くちばし マスク。 ペスト医師

駄トピです!! マスク、どちらのタイプがすきですか?

くちばし マスク

[画像のクリックで拡大表示] ペストはかつて、世界で最も恐れられていた病気だった。 止める術などわかりようもないパンデミック(世界的な大流行)が発生し、何億もの人々が亡くなった。 犠牲者は、リンパ節が腫れあがって痛み、皮膚が黒ずむなど、悲惨な症状に苦しめられた。 (参考記事: ) 17世紀のヨーロッパでは、ペストの治療にあたる医師たちは、独特な防護服を身にまとい、鳥のクチバシのようなものが付いたマスクを着用していた。 以来、この格好は不吉なイメージを帯びるようになるが、それにしてもなぜこんな形のマスクを使ったのだろうか。 それは、恐ろしい病気の本質を理解できていなかったからだ。 何世紀にもわたり、ヨーロッパでペストが大流行を繰り返すなかで、富める者にも貧しい者にも公平に治療がほどこされるよう、ペストに襲われた町は専門家の「ペスト医師」を雇うようになる。 彼らは予防薬やペストの解毒薬と信じられていたものを処方し、遺言に立ち会い、検死を行なった。 その際に、クチバシ付きのマスクを着用する専門医が現れた。 (参考記事: ) このマスクは、17世紀のフランスの医師シャルル・ド・ロルムが考案したとされている。 フランス国王ルイ13世をはじめ、多くのヨーロッパの王族を治療した医師だ。 彼は、香料入りのワックスを塗ったコート、ブーツとつながる丈が短めのズボン、シャツのすそをズボンの中に入れること、ヤギ革製の帽子や手袋を身に着けることなど、治療にあたる際の服装について書き記している。 ペスト医師は、患者を触る(直接の接触を避ける)ための杖も持っていた。 (参考記事: ) [画像のクリックで拡大表示] なかでも、マスクはとりわけ異様だった。 ペスト医師はゴーグルとマスクを着用していた、とド・ロルムは続けている。 マスクの鼻は、「長さ15センチのクチバシのような形で、中に香料を入れていた。 穴は鼻孔近くの左右に1箇所ずつの2つしかなかったが、呼吸をするのには十分だった。 クチバシに仕込んだハーブの香りを、吸い込む空気にまとわせることができた」という。 ヨーロッパ中のペスト医師が同じ格好をしていたが、この見た目は特にイタリアで象徴的なものとなった。 ペスト医師は仮面を使用するイタリアの即興演劇「コメディア・デラルテ」やカーニバルの定番になり、今日でも人気が高い。 (参考記事: ).

次の

手ぬぐいマスクのウイルス効果はあるの?おすすめの形と簡単な作り方を紹介!

くちばし マスク

材料 表側生地 お好みの柄生地 内側・中間生地 薄い生地2枚(さらし等でも) 25~30cmを2本 アイロン 成形時に使うとできあがりがきれいです。 型紙 女性用は100%のラインで、小学生90%、幼稚園児80%、個人により大きさを調整してください。 作り方• 表側部分(マスクをしたときの外側)を作ります。 適当な大きさの生地を「中おもて」に半分に折り、「わ」のところに型紙の曲線部分がくるように配置します。 型紙には縫い代は入っていないので、写真の数値(黄字cm)のようにあけておきます。 チャコペン等で、外周を写します。 (補足説明あり)• 曲線の部分を延長して、7~8mm外側から外側まで縫います(赤線)。 ここは鼻の中心部分になります。 写真のように、縫い代をカットしていきます。 ゴム通し部分(白線)は、できあがり線で折ってカットします。 このように、できあがり線で折って、縫い代をとります。 下側も同様に。 このようになります。 生地を広げて(裏面)、反対側に型紙を当て、型紙を写します。 縫い代が邪魔になりますが、マチ針で場所を確かめながら、上下の位置を合わせて写します。 型紙が写されました。 鼻の曲線部分の縫い代を割り、アイロンをあてます。 左右の縫い代も、表側に折り、アイロンをあてます。 表面にすると、このようになっています。 これで表側部分の準備ができました。 内側部分(口に直接当たる生地側と中間に入る部分)も同様に作っていきます。 それぞれ裏面が見えるように重ね、「中おもて」に半分に折り、型紙を写します。 できあがりの鼻とアゴの部分の縫い代の厚みをスッキリさせるために生地の大きさが違います。 中おもてに半分にした状態の下(内)が、口にあたる方で、周りに1cmぐらいの縫い代をがある大きさで、その上になっている方が中間に入れる生地になります。 あえて型紙より1cmづつ短くしています。 (補足説明あり)• 曲線部分を縫います。 工程「2」と同様、型紙から7~8mm延長した外側から外側まで縫います。 その後、縫い代を6mmぐらいにカットします。 生地を広げて(裏面)、反対側に型紙を写します。 ゴム部分の実践より、1. 5cmのところにアイロンをかけます。 (次工程参照)• このように「W」を横にしたように折り筋をつけます。 上下の縫い代を1cmとり、カットします。 生地を広げて(裏面)、中央の縫い代をアイロンできれいに割ります。 縫い代側を向けて、上になっている方が中間に入る生地ですが、この折り代は必要なく、厚みを抑えるために、折り目でカットします。 今度は、下になっている方を1. 5cm残して(ちょうど型紙の実線になるところで)カットします。 再度、アイロンで成形します。 これで、内側生地の準備ができました。 表側生地と内側生地を「中おもて」に合わせます。 内側生地の端から端まで縫い合わせます。 上下とも縫います。 (補足説明あり)• 表側生地を折り目で上に重ね、内側生地と重なる部分を縫います(次工程参照)。 あとの3箇所も同様に縫います。 表側生地を向けて、工程「22」で縫えているミシン目を重ねて縫うようにすればいいと思います。 写真の4ヶ所(端から5mmぐらいのところ)に、縫い代より小さい6~7mmの深さの切りこみを入れます。 (補足説明あり)• 重なり部分から、おもてにひっくり返します。 おもてに返りました。 返し口を縫い(赤線)、ゴムを通して完成です。 お好みにより、一周ぐるっとミシンがけしてもいいと思います。 メモ&補足 補足記事 :.

次の

「気分があがる」夏用マスク登場!第一弾は石垣島の作家とのコラボデザイン。洗えて涼しいマスク、マスクの新ブランド【グースマスク】から。

くちばし マスク

マスクマスクマスク…なんだかマスクの話題が引っ切りなしに現れているので、ぼくもマスクの話を。 しかし、「ネットで買えるようになってきた」なんて有用なハナシはブログ仲間のとまじぃさんが『とまじ庵』で記事にしている模様。 そんな役に立つ話題は他の人に任せて、ぼくは何を書きましょうか……そうだなあ、ペストマスクの話なんてどうでしょう。 わかりますよね?ペストマスク。 ペスト医師のペストマスク ペストマスクは、パンデミックを発生させ世界中で恐れられたペスト(黒死病)の患者を専門的に治療していた医師(ペスト医師)が顔に付けていたマスクです。 あの、鳥の顔みたいなやつ。 (画像掲載元:) なんとも不吉な見た目ですよね。 こんな格好で「ペストを治すゾ~」とか言って近づいてこられても怖いと思うんですけど。 ペスト医師は、当時大流行していたので多くのペスト患者を抱えた都市に雇用されて都市から報酬を得ていましたから、確実に儲けられるということで、確実にカネをもらうためだったり二流すぎて他の土地で医師としてやっていけなくなった人がいたりして、そういう人は治療に失敗しちゃったりとかが多くて不吉なイメージになったのかもしれません。 もちろん、使命感をもって自己を犠牲にしてでも人命を助けたいって人もいたでしょうけども。 そして、その不吉なイメージを決定づけているのはやっぱり鳥の頭のようなペストマスクでしょう。 ペストマスクのくちばしには何が入っているのか じゃあなぜペストマスクは鳥の頭のような形をしているのかってことなんですけど、もちろん人々を不安がらせるためではありません。 あのくちばしの中には、ちゃんとあるモノが入っていたのです。 当時、ペストは、というか悪い病気は、悪い空気(瘴気)がもたらすものだと考えられていました。 だから、そういう病気の患者に近づく医師たちはには瘴気対策をしなければならなかったんですね。 そこで、このマスクの形です。 くちばしの部分にハーブを詰め込み瘴気から身を守ると考えていたそうです。 ちなみに、詰め込まれていたのは、アンバーグリス、バームミント、ショウノウ、クローブ、 アヘンチンキ、没薬、バラの花びら、エゴノキなどだそうです。 このマスクを考案したのはフランスの医師シャルル・ド・ロルムだと言われていますが、彼は「長さ15センチのクチバシのような形で、中に香料を入れていた。 穴は鼻孔近くの左右に1箇所ずつの2つしかなかったが、呼吸をするのには十分だった。 クチバシに仕込んだハーブの香りを、吸い込む空気にまとわせることができた」と書き残しているそうです。 まぁ、17世紀18世紀の話ですからね。 そうなっちゃいますよね。 カズレーザーのペストマスク見つけた! ところで、ペストマスクと言えば、芸人のカズレーザーさんが付けてたとかでSNSで話題になってたの知ってます? カジュアルな服装の時は、どれでいくか迷う — カズレーザー kazlasersub 「赤いペストマスクかっこエエ!」となった赤好きのぼくは、これをネットで探してたんです。 見つけたら買おうかな、きっと買っちゃうかな、なんて思いつつ。 そしたら、見つけたんです。 Amazonで見つけた!もし赤いペストマスクが欲しい人がいたら要チェックですよ!.

次の