日航機墜落。 日航機墜落事故の真相を巡る謎のまとめ

御巣鷹山・日航機墜落から33年…今明かす、私が事故直後の現場で見た真実

日航機墜落

【JAL123便墜落事故】 国家機密を守るため、特殊部隊が編成され事故処理にあたった。 123便の乗客、乗務員はこの者達の手にかけられ、処分された。 殺人鬼が迫って来る瞬間、彼等は一体何を思ったのだろうか? 彼等は無残にも、毒ガスで息の根を止められたり、 火炎放射器で生きたまま焼かれた。 待機命令に反し、人命救助に急いだ隊員は射殺された。 精神状態がおかしくなる隊員も少なくなかったという。 4名の重傷生存者と520名死亡の犠牲を出した。 このとき、横田基地所属のC-130機が墜落現場を発見し、座間基地所属の陸軍ヘリUH-1が救助活動のため現場に入ろうとしたが、どうした訳か(日本政府から協力を拒まれ?)、墜落現場の真上でロープ降下しようとしていた救助ヘリと上空で待機していたC-130を引き返させるという不可解な命令が出た。 米C-130は午後7時30分に墜落場所を特定し、20分後には横田基地に正確な墜落場所を知らせている。 自衛隊は、当日から明け方まで墜落場所の誤報を意図的に繰り返していた。 朝になって長野県警のヘリが正確に位置を確認、 生存者を発見したのも長野県レスキュー隊。 自衛隊はそれまで何かを運び出すのに精一杯)だった。 () 実際の事故機墜落現場は早くからわかっていたが、 訓練中の標的機(オレンジ色)が123便にぶつかった残骸の回収を優先 JAL123軍事破壊・軍事焼却の背景は中曽根康弘軍事指揮にあり より(抜粋引用) 「おかあさーん」と呼ぶ男の子の声もしました。 ナゾの自衛隊のチームの ナゾの10時間の行動。 かれらは なにをしていたのか。 狭い空間に三人もいて高浜(機長)さんだけ木っ端微塵になったのはなぜですか コックピット部分には燃料タンクはないのに焼け爛れていたといわれます。 それは、まるで火炎放射器で焼いた跡のようであったといいます。 当時 突然 垂直尾翼が大破し 不可解な「攻撃されているというSOS信号」が発信され JAL123便の「スコーク77」の発信 自衛隊機2機がスクランブル発信しました(自衛隊のマッチ・ポンプ?)。 そのあと墜落までの数十分間 管制塔との交信がされていて レーダーでも捕捉されています。 そして 空中で ナゾの爆発が2回起こり 前後に付き添う2機の自衛隊機が目撃されています とうとう 御巣鷹山に墜落。 「奇跡的四人の生存」の件だが、これは現場自衛隊員による、上官命令に逆らった「名誉ある反乱」の結果だろう。 軍事隠蔽からすれば「全員死亡」がシナリオだった筈だ。 御巣鷹山墜落現場に辿り着いた消防・救命救急及びアメリカ軍・救命救急まで「軍事拒否」している訳だし。 自衛隊員の告白 本当の話です。 当時訓練で標的機を飛ばしていて、それが操縦不能になって、行方が分からなくなり、そのとき近くを飛んでいた123便にぶつかったんだ。 墜落現場には標的機のオレンジ色の残骸があったから、誰もいないうちにヘリで回収したんだ」と。 実際の事故機墜落現場は早くからわかっており、地元民らは救出に向かおうとしていたのに、わざと違う事故現場を報道させ、また地元民らにも救出に向かうことを禁止した。 日本自衛隊・人命救助に急ぐ隊員を射殺! JAL123便墜落時には、「待機命令に反して御巣鷹山へ怪我人救助を急いだ自衛隊員1名が射殺された」旨、当日のNHKニュースで発表 引用 日本の国産OS「TRON トロン 」と日航ジャンボ機事故 ここまででの話でもかなり衝撃的と言える内容だが、更にあるのが、当時日本の国産のOSとして注目されていた 「TRON(トロン)」の技術者がごっそり乗っていたのが、この日航ジャンボ機(JAL123便)であった。 「TRONプロジェクト」と言われるプロジェクトを手がけていた天才エンジニアの17人が乗っており、全員亡くなった。 「TRON(トロン)」とは、当時「Windows(ウィンドウズ)」と「Machintosh(マッキントッシュ)」が、少しずつ広がっている中で、純国産で作られていた日本版のOS(オペレーティングシステム)である。 OSとは、今のWindowsと同様のソフトと考えればいい。 これが、当時でWindowsの10年先を行くと言われていたものであった。 すなわち、今のWindowsの代わりに日本産のTRONがコンピュータを席巻するかも知れない状態、と考えてほしい。 これをアメリカが脅威と思わないわけがない。 アメリカでは、コンピュータのソフトに力を入れ始め、軍事から始まった「インターネット」の構想が大きく練られていた頃である。 もちろん、こんなことが理由で飛行機を打ち落とすとは思いたくないが、TRONがその価値に値するほどのものであったことは言える。 国防上の大きな脅威であったことはアメリカは認識していたと思う。 今の状況を見てもわかるように、「OS」とは、全てのコンピュータを制御する中核となる技術であるからである。 その開発に「しのぎ」を削っていたアメリカがその重要性を知らないはずはなかった。 この事故が全てではないが、かくして 「TRONプロジェクト」は大きく後退せざるを得なく、実際に世界のOSを握ったのは、Windowsのマイクロソフトであった。 しかも、この後の1989年にアメリカが強力に日本に貿易不均衡を主張し、いわゆる「スーパー301条」という強硬手段に出たときに、なぜかTRONがやり玉に挙がった。 アメリカは、TRONを日本政府が応援するのは市場への介入である、という訳のわからないことを言ってきた。 日本のOS市場が「TRON」に支配されることを恐れたのである。 もちろん日本政府は、アメリカの言うとおりにして、かくしてTRONは衰退を余儀なくされた。 なお、TRONの生みの親である 「坂村健(さかむらけん)」氏は今も健在で、活躍されている。 そして、国産のOSである「TRON」はちゃんと生きており、少しずつ広がっている。 トヨタ自動車がそれを採用したことも言われ、確かな技術の芽はなんとか健在である。 坂村氏は国産に大きなこだわりを持っており、しかも、無償で提供することに強いポリシーを持っている情熱家である。 しっかり広がってほしいと思う。 引用 てつログ.

次の

日航機123便墜落事故の真相と謎 生存者証言と自衛隊撃墜説は真実?

日航機墜落

【JAL123便墜落事故】 国家機密を守るため、特殊部隊が編成され事故処理にあたった。 123便の乗客、乗務員はこの者達の手にかけられ、処分された。 殺人鬼が迫って来る瞬間、彼等は一体何を思ったのだろうか? 彼等は無残にも、毒ガスで息の根を止められたり、 火炎放射器で生きたまま焼かれた。 待機命令に反し、人命救助に急いだ隊員は射殺された。 精神状態がおかしくなる隊員も少なくなかったという。 4名の重傷生存者と520名死亡の犠牲を出した。 このとき、横田基地所属のC-130機が墜落現場を発見し、座間基地所属の陸軍ヘリUH-1が救助活動のため現場に入ろうとしたが、どうした訳か(日本政府から協力を拒まれ?)、墜落現場の真上でロープ降下しようとしていた救助ヘリと上空で待機していたC-130を引き返させるという不可解な命令が出た。 米C-130は午後7時30分に墜落場所を特定し、20分後には横田基地に正確な墜落場所を知らせている。 自衛隊は、当日から明け方まで墜落場所の誤報を意図的に繰り返していた。 朝になって長野県警のヘリが正確に位置を確認、 生存者を発見したのも長野県レスキュー隊。 自衛隊はそれまで何かを運び出すのに精一杯)だった。 () 実際の事故機墜落現場は早くからわかっていたが、 訓練中の標的機(オレンジ色)が123便にぶつかった残骸の回収を優先 JAL123軍事破壊・軍事焼却の背景は中曽根康弘軍事指揮にあり より(抜粋引用) 「おかあさーん」と呼ぶ男の子の声もしました。 ナゾの自衛隊のチームの ナゾの10時間の行動。 かれらは なにをしていたのか。 狭い空間に三人もいて高浜(機長)さんだけ木っ端微塵になったのはなぜですか コックピット部分には燃料タンクはないのに焼け爛れていたといわれます。 それは、まるで火炎放射器で焼いた跡のようであったといいます。 当時 突然 垂直尾翼が大破し 不可解な「攻撃されているというSOS信号」が発信され JAL123便の「スコーク77」の発信 自衛隊機2機がスクランブル発信しました(自衛隊のマッチ・ポンプ?)。 そのあと墜落までの数十分間 管制塔との交信がされていて レーダーでも捕捉されています。 そして 空中で ナゾの爆発が2回起こり 前後に付き添う2機の自衛隊機が目撃されています とうとう 御巣鷹山に墜落。 「奇跡的四人の生存」の件だが、これは現場自衛隊員による、上官命令に逆らった「名誉ある反乱」の結果だろう。 軍事隠蔽からすれば「全員死亡」がシナリオだった筈だ。 御巣鷹山墜落現場に辿り着いた消防・救命救急及びアメリカ軍・救命救急まで「軍事拒否」している訳だし。 自衛隊員の告白 本当の話です。 当時訓練で標的機を飛ばしていて、それが操縦不能になって、行方が分からなくなり、そのとき近くを飛んでいた123便にぶつかったんだ。 墜落現場には標的機のオレンジ色の残骸があったから、誰もいないうちにヘリで回収したんだ」と。 実際の事故機墜落現場は早くからわかっており、地元民らは救出に向かおうとしていたのに、わざと違う事故現場を報道させ、また地元民らにも救出に向かうことを禁止した。 日本自衛隊・人命救助に急ぐ隊員を射殺! JAL123便墜落時には、「待機命令に反して御巣鷹山へ怪我人救助を急いだ自衛隊員1名が射殺された」旨、当日のNHKニュースで発表 引用 日本の国産OS「TRON トロン 」と日航ジャンボ機事故 ここまででの話でもかなり衝撃的と言える内容だが、更にあるのが、当時日本の国産のOSとして注目されていた 「TRON(トロン)」の技術者がごっそり乗っていたのが、この日航ジャンボ機(JAL123便)であった。 「TRONプロジェクト」と言われるプロジェクトを手がけていた天才エンジニアの17人が乗っており、全員亡くなった。 「TRON(トロン)」とは、当時「Windows(ウィンドウズ)」と「Machintosh(マッキントッシュ)」が、少しずつ広がっている中で、純国産で作られていた日本版のOS(オペレーティングシステム)である。 OSとは、今のWindowsと同様のソフトと考えればいい。 これが、当時でWindowsの10年先を行くと言われていたものであった。 すなわち、今のWindowsの代わりに日本産のTRONがコンピュータを席巻するかも知れない状態、と考えてほしい。 これをアメリカが脅威と思わないわけがない。 アメリカでは、コンピュータのソフトに力を入れ始め、軍事から始まった「インターネット」の構想が大きく練られていた頃である。 もちろん、こんなことが理由で飛行機を打ち落とすとは思いたくないが、TRONがその価値に値するほどのものであったことは言える。 国防上の大きな脅威であったことはアメリカは認識していたと思う。 今の状況を見てもわかるように、「OS」とは、全てのコンピュータを制御する中核となる技術であるからである。 その開発に「しのぎ」を削っていたアメリカがその重要性を知らないはずはなかった。 この事故が全てではないが、かくして 「TRONプロジェクト」は大きく後退せざるを得なく、実際に世界のOSを握ったのは、Windowsのマイクロソフトであった。 しかも、この後の1989年にアメリカが強力に日本に貿易不均衡を主張し、いわゆる「スーパー301条」という強硬手段に出たときに、なぜかTRONがやり玉に挙がった。 アメリカは、TRONを日本政府が応援するのは市場への介入である、という訳のわからないことを言ってきた。 日本のOS市場が「TRON」に支配されることを恐れたのである。 もちろん日本政府は、アメリカの言うとおりにして、かくしてTRONは衰退を余儀なくされた。 なお、TRONの生みの親である 「坂村健(さかむらけん)」氏は今も健在で、活躍されている。 そして、国産のOSである「TRON」はちゃんと生きており、少しずつ広がっている。 トヨタ自動車がそれを採用したことも言われ、確かな技術の芽はなんとか健在である。 坂村氏は国産に大きなこだわりを持っており、しかも、無償で提供することに強いポリシーを持っている情熱家である。 しっかり広がってほしいと思う。 引用 てつログ.

次の

「日航123便墜落事故 真実と真相」「524人の命乞い」小田周二

日航機墜落

どうも筆者です。 飛行機は大人になった今でも 怖さは拭えずできるなら乗りたくはありません。 2018年現在、あの忌まわしい航空機事故 日本国内で発生した航空機事故で最多、 単独機の航空事故としては世界でも最多の死者数を出したと言われる 『日航機123便墜落事故』が起きてから33年の節目を迎えます。 筆者は、事故当時ヘリで救出される模様が テレビで映し出されていた川上慶子さんと同じ年代でしたので 同じ年頃の子がとんでもない目に遇っている。。 と 息ができなくなり、胸がとても苦しくなった記憶があります。 2018年8月16日に放送される番組『直撃!シンソウ坂上』で 33年を経た今、日航機墜落事故がピックアップされるとのことで あの彼女たちのことを思い出し現在がとても気になった。 そしてこの事故、事件が風化してしまわないように 振り返ってみることにします。 Content• 日航機墜落事故の生存者女性4人の現在・その後は? 日航機墜落事故が起きたのは、第72代中曽根内閣の時代 1985年(昭和60年)8月12日。 18:12に羽田空港を飛び立った伊丹空港行きのJAL123便が 飛び立った44分後、18:56に群馬県多野郡上野村の御巣鷹の尾根に墜落。 乗員乗客524名。 そのうちの520名が死亡し、生存者は4名。 そしてそのすべてが女性になります。 現在67歳。 当日は家族5人で搭乗されていらっしゃいましたが 助かったのは、博子さん(当時34歳)と娘さんの美紀子さん(当時8歳)のお2人。 現在は、東京都内の母方のご実家で暮らしていらっしゃるとのことです。 お母様とおなじく東京都内にて暮らしていらっしゃるとのことです。 事故後、島根県で祖母と兄(搭乗していなかった)と3人で 暮らしていらっしゃたとのことです。 その後、スキューバダイビングをするためアメリカに渡った際に 出会った方と国際結婚。 その方が現在のご主人になります。 事故後も日本航空事故関連のお仕事を務めていらっしゃいました。 その後、定年まで勤め上げ、日本航空を退職し 59歳の現在、大阪府内でご家族の元で主婦として 暮らしていらっしゃるのだとか。 安全教育セミナーなども開かれていたとのことです。 (画像引用元:Wikipedia) また、理由としては以下の用に推察されており、 墜落時の衝撃は100~数百Gと推定され、これらの部分に搭乗していた乗員・乗客はほぼ即死したとされる。 胴体後部は墜落時の衝撃で分離、山の稜線を飛び越え付近の沢に落下した。 この部分の衝撃は数十Gと推定され、搭乗者のほとんどはその衝撃によって致命的な傷害を受けたが、4名の乗客が奇跡的に生存した。 生存者は着座の姿勢や人体に接した周囲の物体などの状況が、衝撃をやわらげる働きをしたため生還できたものと考えられた (引用元:Wikipedia) 身体の柔らかい、子供、女性。 そして、最後尾でかつ中心寄りの座席であったことなどが 墜落の衝撃から逃れられた要因のひとつではないかと言われています。

次の