アイコス 類似品 おすすめ。 アイコスが吸える代替・類似品【ハーブスティック】がコスパ良しでおすすめ!【FyHitシリーズ】

アイコス互換機おすすめ人気ランキング5選【2018年最新版】

アイコス 類似品 おすすめ

アイコス(iQOS)愛用者の皆さんにお尋ねしたい。 「HEETS」って知ってるか? 北海道・中四国・九州のみで販売している、正規のヒートスティックだ。 販売価格は1箱470円である。 500円の従来品より30円も安い。 知っているか? フィリップ・モリス・ジャパンは、都市部を除くエリアで、こんなものを10月下旬から売ってたんだよ。 知らなかっただろ? 私(佐藤)も知らなかった。 これが安いなりの商品なら仕方がないんだけど、吸ってみたら、「あこれでもええやん」ってなった。 何で全国販売しとらんのや! さっさとどこでも買えるようにせんかい、フィリップ・モリス・ジャパン、コラーーーーーーーッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! ・HEETSは全4種 HEETSは先に挙げた地域、全国18道県のたばこ店やコンビニで販売しているそうだ。 種類は、クリアシルバー・フレッシュエメラルド・ディープブロンズ・バランスドイエローの全4種。 従来のヒートスティックのレギュラーに当たるのがクリアシルバーで、メンソールがフレッシュエメラルド。 ディープブロンズは、「ブレンド26」。 バランスドイエローは「ブレンド05」に相当する味となっている。 ・Marlboroではない 開封して中を見ると、ヒートスティックを包んでいるのは白い紙だ。 従来品は銀紙なので、やや安っぽく見える。 ヒートスティックそのものには「Marlboro」のロゴも表記も入っていない。 ・吸ってみた感想 実際に吸ってみると、普段吸っているヒートスティックよりも、少し味が薄いのはたしかだ。 当編集部のアイコスユーザーである、私とYoshio・羽鳥がそれぞれ吸ってみた結果、私とYoshioはコレでも良いという結論に至った。 「選べるなら安い方がいい」という意見で一致した。 しかしメンソール派の羽鳥だけが、 「うすい!! 高くても今までのヒートスティックがいい」と語っている。 どうも好みは分かれるようだが、それでも店頭にあったら、選択肢が増えるのは間違いない。 早く全国で販売してくれよ、何こそこそ地方だけで売っちゃってんだよ……。 Report: Photo:Rocketnews24.

次の

アイコスの格安ヒートスティック「HEETS」(470円)を吸ってみた! 早く全国発売せんかいコラーーッ!!!!

アイコス 類似品 おすすめ

2020年5月29日:「ヒーツ・シトラス・グリーン」「ヒーツ・フレッシュ・パープル」コンビニ発売• 2020年5月15日:期間限定フレーバー「ディメンションズ」3銘柄を追加(合計20種類に)• 2020年3月20日:ブライトメンソールのレビュー評価を追加• 2020年3月16日:ヒートスティック新フレーバー「ブライトメンソール」追加(合計17種類に)• 2020年3月:ヒーツ新フレーバー2種類追加(合計16種類に)• 2020年1月:廃盤のヒートスティックを取り下げ(合計14種類に)• 2019年9月:ヒートスティックの価格が20円値上げ・値段更新• 2019年8月:新フレーバー3種類追加(合計16種類に)• 2019年8月:新フレーバー3種類追加(合計16種類に)• 2018年10月:ヒーツフレーバー4種類追加(合計13種類に)• 2018年6月:ヒートスティックの新フレーバー3種類追加(合計9種類に)• 2017年6月:ヒートスティックの新フレーバー2種類を追加(合計6種類に)• それぞれの銘柄内で複数のフレーバーが登場していますが、価格や味わいが銘柄毎に大きく異なります。 マールボロ ヒートスティック(heatstick)• ヒーツ(HEETS) また、非公式の「互換たばこ」というものも存在します。 ざっくり見てみましょう。 【1】マールボロ ヒートスティック 「マールボロ ヒートスティック」は、IQOSが日本に登場した2016年頃からある、由緒正しき正当なるアイコス専用タバコです。 IQOSはフィリップモリスが製造販売していますが、 フィリップモリスといえばマルボロといえるくらい純正のたばこ。 文字通り、マルボロをベースに作られたアイコス専用タバコとなっています。 なので味わいはかなりしっかりしています。 加熱式たばこなので蒸気を楽しみますが、蒸気といえどしっかりとタバコの旨味を味わうことが可能です。 価格は520円。 【2】ヒーツ 「ヒーツ」は、2018年頃から日本で販売が開始したIQOS専用のたばこスティックです。 しかし実のところ、海外では「ヒートスティック」よりも、この「ヒーツ」の方が主流に販売されています。 味はヒートスティックより薄めであり軽め。 また、たばこの苦味が強い味わいに仕上がっています。 価格は470円。 「ヒートスティック」よりも値段が安いことも特徴ですね。 【3】ニコレス、コバト…互換たばこ• なにしろ強いメンソールが味わいたい!なら、メンソール• メンソールと共にタバコ感を味わいたい!なら、イエローメンソール• ほんのり甘い香りと共にメンソりたい!なら、トロピカルメンソール• 甘めな香りを楽しみたい!なら、パープルメンソール• ほんわりメンソールを楽しみたい!なら、ミント 通常のメンソールタイプと、味付きのメンソールタイプでは、だいぶ選ぶ嗜好が異なると思います。 特に、パープルメンソールはかなり特異なメンソールですよね。 あまーい香りが楽しめるので、雰囲気変えたい時ならばっちり。 アイコス初体験なら「ミント」がほんわり入りやすい感が強いのでおすすめ…ですが、最近私はもっぱら「イエローメンソール」を選択しています。 フレッシュな爽快感が良い。 新フレーバーの「トロピカルメンソール」がかなり良い味わいだったので、切り替えしちゃおうか迷っているアイコスさんです。 2020年、本当にヒーツ利用者が増えています。 やはり理由は 価格です。 2019年10月にヒートスティック価格が値上げされ、ヒーツとの価格差は50円となりました。 今現在、ヒーツの味わいはそこまで悪くないので、1箱50円の違いがあるのであればヒーツを買ってしまう心理はよくわかりますよね。 アイコス専用たばこ、5つの「裏話」 この章では、ヒートスティック・ヒーツ限らず、アイコス専用たばこに関する裏話をピックアップしてお伝えします。 実はこんなヒソヒソ話が隠れて…!!? 現在の価格は、2019年10月から適用されているもの。 例えば、それまではヒートスティックは500円…1コインでしたし、もっと前は400円台でした。 それを知っていると今の520円は高く感じますね。 なんですが、実はその分アイコス本体の価格が下がっています。 例えば、アイコス2. 4プラスの発売時の定価は1万円を超えていましたが、今では5000円以下になっています。 アイコス発売当初…2016年時点では4種類のヒートスティックから始まりました。 それが2017年には6種類、2018年には9種類…2018年後半にはHEETS(ヒーツ)も加わり…最大16種類のフレーバーに達したこともあります。 そう、つまり廃盤になった銘柄が存在します。 これらは生産が終了となっています。 なんとも不思議な名前の2銘柄ですが、地域限定販売から始まり、アイコスストア限定の販売までいったのですが、結局廃盤となり『幻のフレーバー』となってしまいました。 その理由は・・「ヒーツの販売に大きなコストをかけた」とか「メンソールを今は増やすべきと判断された」とか、色々な噂があります。 ちなみに味わいは賛否両論ありました。 帰り際に池袋でアイコスの新フレーバー買ってきた。 ブラウンはちょっと鼻につく感じがあるけど、喫味はレギュラーより濃厚。 キャビンとかラーク系なのかな? オレンジは喫味こそレギュラーぽいけど、香りが芳香剤臭い。 隣に置いといて匂い移りしたような感じ。 — 河童使い copperuser IQOS新フレーバーお試し 結論から言うと普通のレギュラーでいいかなって感じ。 イメージで言うとレギュラーが普通の水だとするとオレンジはいろはすみかんのみかん味をめちゃ薄くした感じ ブラウンはまじでチョコ味。 私も試喫してきましたが、• ブラウン = チョコ+洋酒で濃厚• どちらもレギュラーテイストの濃厚さ(特にブラウンは濃い)がありつつも、特徴的な味わいが広がります。 そして、これまでのミントやメンソールとも一線を画すものでした! 最近よくある、プチっと潰すと芳醇な香りーー!が出るタイプのメンソールが強めのタバコあるじゃないですか。 あんな感じ! 香りが異常に強く、メンソールも強めです。 また、甘さがあるベリー系のものでした。 ちなみにどのくらい香りが強いかと言うと、 吸いおわりのホルダーに香りが残るくらい!だいぶ香ります。 この段階で臭いをかいでみると、もう既にほんわり芳醇な香りを体験することができます。 ほとばしってます。 しかし、かと言って、嫌な匂いではありませんでした。 なんというか、本当に「アロマ」という言葉がぴったり。 是非機会があればアイコスストアを訪れてみて下さい。 その秘密を分解すると、この3つに分けられます。 登場タイミング• ターゲットの設定• プロモーション方法 値段が安いからこそ人気なのですが、単純に安いことだけで人気になっているわけではない。 アイコスの販売戦略について以前記事をまとめてみましたが、総じて「プロモーション」がやたらとうまいのです。 上から、プルームテックの「たばこカプセル」、アイコスの「ヒートスティック」、グローの「ネオスティック」 当サイトアイコスさんでは、ここまで紹介したヒートスティックだけでなく、や、のフレーバーもレビュー中。 アイコスのように、プルームテック・グローもそれぞれ数種類のフレーバーを展開していますが、実は やっぱりデバイス毎に味って違うんです。 「アイコスとグローの味って違うよね」というのが比較してみると明らかにわかるんです。 なかなか全ての加熱式タバコを手に入れるのって大変だと思うので、もし購入前に興味がある方は是非加熱式タバコ同士の比較記事も参考にしてみて下さい。 様々なアイコス専用タバコ、あなたにあったフレーバーを見つけて。 ここまでアイコス専用タバコである「ヒートスティック」と「ヒーツ」の全種類を見てきました。 数々の新フレーバーが登場することによって、アイコスで絶妙に欠乏していた選択肢が良い感じに拡充されてきています。 この拡充により、例えば「今日は気分を変えてこっちを吸ってみよう」とか、「この味があるならアイコス始めてもいいかも」とか、新たな動きが発生することは間違いありません。 そういった気づきに、この記事が貢献できたら幸いです。 しかし、その分「歩きアイコス」などが増えている傾向があるのも事実。 加熱式タバコのマナー違反は避けつつ、ルールを守って楽しく利用していきましょう。 アイコス新着情報をゲット!そして感想を教えてね。

次の

【2020年版】IQOS(アイコス)互換機のおすすめはどれだ!選び方に比較は重要!|いまいちど.ログ

アイコス 類似品 おすすめ

iQOSユーザーの中にはiQOSに不満がある人も数多くいます。 そんなユーザーの為に iQOS互換機の比較ランキングを企画してみました。 本家アイコスの不満な点を解消したiQOS互換機もあるので、iQOSのサブ機として互換機を購入するのも面白いでしょう。 iQOSよりも安く購入できるものが多いことも、サブ機としての購入を検討しやすいのではないでしょうか。 互換機は数多くあるので、自分が 重視したいポイントから選びましょう! しかし、初めて互換機を買おうと考えている方は 数多く販売されているiQOS互換機の中からどれを買えばいいか分からない人もいるのではないでしょうか。 そんな方々の為に当ブログが実際の使用感などを元にアイコス互換機のランキングを作ってみたので、早速見ていきましょう。 まず始めに、本家iQOSのスペック、アイコス互換機選びに失敗しない基礎知識、最後にランキング形式で各商品を紹介しています。 それではまずは、本家iQOSシリーズ3機種のスペックからまとめてみました! iQOSシリーズ3機種スペック 2018年11月にiQOS3、iQOS3 MULTI発売されました。 詳しくは、実機レビュー記事も是非参考にどうぞ! 今回の新型iQOS3とiQOS3 MULTIは価格が更に高額になりました。 吸いごたえは以前と変わりませんが、デザインがスタイリッシュ・コンパクトになりiQOS3 MULTIの場合は、連続使用が可能になり喜びの声が多くありました。 又、iQOSの難点「よく壊れてしまう」現象は、これからの使用なのでなんとも言えない所です。 アイコス互換機の平均価格約4,000〜8,000円。 やはり頻繁に利用する事を考れば、メイン・サブ機として1台は互換機を購入しておくことをおすすめします。 発売されているアイコス互換機は数えきれないほど商品があるのでどの互換機が良いのか判断が難しい方向けに選ぶポイントとおすすめランキングをご紹介します。 アイコス互換機を選ぶポイントとしては、どの機能性を重視して選ぶのか定めておくと良いでしょう。 アイコス互換機を選ぶ7つのポイント!• 価格帯• 連続使用の数• 吸いごたえ(キック感・ミスト量・ドローの重さ)• サイズ感• 加熱方法• バッテリ容量• メーカー この7つのポイントを基準に互換機を選べば、失敗せずお好みの互換機と出会えます!様々なメーカーから発売されている互換機はそれぞれ特徴を持ち合わせています。 ポイント1「価格帯」 まず第一に価格帯。 これはどなたもとても重視するポイントでしょう。 いくら高性能で使い勝手が良くても、本家iQOSや他のiQOS互換機より大幅に高ければ選択肢から外れるでしょう。 性能や質感、他の機種とのバランスを考え、価格を評価していきたいと思います。 ポイント2「連続使用の数」 次に連続使用の有無、そして本数。 最新のiQOS MULTIには連続使用の機能がプラスされましたが、iQOS 3には連続使用ができません。 連続使用の有無、使用可能本数は、重視する人も多く満足度に直結する重要なポイントと言えるでしょう。 iQOS互換機ランキングを作成するにあたって、この点を踏まえて重視しました。 ポイント3「吸いごたえ」 吸いごたえについては個人の感じ方によるので、少し判断しにくい部分です。 キック感、ミスト感、ドローの重さをトータルして感じる「吸いごたえ」については、iQOSの吸いごたえを基準にしてどの様な味わいが良いのかで判断しましょう! ポイント4「サイズ感」 iQOS互換機は常に持ち歩くもの。 いつも携帯する商品は当然サイズ感が重要になりますよね。 人によって許容できる大きさは違います。 とても小さいサイズじゃないとダメな人もいれば、ある程度の大きさは問題ない人もいます。 ランキングではこのサイズ感もしっかり伝わるように心がけました。 ポイント5「加熱方法」 この加熱方法ですが、各機種にはそれぞれ売りとなる加熱方法があります。 この加熱方法の違いにより、吸った時のキック感の違いなどに繋がります。 製品独自の加熱方法によって総合的な満足感の違いがうまれるのでここも重視するポイントです。 ポイント6「バッテリー容量」 満充電にして使用してどれくらい持つかは、バッテリー容量によって変わります。 満充電から何本のタバコスティックを吸えるかは、大きな評価ポイントと言えるでしょう。 ポイント7「メーカー」 製品を評価する上で、メーカーの信頼感はとても重要です。 初期不良や故障時のアフターケアなどはメーカーがいかに信頼度が高いかは、製品選択の上では、重要な指標ではないでしょうか。 上記のポイントの中で重要視するポイントさえ決めておくと、迷わず購入できますよ〜!今回のランキングでは、互換機の特徴もお伝えしているので参考にして下さい。 2019年最新アイコス互換機おすすめランキング 1位 TODOO(トゥードゥー) TODOOは本家iQOSを超える高機能満載のi互換機。 充電池を使用するので、予備のバッテリーを持つことにより電池切れの心配から解放される画期的なiQOS互換機です。 TODOOではVAPE(電子タバコ)でよく使う18650リチウムイオン電池を使用します。 電池自体は1,000〜2,000円で買えるので予備として持ち歩けば、電池切れの心配はありません。 肝心の吸いごたえですが、 iQOSよりもしっかりと味が出るので吸いごたえは抜群です。 好みによって温度を4段階に変更できるので吸いごたえを調節することも可能です。 TODOOにはLEDディスプレイがあり、加熱状態、加熱温度、パフ数残量、バッテリー残量、加熱電圧など、わかると便利な情報が表示されます。 このようなディスプレイ付きの互換機は少ないのでここも大きな差別ポイントでしょう。 商品本体はアルミ製なので価格に見合う高級感がありあります。 そしてネットでの評価も実に高いのが、さらに安心できるところ。 数多い互換機の中でも 総合力トップとして1位にふさわしい商品でしょう。 注意点としては、 本体で電池を充電できない旧型を買わないことです。 本体でそのまま充電できる新型を買うように注意しましょう。 6位 Fyhit Eco-S ファイヒットエコ-エス Fyhit Eco-Sは、加熱温度が調整できる本体一体型タイプです。 このモデルは厳密に言うとiQOS互換機専用と言うわけではありません。 iQOSのヒートスティックも使えますが、この機種の強みは「シャグ」というタバコの葉を使用して手巻きタバコが使用出来ます。 この機種でシャグを使用すると、通常の紙巻タバコやiQOSに比べて格段に節約できます。 個人差はありますが、月のタバコ代が2,000-3,000円になったという声も多く聞きます。 ランニングコストが劇的にアップすることによる節約の効果は非常に高く、コスパを求めたいのであればiQOSユーザーにとってとても良い選択肢だと言えるでしょう。 低温モード、通常モード、高温モードと選ぶ事が出来ます。 バッテリー容量は2200mAh、 稼働時間は約12本分、パフの可能回数は16回です。 数あるiQOS互換機の中で一番おすすめなのは「TODOO」という結果になりました!TODOOは、バッテリー交換可能なiQOS互換機です。 VAPEでよく使う18650リチウムイオン電池を使用しています。 充電出来ない場所でもリチウム電池の予備さえあれば、バッテリー切れも怖くありません。 気になる味についてですが、断トツの温度調節4段階なのでしっかり味がでて吸いごたえ抜群です。 そして価格面は、8,980円。 TODOOの高機能な事を考えるとかなり安くお得です。 ちなみにiQOS MULTIは、9,600円です。 ) 高性能のディスプレイがかなりの高評価で、残りのバッテリー量も一目瞭然なので突然のバッテリー切れも起こりません。 更に、残りのパフ回数までもディスプレイ表示されているのも嬉しい特徴です。 他のiQOS互換機にはない「TODOO」を試してみはいかがでしょうか?.

次の