動画 スロー に する。 Windows 10 の「フォト」を使い、動画内の特定場面をスローモーションにする

簡単にTikTok動画をスローにする方法(アプリ・ソフト)

動画 スロー に する

目次 (一)Windows10で動画をスローに編集する方法:「VideoProc」• (一)Windows10で動画をスローに編集する方法:「VideoProc」 は、動画をスローモーション・低速度にすることができる初心者向け動画編集ソフトです。 動画の始まりから終わりにまでスローに編集するだけではなく、動画の途中から一部だけスローにすることもできます。 また、VideoProcは、動画音声ファイル変換機能、様々な動画編集機能、PC画面録画機能も搭載されています。 さて、VideoProcを利用してWindows10で動画をスローにしましょう。 事前準備: まず、下記の「無料ダウンロード」ボタンをクリックして「VideoProc」最新版をダウンロードしてください。 画面だけをスローにして音声をがスローせずに通常状態に流れるように編集したい場合、高度な動画編集ソフト「Final Cut Pro」、「Adobe After Effects」、「Adobe Premiere」、「Edius」、「Power Director」、「Davinci Resolve」などだけは使い物になれます。 いずれも初心者にとって、難しすぎると思います。 基本的な流れ:• VideoProcでソース動画から音源を抽出しておきます。 VideoProcでソース動画から音源を削除します。 VideoProcとフォトのどっちで、音源なしのソース動画からスローモーション動画を作成します。 Windows 10の「フォト」で抽出した音源をスローの動画に追加します。 60pは1秒に60コマで、30pは1秒に30コマで、両方を同じスピードでスローにすると、30pのほうが残ったコマ数がさらに少ないです。 どうしてもスロー速度を30%より遅くにしたい場合、画質を確保するためフレームとフレームの間をAIが補完できる高度な編集ソフトを利用して下さい。

次の

Windows 10 の「フォト」を使い、動画内の特定場面をスローモーションにする

動画 スロー に する

この動画はYouTubeチャンネル DENPO-ZIさんの タイムリマップと速度調整)です。 分かりやすいので参考にしてください。 まず速度を変更したい メニューから「クリップ」を選択。 速度デュレーションを選択。 100以下の数値を入力するとスローモーションで再生されます。 私の場合、早回しは300%まで。 スローは30%までが限界としています。 また、クリップを選択して右クリックでもデュレーションは操作可能です。 スローモーション・早回しの一番簡単なやり方 クリップを選択してCtrlキーと「R」を同時に入力します。 そうするとデュレーションウィンドウが開きますので数値を入力します。 Premiere Pro 再生速度を変更(早回し・スローモーション動画)する手っ取り早い方法 まとめ premiere をマスターするにはショートカットを覚えると良いです。 僕は学生の頃によく使った暗記カードを使ってショートカットを覚えました。 紙に書いて壁に貼っておくのも良いですね。 ショートカットを使うと編集スピードが速くなります。 編集スピードがアップするとその分凝った編集ができるようになりますのでオススメですよ。 PremiereProCCではさらに高度なスローモーション動画を作成できるタイムリマップ機能があります。 で解説しましたので合わせて読んでみてください。

次の

PowerDirectorで動画をスローや早送りにする

動画 スロー に する

一つの方法はTikTokで動画を撮影する時、スローモーションで動画を撮ることです。 もう一つの方法、撮影した動画を編集して、スローモーションにすることです。 それでは具体的なやり方を説明します。 方法一:スローモーションでTikTok動画を撮影する• TikTokアプリを起動して、真中下にある「+」をタップして撮影画面に入ります。 画面上部にある「音楽を選ぶ」をタップして、好きな曲を選びます。 右側にある「速度」をタップして、撮影スピードを選びます。 1x」、「0. 5x」、「1x」、「2x」、「3x」の5段階の速度があります。 5x:録画している時は早めに曲が取れ、実際流す時はゆっくりになる。 1x:0. 5xよりもっとゆっくりになる。 1x:スタンダード速さ。 2x:録画自体はゆっくりで、実際に流す時は早くなる。 5x、0. 1xの逆) 3x:2xよりもっと早くなる。• 「2x」または「3x」を選択して、真中の赤いボタンをタップすれば、スローモーションでTikTok動画を撮り始めます。 「2x」または「3x」のスローモーションで撮影すれば、曲に合わせやすくなったり、歌詞を口パクしやすくなったり、難しい動きも真似しやすくなったりするので、誰でも簡単にミュージックビデオのように動画を撮影することが出来ます。 方法二:タイム効果でTikTok動画をスローにする• 撮影ボタンの右にある「アップロード」をタップして、スローにしたい動画を選んで、「次へ」をタップします。 黄色い縦線をスローにしたい部分に移動して、「スローモーション」をタップして、動画に追加します。 トリミング、、テキスト、フィルター、逆再生、モザイク、音楽など、必要な編集機能がいっぱい積み込まれています。 BeeCutでTikTok動画をスローモーションにする方法は以下です。 ご注意:パソコンでBeeCutを使って、TikTok動画をスローモーションに編集する前に、TikTok動画を端末に保存して、パソコンに転送する必要があります。 具体的なやり方はご参考ください。 下記のボタンをクリックして、ソフトをパソコンにダウンロード&インストールします。 ソフトを立ち上げて、アスペクト比を選択します。 TikTok動画には「9:16」の画面比率をおすすめします。• 動画ファイルをインポートします。 動画をトラックに追加します。 インポートされた動画ファイルを右クリックして、「+トラックに追加」を押して、動画をトラックに配置します。 スローにする部分を分割します。 水色の再生ヘッドをスローモーションにする部分の開始と終了の位置に移動して、それぞれ「分割」を押して、スローにしたい部分を切り取ります。 動画をスローモーションにします。 「編集」をクリックして、「スピード」バーを左へスライドして、動画のスピードをスローさせます。 「OK」を押して、編集を保存します。 動画を出力します。 ツールバーにある「出力」を押して、出力先とフォーマットを設定して、スローモーションにした動画を書き出します。 後書き 以上はtiktok動画をスローモーションする方法の紹介でした。 TikTokでスローモーションで撮影しても、一回撮影した動画をスローにしても、上記の方法で簡単にできます。 みなさんもぜひTikTokのスローモーション動画を作ってみましょう!.

次の