角煮 鍋。 豚の角煮 by石原洋子さんの料理レシピ

豚の角煮のレシピ(作り方)

角煮 鍋

口の中でほろりと肉が崩れる豚の角煮。 「自宅で作るなんて無理無理」、そうハナからあきらめてはいませんか。 自炊男子というわけではないし圧力鍋ももちろん持ってない、そんな方でも自宅でこのホロホロ角煮を作れることを、筆者がまず実験台となって試してみようではありませんか。 もちろん 角煮を作るのは人生初体験、圧力鍋は持っていません。 豚の角煮を普通の鍋でつくる! 材料(2〜3人分)• 豚ばら肉 600g• ねぎの青い部分 1本• しょうが 1かけら• 黒砂糖(なければ普通の砂糖でもOK) 大さじ2• 水 200cc• 酒 100cc(日本酒か料理酒)• みりん 大さじ2• しょうゆ 大さじ3 まずは買ってきました、豚ばら肉。 写真奥の細長い方は「豚ばらブロック」、手前のは「豚ばら角煮用」となっていました。 そこで両方買って、仕上がり具合を比較してみることにします。 「豚ばら角煮用」のほうが赤身中心ですね。 いずれも約300gです。 まずは2種類の豚ばら肉を3センチ幅程度に切ってから、フライパンで炒めて肉の両面に焦げ目をつけます。 思っていたよりも時間がかかりました。 ばら肉だけに油ばかり出まくって、あまり焦げ目がつかないのです。 第1の発見。 しょうが1切れの皮をむき、その皮と長ねぎの青い部分と一緒に、焦げ目をつけたばら肉をゆでます。 見ておわかりの通り、なぜか 長ねぎを刻んでしまうという大失態を犯しました。 気づいたとき崩れ落ちそうになりましたが、まだ下準備の段階です。 味に大きな差は出ないはずと(ねぎは肉の生臭さを消す役目だけだと信じて)、刻んだねぎを投入しました。 ここで1時間くらい、弱火でコトコト煮込みました。 レシピによっては、ここが3時間だったり5分だったり、「差があるにもほどがあるわ!」と叫びたくなる程バラバラでした。 で、中途半端に1時間を選んでみました。 1時間経ったら一度鍋をきれいにして、改めて水、酒、黒砂糖、みりん、しょうゆ、薄切りにしたしょうが、そして肉を入れます。 ついでにゆで卵も追加してみました。 沸騰したらこんな感じ。 沸騰したらアルミホイルなどで落しぶたをして、煮汁がなくなるまで弱火で煮込みます。 心配だったらちょいちょい見ましょう。 私はちょいちょい見ました。 途中経過。 1時間経過。 焦げ臭いんじゃない? と思って慌てて火を止めました。 これ、間違いなく完成形だと思います 皿に盛りました! おお、まさに豚の角煮です!! 脂身もこの通り、とろーん。 美味です! 美味!! 温泉卵を落として、豚の角煮丼というぜいたくもありですよ! 豚の角煮の反省点&発見 こうしてかなり簡単な工程で豚の角煮が作れることはわかりました。 ただ初めて角煮を作ったとあって、反省点&発見が4点ありました(長ねぎを刻んだこと以外に)。 第1の発見:なかなか焦げ目がつかなかった ここは焦ってはいけないポイントです。 筆者は次第にいらいらして「もううっすら焦げ目ついたからこれでいいか!」と引き上げてしまった結果、脂身の一部が豚肉でありながら鳥肌っぽく見えるというビジュアルの悪さが払しょくできませんでした。 第2の発見:長ねぎとしょうがで2~3時間はゆでる 長ねぎとしょうがで1時間ゆでましたが、ここは2~3時間でもよかったと思います。 煮汁で煮る際は焦げる、味が濃くなりすぎる、煮汁がなくなるというリスクがありますが、お湯でゆでる分には放置していても大丈夫です。 この段階でくどい脂っこさをすべて抜き、ばら肉のやわらかさを引き出すのがベストだと感じました。 今回の 1時間のゆででは、肉は十分柔らかくなったものの、「唇でかんでほぐれる」というほどまでにはいたりませんでした。 これが第2の発見です。 第3の発見:肉は脂身が多いほうが断然美味 「角煮用」という言葉に惑わされてはいけませんね。 そりゃ赤身の多い「角煮用」のほうがヘルシーなんでしょうが、口当たりも固かったです。 固い角煮なんてだめ! 第4の発見:肉は「ちょっと大きすぎるかな」くらいのサイズにカットしていい ゆでることで肉が縮まることを計算に入れていなかったので、仕上がりの肉がちんまりサイズになってしまいました。 小さすぎると煮崩れする原因にもなるので、豪快なサイズでいきましょう。 ちなみに角煮は薄切りにしてバケットに挟んでもおいしいです。 個人的には食パンよりも、バケットのほうが合う感じがしました。 というわけで、生まれて初めて自宅で豚の角煮にチャレンジした結果、いくつかの反省点はあるものの、ちゃんとおいしくできること自体は証明できました。 「脂身の多い豚ばらブロックを大きめにカットしてお湯の段階でじっくり煮込む」 角煮初心者がおいしく作るコツはこれ。 上級者の世界はまだのぞきません。 これで十分! 3時間煮込む時間がある休日に、いかがですか?.

次の

圧力鍋で豚の角煮がとろとろになる「ほったらかし調理法」|アサヒ軽金属工業

角煮 鍋

こんにちは。 アサヒ軽金属のショーコです。 お店でしか食べたことがなかった私ですが、 圧力鍋のほったらかし調理をマスターしてからは、簡単に作れるようになったんです! そこで今回は、ほったらかし調理による「とろける豚の角煮」 の作り方をご紹介します。 そして、お肉がしっかり浸かるくらいの水を加えて下ゆでします。 お肉が空気に触れていると、その部分がパサパサになったりかたくなりやすいので、水分はたっぷり使うのがコツです。 ここでのほったらかし調理のポイントは、「調理圧の高い圧力鍋を使うこと」。 調理圧の高い我が家の圧力鍋「ゼロ活力なべ」なら、 通常2~3時間かかるブロック肉の下ゆでが、加圧わずか20分で完了! つきっきりでいる時間を最小限にできます。 でも、長時間火をつけっぱなしにしては、ほったらかしとは言えません。 圧力鍋で下ゆでしたら火を消して、蓋をしたまま「ほったらかしタイム」。 5層クラッド鋼 アルミ・ステンレスの多層構造 を全面に採用することで高圧力と高い保温能力を実現。 熱が底部だけでなく側面にも均一に伝わり、食材をムラなく加熱できます。 ちなみに、私は時間がある時は、そのままひと晩ほったらかしておきます。 ゆっくり寝かせてあげることで、お肉が一段としっとりとやわらかく仕上がり おいしさが増すんです(夏場は鍋の熱が冷めた後、冷蔵庫に入れておきます)。 ここで、煮汁や脂をうっかり捨ててしまわないように! 煮汁も別の容器に入れて、冷蔵庫に入れておきましょう。 煮汁はスープに、冷え固まった脂はラードになります。 華の金曜日に、夜な夜なブロック肉を煮込んだりするほどです。 (予定がないだけ!? ) とは言っても、シュシュッと圧力調理のあと、ひと晩ほったらかしておしまい 結局、暇を持て余しているんですけどね(笑)。 また、忙しい方はもぜひご覧ください。

次の

豚バラブロックレシピ 圧力鍋で簡単柔らか人気1位の豚の角煮はつくれぽ2000以上

角煮 鍋

スポンサーリンク 豚の角煮は圧力鍋だと赤身パサパサ 豚の角煮を圧力鍋で作ると、脂身はよいものの赤身の部分がパサパサとなってしまうことが多いのでは? そんな失敗なしに、おいしい豚の角煮を作るテクニックを紹介しましょう。 豚のバラ肉1kgを用意したら、まずは下ゆでで加圧します。 加えるのは、しょうがのうす切りと長ネギの青い部分、水。 そして、ここで米を入れるのです。 圧力鍋だとお米が崩れて煮汁がドロッとするため、肉のうまみを逃しにくくなります。 強火で沸騰させてアクをすくい取ります。 フタを閉めて圧力がかかったら、弱火にして15分加圧。 下ゆでのときに加圧することで、赤身も脂身もやわらかくなります。 加圧して15分後、火を止めて圧力が抜けるまで放置して余熱調理。 そののちに肉と煮汁を一度取り出し、肉は食べやすい大きさにカット。 酒・砂糖・しょう油の調味料を圧力鍋に入れ、煮汁と肉を戻し入れます。 豚の角煮を圧力鍋でぷるぷるに作る ここで今度は、落としブタをして煮込んでいくのです。 じつは、味付け後の加圧こそがパサつきの原因。 圧力鍋で二度加圧した豚の角煮はコラーゲンの分解が進んでいるために、繊維ばかりの状態になっているのです。 肉の赤身の部分は、コラーゲンが筋繊維を束ねた構造。 加熱するとコラーゲンは分解されますが、圧力鍋は加熱温度が高いため分解が早くなるのです。 このため、二度加圧すると筋繊維が煮汁にさらされてしまいます。 そして、煮汁に調味料の塩分や糖分が含まれていると、浸透圧によって筋繊維から水分が抜け出し、豚の角煮がパサつく原因になるのです。 豚の角煮はここから仕上げ。 弱火で30分煮込んだ肉を盛り付けたあと、煮汁を2~3分煮詰めて肉の上にかけます。 これが赤身がパサパサしない、ぷるぷる豚の角煮を圧力鍋で作る方法です。

次の