たんじろういらすと。 竈門炭治郎(かまどたんじろう)のプロフィール!実は天然タラシ?恋人は?家族想いで優しき少年【鬼滅の刃ネタバレ】

竈門炭治郎(かまどたんじろう)のプロフィール!実は天然タラシ?恋人は?家族想いで優しき少年【鬼滅の刃ネタバレ】

たんじろういらすと

(鬼滅の刃第113話より引用 吾峠呼世晴/集英社) 育手から水の呼吸を教わり竈門家に伝わるヒノカミ神楽を舞う事で日の呼吸も会得しました。 日の呼吸の型は全部で13ありますが炭治郎は12の型までしか知りません。 全集中の呼吸を会得し、鍛錬によって常中(全集中の呼吸を常時行う)も出来るようになりました。 炭治郎自身は水の呼吸は体に合わず技の威力を最大限に引き出すことが出来ません。 敵に大ダメージを与える際には日の呼吸をつかって攻撃します。 また嗅覚に優れており匂いで人間と鬼を嗅ぎ分ける事ができます。 刀鍛冶の里での鍛練により敵の攻撃動作を予測して回避する動作予知能力を会得しました。 さらに無限城での戦闘によって至高の領域と呼ばれる「透き通る世界」を体現します。 「透き通る世界」とは相手の筋肉の動きや血の流れなどが手に取るようにわかる究極の先読み技術です。 日輪刀を振る姿がかつて無残を追い詰めた日の呼吸の剣士「国継縁壱」と重なって見えました。 頭が物理的にも固く頭突きで伊之助や煉獄の父を倒した事もあります。 炭治郎の額に発現した痣は能力を大幅に向上させます。 始まりの剣士たちにも発現していたとの事です。 (鬼滅の刃第145話より引用 吾峠呼世晴/集英社) 起きている時は恐怖と緊張で力を発揮できません。 善逸は眠った時に本当の力が発揮できます。 聴覚に優れ他人の心音を聞くだけで性格や言動の虚偽を読み取れます。 しかし相手がウソをついていると分かっていても自分の信じた人のウソには騙されてあげます。 雷の呼吸の使い手です。 壱の型の霹靂一閃(6連・8連・神速)と漆の型の火雷神が使えます。 善逸は弐から陸の型を使うことはできません。 無限城で兄弟子「獪岳(かいがく)」と再会します。 獪岳は上弦の壱・黒死牟と遭遇しその強さに恐怖し鬼の軍門に下りました。 その獪岳を屠った一撃が雷の呼吸漆の型「火雷神(ほのいかづちのかみ)」です。 火雷神は善逸が編み出した型で善逸の才能のすべてが凝縮された技です。 (鬼滅の刃第44話より引用 吾峠呼世晴/集英社) 親に売られて奴隷商人に連れられていたところをしのぶとカナエに助けられて一緒に生活を始めます。 その後、鬼殺隊に入隊してしのぶの継子になります。 カナエと同じ花の呼吸の使い手です。 幼少期の生活苦で頭にプツンと音がして以降、感情を失い一人では何も決める事が出来なくなりました。 炭治郎に出会うまで、カナヲは迷った時はコインを投げて行動を決めるようにしていました。 「カナヲは心のままに生きる」と炭治郎に言われて自分の意志が芽生え始めます。 無限城ではカナエ・しのぶの姉妹を殺害した仇敵、上弦の弐「童磨」と相対します。 その際にカナヲは童磨に「この世に生まれてきた人たちがあたり前に感じる喜び、悲しみや怒り体が震えるような感動があなたには理解できないんでしょ?」と発します。 幼少期の体験で感情を失っていたカナヲの言葉には格別の重みと成長を感じることが出来ますね。

次の

竈門炭治郎(かまどたんじろう)のプロフィール!実は天然タラシ?恋人は?家族想いで優しき少年【鬼滅の刃ネタバレ】

たんじろういらすと

Contents• 炭治郎の父親・炭十郎は非常に病弱な容姿・・・ でも自分よりも圧倒的にデカい熊も簡単に倒し、幼い炭治郎に対して、 「息の仕方があるんだよ」 「どれだけ動いても疲れない息の仕方」 という事を語っています。 病弱な容姿とは違い相当な強さである事がわかります。 炭十郎にある顔の痣 父親の炭十郎は、息子炭治郎と違い元から顔に痣があったと思われます。 日の呼吸法の素質がある使い手は、生まれつきに額に赤い痣があるとされています!? ちなみに炭治郎は後天的な火傷と傷跡とされています。 この赤い痣は父親の炭十郎にも現れています。 炭治郎と違って、炭十郎の痣は先天性という事なので、完全に日の呼吸の資質があったという事になります。 炭十郎の父親についてはまだまだ謎が多いですからね(笑) スポンサーリンク 圧倒的な強さ!炭十郎は元鬼殺隊だったのか!? 体が病弱とはいえ、圧倒的な強さを誇る父・炭十郎。 炭治郎の回想に現れた痣と耳飾りをした謎の剣士なる人物はが語る「炭吉」という人物というのは、炭治郎や炭十郎の先祖に当たる人物で、その剣士から炭吉に「ヒノカミ神楽」についてと、「日輪の耳飾り」を伝授され、その継承を守り続けてきた後継者!? 実際こんな事を炭十郎も言っています。 「炭治郎この神楽と耳飾りだけは必ず途切れさせず継承していってくれ約束なんだ」 と・・・ 炭十郎が約束した人物というのは、おそらく自分の父親だと思われます。 そしてその元をたどると行き着くのが、痣の剣士と炭吉ではないかと・・・ この事からもかなり昔から竈門家と鬼との因縁っていうのがあったのだと予想されます! 炭十郎の存在が少しずつ明らかになってきてますが、まだまだ謎が多い存在です! 今後間違いなく炭十郎の存在は、物語の鍵になっていくのでますます見逃せないです。 スポンサーリンク.

次の

ヒノカミ神楽 (ひのかみかぐら)とは【ピクシブ百科事典】

たんじろういらすと

(鬼滅の刃第113話より引用 吾峠呼世晴/集英社) 育手から水の呼吸を教わり竈門家に伝わるヒノカミ神楽を舞う事で日の呼吸も会得しました。 日の呼吸の型は全部で13ありますが炭治郎は12の型までしか知りません。 全集中の呼吸を会得し、鍛錬によって常中(全集中の呼吸を常時行う)も出来るようになりました。 炭治郎自身は水の呼吸は体に合わず技の威力を最大限に引き出すことが出来ません。 敵に大ダメージを与える際には日の呼吸をつかって攻撃します。 また嗅覚に優れており匂いで人間と鬼を嗅ぎ分ける事ができます。 刀鍛冶の里での鍛練により敵の攻撃動作を予測して回避する動作予知能力を会得しました。 さらに無限城での戦闘によって至高の領域と呼ばれる「透き通る世界」を体現します。 「透き通る世界」とは相手の筋肉の動きや血の流れなどが手に取るようにわかる究極の先読み技術です。 日輪刀を振る姿がかつて無残を追い詰めた日の呼吸の剣士「国継縁壱」と重なって見えました。 頭が物理的にも固く頭突きで伊之助や煉獄の父を倒した事もあります。 炭治郎の額に発現した痣は能力を大幅に向上させます。 始まりの剣士たちにも発現していたとの事です。 (鬼滅の刃第145話より引用 吾峠呼世晴/集英社) 起きている時は恐怖と緊張で力を発揮できません。 善逸は眠った時に本当の力が発揮できます。 聴覚に優れ他人の心音を聞くだけで性格や言動の虚偽を読み取れます。 しかし相手がウソをついていると分かっていても自分の信じた人のウソには騙されてあげます。 雷の呼吸の使い手です。 壱の型の霹靂一閃(6連・8連・神速)と漆の型の火雷神が使えます。 善逸は弐から陸の型を使うことはできません。 無限城で兄弟子「獪岳(かいがく)」と再会します。 獪岳は上弦の壱・黒死牟と遭遇しその強さに恐怖し鬼の軍門に下りました。 その獪岳を屠った一撃が雷の呼吸漆の型「火雷神(ほのいかづちのかみ)」です。 火雷神は善逸が編み出した型で善逸の才能のすべてが凝縮された技です。 (鬼滅の刃第44話より引用 吾峠呼世晴/集英社) 親に売られて奴隷商人に連れられていたところをしのぶとカナエに助けられて一緒に生活を始めます。 その後、鬼殺隊に入隊してしのぶの継子になります。 カナエと同じ花の呼吸の使い手です。 幼少期の生活苦で頭にプツンと音がして以降、感情を失い一人では何も決める事が出来なくなりました。 炭治郎に出会うまで、カナヲは迷った時はコインを投げて行動を決めるようにしていました。 「カナヲは心のままに生きる」と炭治郎に言われて自分の意志が芽生え始めます。 無限城ではカナエ・しのぶの姉妹を殺害した仇敵、上弦の弐「童磨」と相対します。 その際にカナヲは童磨に「この世に生まれてきた人たちがあたり前に感じる喜び、悲しみや怒り体が震えるような感動があなたには理解できないんでしょ?」と発します。 幼少期の体験で感情を失っていたカナヲの言葉には格別の重みと成長を感じることが出来ますね。

次の