ムダ 毛 処理 ぶつぶつ。 脱毛後・除毛後に黒いブツブツが!?ケア方法をご紹介

足のむだ毛処理跡のプツプツを治したい!

ムダ 毛 処理 ぶつぶつ

毛孔性苔癬のムダ毛処理でやってはいけないこと まずは、毛孔性苔癬のムダ毛処理でやってはいけないことについてです。 冒頭で カミソリ悪化しますよ~ってお伝えしたんですが、他にも悪化するムダ毛処理の方法ってあるんですよ。 列挙すると、• 毛抜きで抜くはNG!• 脱毛クリーム、除毛クリームはNG!• カミソリはもちろんNG! ですね。 まず、 毛抜きについてなんですが、 毛を抜くという行為は、肌への負担がかなり大きいんですよ。 毛孔性苔癬は刺激を受けると悪化したり、埋もれ毛が増えてしまいます。 毛抜きでの処理は、カミソリよりNGなムダ毛処理、まさにナンバーワンNGムダ毛処理と言えるでしょう。 つぎに、 脱毛クリーム・除毛クリームです。 これ一見大丈夫そうに見えるんですが、ダメなんですよ。 というのは、脱毛クリームって肌を少し溶かす作用があるんです。 肌を溶かすって、刺激が大きいので、悪化する可能性があります。 溶かしてはいけない新しい角質まで溶かすと角化も早まります。 カミソリについても、一応お話すると、毛孔性苔癬は傷つくと炎症を起こして悪化します。 カミソリで肌を剃ると、毛だけじゃなく、皮膚の表面まで削り取られ、傷が付いちゃうんですよね。 とくに逆剃りは絶対NGです。 ムダ毛処理のおすすめ1:トリマーや電気シェーバー おすすめの1はトリマーや電気シェーバーです。 トリマーや電気シェーバーはカミソリよりも肌への刺激や負担が少ないと言われています。 なので、トリマーとか電気シェーバーで優しく処理してあげるといいですね。 歯は肌に触れない方がいいので、歯を肌に押し付けないようにしましょう。 カミソリよりも負担は少ないといても肌に刺激はあるので、処理の後は、保湿をしっかりしてあげてください。 ムダ毛処理のおすすめ2:脱毛器ケノンを使う おすすめ2は、 脱毛器ケノンを使うことです。 ケノンは、一世を風靡した家庭用脱毛器です。 私の周りでも、脱毛サロンからケノンに乗り換えた人は多かったですよ~。 私も含めて 笑 ケノンは、脱毛サロンより安いし、自分のタイミングで出来るし、脱毛能力も高いしで、買ってよかったです。 ケノンって毛孔性苔癬に使えんの?については、重度以外では使えるとのことです。 重度ってどれくらいだよ?って感じですが、私の場合は、二の腕にぶつぶつが全体的にあり、赤く炎症も起こしているのですが、使えましたね。 人によるかもしれないので使用には注意が必要ですが、普通にいい買い物だったのでおすすめしたいです。 ムダ毛処理のおすすめ3:医療レーザー脱毛をする 最後は、毛孔性苔癬の改善方法としてもよく出てくる 「医療レーザー脱毛」です。 医療レーザー脱毛は、医療機関で受けることができる脱毛で、ミュゼとか銀座カラーの光脱毛とは別のものです。 脱毛サロンで脱毛する場合、毛孔性苔癬の箇所は皮膚疾患があるとして断られる可能性がありますが、医療レーザー脱毛だと施術可能で、毛孔性苔癬が改善した人も多くいます。 医療レーザー脱毛の魅力は、脱毛と毛孔性苔癬の改善を同時にできることです。 実際に 毛孔性苔癬の改善の取り組みとして、医療レーザー脱毛を選ぶ人は多いです。 ただ、料金はミュゼや銀座カラーと比べるとお高いので、お財布と要相談です。 都内で有名な医療脱毛のクリニックだとアリシアクリニックや、レジーナクリニックです。 治療費の目安を知りたいという方に向けて、都内のレーザー脱毛の料金や特徴を比較してみたので、是非参考にしてみてください。 おまけ:どうしてもカミソリを使いたい場合は? できれば避けてほしいのですが、 どーしてもカミソリを使いたい場合についてまとめます。 どうしてもカミソリで処理をしたい場合は、脱毛する数日前にピーリングやゴマージュで肌のざらつきをケアしてあげることをおススメします。 そうすることで、少しはなめらかになった肌にカミソリを当てることになるので、肌への負担が軽減されます。 さらに、カミソリでムダ毛を処理する際も、• できるだけぶつぶつがひどいところは避ける• カミソリは肌に優しくあてる• 処理をした後は、しっかり保湿をする ということを意識してあげてください。 まとめ 今回は、毛孔性苔癬のムダ毛処理についてまとめました。 おすすめのムダ毛処理の方法は、• 電気シェーバーはトリマーを使用する。 脱毛器ケノンを使用する。 医療レーザー脱毛をする。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

足の毛穴の黒ずみや赤いぶつぶつの治し方やおすすめクリーム3選

ムダ 毛 処理 ぶつぶつ

ムダ毛処理後の「チクチクする・ブツブツが目立つ」の解消法 肌を出す季節になると、気になるのが「ムダ毛」ですよね。 でもムダ毛処理をしても、少し経つとチクチクすることってありませんか? 人と肌が触れ合うとチクチクしてるのがバレるから、結局長袖を着てしまったり……。 キレイな素肌を出すためにムダ毛処理をしているのに、これじゃ何のためにやっているのかわからなくなってしまいますよね。 また、キレイに毛は処理したはずなのに、毛穴がブツブツして目立ってしまうことに悩んでいる人もいるのではないでしょうか? そこで今回は、 ムダ毛処理後のチクチクやブツブツをなくす対策をご紹介します。 自信を持って素肌を出すために、正しい剃り方や肌トラブルを防ぐ方法を見ていきましょう。 ムダ毛処理後に毛がチクチクして痛い! 彼氏とのデート前や、友人と夏レジャーに行く前には、ムダ毛処理をしますよね。 でも、彼氏と肌が触れ合ったときに「チクチク痛いんだけど」なんて言われたら、顔が火が出るほど恥ずかしいですよね。 ムダ毛処理後にチクチクしてしまうのは、ズバリ「短い毛がツンツン立っていること」が原因です。 ちょっとだけ伸びてきた毛が、元気よく立ってしまうのでチクチクするのです。 これを解消する方法はあるのでしょうか? 少なくとも、その日のうちにチクチクするのを防ぐ方法はあります。 次の日のことは、また対処すれば大丈夫なので、まずは正しい剃り方をマスターしましょう。 カミソリでムダ毛処理するとブツブツになると悩んでいませんか? 毛がチクチクして痛いのは、カミソリなどで剃っている限り、ずっと付きまとう問題です。 でも、カミソリでのムダ毛処理を繰り返していると、毛穴がブツブツになって目立つのが気になっていませんか? 毛穴のブツブツには2種類あります。 それは、「赤いブツブツ」と「黒いブツブツ」です。 それぞれの状態と原因を見ていきましょう。 赤いブツブツは炎症を起こしている ムダ毛処理後に赤いブツブツができるのは、炎症を起こしているのが原因だと考えられます。 カミソリで剃ったり、「除毛クリーム」や「脱毛テープ」によって、肌に強い刺激を与えたことが原因だと考えられます。 また、細菌が毛穴から入ったことによって、「毛嚢炎」などの炎症を起こしている可能性もあります。 毛穴が赤く炎症を起こしたら、すぐに何らかの対処をしないと、どんどん悪化して、色素沈着してしまう恐れもありますし、重度の皮膚炎を引き起こす可能性もあります。 黒いブツブツは毛の切断面が見えている ムダ毛処理後に黒いブツブツになるのが気になって、毛抜きで抜いている人はいませんか? たしかに抜いた直後は良いかもしれませんが、毛抜きで抜くのを繰り返すと、皮膚の下に毛が埋もれてしまう「埋没毛」が増える原因になります。 また、無理やり毛を引き抜くことで、毛穴が炎症を起こして「赤いブツブツ」ができることもあります。 毛抜きでムダ毛処理をしている人は、今すぐやめてくださいね。 あなたの肌を守るためです。 または、カミソリで剃ったことによる切断面が、黒く見えているだけの場合もあります。 この場合は、できるだけ切断面を細く処理する器具を使ったり、毛そのものを細くすると良いでしょう。 ムダ毛処理後にチクチク・ブツブツしない剃り方 では、ムダ毛処理後にチクチクしたり、毛穴がブツブツしない剃り方はあるのでしょうか? 上手な剃り方がわかれば、ムダ毛処理後の悩みから解放されますね。 皮膚を適度に柔らかくしてから剃る 理容室で男性がヒゲを剃るときは、必ず「蒸しタオル」で皮膚を温めます。 これは、毛穴を開き、ムダな深剃りを防ぐためです。 また皮膚とムダ毛を柔らかくすることで、カミソリの刃が皮膚に引っかからないようにするためでもあります。 さらに、毛が柔らかくなることで剃りやすくなり、肌が傷つくのを防ぐ役割もあるのです。 自分で剃る場合にも、このステップをやることで、肌のダメージを最小限に食い止めることができます。 お風呂上がりでも良いですが、肌がふやけてしまっている場合には、少し回復してから剃らないと、余計に肌を傷つけるので気をつけてくださいね。 シェービングクリームを塗る ムダ毛処理後にチクチク・ブツブツしない剃り方は、必ず「シェービングクリーム」を塗ることです。 お風呂の中で剃っている人は、石鹸やボディソープを泡立ててカミソリで剃っているかもしれませんが、それはNGです。 石鹸には、刃と肌が触れ合うのを防ぐ「クッションの役割」がないので、必ずシェービングクリームを使うことがポイントです。 また、ジェルやローションなどもあると思いますが、クリームがいちばん弾力があり、肌を傷つけにくいのでオススメです。 ワセリンは肌をコーティングする役割があるので、肌と刃が触れ合うのを防いでくれます。 また、剃った後に肌がヒリヒリする人には、ワセリンを塗って剃るほうが、肌に刺激を与えにくいと言われています。 ただし、カミソリにつまってしまったり、電動シェーバーでは使えない場合も多いです。 肌にやさしくタッチして滑らせる カミソリでムダ毛を処理するなら、肌に強く押しつけるのはNGです。 できるだけ深剃りしたほうが、チクチクを防げるのはわかりますが、それでは皮膚まで削ぎ落としてしまいます。 そのため、カミソリの刃は必ずやさしく肌に当てましょう。 そして、ゆっくりと滑らせていくのがポイントです。 一気にシュっと剃ってしまうと、肌に負担がかかるだけでなく、肌を傷つけてしまうので気をつけましょう。 抑毛ローションで、ムダ毛処理の回数を減らす ムダ毛処理を頻繁にしている人は、前の日の夜に剃ったのに、次の日の夜にはもうチクチクしていることってありますよね。 そうなると、毎日ムダ毛処理をしている人もいると思います。 でも、これがNG! ムダ毛処理の頻度は、週1回くらいがベストです。 でも、1週間ずっとチクチクしてボーボーになってしまうのは困りますよね。 そこで1つの対処法として、「抑毛ローション」を使うことをオススメします。 抑毛ローションとは、毛が細くなり、生えにくくなってくる効果があるローションのこと。 抑毛ローションには、大豆イソフラボンが配合されていることが多く、毛を生えにくくする効果が期待できます。 そうすれば、ムダ毛処理の回数を減らせますよね。 豆乳ローションという名前で売られている場合もあります。 大豆イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをすることから、肌をきれいにする美肌効果もあります。 肌の保湿効果もあり、使い続けるほどに、チクチク・ブツブツを徐々に改善していくことが期待できます。 ムダ毛処理による毛穴のブツブツ対策 では、ムダ毛処理による毛穴のブツブツ対策には、どのような方法があるのでしょうか? これは見た目にもわかる肌トラブルなので、どうにかして治したいですよね。 赤いブツブツも、黒いブツブツも、両方に効果のある対策をご紹介します。 ブツブツ・黒ずみ対策には、保湿クリームが最高のアイテム ムダ毛を処理することばかりに意識を取られると、処理後のスキンケアを怠りがちです。 わたしも化粧水で適当に保湿はしていましたが、クリームで入念に保湿していませんでした。 でも最近、顔につけるスキンケアクリームを脇にも塗るようになって、驚くほど肌状態が変わったのです。 「なんで、もっと若い頃に気づかなかったんだー!」って残念に思いますが、今は、脇を見られても怖くありません。 保湿ケアの効果を甘く見てはいけませんよ。 ちょっともったいない気がしますが、ブツブツが気になるなら、ぜひ保湿効果の高いクリームを塗ってみてください。 ポイントは、保湿クリームを塗るときにしっかりと肌に浸透させることと、軽くマッサージを行うことで「ターンオーバー」が活発になり、肌がさらにキレイになります。 抑毛ローションで毛を細くする 先ほどもご紹介した抑毛ローションは、毛穴の黒いブツブツ(毛の切断面)を目立たなくする効果も期待できます。 それは、毛を細くすることができるから。 抑毛ローションで毛が細くなれば、切断面の面積が小さくなるので、必然的に目立たなくなりますよね。 使い続けなければ効果がないので、時間がかかる対策ですが、他の対策と並行して行うと良いですよ。 光脱毛やレーザー脱毛を検討する ムダ毛処理後の肌状態に満足できない人は、脱毛を検討することをオススメします。 費用はかかりますが、「ムダ毛の自己処理」という物理的苦労と、「ムダ毛に悩まされる」という心理的苦労の両方を解消することができるのです。 わたしも長年ムダ毛に悩まされていましたが、脱毛を決心して良かったと思っています。 金額はかなりかかりましたが、悩みが一気に2つ解消したので、今でも後悔はしていません。 あなたもムダ毛の悩みから解放されてみませんか? カミソリを清潔に保つ・刃の交換をする ムダ毛処理による毛穴のブツブツを解消する方法は、カミソリの状態も関係しています。 カミソリが清潔でないと、毛穴に細菌などが入ってしまい炎症を起こします。 そのため、カミソリをお風呂場に置きっぱなしにするのはNG。 雑菌の温床になってしまいます。 ムダ毛処理をお風呂場でする場合には、必ずキレイに洗ってから乾燥させることがポイントです。 刃が錆びてしまうこともあるかもしれませんので、風通しの良い乾燥した場所で乾かすと良いでしょう。 また、カミソリの刃の切れ味が悪くなっていることで、肌に刺激を与えている場合もあります。 そのため、カミソリの刃は小まめに交換するようにしましょう。 使う頻度によって違いますが、最低でも1ヶ月に1回くらいで交換することをオススメします。 ちなみにカミソリの製造販売メーカーでは、2週間で交換するのがベストだと推奨しています。 ムダ毛処理のタイミングも大事 ムダ毛処理による毛穴のブツブツ対策は、ムダ毛処理をするタイミングも大事なポイントです。 といっても、ムダ毛をキレイにしないといけない予定もあると思いますので、なかなかタイミングをはかって処理するのはむずかしいと思いますが、できるだけタイミングを考えてムダ毛処理をしましょう。 ムダ毛処理がNGな時期は、「生理中」や「体調不良のとき」です。 この時期は、体の免疫力が低下しているので、肌の免疫力も同時に低下します。 すると、ムダ毛処理による肌トラブルが起きやすい状態なのです。 そのため、生理後や体調が良好な状態のときに、ムダ毛処理をするようにしましょう。 ムダ毛処理後の痛み・かゆみの対処法 ムダ毛処理後に赤いブツブツになる人は、痛みやかゆみを伴っている場合が多いと思います。 その状態になったら、いち早く対処する必要があるので、放置しないでくださいね。 まずは、とにかく冷やす&保湿 ムダ毛処理をした直後は、とにかく「冷やす」&「保湿」が何よりも大切な対処法です。 このときに、しっかりと冷やしておかないと、炎症が悪化して皮膚炎などを引き起こすことがあります。 また保湿することで、肌のバリア機能を回復させることができます。 つまり、肌の免疫力を高めるということですね。 この冷やす&保湿の対処法をしても炎症がおさまらず、痛みやかゆみが引かないなら、適切な対処をする必要があります。 軟膏や市販の塗り薬で症状を緩和させる ムダ毛処理後に痛みやかゆみが続くなら、軟膏や市販の塗り薬を使って、症状を緩和させることが適切な対処法となります。 もし、どんな薬を選べば良いのかわからない場合は、ドラッグストアなどに常駐している薬剤師さんに聞いてみると良いでしょう。 それでも明確にわからない場合は、適当に薬を選んでしまうと、逆に症状が悪化してしまう場合もあるので気をつけてください。 効く薬がわからないときは皮膚科へ どんな薬があなたの症状に効くのかわからない場合は、すみやかに皮膚科を受診しましょう。 炎症はなるべく早めに対処することが大切なので、あまり様子をみていると、悪化してしまうことがあります。 皮膚科で塗り薬をもらうと、「ステロイド系の抗炎症剤」や「抗生物質」などをもらうと思いますが、症状が落ち着くまでは効果的な薬だと考えられます。 ただし、この手の薬は長期間の使用は避けるべき薬なので、症状がおさまったら使用を中止しましょう。 (基本は、医師の指示通りに使ってください) 長期間使用すると、肌の自然治癒力が低下し、アレルギーやアトピー性皮膚炎などにかかりやすくなると言われています。 また、体が薬に慣れてしまい、効果が薄れてくることもあります。 生活習慣の改善も毛穴のブツブツ対策になる ムダ毛処理後のチクチク・ブツブツ対策や、実際の剃り方、対処法などをご紹介しましたが、生活習慣を改善することも大切な対策となります。 ムダ毛処理はお肌におこなうことなので、肌状態を良好にすることが大事です。 肌状態を良くするには、生活習慣を改善することが効果的。 とくに「睡眠」と「食事」を見直してみましょう。 睡眠をしっかりとることで、肌のターンオーバーが活発になり、毛穴のブツブツ対策に効果的です。 また食事では、皮膚と粘膜を強くする「ビタミンA」が効果的。 また、ストレスをためない生活も大事。 ストレスがたまると免疫力が低下し、肌状態が悪くなることが考えられます。 ストレスは、健康・美容・ダイエットなど、どの分野でも大敵ですね。 正しいムダ毛処理でキレイな肌を手に入れよう! ムダ毛処理後のチクチクやブツブツの対策、剃り方・対処法などをご紹介しました。 ムダ毛は女性の悩みの種ですが、なんとか上手に対処して、キレイな肌を保ちたいですよね。 正しいムダ毛処理の方法をマスターして、見られても恥ずかしくない美肌を手に入れましょう!.

次の

ムダ毛処理後のチクチクや赤いポツポツ【対策&3つの予防ポイント】

ムダ 毛 処理 ぶつぶつ

このページの目次• 女性ホルモンが整うとムダ毛が生えにくくなる 女性ホルモンの分泌を整えることで、ムダ毛の成長を促していた男性ホルモンの影響力が少なくなり、ムダ毛が生えにくくすることが期待できます。 実は、男性には男性ホルモンのみ、女性には女性ホルモンのみが分泌されるわけではありません。 男性にとっても女性ホルモンは必要になりますし、女性にとっても男性ホルモンは必要になります。 男性には男性の理想とするこれらのホルモンのバランスがあり、女性には女性の理想とするホルモンバランスがあります。 しかし、「タバコ」や「ストレス」などの生活習慣により、女性のホルモンバランスが崩れて男性ホルモンの影響が大きくなると、ムダ毛が生えやすくなったり濃くなったりすることがあります。 男性ホルモンには、髭や腋毛、陰毛、脛や腕の毛などのいわゆる「ムダ毛」の発育を促進させる働きがあります。 一方で、女性ホルモンには「髪の毛のみ」の成長を促進させる働きがあります。 ムダ毛と言われる毛に対しては、何も影響を与えていることはないと言われています。 そのため、しっかりと女性ホルモンの分泌を整えることによって、ムダ毛が生えにくくなったり薄くなったりする効果が期待できます。 また、女性ホルモンが整うことで「美肌効果」や「ツヤ髪」「精神安定」など様々な副効果が期待できます。 しかし、女性ホルモンを過剰に増やすのは悪影響ですので、あくまで、「整える」ぐらいに留めたほうが良いでしょう。 【女性ホルモンが整うことで起こる身体の美容・健康】 効果 概要 美肌 肌をきれいに保つためにはコラーゲンやエラスチンといった物質を皮膚線維芽細胞で合成する必要があります。 女性ホルモンを整えると皮膚線維芽細胞の働きを促進させ美肌効果を期待することができます。 髪の毛をきれいにする 女性ホルモンは毛根に働きかけ、髪の毛のハリやコシをよくする働きがあります。 ホルモンバランスを整えることによって美髪効果も期待することができます。 安定した生理周期 加齢により卵巣の機能が低下して女性ホルモンの分泌量が低下すると生理周期も乱れやすくなってしまいます。 しかし女性ホルモンの分泌を整えると生理周期が安定しやすくなります。 精神の安定 女性の精神には女性ホルモンが大きな影響を与えます。 女性ホルモンの分泌が整うことで精神的な落ち込み、不安やイライラなどが軽減されます。 骨粗鬆症の予防 女性ホルモンはカルシウムが骨に定着するのを助ける働きがあります。 女性ホルモンがしっかりと分泌されることで骨粗鬆症の予防効果が期待できます。 特に閉経後の女性は骨粗鬆症が問題になりやすいため非常に重要なポイントになります。 悪玉コレステロールの低下 女性ホルモンには血液中の悪玉コレステロール値を低下させる働きがあります。 悪玉コレステロール値が低下することによって結果的に脂質異常症や動脈硬化の予防効果が期待できます。 顔の髭や腕毛、すね毛などのムダ毛は女性ホルモンの影響が強くなることで薄くなったり生えにくくなったりしていきます。 一方で髪の毛は発育に男性ホルモンがあまり関わらないため、薄くなったりすることはありません。 同様に発育に性ホルモンが関わらない眉毛やまつ毛が薄くなることもありません。 ただし、女性ホルモンによる毛が薄くなる作用にはいくつか注意点が存在します。 ムダ毛を完全になくしたいのであれば「医療レーザー脱毛」をする必要があります。 あくまで目立たなくなる程度の効果しかないことは把握しておきましょう。 剃毛や毛抜きによるムダ毛処理は継続する必要がありますので、ご注意ください。 一時的にホルモンバランスを整えるのではなく、継続することで毛を薄くする作用が期待できます。 毛を薄くする作用は個人差があるため一概には言えませんが、1~3か月ほど継続することで徐々に目立たなくなっていく傾向にあります。 低用量ピルならば生理周期を安定させて、PMSの症状を軽減させるために日常的に服用することができますが、それでもムダ毛を薄くする目的で使用することは避けましょう。 ホルモン補充療法は副作用が現れることもあるため、ムダ毛を薄くする目的で使用してはいけません。 そのため、ムダ毛を薄くする目的で女性ホルモンを増やそうとすることはお勧めできません。 女性ホルモンの分泌を整えるサプリメントの過剰な摂取は避けるようにしましょう。 まず、処方が降りないとは思いますが、ホルモン剤などの使用も厳禁です(特殊な事例を除く)。 女性ホルモンが整う理想的な1日の流れ 女性ホルモンの分泌を整えるためには自律神経を整え、しっかりと栄養素を摂り、睡眠時間を確保することが重要です。 女性ホルモンのための理想的な1日の流れを見ていきましょう。 枕元に体温計を置いておき、日常の習慣にすると効果的です。 基礎体温を計測することで自分の生理周期を把握することができます。 また生理周期の乱れから体内のホルモンバランスの乱れを把握することもできます。 基礎体温を計測した後はカーテンを開けて日光を浴びるようにしましょう。 日光を浴びることで自律神経が整い、体が活動するための準備ができます。 可能ならば軽い体操をするとよりよいでしょう。 大豆に含まれるイソフラボンという成分は体内で女性ホルモンと似た働きをします。 ストレスや更年期などで働きが低下した女性ホルモンを補う作用があるため、特に女性に積極的に摂取してほしい成分です。 イソフラボンは大豆や大豆加工食品に含まれているため、味噌や豆腐、納豆など和食中心の食生活を送れば無理なく摂取することができます。 忙しくなかなか運動する時間が取れないときは、「出退勤時」や「登下校時」がチャンスです。 「少し早歩きをする」「一駅だけ歩く」「階段を積極的に使う」「背筋を良くする」など、ちょっと工夫をするだけで運動強度を高めて効果的なウォーキングにすることができます。 日中の活動で自律神経は交感神経が優位になっています。 交感神経は血管を収縮させ、血圧を上昇させ活発に活動できるようにするために神経です。 心身を興奮状態にする働きもあるため、日中の活動には重要になりますが夜間の休息の妨げになってしまいます。 副交感神経は、心身の緊張をほぐしてくれる働きがあります。 特におすすめなのが「半身浴」です。 38度程度の比較的ぬるいお湯でみぞおちの辺りまで15-20分程度浸かりましょう。 睡眠不足の状態が続くとホルモンバランスが乱れやすくなり、肌荒れや倦怠感など不調の原因となります。 1日最低でも6時間の睡眠時間を確保するようにしましょう。 「エクオール」や「プラセンタ」「サポニン」が女性ホルモンを整える効果が期待できる成分ですので、一度探してみるのも良いでしょう。 また、女性ホルモンの分泌を低下させてしまう「夜更かし」「タバコ」「過度の飲酒」「ストレス」「過度なダイエット」などの生活習慣も極力改善した方が良いです。 コンビニ弁当やジャンクフードは栄養バランスが悪く、女性ホルモンの分泌に必要になる栄養素を十分に摂取できない可能性があります。 特に、過度のダイエットは、女性ホルモンが乱れれる大きな要因です。 食事制限をして体重を落とすのではなく、しっかりと有酸素運動をして体重を落とすようにし 、タバコや飲酒などの嗜好品も極力量を減らすようにしましょう。 思春期や妊娠中はムダ毛が薄くなりづらい傾向にある 思春期や妊娠中は体内のホルモンバランスが乱れやすい時期ですので、ムダ毛を薄くしようとして女性ホルモンの分泌を整えようとしてもなかなか効果が表れづらいかもしれません。 思春期は成長のために女性ホルモンも男性ホルモンも多く分泌される時期です。 男性ホルモンの影響が強く出てしまうとムダ毛が濃くなったり生えやすくなったりするため、目立ちやすくなってしまいます。 また、妊娠中は女性ホルモンの一種である「プロゲステロン」というホルモンの分泌量が増加します。 プロゲステロンはシミやほくろの原因となるメラニン色素を増加させます。 メラニン色素が増加することによりムダ毛の色が濃くなってしまい目立ちやすくなってしまいます。 思春期に、女性ホルモン、男性ホルモンの分泌量が増えることも、妊娠中に、プロゲステロンが増加することも自然な生理現象です。 ムダ毛を薄くさせようとしても限界があるため、それらの期間は毛抜きやカミソリによる軽いムダ毛処理で済ませたほうがいいかもしれません。 特に、妊娠中にホルモンバランスを整えようとサプリメントや薬を使うと胎児に影響が出る可能性もあります。 女性ホルモンを整えるなんらかのケアを行いたいときは医師に相談してからにしましょう。 早く確実にムダ毛を薄くしたい人は「脱毛サロン」がよい 女性ホルモンを整えることでムダ毛は徐々に目立たなくなっていきますが、その効果は劇的なものではありません。 早く確実にムダ毛を薄くしたい場合は脱毛サロンで処理するのが適しているでしょう。 特に光を用いた「光脱毛」がおすすめです。 ある波長の光を照射することによって毛根のメラニン色素にエネルギーを与えて脱毛をします。 毛根にダメージを与えるため施術を重ねることで徐々にムダ毛が薄く、細く、目立たなくなっていきます。 ただし完全脱毛できるわけではないため、複数回の施術を受けなければムダ毛が薄くならないこともあります。 またホルモンバランスの乱れにより再びムダ毛が濃くなってしまうこともあります。 まとめ ・男性ホルモンには髭や脛、腕の毛などのムダ毛を発育させる働きがある ・男性ホルモンと女性ホルモンのバランスが乱れると女性でもムダ毛が濃くなってしまうことも ・ムダ毛を薄くするためには女性ホルモンの分泌を整える生活習慣が重要 ・ただし女性ホルモンを整えることによるムダ毛を薄くする作用は劇的なものではない ・早く確実にムダ毛を薄くしたい場合は脱毛サロンで光脱毛の施術を受けるとよい.

次の