サクラ大戦 攻略。 新サクラ大戦 コンプリートガイド

サクラ大戦 アドベンチャーパート

サクラ大戦 攻略

新サクラ大戦の評価 初週14万本の売上とまずまずのスタートを切った【新サクラ大戦】。 ただその後伸び悩みましたね。 過去作の最低売上が【サクラ大戦V~さらば愛しき人よ~】の14万本だったのを考えると正直微妙なラインですね。 というか 旧作が基本初週で20万本以上超える作品ばかりだったのでそれと比較するのは少し無理がありますね。 ただ評価を見てみると正直低いです。 特に旧作ファンからは旧作キャラに対する批判が多く、新規の方からはボリューム不足が指摘されています。 更にウォーシュミレーションから思い切って無双タイプのアクションに変更したのが正直裏目にでてしまったのも大きいです。 明らかに調整不足ですね。 その為遣り込み要素の【いくさちゃん】を遣り込む人は殆ど居ないのではないのでしょうか? かく言ううちも遣り込んでいません。 まあ 世間一般的には厳しい評価と言わざるを得ないですね。 ここからはうち個人が感じた内容を述べていきます。 うち的に良かった所 うちは【セガサターン】からの古参ユーザーにあたります。 よって若干ひいき目な所もありますのでご了承下さい。 きちんとサクラ大戦していた やはり一番よかったのはサクラ大戦だった事です。 今回は広井さんがノータッチだったので凄く心配しましたが、サクラ大戦の世界観だったので安心しました。 やはりこの独特の世界観が崩れていなかったのがうち的には一番良かったところです。 架空世界の大正。 大正浪漫の名の通り、この時代背景は凄く良いです。 そういえば今大人気の【鬼滅の刃】の舞台も大正ですね。 やはり作品の雰囲気づくりは大切だと改めて感じます。 ストーリのテンポが良い ストーリーに関しましては賛否両論あるかと思います。 確かに内容的にはベタな感じが否めません。 更に物語のボリューム不足もあります。 ただ、 物語の流れが良いです。 テンポが良いのでベタな内容でもスッと入ってこれました。 確かにボリューム不足感は否めませんが、変にダラダラしてなくてうち的にはこの短さは正解だったと思います。 といっても定価がまあまあ高いのでそこを考えるともう少し遊ばせてほしいという気持ちもわかります。 この辺のバランスは難しいですね。 グラフィックが素晴らしい さすがSEGAさんですね。 グラフィックが素晴らしいです。 兎に角ヌルヌル動きます。 背景も素晴らしいですし、演出も問題無し。 映像といった観点から見ると、かなりの高評価ゲームだと思います。 それだけに、CGとアニメと一枚絵が混在しているのが勿体なかったですね。 ただフラフィックって大事だなと本当に思いました。 新作としての展開 こちらも賛否両論ありますが、うち的には 過去のサクラ大戦と上手い事切り離せてたと思います。 確かに旧華撃団メンバーの扱いはどうなってんねんと思うのもわかります。 ただ新しい物語として考えると、ちょうどこれぐらいのアクセントで良いのではないかと感じています。 あまり旧作のメンバーが出過ぎるとやはりバランス的には悪くなると思います。 だから 最後も殆ど触れない展開で正解だとうちは感じました。 最後に全メンバー出てきたらそれはそれでおかしかったと思います。 旧華撃団メンバーは幻都にてまだ戦っているのです。 彼女たちは強いのですから。 うち的に悪かった点 細かい点はかなりあると思いますので大きく3つにまとめます。 あくまで個人的に感じた事です。 フルボイスでは無い これデカイです。 今のご時世【エロゲー】でさえフルボイスなのに。 折角の流れが急にストップする感じが凄くイヤでした。 もっというとボイスが入るイベントとそうでないイベントの違いが判らないのも厳しいいです。 結構シリアスな場面でボイスが無かったと思えば、白秋さんのオムライス語りにボイスが入っていたりとなんか滅茶苦茶です。 これは納期の兼ね合いだったのでしょうか? 残念でした。 バトルパートが失敗 はっきり言います。 バトルパートは大失敗だと感じています。 グラフィックも綺麗ですし、操作性も悪くない。 爽快感もある。 でも面白くなかったです。 その最大の理由は難易度低すぎます。 むしろ逆にどうやったらゲームオーバーになるのか悩みました。 落下してもダメージなし。 ボタン連打でジャスト回避できる。 そのくせ空中の敵には攻撃当らないし。 絆システムもわかり難い。 これはダメでした。 もう少し難易度を上げないと。 更に アドベンチャーパートとのリンクも弱く感じました。 合体攻撃もほとんど使わないですし。 明らかな調整不足です。 辛辣ですが ゲームの特性を考えるとアドベンチャーパートとの結び付けが必須なので、バトルパートをアクションにしてしまったのは愚行でした。 やりこみ要素の不足 上記バトルパートの問題からやり込み要素が全く無いです。 恐らく【いくさちゃん】や【こいこい大戦】を遣り込み要素にする予定だったと思います。 残念ながら報酬がブロマイドで、尚且つゲーム自体が面白くないのでこれは無理でした。 そう考えると、本編とは別に寄り道してハマる部分が無いので余計にボリューム不足を感じてしまいます。 今のゲームはやはり本編とは別の遣り込み部分が不可欠です。 トロフィーなんかもその一環ですが、トロフィーの内容も正直ヒドイです。 ここは一番の猛省箇所だとうちは感じています。 アクセントがつけれませんでした。 まとめ 若干マイナス面が目立つ作品でしたが、うち的には 70点の出来だと感じました。 本当に残念だったのはバトルパートです。 その為、アドベンチャーパートも少しダルく感じてしまいました。 ストーリーが秀逸なだけにもったいなかったです。 そして続編ですが、ストーリー的にはあると思います。 ただ売上をSEGAがどう思っているのか? 大コケでは無いものの、予定を下回っていると感じます。 まだまだ修正は可能な作品なので、うち的には是非続編を出して頂きたいと感じています。

次の

【新サクラ大戦】セーブができない?やり方を解説!

サクラ大戦 攻略

もくじ• クリア後の追加要素 新サクラ大戦は、最終話「心を継ぐもの」のクリアでエンディングとなります。 エンディングには、 「 分岐エンディング」があり、1週で1人のエンディングしか見ることができません。 クリア後は、「はじめから」を選ぶと、クリア情報を引き継いで開始することが可能です。 ブロマイドの収集状況• 活動記録• 信頼度• 隊長の肩書き そして、「イベントスキップ機能」と「ブロマイドの位置表示機能」が追加されます。 ブロマイドはストーリーごとに落ちている種類が違うので、全て回収後にストーリーを進めましょう。 やりこみや周回要素• ブロマイドのコンプリート• 全員の信頼度を最大にする• 全イベントを見る• 全選択肢を選ぶ• 隊長の肩書きを最大にする• 全戦闘で「天晴」評価をもらう• 花札で全員に勝つ• 全エンディングを見る 周回の一番の目的は、全員分のエンディングを見ることですね。 詳細な条件は別ページにまとめています。 「全イベントを見る、全選択肢を選んでみる」は、今作の魅力を最大限まで知るためにはやっておきたいところ。 まとめ サクラ大戦シリーズ自体が、どれも15時間程度で終わってしまうボリュームの少ない作品と言えます。 新サクラ大戦も例に漏れず、数日あれば終わってしまう程度のボリュームでした。

次の

新サクラ大戦 コンプリートガイド

サクラ大戦 攻略

スポンサード リンク よくある質問 Q:ミニゲームが見当たらないんですが。 「紐育の自由な一日」でのクイズとドリンクバーの写真撮影以外にはないんですか? A:ありません。 それだけです。 Q:セーブデータ合体による変化ってなんでしょうか? A:以下のとおり 情報募集中 『サクラ大戦~熱き血潮に~』……ROMANDOで帝都花組のブロマイドが買えるようになる。 『サクラ大戦3~巴里は燃えているか~』……ROMANDOで巴里花組のブロマイドが買えるようになる。 第2話冒頭の美術館で、加山がエリカについて少し語る。 『サクラ大戦Vエピソード0~荒野のサムライ娘~』……第3話夜のフリー移動にて、ジェミニのアパートでLIPSが発生する。 なお、いずれの作品も合体させるシステムデータはクリアデータでなくてもよい。 Q:ラチェットでクリアできないんですが A:まず一度クリアを ラチェットの攻略は、2週目以降になります。 一度クリアした後、第1話冒頭でイベントCGが出現したり、フリー移動の図書館イベントが変化したり、第7話のデートに誘われたりします。 アイキャッチの信頼度順位表には表示されませんが、上位三位以内ならばパートナーに選ぶことも可能になります。 パートナー選択場面でラチェットをパートナーに指定すると……な展開になりますが、そのまま進めて大丈夫です。 Q:大河成長レベルが最高の『摩天楼のサムライ』になりません。 A:基本的には全キャラクターの信頼度を上げる。 まず 一度ゲームをクリアする必要があります。 以下条件箇条書き 大河~隊員間の連繋度 =累積信頼度 と、隊員間の連繋度がすべて最大 金色。 サブキャラのプラム、杏里、ラチェットの信頼度が高い。 第2話~第6話ですべての合体攻撃を見ていないとなれない? 未確認 以上の条件を満たすと、最終話最初の戦闘直前に『摩天楼のサムライ』になれます。 A:「かばう」「ヘルプミー」は使ったか? 十分な信頼度を稼いでいても、その上でさらにそのキャラに 「かばう」「ヘルプミー」を複数回使用しないと 合体攻撃が使用できない場合があるようです。 また、シナリオによっては、最後のボス戦にならないと合体攻撃ができないキャラクターもいるようです。 第5話の昴など なお、大河の行動開始時の表情で、口が開いていれば合体攻撃が使用可能です。 Q:大河-各隊員の連繋度が、連繋や回復しても上昇しません。 A:信頼度を上げてください。 [大河~各隊員間の連繋度]=各隊員との累積信頼度、のようです。 信頼度さえ上げれば上昇する代わりに、連繋や回復では上昇しないようです。 Q:第5話の女性像回収、速攻クリアするにはどうしたら。 A:ヘルプミーを使う まず、入口近くの悪念機を、大河機で 行動地が減らない程度まで近づいてから 必殺攻撃で倒す。 その奥にいる、小型の敵を1体だけ最小減の攻撃で倒す。 そして奥の広間に入ったら、できる限り中央に向かう。 限界まで移動したら、そこで次に行動する隊員 大抵は昴 に「ヘルプミー」を使用する。 ヘルプミーされた隊員で、女性像を運ぶ。 おそらく3体とも最初の部屋までは運べるはず。 その次の隊員で女性像を3つとも入口に運んでしまえば、1ターンでクリアできる。 Q:最終話のエイハブ防衛線がクリアできません。 A:難しいようなら戦力集中 右舷か左舷のどちらかを捨てて、その分の戦力を甲板ともう片方に回します。 あとは、必殺攻撃よりも「連繋」を多用し、戦況マップをチェックしながら『浮遊機雷』を最優先で倒すとよいです。 Q:最終話の天下布武戦がクリアできません。 A:常に上空で行動終了を まずこの戦いでは エリア移動が可能ということを確認します。 信長に「頭が高い」をされて下空に落とされると、妖力攻撃で大ダメージを食らいやすいので、 行動終了は必ず上空に移動してからにしてください。 中空と上空にある角「飛天」を合計4つ破壊すれば、信長を倒すには十分なので、あとは頭部に集中攻撃を。 ただし、行動終了は上空で、というのは同じ Q:最終話のラスボス戦がクリアできません。 A:難しいようなら「体」作戦 最初のターンは、ダイアナ以外の必殺技をラスボスに当て、次の大河ターンで作戦を「体」にし、以後の攻撃は連携中心に。 できるだけ密集して行動し、大河かダイアナの回復で、まとめて回復すると良いです。 その他 Q:ROMANDOのブロマイド、帝都花組は縁日の模様を写したものですが、巴里花組のはなんですか? A:カードゲームのオリジナルレビュー 『サクラ大戦ドラマチックカードゲーム 現在絶版 』で登場した、書き下ろしイラストのオリジナルレビューの衣装。 それぞれ以下のとおり ・エリカ……ラ・ボエーム ・グリシーヌ……? 情報募集中 ・コクリコ……長靴を履いた猫 ・ロベリア……カルメン ・花火……ジャンヌダルク ・メル&シー……? 情報募集中 Q:ブロマイド、1ページ目の下段の2つが埋まりません A:左は本編で、右は自由な一日で 左のブロマイドは、本編で売店でブロマイドを買い続け、プラムに写真を提出し続けていれば、 最後のフリー移動でシアターを出るときに入手できます。 右のブロマイドは、自由な一日のクイズに10問連続正解すると入手できます。 Q:自由な一日の写真撮影でプラムと杏里が選べません。 A:信頼度を上げ、最後のフリー移動でドリンクバーと売店へ。 声付きイベントが発生し、イベントCGが入手できればOKです。 Q:自由な一日に登録されないイベントCGがあるみたいなんですが…… A:露天風呂関係のイベントCGは登録されません。 また、各イベントCGは差分 カットイン演出等 は観れません。 その他、自由な一日に登録されないイベントCGのシーンは以下の通り バレ注意、情報募集中 ・第1話、ソルト警部に手錠をかけられる大河 ・第1話、夜、屋上で黄昏る大河。 ・第1話、出撃直前の、横に並んでいる星組。 ・第1話、大河がモギリをしているシーン。 ・第1話ラスト、蘭丸のCG。 ・第2話、大河がハーレム三人組に詰め寄られているシーン。 ・第2話、黒龍姫&蘭丸のCG。 ・第3話、1回目の髑髏坊戦直後の、立ち去るリカリッタのシーン。 ・第4話、大河が小鳥の世話をするシーン。 ・第4話、大河がセントラルパークで小鳥の暴走に驚いているシーン。 ・第4話、ハムレットの昴 &ダイアナ の「生きるべきか、死すべきか」のシーン。 ・第5話、石化したプラムと杏里のCG。 ・第5話、昴が または昴と大河が プラムと杏里に霊力を送り込むシーン。 ・第6話、ジェミニの回想で、ミフネと蘭丸が退治するシーン。 ・第6話、伽藍戦直前に「勝利のポーズ、決め!」を選択した時のCG。 ・第6話、尻餅をついた蘭丸のCG。 ・第7話、特別公演上演シーンでの星組隊員と大河のシーン全般。 ・第7話、プレゼント交換会における各プレゼントCG。 ・第7話、蘭丸が覇王の剣を断つシーン 2枚。 ・第7話、「五輪曼荼羅発動」「弓を引く信長」「大河を捕える蘭丸」「貫かれた大河と蘭丸 2枚 」「驚愕する星組隊員たち」の各シーン。 ・第7話、病室 回想含む での「信長との戦い」「苦戦する星組」「六つ目のアザ」の各シーン。 ・第7話、パートナー決定シーン直前の、大河が巾着袋を握り締めるシーン。 ・第7話、パートナー決定シーン。 ・第7話、パートナー決定後、舞台で拍手するパートナー以外の星組隊員4人のシーン。 ・最終話、「涙を流す大河」「ダークを撃破する隊員たち」「捕らえられた大河」の各シーン ・最終話、安土城突入直前のエイハブのCG。 ・最終話、加山たちが紐育の灯をともすシーン。 ・最終話、大河が鏡を手に取るシーンと封印技の使用を決意するシーン。 ・最終話、最終決戦直後、大河と信長が対峙するシーン 3枚 ・最終話、パートナーを迎えに行く大河のCG。 ・各パートナーキャラクターのEDスタッフロールで表示されるCG。 ・全員クリア時のCG。

次の