蓄膿症 臭い 消す。 クサい鼻息の根本改善を目指す!2つの原因からアプローチで完全無臭化 | 口腔ケア研究所

蓄膿症の臭いをどうにかしたい・・そんな時は!|スメハラ対策本部

蓄膿症 臭い 消す

この臭いの原因は蓄膿症の膿に含まれているタンパク質が細菌によって分解発酵されることが原因ですが、今回の記事では蓄膿症とは何かということから、症状の一つである臭いの対処法ということを説明していきますね。 蓄膿症って一体どんな病気なの? 蓄膿症とはなんのことかを説明しましょう。 蓄膿症というのは、副鼻腔という鼻から入った空気が喉の方に行く時に寄り道をする部屋のような空間があるのですが、 この鼻から喉の通路につながっている副鼻腔の出口が詰まってしまうと黄色や黄緑色の鼻水が副鼻腔に溜まってしまい炎症を起こしてしまうことをいいます。 正確には蓄膿症ではなく、副鼻腔と呼びます。 鼻の粘膜からは絶えず鼻水が分泌されているのですが、通常は喉の方に流れて行きます。 また、黄色や黄緑色の鼻水には細菌や白血球という細菌と戦う役割のある細胞の死体が含まれていて、炎症を起こしてしまう物質も含まれています。 こうして炎症をおこす物質が溜まり続けて副鼻腔では炎症がひどくなってしまいます。 蓄膿症の症状 本記事を読んでいる方はすでに蓄膿症の方が多いと思いますが、一応念のため症状をリストアップしておきます。 蓄膿症かな、と思っている方で以下のような症状がある場合は蓄膿症の疑いがあるのでまず病院へかかってくださいね。 普通の生活では出ない色の黄緑色でドロドロしている鼻水が出る• 年中鼻が詰まっている• 鼻をかんでも奥に鼻水がある感じがする• ネバネバした鼻水が喉のほうへ降りてくる• 鼻や口から悪臭がする• 鼻声になる• 重症化すると鼻やその奥に痛みを感じることがある。 頭痛がする、発熱する• 鼻が詰まって嗅覚が鈍る 臭いを解決する=治療する スポンサーリンク この記事を読んでくださっている方は当然のことですが、臭いをどうにかしたい、と思っていることでしょう。 どうやって臭いを解決するかというと、 それはやはり蓄膿症を完治することになります。 完治、という方法を取らずともある程度緩和する方法もあるので後で紹介しますね。 蓄膿症の治療法のいろいろ 薬物療法 軽度の蓄膿症の場合、膿の中にある菌を死滅させるための抗生物質や、痛みを抑える消炎鎮痛剤、排膿しやすくするための薬、あるいは漢方薬を使って症状を軽くします。 文頭に書いたとおり、発症して日が浅いのであれば有効ですが、長年患っているという場合には使えません。 手術 蓄膿症が重症化して、鼻にポリープというできものができてしまった場合や、鼻の形状に原因がある場合に行われます。 また、手術ではないですが、虫歯が原因で発症する場合があり、その場合は歯を治療することが先決となります。 鼻洗浄 こちらも薬物療法と同じく、重症化すると完治することは難しいですが、多くの場合鼻洗浄で鼻の中にある膿を洗い流して、抗菌薬のような薬を服用することで臭いを改善することができます。 俗に、鼻うがいというやつですね。 上顎洞(じょうがくどう)洗浄 副鼻腔を細かく分けてみると4種類あって、そのうちの一つが上顎洞です。 鼻の穴から上顎洞へ針をさして温水で洗浄して、その後抗生物質を上顎洞内に直接投与して治療するのが上顎洞洗浄です。 鼻洗浄にちかいですね。 上顎洞内にある膿を採集することで他の病気を鑑別できる場合があります。 病院に行かずにできる臭いの対策、予防 鼻洗浄自宅バージョン 鼻から市販の洗浄剤や生理食塩水 食塩0. 9g を100cc の水に溶かしたもの を注入して、ほこり、細菌、膿などを洗い出す方法です。 やり方としては• 洗面器に3リットルのぬるま湯を入れ、27gの食塩を入れて溶かして生理食塩水を作ります• 片方の鼻の穴をふさいでもう片方の鼻の穴から生理食塩水を吸い込みます。 洗面器の外に吸い込んだ生理食塩水を鼻や口から吐き出します。 左右の鼻の穴で3回程度繰り返す 間違っても「真水 ただの水道水 」で鼻うがいをしないでください。 水が鼻の中に入って痛い思いをしたことは誰でも一度はあるでしょう。 歯磨きをする 先に少し述べましたが、虫歯が原因で蓄膿症を発症することがあります。 ほかにも歯周病などが原因となります。 というわけで歯磨きはしっかりしましょう。 まとめ 蓄膿症になって膿の悪臭がひどい時は、素直に病院にいって蓄膿症の完治を目指しましょう。 完治することが一番効果があります。 鼻洗浄といって自宅でできるものもありますが、素直に病院に行くことをおすすめします。 虫歯という原因もあるのでそういった点にも気をつけると良いでしょう。

次の

耐え難い職場でのニオイ 「スメハラ」の対処法 (1/2):日経doors

蓄膿症 臭い 消す

蓄膿症の臭いの原因は何? 蓄膿症のあの嫌な臭い。 その原因の一つは 膿です。 蓄膿症の特徴として初期はサラサラした透明な鼻水ですが、進行してしまうと黄色っぽく粘り気のあるものへと変化し、さらに緑色がかってくることもあります。 炎症が進んでしまったことで粘膜が腫れ、鼻腔と副鼻腔をつないでいる部分がふさがってしまうことで副鼻腔にたまった膿が鼻水と混ざってしまいます。 副鼻腔の膿そのものが臭ってしまうこともありますし、後鼻漏といって鼻水が喉にたれてしまうことで喉のほうがなんとなく臭うように感じることもあります。 このように膿が臭いのもとになってしまっているのです。 もう1つは蓄膿症になることで鼻がつまってしまい、 口呼吸になることが原因です。 膿の方が原因である事が有名で話題にならない事もあるのですが、口を開いた状態でいることが増えて口腔内が乾燥し、細菌が増加しやすくなるので口臭だけではなく、 虫歯や歯周病にもなってしまうこともあります。 唾液は食べ物の消化促進や口腔内の細菌の増殖を防ぐ役割があるので、 これが少なくなってしまうと口の中の食べカスが発酵してしまうので、これが口臭になってしまうこともあります。 蓄膿症をほっておくとよけい臭いがひどくなってくるので、なるべく早く改善できるようにしたほうが良いでしょう。 蓄膿症の臭いで他人にも迷惑がかかることも 蓄膿症になる前にはまず鼻炎になっていることが多く、これが進行すると急性副鼻腔炎になってしまうことがあります。 急性副鼻腔炎が慢性化してしまったものが蓄膿症なのです。 症状としては鼻水や鼻づまり以外にも頭痛、発熱、副鼻腔の圧痛や鈍痛などがあります。 そして 膿がたまってくると他人にまで気づかれるほどの臭いを発するようになるので困りものです。 もちろん他人には蓄膿症が理由だとわかりませんから、歯磨きなどをしない不潔な人だと思われてしまうなんて事も。 それぐらい蓄膿症は臭いがひどくなる事があるんです。 くしゃみをした時に空気中に臭ってしまったり、誰かと会話している時にふわりと悪臭が臭ってしまうこともあります。 膿はあまりに大量に溜まってしまうと鼻水と一緒に排出されることもなく、専門医による施術を受けて排出させるしかなくなります。 自分で全ての膿を排出させることは無理なので、様々な症状と共に悪臭に悩まされることになります。 副鼻腔の臭いは硫黄、腐った魚、生ゴミ、どぶなどの臭いと似ているといわれています。 ひどい症状が出る前に早めに治療を受けた方が良いでしょう。 スポンサードリンク 蓄膿症の臭いを消す方法について 蓄膿症の悪臭は自分ではどうにもできません。 上記でも説明した通り蓄膿症は鼻炎や副鼻腔炎が慢性化して悪化したものなので鼻の状態としてはすでにあまりよくない状態なんです。 臭いを消すためには早めの治療を受けることが大事です。 放っておけばおくほど膿がどんどん溜まっていくのでにおいも比例して臭くなっていきます。 治療はアレルギーを抑えるような薬、抗生物質などを服用することがほとんどです。 重度であればあるほど完治するまでには時間がかかります。 また治っていくまでにも個人差があります。 クリニックによっては噴射タイプの鼻炎薬を処方されることもあります。 またあまりにも膿の量が多く、症状がきつい場合には外科的な手術をして膿を全て出してしまいます。 以前は入院する必要があった蓄膿症の手術ですが、最近では1時間ほどの手術を受けた後に日帰りできるタイプのものもあります。 ただ気をつけなければいけないのは繰り返すことがある病気だということです。 治っても免疫力が落ちてしまった時などにはまた再発してしまうことがあります。 症状が辛いので何度も繰り返すのはきついと感じる人もいます。 何度も再発しないように治療をしっかりと受けて完治させた上で免疫力が落ちないように工夫をしたり、アレルギー症状が出ないように予防を前もってしておくことも再発防止には有効です。 関連記事: まとめ.

次の

蓄膿症の臭いの原因や消す方法について。他人にもわかるもの?

蓄膿症 臭い 消す

独特のにおいがある食べ物や飲み物を口に入れると鼻ににおいが伝わり、鼻が臭っているように感じることがあります。 このような場合は鼻に異常はありませんが、人によっては鼻の病気が原因で自身の鼻自体から不快な臭いを感じることがあります。 どろっとした臭いのある鼻水が出る• 同時に口臭もひどくなっている気がする• 何も臭うものがないはずなのに、悪臭を感じることがある このような症状がある場合、どのような病気が考えられるのでしょうか。 医療機関を受診する際のポイントも併せて見ていきましょう。 症状に鼻の臭いが挙げられる病気 鼻から不快な臭いがする場合に考えられる病気には、以下のようなものがあります。 副鼻腔炎 ふくびくうえん とは、副鼻腔(鼻の穴の周りにある骨で囲まれた空洞)が炎症を起こしてしまう病気です。 には急性と慢性があり、急性は細菌やウイルスの感染で発症し、 膿性鼻漏 のうせいびろう と頬の痛みが特徴です。 慢性は副鼻腔にある分泌物や膿が排出できなくなった状態です。 の場合は膿がたまってしまうため、口や鼻水が臭うようになります。 また、頭重感などが症状として現れることもあります。 は放っておくと鼻にポリープができ鼻が詰まったり、炎症が目の神経や脳に波及し、視力障害や、を引き起こしたりすることがあるので、臭い鼻水が気なり始めた方は一度医師に相談してみるとよいでしょう。 萎縮性鼻炎 萎縮性とは、鼻の中の粘膜が硬くなって乾燥したり、かさぶたができたりして粘膜に異常が生じてしまう病気です。 外気にあるほこりやゴミを取り除くはたらきをする粘膜が正常に機能しなくなるため、鼻の中が不衛生な状態となり、不快な臭いが出るようになります。 このほか、大量の鼻血が出ることもあります。 はっきりとした原因は分かっていませんが、生活習慣との関連性が指摘されていますので、医師からこの病気の診断を受けた場合は生活リズムや食生活などを見直してみることも大切です。 慢性鼻炎 とは、鼻の粘膜が長期間にわたって炎症を起こしている状態のことを指します。 炎症で粘膜が腫れて空気の通り道が狭くなり、息苦しくなったり、慢性的な鼻づまりになったりします。 がを合併している場合は、鼻や口から悪臭が出ることがあります。 発症の原因はさまざまで、ダニや花粉などの物質、大気汚染物質、風邪などが挙げられます。

次の