モバマス ss ヤンデレ。 [B!] モバP「絶対監禁なんかされないんだから!」 : モバマス SS

【佐久間まゆSS】P「まゆはポンコツヤンデレ」

モバマス ss ヤンデレ

概要 『』に登場するタイプのアイドルの内、要素を持つとされた4人、を筆頭に・・で構成されるの集合。 由来はなどで提唱された から。 他にプロデューサーに対する執着心や独占欲が強いのが特徴で、『』第48話2コマ目で目のハイライトが消えている等の理由でや、公式のセリフからを立てる向きもある ただし、誰か1人と入れ換えるか、5人で「 ヤンデレ五奉行」などとするかについての議論はあまり活発ではない。 余談だが 全員に姿のカードがある。 注意点 本項目の4人の括りはあくまで 上のものである。 公式で斯様な設定が為されている以外の3人に関してはと認めるか否かについて議論の余地が残る。 まゆも含め、公式レベルを逸脱したキャラ付けに対して不快に思う者は多いので、 TPOと節度を弁え、空気を読んだ上で楽しむこと。 なお彼女らを【束縛系】【依存系】【執着系】【狂気系】ヤンデレに据えた画像は、元は『デレマス』とは無関係の男性キャラクター4人をアイドル達に置き換えたものであり、 彼女ら4人の性質そのものを表しているわけではないことも覚えておこう。 公式での交流 決してではない 第2回総選挙では、属性別ランキングのCu版で• 輿水幸子• 佐久間まゆ• 緒方智絵里 と、3人ともヤンデレ またはその疑惑 で独占されている。 第6回総選挙では、属性別ランキングのCu版で• 佐久間まゆ• 緒方智絵里 と、まゆと智絵里が第2回以来共に属性別トップ3にランクイン。 また全属性別トップ3が合流して新曲を発表するため、まゆと智絵里は楽曲「 」で3度目の共演を果たした。 002 『デレマス』のカヴァーアルバム「jewelries! 」のキュート第2弾で、当時ボイスが実装されていたまゆと智絵里が共演。 オリジナル曲「」「」を共に歌い、『アイドルマスターシンデレラガールズ 』にて「パステルピンクな恋」がイベントに登場した際、「」として再結成したときも共演した。 スターライトステージ 第3回 『デレステ』にて開催された上記イベントで、イベント楽曲「」を歌う特別ユニット、 でまゆと智絵里が2度目の共演。 楽曲テーマが「」とだけあって、まさしくヤンデレ属性持ちの2人にはぴったりではないだろうか。 ただのせいで、は半ばヤバい状況に… LIVE Groove Dance burst第4回 『デレステ』にて開催された上記イベントにて、イベント楽曲「」を歌うユニットとして、オリジナルを歌うまゆと追加メンバーのゆかりが初共演。 ゆかりはこの曲がボーカルデビューとなった。 ストーリーコミュ第36話「Voi che sapete…」 『デレステ』の上記ストーリーコミュにて、ゆかりと響子が初共演。 これにより、『デレステ』内で4人は誰かしらと関わりを持つようになった。 LIVE Parade第5回 『デレステ』にて開催された上記イベントにて、イベント楽曲「」を歌う特別ユニット、で響子とゆかりが2度目の共演。 楽曲テーマが「結婚」つまり「愛」。 やはりCuって… ちなみにスペシャルコミュプロローグでは、が響子にに見せかけたオファーを仕掛けた。 まゆに見られてないと良いが… TVアニメ『』 TVアニメ『シンデレラガールズ劇場』第2期1発目のテーマソング「」を歌うユニットで響子と智絵里が初共演。 ちなみに2人とも第1期の『火曜シンデレラシアター』で単独出演の回が公開された。 また後に開催された「第33回」では、この楽曲を歌った5人で を結成し、2人は2度目の共演を果たした。 それぞれの愛の形 四天王のプロデューサーに対する愛の形は各人様々である。 その定義も人によってまちまちだが、参考までに見解をいくつか紹介する。 ここに挙がっている4人の中では唯一の追加実装アイドルであり、また唯一公式で「 ヤンデレ系」というワードが使用されたことがある。 プロデューサーのために元々居た読者モデルの事務所を辞める、プロデューサーと出会ったのはだと発言するなど、プロデューサーへの執着が殊更強い。 エリアでの初登場時の特訓前カードで見せたのような構えや、その諸々の言動が印象に残っている諸兄諸姉も多いのではなかろうか。 ただしからは プロデューサーが絡まないとええ子 とされている。 またCDデビューやボイス実装を経て、過激な言動は次第に鳴りを潜めていき、いわゆる「狂気系のヤンデレ」とは違った道を歩んでいる。 元より「他人に危害を加えるタイプではないのでは? 」との声も多く、ほかの子を押し退けるよりも自らが人一倍頑張って選んでもらいたいスタンスのようである。 周りを気遣うこともでき、プロデューサー以外のアイドルたちとの関係性も大切にするなど、基本的によくできた人間性であることがうかがい知れる。 プロデューサー、あの…見捨てないでくださいね…? キュート属性は元より、当ゲームの登場アイドル全体の中でも屈指の人気を誇る彼女であるが、初期のカードにおいてはプロデューサーに見捨てられることを強く恐れ、依存的な台詞も多く見られた。 ちなみに彼女が趣味で集めているの花言葉は「 私のものになって」である。 このほか、初期のカードでは手首が隠れていたため、の痕を隠しているとの推測まで登場したがこれは に終わった。 また元々内気でおどおどした言動が多い彼女だけに、先述の「依存的」とされる台詞についても、アイドルという未知の世界に対する純粋な不安から来るものとする意見も多く、現にで序盤は「カエルさんのおまじない」に依存していた。 ただし台詞が「ヤンデレ的」であるかという点については見解が分かれ、 こじつけ感が強いとの意見もある。 幻想公演『黒薔薇姫のヴォヤージュ』では、【 R[ヴォヤージュ・ヒーラー]】が追加された。 特訓前の表情やセリフには 本物っぽさが感じられるが、あくまで感情を込めた演技である。 そもそもヤンデレの演技でなくの演技であるので注意されたい。 また『』でのイベントコミュ「あいくるしい」で演じたドラマ上の役割は「 愛を知らない少女」であり、当人も愛に関してはやや無頓着な面が見られた。 Pさん! 私、いいお嫁さんになると思うんですよ! 家事全般を趣味として挙げる、世話焼き女房的な立ち居振る舞いが多いなど、15歳という年齢に似合わず嫁アピールが強い。 そこから、勝手にを作って家に入ってきそうな「 押しかけ女房型ヤンデレ」と見なされた。 スカウト直後であろう初登場時のセリフでいきなり良妻アピールをしてPに言われるまでアイドルをするということを知らなかった点も拍車を掛けている。 ただし成立の経緯を見る限り、「四天王」という言葉が先にあっての数合わせ的要素が強く、あくまでも初登場時の台詞の深読みであり元は ヤンデレを意図した書かれた台詞ではないということを念頭に置きたい。 「」において、片手に鋏を持ち顔に影がかかった、いかにもな表情の【 SR[学園の秘密・S]】が追加されたが、これは あくまで映画の役であり本来の彼女にヤンデレ要素は皆無であることは忘れないでいてほしい。 のちにで「」を歌唱したことで、それまではまゆが担当していたも受け継いだ。 同誕生日・同年齢であるを絡めたネタも。 ニコニコ動画でのCuヤンデレ四天王 を制作するアルトPの作品にはCuヤンデレ四天王の4人が多く登場する。 しかしそれぞれのキャラクターは公式とも上記の解釈とも大きく異なった、アルトP独特の設定で構成されているので注意。 たぶん動画を見ればすぐによーくわかる。 結びに 『』は個性豊かなアイドルを集めて、トップアイドルに育てるである。 みんなも好きなアイドルをプロデュースして、トップアイドルに育てy プロデューサーさんが好きなのはわたしですよね…? 関連タグ :重い関連。 メンバー相関 まゆ 智絵里 ゆかり 響子 Heartful Bloom Love Yell ゆかり 「あいくるしい」メンバー 智絵里 関連記事 親記事.

次の

Cuヤンデレ四天王 (きゅーとやんでれしてんのう)とは【ピクシブ百科事典】

モバマス ss ヤンデレ

全商品はブランドコピーN品で業界で一番よい品質です。 ブランドコピー通販は主にルイヴィトンコピー商品、グッチコピー商品、シャネルコピー商品。 ブランドコピーバッグ、財布、ネクタイ、シューズ、サングラス、帽子、ベルト、マフラー、傘、生地コピー、アクセサリーなどを販売しております。 ロレックスブランドコピー、オメガブランドコピー、IWCブランドコピー、ウブロブランドコピー、ブルガリブランドコピーなどの腕時計も取り扱っております。 営業時間 ご注文はオンラインにて年中無休、24時間受付けております。 ブランドスーパーコピー 765プロ• 876プロ• 961プロ• モバマス• グリマス• ユニット別リンク.

次の

【佐久間まゆSS】P「まゆはポンコツヤンデレ」

モバマス ss ヤンデレ

瑞樹「今の正気を失ったプロデューサー君なら、きっと簡単に堕ちるはず」 瑞樹「当然ね。 どう?プロデューサー君、堪らないでしょう?」ウッフン P「・・・」 瑞樹「ほらほらどうしたの?我慢する必要なんてないのよ?」 P「川島さん」 瑞樹「いやだわ。 私と君の仲でしょう?『瑞樹』、って呼んで頂戴な」 P「何か辛い事があったなら相談に乗ります。 俺に不満があったなら謝ります。 ですから、こんな事は止めましょう」 瑞樹「えっ」 めげずに書くよ!どうせもうすぐ終わりだしね! 凛「ねぇ、プロデューサー」 P「な、何でございますでありおりはべりいまそかり?」 凛「あはは。 変なプロデューサー。 別に怒ってるんじゃないんだから、楽にしてよ」 P「お、おう」 凛「まぁいいや。 それでさ、私、プロデューサーに言っておきたい事があったんだよね」 P「はははっ。 いいぞ、何でもご覧(震え声)」 凛「昨日さ、プロデューサー。 私に酷い事言ったんだよ。 色目使ってるとか何とかさ」 P「え、えぇっと、その、覚えがないと言いますか、あの」 凛「は?何それ?あんな事言って、覚えてないで済ますの?」 P「待て待て、決してそんなつもりでは」 凛「これはお仕置きがいるね」 P「議論の余地はなしですかそうですか!」 のあ「・・・待っていたわ。 たとえ望まぬものでも・・・・・・この想いは、止められはしないから」 真奈美「遅かったじゃないか。 こちらから向かおうかと何度も悩まされたぞ?」 輝子「フヒッ。 P、わ、私はもう、親友じゃ満足、できないかも」 晶葉「全く。 君たちには精巧に作ったPロボをくれてやると言っているのに」 菜々「だーめです!そんな事よりプロデューサーさん、菜々と結婚すれば一気にウサミン星の王様ですよーっ!」 P「こ、これは・・・」 ちひろ「それはまぁ、こういう事ですよ」カランッ P「たっ、大量の、空き瓶・・・!?」 あい「全員、まんまとちひろさんに担がれたのさ。 あのな、皆で決めた事とは言え、やっぱりこういう事で決めるのは間違って」 蘭子「・・・・・・」スチャッ P「待て。 俺が悪かった。 済みません。 プロデューサーの目障りになりたくないですから)」スッ P「アイドルがリストカットなんかするんじゃない。 大丈夫だ、ちょっと緊張してるだけだから」 蘭子「門出はいつの日か?(結婚式はいつにしましょう?今から楽しみです!)」 P「あぁ、そうだな・・・」 ちひろ(面白くないですねぇ。 総選挙と日時が近いのが災いしましたか) ちひろ(公平に争える舞台を利用して、プロデューサーさんの争奪戦代わりにするとは) ちひろ(仕方ない。 ここは一つ波紋を起こすとしましょう!) マストレ「待たせたな。 今日はどういったご用向きかな?」 ちひろ「どうも、マストレさんにベテトレさん、トレーナーさんにルキトレちゃんも!まぁこれを見て下さいよ」 ベテトレ「スタミナドリンクか?少し瓶の外見が違うようだが」 ちひろ「その通り!これはスタドリを基にした、全く新しいドリンクなんです!」 ルキトレ「で、何であたし達を呼んだんですか?」 ちひろ「試してもらおうにも、この時期はみんな忙しいんですよ・・・」ヨヨヨ マストレ(自分で試せば良かろうに) マストレ「じゃあ一つ、もらおうか」 ルキトレ「あたしもーっ!」 トレーナー「どうぞ、姉さん」 ベテトレ「さて。

次の