高校 通算 本塁打。 高校通算本塁打ランキング1位は清宮で2位は?数え方は公式戦限定?

目指すは高校通算60本塁打。阪本和樹(松阪商)の本塁打量産をもたらした打撃技術論(高校野球ドットコム)

高校 通算 本塁打

早真之介とともに今年のドラフト候補として注目を集めている釣寿生。 高校通算25本塁打のパワフルな打撃と二塁送球1. 85秒の強肩を武器にしている。 2年春にレギュラーを掴む前から小牧憲継監督が2020年のドラフト候補に推薦していた逸材がついにその才能を開花させようとしている。 今回はプロ入りを目指す釣にこれまでの取り組みについて伺った。 素材型捕手・釣の覚醒の鍵はスローイングだった 釣寿生(京都国際) 兵庫県姫路市出身の釣は小学2年生の時に飾磨インパルスで野球を始めた。 当時から周囲よりも体格が大きく、肩が強かったため、野球を始めた当初からずっと捕手をやってきたという。 中学では飾磨インパルスの先輩の父親が監督をしていた姫路西リトルシニアに所属。 チームでは目立った結果を残せなかったが、4番捕手として活躍を見せていた。 そんな釣を熱心に見ていたのが京都国際でスカウトを担当している岩淵雄太コーチだった。 岩淵コーチから1年生から全体練習ができると聞いた釣は「しっかりアピールできるかなと思って選びました」と進学を決断。 親元を離れて高校野球生活をスタートさせた。 入学時から将来の中心選手として期待されていたが、「最初はずっと緊張していて、先輩に話しかけられても上手く返せなかった」と気後れしていた面があった。 同期の早と森下結翔が1年夏からレギュラーを勝ち取った一方で1年生の間はレギュラーになれなかった。 小牧監督は入学当初からプロを狙える選手であると認識していたが、「素材型なので、我慢しないといけないと思っていました」と即戦力としては捉えていなかった。 2年生から正捕手として活躍できるために、1年生の間に捕手として必要なスキルを小牧監督は叩き込んできた。 特に力を入れてきたのがスローイングだ。 「中学生の時はスローイングが全然まとまっていなかった」と以前は苦手意識を感じていたが、ネットスローを行うことによってそれを克服。 地肩には以前から定評があったが、ステップを工夫することによって、安定したスローイングを身に付けた。 自粛期間を経て、捕手として覚醒する 釣寿生(京都国際) そして、満を持して2年春に正捕手の座を獲得。 「最初は緊張していた」と話すが、公式戦に慣れるに従って、徐々に実力を発揮する。 先輩投手である酒井 海央(現日体大)と生駒 拓也(現京都先端科学大)を懸命にリードし、学校として始めて京都の頂点に立った。 「嬉しい気持ちがありましたし、近畿大会にも出られたのは大きかったと思います」と昨春は自身を掴む大会となった。 夏は決勝戦でサヨナラ負けを喫し、秋に巻き返しを誓ったが、準々決勝で敗退。 「自分の代でセンバツ狙っていましたが、全然ダメな結果に終わってしまって、先輩にも申し訳なかったですし、自分にも腹が立ちました。 取り組みが甘かったのかなと思います」と悔やんだ。 秋の悔しさを晴らすべく、「助けてくれる先輩もいなくて自分でやらないといけないと自覚していたので、誰よりも努力しようと考えていました」と冬場は懸命に努力を重ねた。 春にはパワーアップした姿を見せるはずだったが、新型コロナウイルスの感染拡大により、春季大会は中止。 最後の夏に全てを懸けることになった。 4月に緊急事態宣言が出されてから5月24日までは全体練習ができず、実家に帰ることになった。 近所のバッティングセンターも閉鎖されていて、思うような練習はできなかったが、「動画見たり、考えたりする時間があったので、キャッチャーとして一皮むけたのは感じましたね」と小牧監督が話すように大きく成長する期間にできた。 特にスローイングは3月に就任した青山友紀コーチの指導を取り入れ、創意工夫を重ねてきたという。 その中でも意識して取り組んでいたのが足の運び方だ。 「スローイングの足の運びを相手打者の左右で変えています。 右バッターだったらノーステップで投げ、左バッターではステップしやすいので、ステップして投げています。 今は右バッターの時にノーステップでいかに早く投げられるかを考えて練習しています」 自粛期間に家で地道に足運びのトレーニングを行ったことで、二塁送球のタイムが大幅に改善。 これまで2秒前後かかっていたのが、現在は1. 85秒まで短縮された。 昨年と比べても動きが俊敏に見え、より捕手らしくなった印象を受ける。 現在の姿を多くの人に見てもらえれば、評価はさらに上がることだろう。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

高校生の歴代通算本塁打記録を見ると意外な選手が入ってる⁉︎

高校 通算 本塁打

高校通算本塁打数の数え方は公式戦限定?練習試合も含む? 高校通算本塁打数は、実は公式戦限定ではなく、練習試合等も含んだ本塁打の数です。 公式戦限定と思い込んでいませんでしたか? 歴代1位は清宮幸太郎選手ですが、清宮幸太郎選手は1年生から試合に出ていますからね。 いつから試合に出ていたのかによって、高校通算本塁打の本数に大きく関わってきます。 高校通算本塁打数の最上位にいる選手たちは、ほとんどが1年生から出ていたはずです。 毎日更新中。 第15回は、。 「私たちは野球を愛しています」 — 日刊スポーツ nikkansports 高校通算本塁打数は清宮幸太郎選手が111本で1位ですが、 2位って誰なのでしょうか? 答えは、神港学園高校出身の 山本大貴選手です! ご存知でしょうか? おそらく知らないという人が多いでしょうね。 なぜなら山本大貴選手は107本も高校時代本塁打を打っているのに プロ入りしていないからです。 どうやら プロ志望届を出さなかったようなんです! スポンサーリンク 山本大貴がプロ志望届を出さなかった理由は? 山本大貴選手はなぜプロ志望届を出さなかったのでしょうか? 高校時代107本も打っているのなら、当然プロでもできそうですが・・・。 山本大貴選手のスイングスピードは158キロで、これは松井秀喜選手が現役時代とほぼ同じで、プロでもトップクラスでした。 なおさらプロ志望届を出さなかった理由が気になりますよね。 山本大貴選手はJR西日本に進んでいますが、実は、 山本大貴選手自身が限界を感じていたようです。 140キロが一つの基準で、それ以上の球には対応できないと認識していた上、甲子園に出場した経験もなかったため、一流の投手から打てる自信がなかったようです。 実際、山本大貴選手は JR西日本に進んでからは4年間で通算5本塁打でした。 既に現役を引退しています。 確かに山本大貴選手自身が考えていた通り、社会人でも通用しなかったようです。 現在は、広島県東広島市の西条駅で駅員をしているそうです。 高校時代あれだけ本塁打を打ちながら、自分の実力を冷静に判断していたんですね・・・。 プロ志望届を出していれば、間違いなくどこかが獲得に動いたはずです。 プロ入りしてからいい指導者に出会えれば、変わった可能性もあるのになぁと思っちゃいました。 高校通算本塁打数歴代ランキング! 歴代の高校通算本塁打数ランキングです。 大分多いので、 50本以上に限定して掲載しますね! 本塁打数 選手 所属 111 清宮幸太郎 早稲田実 日本ハム 107 山本大貴 神港学園 JR西日本 97 黒瀬健太 初芝橋本 ソフトバンク 87 中田翔 大阪桐蔭 日本ハム 86 大島裕行 埼玉栄 西武 85 横川駿 神港学園 立命館大 王子 83 鈴木健 浦和学院 西武 ヤクルト 83 中村剛也 大阪桐蔭 西武 71 高橋周平 東海大甲府 中日 71 奥浪鏡 創志学園 オリックス 70 城島健司 別府大付 ダイエー ソフトバンク マリナーズ 阪神 70 平田良介 大阪桐蔭 中日 69 筒香嘉智 横浜高 横浜 68 平尾博司 大宮東 阪神 西武 68 藤島誠剛 岩陽 日本ハム 66 吉本亮 九州学院 ダイエー 65 太田泰示 東海大相模 巨人 日本ハム 65 安田尚憲 履正社 ロッテ 64 清原和博 PL学園 西武 巨人 オリックス 62 今宮健太 明豊 ソフトバンク 61 江藤智 関東 広島 巨人 西武 61 松田宜浩 中京 岐阜 亜細亜大 ソフトバンク 60 松井秀喜 星稜 巨人 ヤンキース エンゼルス アスレチックス レイズ 60 筒井孝 松戸馬橋 日本ハム 60 中村晃 帝京 ソフトバンク 58 荻原誠 大阪桐蔭 阪神 近鉄 日本IBM野洲 56 山崎武司 愛工大名電 中日 オリックス 楽天 56 山口幸司 大宮東 中日 56 大谷翔平 花巻東 日本ハム エンゼルス 55 岡田貴弘 履正社 オリックス 52 古木克明 豊田大谷 横浜 オリックス 52 嘉勢敏弘 北陽 オリックス 52 大久保博元 水戸商 西武 巨人 51 吉岡雄二 帝京 巨人 近鉄 51 浜中おさむ 南部 阪神 オリックス 50 稲葉篤紀 中京 法大 ヤクルト 日本ハム やはり、50本以上本塁打を高校時代打った選手は9割ぐらいはプロ入りするんですね! スポンサーリンク 甲子園通算本塁打数ランキング! 続いて、 甲子園通算本塁打数ランキングです。 本塁打数 選手 所属 13 清原和博 PL学園 西武 巨人 オリックス 6 中村奨成 広陵 広島 6 桑田真澄 PL学園 巨人 パイレーツ 6 元木大介 上宮 巨人 5 平田良介 大阪桐蔭 中日 5 鵜久森淳志 済美 日本ハム ヤクルト 5 香川伸行 浪商 南海 ダイエー 5 森友哉 大阪桐蔭 西武 4 中田翔 大阪桐蔭 日本ハム 4 松井秀喜 星稜 巨人 ヤンキース エンゼルス アスレチックス レイズ 4 荻原誠 大阪桐蔭 阪神 近鉄 日本IBM野洲 4 内之倉隆志 鹿児島実業 ダイエー 4 北条史也 光星学院 阪神 4 土肥梅之助 市岡中 4 山下実 第一神港商 阪急軍 名古屋軍 4 藤井進 宇部商 青山学院 4 廣井亮介 智弁和歌山 関西学院大 大和高田クラブ 4 原島正光 日大三 明治大 日立製作所 これを見ると、 清原和博氏が別格だったということが分かりますね! 要約リスト• 高校通算本塁打数は、公式戦限定ではなく、練習試合のものも含まれている。 高校通算本塁打数ランキング1位は清宮幸太郎選手だが、2位は山本大貴選手。 山本大貴選手はプロ志望届を出していないが、その理由は、140キロが一つの基準で、それ以上の球には対応できないと認識しており、甲子園にも出場していなかったため、一流の投手から打てる自信がなかったから。 甲子園の通算本塁打数は清原和博氏が13本と、2位に倍以上の差を付けており、別格である。 いかがでしたか? 今回、高校通算本塁打数について調査しましたが、上位の選手がほとんどプロ入りしていることが分かりました。 やはり高校時代の打撃成績を語る上で高校通算本塁打数は結構重視されているのかなという印象です。 ただ、高校時代はかなり打っていても、プロ入りしてからホームランバッターではなく並の選手になっている人も結構いて、やはりプロは高校とは全く違うんだなという印象を受けました。

次の

阪神タイガース高校通算本塁打

高校 通算 本塁打

阪本は2年夏で逆方向へのバッティングの技術を身につけていた。 「その時までは引っ張りが得意だったんですが、少し調子を落とす時期があって。 その時に『右方向から打ってみろ!』ってアドバイスをもらって。 その通りにセカンドゴロを打つイメージで取り組んでいたんですが、次第に打球が飛ばせるようになって、ホームランを打てるようになりました」 北村監督は「逆方向にも大きいのを飛ばす力は持っていた」と阪本のバッティングを分析しているが、本人の中で大事にしているのはヘッドを走らせることだった。 「足を上げるタイミングを遅らせたりもしますが、バットを外側から回してミートさせる感じです。 普通はインサイドアウトでバットを使いますが、僕の場合は身体の大きさがあるので、外側から出してヘッドを走らせてミートさせることで、ボールに負けないですし大きい当たりを飛ばしています」 自分が主力チームになると、ホームラン量産態勢に入った。 それは広角に長打が打てるようになったこともあるが、質の高い練習を積みかねたことも関係している。 「ピッチャーのレベルも関係していると思いますが、居残り練習で人一倍素振りだったり、バッティング練習をしたりと練習を積み重ねました」 バッティングにまだ自信を持てなかった中学生の時のように、もう一度振り込んで打撃に磨きをかけた阪本。 だが、その時と違うのは具体的なイメージの持ち方だ。 「300とか400回ではなく150回とか少ない回数ですが、相手投手の投げるボールまでイメージして、1回1回スイングをしています。 ですので、1回のスイングに対しての意識はかなり高くもってやっていると思います」 相手投手のイメージにより具体性を持たせるべく、相手投手の映像まで見てフォームやボールの軌道までイメージを膨らませる徹底ぶり。 そうしたところからも阪本の意識の高さ、考える力を感じさせるが、バッティングフォームはどうなのか。 今意識しているポイントを解説してもらった。 「僕の場合は遠くに飛ばす意識はあまり強く持っていないです。 その代わりにバットの芯でしっかりボールを捉えて振り抜く。 とにかくフルスイングをすることを徹底しています。 これは冨山先生に2年生の秋ごろに『打球は気にせずに、フルスイングをしろ』と言われてからですが、おかげで調子は上がってきたんです」.

次の