キニーネ トニック ウォーター。 ジントニックが感染症の特効薬?年間2億5千万人感染、80万人死亡する恐怖の病

トニックウォーターのカロリーや糖質、効果とは?炭酸水との違いって何?

キニーネ トニック ウォーター

com トニックウォーターと一般的な炭酸水とは、何が違うのでしょうか? その違いは原材料にあります。 トニックウォーターとは、炭酸水にレモンやライム、オレンジといった柑橘類の果皮や、ハーブから抽出したエキスを加えたもの。 エキス由来のほろ苦さが特徴です。 また、通常の炭酸水は無糖ですが、ほとんどのトニックウォーターには糖類が加えられています。 トニックウォーターは18世紀、イギリスで誕生したドリンクです。 もともと、ほろ苦さのもとになっていたのは、キナという樹木の皮のエキス「キニーネ」。 これには、マラリアなどの熱病を防ぐ成分が含まれることが知られていました。 そのため、イギリス人が当時の植民地だった熱帯地域で働く際に、体調不良を防ぐため、炭酸水にキニーネを混ぜて飲んだのだとか。 ところが、キニーネはとても苦味が強かったので、砂糖を加えて飲みやすくしました。 これがトニックウォーターの始まりだといわれています。 トニックウォーターをひと口飲めば、ほんのりした苦味と甘味、シュワシュワと弾ける炭酸が調和して、じつに飲みやすく爽快。 甘ったるいドリンクが苦手な人にもおすすめです。 com トニックウォーターは口当たりがクリアなので、お酒との相性がよく、ジンやウォッカといったアルコール度数の高いお酒を薄めるための「割り材」としてよく使われています。 だから、同じ蒸溜酒であるウイスキーと組み合わせても好相性。 ハイボールに使って「トニックハイボール」をたのしんでみてはいかがでしょう? ハイボールは、さわやかさが格別なウイスキーのたのしみ方です。 通常、ウイスキーを割るために使うのは、炭酸水「ソーダ」ですが、これをトニックウォーターにチェンジ。 ソーダを使うよりも味が引きしまり、ウイスキーのコクや旨味が際立つように感じるかも。 料理の味を引き立ててくれるのもトニックハイボールの魅力。 脂っこい食事はもちろん、和食にもぴったりマッチします。 com トニックウォーターを使ったトニックハイボールのおいしい作り方を紹介します。 気をつけたいのは2点。 まず、トニックウォーターだけでなく、ウイスキーとグラスもあらかじめ冷蔵庫で冷やしておくこと。 ウイスキーやグラスが冷えていないと、すぐに氷が溶けてハイボールが水っぽくなってしまうからです。 次に、トニックウォーターを注いだら、あまりかき混ぜないこと。 何回も混ぜると、トニックウォーターのなかの炭酸ガスが抜けてしまいます。 マドラーをグラスの底まで差し入れ、炭酸ガスの泡をつぶさないイメージでグラスのフチに沿わせて、やさしく1回混ぜるくらいにしましょう。 作り方は、氷を入れたグラスに、よく冷やしたウイスキーとトニックウォーターを1対5の割合で注ぎます。 軽く混ぜてレモンやライムのスライスを飾ります。 ウイスキーとトニックウォーターの割合を1対4や1対3にすれば、ウイスキーの味わいをより濃厚にたのしめます。 汗ばむ季節は、スッキリとしたのどごしのドリンクがとりわけおいしいもの。 いつものビールを今夜はトニックハイボールに変えてみませんか?• おすすめ情報• 関連情報.

次の

ジントニックの「アレ」で腫れた唇 気づきにくい大人のアレルギー

キニーネ トニック ウォーター

トニックウォーターとは? トニックウォーターとは、炭酸水に香りづけのハーブや柑橘類の果皮のエキス、糖類を混ぜて作った飲み物(清涼飲料水)です。 今でこそ清涼飲料水として広く親しまれていますが、元々は「キニーネ」という薬効成分が多量に含まれる薬のような飲み物でした。 というのも、トニックウォーターという飲み物が作られたきっかけが、イギリス人がマラリアを予防するために作られた保健用飲料だったからです。 イギリスはかつてアフリカなどの熱帯地域を植民地支配していましたが、そこはマラリアの流行地域でもありました。 そこで、マラリアに効果があるといわれた「キナ樹皮」を浸して、エキスである「キニーネ」を多量に染み込ませた炭酸水を飲んでいました。 しかしキニーネはたいへん苦味が強く、普通に炭酸水に混ぜたのでは苦くて飲めませんでした。 そこで、飲みやすくするために砂糖などの甘味料を加えるという工夫がなされた結果、現在のトニックウォーターの原型が誕生したのです。 現在日本で売られているトニックウォーターには、輸入品を除き(輸入品には微量に含む)キニーネは含まれておりません。 現在、キニーネが出していた独特の苦味は、各種ハーブエキスで再現されていることが多いです。 スポンサーリンク 「トニックウォーター」と「炭酸水」の違いについて トニックウォーターと炭酸水の違いは、ズバリ「風味」です。 混ぜられているハーブエキスによる独特の苦味と、糖類による甘味、そして柑橘類の爽やかな香りが特徴です。 その複雑な味わいとは対照的な後味の爽やかさから、食事に合わせる飲み物やカクテルの材料に用いられることも多く、代表的なものにはジン・トニックがあります。 この癖になる味わいこそが、トニックウォーターをただの保健用飲料から清涼飲料水に押し上げたといえます。 トニックウォーターのカロリー・糖質について カロリーや糖質を気にされている方については少し注意が必要です。 トニックウォーターは先に述べたように、糖類が含まれています。 その量は意外と多く、各メーカーで平均すると だいたい9g前後です。 糖質制限を行っている方については、トニックウォーターを日常的な飲み物とする場合気を付ける必要があるといえます。 あくまで嗜好品として捉えたほうがいいでしょう。 トニックウォーターを使ったおすすめカクテルは? さて、そんなトニックウォーターはどういった飲み方がおすすめなのか。 そのまま飲んで、柑橘類とハーブと甘味、炭酸のシュワシュワ感の織りなすハーモニーを楽しんでもいいかもしれません。 しかし、本家・元祖であるイギリスでは、早くから「ジンと飲み合わせるとキナの苦味が薄れる」ということを発見していました。 やがてジンだけでなく、蒸留酒全般とトニックウォーターの相性が良いことが発見され、多くのカクテルが作られてきました。 ジンとトニックウォーターはだいたい1:3くらいがセオリーとされるようですが、好みに合わせて調整しても構いません。 ライムとトニックウォーターを減らせば、よりドライな味わいに。 全体的に「材料を冷やしておく」「なるべく泡立てない」のが、美味しく作るポイントです。 【作り方】 (1)氷を入れたグラスに、ジンを注ぐ。 (2)トニックウォーター(よく冷やしておく)でグラスを満たし、軽くステア(マドラーで混ぜること)する。 カンパリ(赤)をベースに、グレープフルーツジュースを加え、好みでトニックウォーターを加えて出来上がりです。 食前酒としても好まれています。 カンパリとグレープフルーツジュースは1:1であることが多いですが、これもお好みで変えても構いません。 【作り方】 (1)氷を適量入れたタンブラー(容量180ml〜300ml程度)に、カンパリ(赤)を注ぐ。 (2)グレープフルーツ・ジュースを注ぐ。 (3)適量のトニック・ウォーターを注ぎ、軽くステアする。 お酒は苦手・未成年だけど、トニックウォーターとのカクテルを楽しみたい!という方には、ノンアルコールカクテルもおすすめです。 トニックウォーターに特に合わせやすいのは、グレープフルーツやオレンジ、シークワーサーなどの柑橘系のジュース。 柑橘系の爽やかな甘酸っぱい味わいに、独特の苦みが加わるだけで、ワンランク上の飲み物に早変わりします。 敷居が高いと感じていた方も、これをきっかけにトニックウォーターを手に取ってみてはいかがでしょうか。 スポンサーリンク.

次の

ジュースとして飲める!トニックウォーターとはどんな飲み物?

キニーネ トニック ウォーター

少しずつ暑くなってきました。 今週末はご自宅で、爽快なジントニックなんて楽しんでみてはいかがでしょうか? ですが…、もしあなたがスーパーやコンビニで簡単に手に入るような「普通のトニックウォーター」でジントニックをつくろうとするのであれば、それはあまりおすすめできません…。 特に高価なジンをお持ちであるならばなおさら…。 ミキサー(割り材)となるトニックウォーターの質が低ければ、せっかくの良質なジンも台無しになってしまう可能性すらあります…。 ジントニックをはじめカクテルと一緒に楽しむ際のトニックウォーターは、多くの人が想像している以上に大切な存在と言えるのです。 かと言って、ビリー・ジョエルが『Piano Man』の中で「tonic and gin」と歌っているのはそんな主張からではないでしょう…)。 pjohnson1 Getty Images 「キニーネ」を含んだ医療用飲料水として誕生 トニックウォーター誕生の地は、英国の植民地であった熱帯地方と考えられています。 当時、「キナ」という植物が、マラリアなどの熱病に有効であることが知られていました。 そのキナの樹皮から精製された苦みのある成分である「キニーネ」を含んだ医療用飲料水として誕生したのが、トニックウォーターになります。 現在ではキニーネを使用することは稀(まれ)で、その代わりに柑橘類の果皮のエキスなどが調合されるケースが多くなっています。 炭酸水とトニックウォーターの違いとは? トニックウォーターと似た存在の飲み物に、炭酸水があります。 見た目は似ていますが、味や材料が異なります。 トニックウォーターは、炭酸水にレモンをはじめとする柑橘類の皮から抽出されたエキスと糖分を加えた清涼飲料水です。 一方で炭酸水は、水に炭酸ガスを含ませただけの清涼飲料水となります。 カクテルのミキサーとして飲むのが一般的 最も一般的なのが、カクテルのミキサーとしての飲み方となります。 トニックウォーターを使う定番カクテルは、ジントニックにカンパリトニック、さらにスプモーニ、ウイスキートニック、ウォッカトニックなどなど…。 多くのお酒とともに楽しまれています。 そのまま飲んだ場合の味わいは? このように、カクテルやウイスキーの割り材として知られるトニックウォーターですが、もちろんそのまま飲むことも可能です。 それは食前に飲まれることも多くあります。 トニックウォーターの味は、ほのかに感じられる甘さと爽やかな酸味が特徴となっています。 トニックウォーターのカロリーは? 加糖の具合によって異なりますが、によるとトニックウォーターの平均的なカロリーは、100mlあたり約34kcalが目安となっています。 ジントニックをつくるのであれば、あくまでも主役は「ジン」であり、トニックウォーターは別に何を選んでもそう大差はない…と。 幸いなことに、そんな時代はとっくに過ぎ去っています。 トニックウォーターが脚光を浴びるようになったのは、2004年にロンドンで誕生した「」の登場によるところが大きいと言われています。 多くのトニックウォーターが人工甘味料や香料を加えてつくられていましたが、「フィーバーツリー」は「キナ」を使用した本格的なトニックウォーターを発表したのです。 当時のプレミアムジンの世界的なブームも追い風となり、「フィーバーツリー」が表現する自然本来の味わいが評判を呼び、プレミアムミキサー(割り材)のパイオニアとして世界70カ国以上に広がりました。 そうして「フィーバーツリー」はジンとの相性が抜群で、ジンの特性を余すところなく存分に引き立ててくれると評判になりました。 「ジンよりもトニックウォーターを選ぶことが重要」と話すカクテル愛好家の言葉を信じるなら、その逆の「質の悪いトニックウォーターを使っている限り、どんなジンを選んでも味にそう大差はない」もまた真なり…というわけです。 トニックウォーターのおすすめの5選.

次の