに行く際や掴まった後も被弾するほか、スタミナもドンドン消費されるため使う場面は選ぶようにしましょう。 掴まった状態からは以下のアクションに派生が可能となっています。 クロー攻撃をするとモンスターの向きを変えられます。 攻撃は1回で終わりモンスターの足元に着地します。 他にもチャージアックスの場合は 剣撃エネルギーがそこそこ溜まりますが、 着地後は強制的に斧状態になるのでリスクがあることを覚えておきましょう。 それでも肉質が軟化するのは大きな火力アップに繋がるため、積極的に狙っていいアクションになります。 「ぶっ飛ばし」をするとスリンガーに入っている弾が全て消費され、モンスターが向いている方向に吹っ飛ばされます。 ぶっ飛ばした際に段差から落ちたり壁にぶつかったり、他のモンスターにぶつかるとモンスターはダメージを受けダウンします。 部位に傷がついているとそこにも追加ダメージが入ります。 剣モード時の攻撃直後• ガード成功時• ガードを解いた直後• ガード中カニ歩き時 ステップ回避は左右にしかできないので注意してください。 カニ歩きに関してはガードの操作説明を見ていただければと思います。 基本的な戦闘の流れ 戦闘時の基本的な流れは以下のようになっています。 剣撃エネルギーを溜めてビンにチャージする• 盾を属性強化する• ビンを使って各種属性解放斬りを叩き込む• 盾の属性強化を維持しつつ解放斬りで火力を出す 最も基本となるのは「盾の属性強化」です。 そのために必要な剣撃エネルギーを剣モードで溜め、最大までビンがストックされたら「盾の属性強化」を行います。 盾が属性強化状態であれば各種属性解放斬りの威力も上昇するので、 属性強化中にチャンスが来たら積極的に属性解放斬りで火力を稼ぎます。 そのためにビンを使うので 定期的に剣モードでエネルギーも回収しましょう。 あとは 危険な時は剣モードにして機動力を上げたりガードしたり、チャンスの時には超出力属性解放斬りを狙ったりしてみましょう。 他にも斧強化や剣強化など様々な戦い方がありますが、 上手く扱える自信が無いのであればデメリットも大きい「斧強化」は無理に使う必要はありません。 ワールドの時の講座ですが、戦闘の流れについて細かく書いているので興味のある方はこちらも参考にしてみてください。 まだまだ現役で使える内容です。 実際は状況次第でやることが変わる しかしながらチャージアックスは出来ることが多く、強化状態やモードの使い分け、相手モンスターやその時の戦闘状況、さらには人によってプレイスタイルも様々なので 正解は無いと思ってもらっていいです。 したがって、 状況にあわせて臨機応変に、自分好みのプレイスタイルで戦う という考え方でいいと思います。 斧強化などを始め、もっと立ち回りに関して深掘りした記事はまた後日公開したいと思いますので気になる方はもう少々お待ちください。 この連携は剣撃エネルギーを素早く溜めることが可能です。 内部数値の関係で一部の攻撃が外れても赤色まで溜めることが可能で、多めに攻撃が外れて黄色までしか溜まらなかった場合も、少し追加攻撃するだけで赤色まで溜められるのも利点です。 すでにある程度エネルギーが溜まっている状態で、何も考えずに2回目の「溜め2連斬り」まで出してしまうとオーバーヒートすることもあります。 しっかり状況を確認しながら技を選択していきましょう。 集中ありの時の仕様や、エネルギーの内部数値に関しては以下のリンクをご確認ください。 ちょっとした隙を逃さず上手く差し込んでいければ火力を大きく伸ばすことができます。 先ほど紹介した超出力を高出力に変化させるコマンドなども使って上手く火力を稼ぎましょう。 GP ガードポイント から派生させることも可能で、GPのほうが盾受け能力が高いため派生できる場面が多くなっています。 先ほど紹介した方法で盾の属性強化中でも高出力に変更可能なため、状況にあわせて使い分けていきましょう。 剣モードによる回転斬り終わりのGPを存分に持続させた後に、斧への変形斬りを使うことでGPからGPに繋げられます。 変形攻撃を交互に使うことでもGPの判定を量産できるので、覚えておくとよいでしょう。 最大の利点は 強化撃ちで360度自由に向きを変えられる点で、瞬時にモンスターと向きを合わせることができます。 また、 音爆弾や閃光弾を斧攻撃の後に瞬時に出せることも利点です。 状況は選びますが身に着けてしまえば今まであまり攻撃できなかったタイミングに差し込めるようになるので、覚えておくとよいでしょう。 最後の〆は超出力など状況にあわせて自由に選択しましょう。 ハンターが斧を持ち直すまで待たないと「斬り上げ」になるため前に少しずつ進んでしまうほか、マルチプレイ時には「斬り上げ」で味方を吹き飛ばしてしまいます。 ソロの時は前に進んでもいい状況なら「斬り上げ」でも問題ありませんが、マルチの時は基本的に「斬り上げ」は封印しましょう。 同じ位置で斧で繰り返し攻撃することから、このコンボは斧強化状態では非常に火力が出せます。 こちらは解放2を使うまでが早いので、状況次第ではこちらのほうが火力を稼げる場合もあります。 こちらも「斬り上げ」ほどではないものの前に進んでいくので、正確には定点ループではありません。 初心者におすすめの立ち回り チャージアックスはやれることが多く正解の立ち回りがありません。 とはいえ、 初心者の方がまず覚えるのにオススメな『超出力連打』という立ち回りがあるのでそちらを簡単に紹介します。 「超出力連打」について 使うビンの種類:榴弾 おすすめスキル:集中・増弾・砲術 戦闘の流れ• 盾の属性強化をする• 剣モードで立ち回る• 斧モードを使わず超出力以外の属性解放も基本的に使いません。 基本的に 斧モードは使わず機動力とガードがある剣モードで立ち回るため安定しやすいうえ、必要な操作・時間やビン管理・状況判断など あらゆる面をシンプル化しているので難易度も低くとっつきやすくなっています。 さらに 榴弾ビンの肉質無視の特性のおかげで弱点を狙わなくてもいいのも嬉しいポイントです。 前作より強さとお手軽さは減ったもののまだまだ現役 詳しくは以下の記事を読んで頂きたいですが、 あらゆる面で弱体化のあったチャージアックスと超出力連打の立ち回りですが、前作 ワールド が強すぎただけで実際はまだまだ現役です。 古い情報などを見ると「チャージアックス=超出力連打が正解」のようなものを見かけることがあるかもしれませんが、現在はそうではありません。 「超出力連打」の立ち回りに慣れてきたらこの講座で紹介した色々な要素を練習してみて、その中から自分のスタイルや状況に合ったものを戦闘の中で取捨選択しながら戦っていくのが上達への近道となるでしょう。 終わりに 今回はここまでです、いかがだったでしょうか。 しかし これはあくまで基礎編です。

次の

【MH4G】発掘「封じられし武器」の最高性能&トップ3性能まとめ 武器別

チャージアックス 発掘

発掘チャージアックス ギルドクエストLV136~から入手出来る 封じられし武器から出る発掘武器の性能一覧 緑色の数値は 鎧玉最大強化後 レア度は7~10、スロットは1~3から選ばれます。 最高性能のゴール武器には 背景を黄色にしています。 864~ 972 0 0 高 チャージアックス.... 900~ 972 10~ 15 20~ 30 高 チャージアックス.... 972~ 1080 0 0 高 チャージアックス.... 1044 10~ 25 0 高 チャージアックス.... 1116 0 5~ 50 中 チャージアックス.... 1224 -25~ -10 0 低 斬れ味パターン2 発掘武器 斬れ味 攻撃力 会心率 防御力 出現率 チャージアックス....... 864~ 972 0 0 中 チャージアックス....... 900~ 972 10~ 15 20~ 30 高 チャージアックス....... 972~ 1080 0 0 中 チャージアックス....... 1044 10~ 25 0 中 チャージアックス....... 1116 0 5~ 50 中 チャージアックス....... 1224 -25~ -10 0 低 斬れ味パターン3 発掘武器 斬れ味 攻撃力 会心率 防御力 出現率 チャージアックス......... 864~ 972 0 0 中 チャージアックス......... 900~ 972 10~ 15 20~ 30 高 チャージアックス......... 972~ 1080 0 0 中 チャージアックス......... 1044 10~ 25 0 中 チャージアックス......... 1116 0 5~ 50 中 チャージアックス......... 1224 -25~ -10 0 低 斬れ味パターン4 発掘武器 斬れ味 攻撃力 会心率 防御力 出現率 チャージアックス............... 864~ 972 0 0 高 チャージアックス............... 900~ 972 10~ 15 20~ 30 高 チャージアックス............... 972~ 1080 0 0 高 チャージアックス............... 1044 10~ 25 0 中 チャージアックス............... 1116 0 5~ 50 中 チャージアックス............... 1224 -25~ -10 0 低 斬れ味パターン5 発掘武器 斬れ味 攻撃力 会心率 防御力 出現率 チャージアックス..... 864~ 972 0 0 中 チャージアックス..... 900~ 972 10~ 15 20~ 30 高 チャージアックス..... 972~ 1080 0 0 中 チャージアックス..... 1044 10~ 25 0 中 チャージアックス..... 1116 0 5~ 50 中 チャージアックス..... 1224 -25~ -10 0 低 斬れ味パターン6 発掘武器 斬れ味 攻撃力 会心率 防御力 出現率 チャージアックス........ 864~ 972 0 0 高 チャージアックス........ 900~ 972 10~ 15 20~ 30 高 チャージアックス........ 972~ 1080 0 0 高 チャージアックス........ 1044 10~ 25 0 高 チャージアックス........ 1116 0 5~ 50 中 チャージアックス........ 1224 -25~ -10 0 低 斬れ味パターン7 発掘武器 斬れ味 攻撃力 会心率 防御力 出現率 チャージアックス....................... 864~ 972 0 0 中 チャージアックス....................... 900~ 972 10~ 15 20~ 30 中 チャージアックス....................... 972~ 1080 0 0 中 チャージアックス....................... 1044 10~ 25 0 低 チャージアックス....................... 1116 0 5~ 50 低 チャージアックス....................... 1224 -25~ -10 0 低 斬れ味パターン8 発掘武器 斬れ味 攻撃力 会心率 防御力 出現率 チャージアックス................ 864~ 972 0 0 低 チャージアックス................ 900~ 972 10~ 15 20~ 30 中 チャージアックス................ 972~ 1080 0 0 低 チャージアックス................ 1044 10~ 25 0 低 チャージアックス................ 1116 0 5~ 50 低 チャージアックス................ 1224 -25~ -10 0 低 属性・状態異常値一覧 属性無し 属性 値 ビン 出現率 - - 榴弾ビン - 属性値 属性 値 ビン 出現率 火・水・雷・氷・龍 420 強属性ビン 高 火・水・雷・氷・龍 覚醒:440 榴弾ビン 高 火・水・雷・氷・龍 450 強属性ビン 高 火・水・雷・氷・龍 覚醒:460 榴弾ビン 中 火・水・雷・氷・龍 470 強属性ビン 中 火・水・雷・氷・龍 覚醒:480 榴弾ビン 中 火・水・雷・氷・龍 500 強属性ビン 低 火・水・雷・氷・龍 覚醒:540 榴弾ビン 低 状態異常値 属性 値 ビン 出現率 毒・痺・睡・爆 240 榴弾ビン 高 毒・痺・睡・爆 覚醒:260 榴弾ビン 中 毒・痺・睡・爆 270 榴弾ビン 中 毒・痺・睡・爆 覚醒:290 榴弾ビン 高 毒・痺・睡・爆 300 榴弾ビン 低 毒・痺・睡・爆 覚醒:320 榴弾ビン 低.

次の

MH4G発掘武器性能

チャージアックス 発掘

どうも、モンハン4Gにハマり中の ushigyuです。 前作のモンハン4では物理or弱点属性でとにかく斬りまくるだけだったのですが、今作では状態異常攻撃の有用さにようやく気付き、絶賛活用中であります。 状態異常といえば手数武器の片手剣や双剣、、ライトボウガンあたりが定番ですが、今作の新アクション追加でチャージアックスもかなり有用になりました。 そんな状態異常の中でも、ソロや部位破壊のときに役立つのが「睡眠」。 動き回るモンスターの狙った部位を集中攻撃するのはなかなか大変ですが、寝かせてしまえば狙ったところに爆弾や重い一撃を食らわせることができます。 しかも睡眠時に当てる一発目の攻撃はダメージ3倍。 今回は睡眠爆破(部位破壊)用に使っている装備や手順を紹介していきたいと思います! 目次• 睡眠爆破に適した武器(チャージアックス、片手剣など) 私が使っているのは「チェルノポグサイズ(睡眠250)」。 よく睡眠チャージアックスとして紹介される装備です。 やや難易度の高いところではクシャルダオラの角が必要ですが、それ以外はさほど難しくなくレア素材も必要ないのがありがたい。 1つ進化前の「シュバルツシュラー改(睡眠230)」でも睡眠属性はさほど変わらないので眠らせるには十分でしょう。 グラビモス亜種が少々面倒ですが、あとはネルスキュラ亜種素材で作れるので比較的簡単。 攻撃力はあまり高くないものの、属性値が高いためかなりの早さでモンスターを状態異常に持っていくことができます。 逆に言えば、その他の攻撃ではあまり状態異常になってくれないので注意。 盾突きによる睡眠の早さについては、動画もいくつか上がっていますのでそちらも参考に。 状態異常攻撃が付く装備一式を準備。 ボマーや重撃があるとなおよし 睡眠爆殺で部位破壊をするのであれば、睡眠を強化する「状態異常攻撃(特殊攻撃)」や「会心撃【特殊】(特殊会心)」、爆弾の威力を強化する「ボマー(爆弾強化)」、部位破壊の蓄積値をアップさせる「破壊王(重撃)」あたりのスキルがあるとなお良し。 (「破壊王」は爆弾には適用されないが、普通に攻撃しているときに少しでも部位破壊を早めるのに有用) これらのスキルを持つ装備としては、ミヅハ一式(オオナヅチ装備)が比較的作りやすくおすすめ。 私は発掘したお守りに合わせて回避性能をおまけにつけてます。 もちろん他にも様々な組み合わせがあると思うので、攻略サイトを見て考えてみるなり、有志の方が作ってくださっているを使って調べるなりしてみるといいでしょう。 「ネコの火薬術」を付けてクエストへ 猫飯は、肉と酒を炒めて「ネコの火薬術」を発動しておくと便利。 このネコスキルをつけておくと、大タル爆弾が大タル爆弾Gの威力になるため持ち込める量が増え、アイテムも節約できます。 睡眠爆破で爆弾を置く際の注意点 破壊したい部位のすぐ近くに爆弾を置いてしまうと、他の部位に吸われてしまいうまく当たらないことがあります。 ちょっと見にくいかもしれませんが、以下の画像くらい離して置いてもしっかり当たりますし、これなら腕や背中などの別部位に吸収される心配もありません。 起爆は、例えば上記画像のようにモンスターに当ててしまわない方向から石ころやペイントボールなどを投げるか、大タル爆弾の外側に小タル爆弾を置くのがおすすめ。 これなら破壊王スキルも活きますし、角や頭破壊の場合ならスタン効果も期待できます。 あとがき なかなか手に入りにくいレア素材も、睡眠爆破で部位破壊サブタゲクリアで普通にクリアするよりは楽に手に入ります。 (例えばラージャンの「羅刹の金剛角」、ディアブロスの「大地を穿つ剛角」など) チャージアックス使いじゃないハンターでも盾突きと爆弾設置さえできれば簡単なので、部位破壊に苦労している方は試してみてください!• 関連:• 関連:• 関連:.

次の