新卒 退職理由 ランキング。 新卒のスピード退職者に聞く転職を決断した理由TOP5|@DIME アットダイム

若者が離職する理由、1位は?

新卒 退職理由 ランキング

会社を退職したいと考える理由は、人によってさまざま。 でも、退職の意思を会社に伝える際には、どこまで本音を言っていいものか、どう伝えるべきなのか、悩む方も多いのではないでしょうか? そこでアンケートから見えてくる「退職理由」の本音と建前や、好印象を与える退職理由の伝え方、退職理由の例文などをご紹介します! <INDEX>• 「辞めたい」と思った理由は? 退職理由ランキング 円満退職をするためには、どんな理由や伝え方がベターなのでしょうか。 そのノウハウをひもとく前に、「仕事を辞めたい」と思った理由についてのアンケート結果を見てみましょう。 2位は人間関係の悩みから解放されたい方が多いことの表れです。 4位の背景には、入社前のイメージとのギャップ、あるいは仕事のマンネリなどが考えられます。 この調査では1~4位が全体の約8割に達し、待遇、人間関係、仕事内容が実際の退職理由の大半を占めていることが分かります。 好印象を与える退職理由の伝え方 退職を決意したとしても、切り出し方が分からない方も多いのではないでしょうか。 まずは退職理由の上手な伝え方から学んでいきましょう。 直属の上司に相談ベースで打ち明ける 退職の意思は同僚や部下などに安易に漏らさず、まずは直属の上司に相談することが筋道です。 直属の上司を飛び越えて、上役や別部署の上司に伝えることもNGです。 直属の上司にしてみたら「聞いていないぞ」と不快な気持ちになり、円満退職から遠のいてしまうからです。 伝える際には、一方的に退職の意思や退職希望日を伝えるのではなく、あくまで相談ベースで話を持ちかけましょう。 話し合いのなかだと上司に意思を聞いてもらいやすくなりますし、これまでお世話になった上司への誠意の表れにもなるからです。 上司の仕事に支障をきたさないように、勤務時間外など業務が落ち着いた頃合いを見計らって「相談があるのでお時間をいただけませんか」と切り出すことがベターです。 また、軽い気持ちではなく考え抜いた末の結論であること、後任者への引き継ぎや配慮を丁寧に行うこと、退職後も付き合いを続けていきたいという思いを伝えることも、相手の心証を良くする円満退職の秘訣です。 不平不満はNG。 退職理由は角の立たない「建前」も必要 「給料や待遇に不満があるから」「忙しすぎて続けられない」「職場に嫌なメンバーがいるから」などと不平不満をダイレクトにぶつけてしまっては、喧嘩別れになる恐れもあり、円満退職は望めません。 「では給料を見直すから残ってくれ」などと切り返されて引き止めにあうと、辞めにくくもなってしまいます。 たとえ引き止めにあっても、退職の強い意思を伝えれば退職はできますが、角が立ってしまいかねません。 本音だけでぶつかるのではなく、本音と建前を使い分けることが、退職理由を伝える際のポイントとなります。 円満退職に効果的な退職理由の例文 では、具体的にはどんな退職理由だと円満退職につながりやすいのかを見ていきましょう。 まず、ネガティブな内容は避け、ポジティブな退職理由に変換することです。 退職後を見据えた意欲や向上心を伝えれば、上司も否定したり引き止めにくくなります。 ポジティブな退職理由例文• 業務の中で興味を持った分野に特化して、より専門性を高めたい• これまでの経験を生かし、新しい環境で自分の力を試したい• 資格取得のための勉強に専念します• 学生の頃からの夢だった海外留学を実現します• 個人で開業する決意を固めました また、無理な引き止めを回避するには、相手が納得せざるを得ない事情を退職理由に盛り込むことが効果的です。 家族の事情、結婚・出産、転居、体調の悪化など、個人的な事情であれば、「退職もやむを得ない」という判断をしてくれます。 ただし、退職理由を根も葉もない嘘で塗り固めてしまうと、嘘であることがばれた際にトラブルになることもあるので、避けたほうが無難です。 個人的な事情を盛り込んだ退職理由例文• 結婚が決まり、相手の転勤に伴って転居することにしました• 親の介護に専念しないといけない状況になりました• 家業を継ぐことを決意しました• 健康状態が悪化してしまい、静養することにしました 円満退職に向けてすべき事と注意点 伝え方や退職理由以外にも、気をつけたいことがあります。 それは、会社に迷惑がかからないように、早めの準備や職場への配慮・引き継ぎを怠らないこと。 これが円満退職には欠かせません。 在職中の転職活動は会社に知られないようにする 在職中に転職活動を行うこともあると思いますが、表立った行動は避けるべきです。 「退職するらしいよ」という噂ばかりが一人歩きしてしまうと、職場が混乱してしまいかねません。 「忙しいのに、転職活動をする時間がよくあるな」という周囲からあなたへの不平にもつながってしまいます。 1カ月前、できれば2カ月前には退職の意思を伝える 退職者が出れば、会社は退職手続きや後任者選びなどの対応も必要ですから、「すぐに辞めたい」といきなり切り出されても非常に困ります。 業務の引き継ぎなどの期間も考えると、最低でも退職希望日の1カ月前、できれば余裕をもって2カ月前には退職の意思を伝えましょう。 退職希望日はできるだけ繁忙期を避けるといった配慮も必要です。 業務の引き継ぎは計画立てて、丁寧に 責任をもって業務の引き継ぎや残務処理を行うことも、円満退職には欠かせません。 後任者が業務の進捗状況や内容、踏まえるべき留意点などをいつでも参照できるように、引き継ぎのポイントを文書・マニュアルでまとめておくと良いでしょう。 また、顧客や取引先等に関するデータも分かりやすく整理し、退職までに顧客や取引先を回って退職のあいさつや後任者の紹介をすることも忘れずに行いましょう。 マイナビ転職 編集部 あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の

なぜ新入社員はすぐ辞めるのか?今年の新人「2大退職理由」とは

新卒 退職理由 ランキング

要旨:• 2大退職理由は、「キャリア成長が望めない」25. 主要9業界の退職理由では、「残業時間・拘束時間の長さ」が5つの業界で退職理由トップ• 業界ごとの退職理由1位は、小売、不動産、教育、飲食、メディアが「残業・拘束時間の長さ」、金融、官公庁、レジャーが「キャリア成長が望めない」、保険、金融が「仕事内容とのミスマッチ」 今回の調査レポートでは、Vorkers(現:OpenWork)に寄せられたクチコミのうち、新卒入社で3年以内に退職した平成生まれの若手社会人による企業評価レポートから、「退職理由」についてのフリーコメントを15個の退職理由に分類、分析しました。 また、主要9業界ごとの退職理由ランキングも併せて公開します。 4月、新年度を迎え新社会人たちが新たなスタートを切りました。 そして、来年度卒業を迎える学生たちは3月に解禁となった就職活動の真っ只中にいます。 例年よりも就職活動期間が短くなった2015年は、これまでよりも短い期間の中で自分にあった企業を的確に選ばなければなりません。 近年、若手社会人による入社後すぐの退職が問題視されています。 その原因の一つと言われているのが、採用のミスマッチです。 これは、企業側、求職者側、それぞれの求めるものが合っていなかったことによるものであり、対策次第では事前に防ぐことができるケースもあります。 そこで、若手社会人たちがなぜ入社数年で会社を辞めていくのか、その理由を分析することで、今まさに就職活動を迎えている学生にとって気をつけるべき学びのポイントを紹介していきます。 退職理由で最も多かったのは、「キャリア成長が望めない」の25. 若手社会人の4人に1人は、今の会社でのキャリア成長に課題を感じ、新天地を求め退職していることがわかりました。 Vorkers(現:OpenWork)に寄せられたクチコミを見ると、「現状の会社でのキャリアに対する不安」と、「より具体的なキャリア成長」といった、退職につながる二つの方向性が見えてきました。 「現状の会社でのキャリアに対する不安」による退職• 「安定はしているが、女性の成長機会がなかなか設けられていない(紙・パルプ、女性)」• 「長い将来を考えると、手に職がついていなく、つぶしのきかない仕事内容に思えたため(航空・女性)」• 「思い描いていたキャリアと違い、自分の将来像と重なる部分が無いと感じたため(ホテル、男性)」 「より具体的なキャリア成長」による退職• 「他のキャリアアップをしてみたかったから。 一生に一度の人生であり、いろいろと挑戦してみたかったから(官公庁、男性)」• 「もともと海外で働きたいという想いがあり、そのチャンスがあったため退職を決意(レジャー、男性)」 終身雇用制や、年功序列のキャリアアップを望めない今の若手社会人世代にとって、長い下積み時代よりも早く次のステップに進みたい、という思いが強いように感じられます。 企業にとっては、いかに成長できる場を提供し続けることができるかが、これまで以上に重要となるのではないでしょうか。 2番目に多い退職理由は「残業・拘束時間の長さ」 「残業・拘束時間の長さ」24. 4%は、トップの「キャリア成長が望めない」とほぼ肩を並べる回答率の高さです。 Vorkers(現:OpenWork)に寄せられたクチコミを見ると、業界問わず残業時間の多さに悩む若手社会人が多いことがわかりました。 また、それが「サービス残業」に繋がっている現状も多々あることが見受けられました。 「残業が慢性化しており、定時で上がれることはまずありませんでした(アパレル、女性)」• 「拘束時間が長い、自分にやることがなくても、お客さんのデータ待ちで帰れない(代理店、女性)」• 「残業代がでない。 仕事の拘束時間が長く、転勤も多い(小売、男性)」 データの集計について データの収集方法 「Vorkers(現:OpenWork)」の会社評価レポートへの回答を通じてデータを収集しています。 会社評価レポートの回答条件は下記のとおりです。 社員として1年以上在籍した企業の情報であること• 500文字以上の自由記述項目と、8つの選択項目に回答いただくこと 8つの選択項目は、下記内容に対する5段階評価となります。 待遇面の満足度(待遇面全般についての満足度)• 社員の士気(仕事に対する社内の士気について)• 風通しの良さ(社内の風通しについて自由に意見が言えたか)• 社員の相互尊重(社員同士がお互いを尊重し合う、チームワーク意識について)• 20代成長環境(20代が鍛えられる、成長できる就業環境について)• 人材の長期育成(採用した人材を30代、40代、50代と長期に育成してゆく方針について)• 人事評価の適正感(実力のある社員が適正に評価され昇進しているか)• 法令順守意識(社内の法令順守意識について) 以下の2つのデータについても収集しています。 月間残業時間(実数)• 有休取得率(実数) 対象データ 2007年7月~2015年3月に、新卒3年目までに退職した元社員から投稿された回答(全627件)を対象データとし、「退職理由」についてのフリーコメントを15個の退職理由に分類しました。 ひとつのクチコミに複数の退職理由がある場合には、それぞれの分類にカウントしています。

次の

【例文付き】第二新卒の面接で退職理由を答える際の3つのポイント|就活市場

新卒 退職理由 ランキング

要旨:• 2大退職理由は、「キャリア成長が望めない」25. 主要9業界の退職理由では、「残業時間・拘束時間の長さ」が5つの業界で退職理由トップ• 業界ごとの退職理由1位は、小売、不動産、教育、飲食、メディアが「残業・拘束時間の長さ」、金融、官公庁、レジャーが「キャリア成長が望めない」、保険、金融が「仕事内容とのミスマッチ」 今回の調査レポートでは、Vorkers(現:OpenWork)に寄せられたクチコミのうち、新卒入社で3年以内に退職した平成生まれの若手社会人による企業評価レポートから、「退職理由」についてのフリーコメントを15個の退職理由に分類、分析しました。 また、主要9業界ごとの退職理由ランキングも併せて公開します。 4月、新年度を迎え新社会人たちが新たなスタートを切りました。 そして、来年度卒業を迎える学生たちは3月に解禁となった就職活動の真っ只中にいます。 例年よりも就職活動期間が短くなった2015年は、これまでよりも短い期間の中で自分にあった企業を的確に選ばなければなりません。 近年、若手社会人による入社後すぐの退職が問題視されています。 その原因の一つと言われているのが、採用のミスマッチです。 これは、企業側、求職者側、それぞれの求めるものが合っていなかったことによるものであり、対策次第では事前に防ぐことができるケースもあります。 そこで、若手社会人たちがなぜ入社数年で会社を辞めていくのか、その理由を分析することで、今まさに就職活動を迎えている学生にとって気をつけるべき学びのポイントを紹介していきます。 退職理由で最も多かったのは、「キャリア成長が望めない」の25. 若手社会人の4人に1人は、今の会社でのキャリア成長に課題を感じ、新天地を求め退職していることがわかりました。 Vorkers(現:OpenWork)に寄せられたクチコミを見ると、「現状の会社でのキャリアに対する不安」と、「より具体的なキャリア成長」といった、退職につながる二つの方向性が見えてきました。 「現状の会社でのキャリアに対する不安」による退職• 「安定はしているが、女性の成長機会がなかなか設けられていない(紙・パルプ、女性)」• 「長い将来を考えると、手に職がついていなく、つぶしのきかない仕事内容に思えたため(航空・女性)」• 「思い描いていたキャリアと違い、自分の将来像と重なる部分が無いと感じたため(ホテル、男性)」 「より具体的なキャリア成長」による退職• 「他のキャリアアップをしてみたかったから。 一生に一度の人生であり、いろいろと挑戦してみたかったから(官公庁、男性)」• 「もともと海外で働きたいという想いがあり、そのチャンスがあったため退職を決意(レジャー、男性)」 終身雇用制や、年功序列のキャリアアップを望めない今の若手社会人世代にとって、長い下積み時代よりも早く次のステップに進みたい、という思いが強いように感じられます。 企業にとっては、いかに成長できる場を提供し続けることができるかが、これまで以上に重要となるのではないでしょうか。 2番目に多い退職理由は「残業・拘束時間の長さ」 「残業・拘束時間の長さ」24. 4%は、トップの「キャリア成長が望めない」とほぼ肩を並べる回答率の高さです。 Vorkers(現:OpenWork)に寄せられたクチコミを見ると、業界問わず残業時間の多さに悩む若手社会人が多いことがわかりました。 また、それが「サービス残業」に繋がっている現状も多々あることが見受けられました。 「残業が慢性化しており、定時で上がれることはまずありませんでした(アパレル、女性)」• 「拘束時間が長い、自分にやることがなくても、お客さんのデータ待ちで帰れない(代理店、女性)」• 「残業代がでない。 仕事の拘束時間が長く、転勤も多い(小売、男性)」 データの集計について データの収集方法 「Vorkers(現:OpenWork)」の会社評価レポートへの回答を通じてデータを収集しています。 会社評価レポートの回答条件は下記のとおりです。 社員として1年以上在籍した企業の情報であること• 500文字以上の自由記述項目と、8つの選択項目に回答いただくこと 8つの選択項目は、下記内容に対する5段階評価となります。 待遇面の満足度(待遇面全般についての満足度)• 社員の士気(仕事に対する社内の士気について)• 風通しの良さ(社内の風通しについて自由に意見が言えたか)• 社員の相互尊重(社員同士がお互いを尊重し合う、チームワーク意識について)• 20代成長環境(20代が鍛えられる、成長できる就業環境について)• 人材の長期育成(採用した人材を30代、40代、50代と長期に育成してゆく方針について)• 人事評価の適正感(実力のある社員が適正に評価され昇進しているか)• 法令順守意識(社内の法令順守意識について) 以下の2つのデータについても収集しています。 月間残業時間(実数)• 有休取得率(実数) 対象データ 2007年7月~2015年3月に、新卒3年目までに退職した元社員から投稿された回答(全627件)を対象データとし、「退職理由」についてのフリーコメントを15個の退職理由に分類しました。 ひとつのクチコミに複数の退職理由がある場合には、それぞれの分類にカウントしています。

次の