大阪王将 店舗。 餃子の王将

【ゲンバビト】餃子の王将全国売り上げNo.1店舗はどこ?人気メニューベスト10を調べてみた!3月10日

大阪王将 店舗

京都を拠点としていた 「餃子の王将」創業者の親族がのれん分けという形で大坂を拠点に 「大阪王将」を創業、当初店舗名はいずれも同じ 「餃子の王将」を名乗っていました。 しかし、 「大阪王将」がチェーン展開し、本家「餃子の王将」お膝元の京都にまで進出したため裁判沙汰となり、和解の末に 「餃子の王将」 「大阪王将」と店舗名を分けることになりました。 ちなみにこういった拠点の経緯から 「餃子の王将」および株式会社王将フードサービスを「京都王将」と呼ぶこともあります。 現在ではそれぞれ独立した中華料理チェーンとして特色を出しています。 「餃子の」という名称は本家の株式会社王将フードサービスのみが使用でき、外観では赤・黄・緑のラインを使用した看板が 「餃子の王将」しか使えません。 大阪城を模した看板の 「大阪王将」は外装、内装とも少し居酒屋っぽく、 「餃子の王将」と比較してメニューも豊富です。 余談ですが 「餃子の王将」は餃子のことを「コーテー」というなど、中国語としては通じない王将用語があり、「イーガーコーテー」「リャンガーコーテー」などといった意味不明な注文伝達が飛び交います。 株式会社王将フードサービスが京都を拠点に全国展開する中華料理チェーン「餃子の王将」が本家、イートアンド株式会社が大坂を拠点に全国展開する中華料理チェーン「大阪王将」が分家 よく読まれている [ 違いは? 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 134• 131• 100• 441.

次の

お店へ行こう

大阪王将 店舗

京都を拠点としていた 「餃子の王将」創業者の親族がのれん分けという形で大坂を拠点に 「大阪王将」を創業、当初店舗名はいずれも同じ 「餃子の王将」を名乗っていました。 しかし、 「大阪王将」がチェーン展開し、本家「餃子の王将」お膝元の京都にまで進出したため裁判沙汰となり、和解の末に 「餃子の王将」 「大阪王将」と店舗名を分けることになりました。 ちなみにこういった拠点の経緯から 「餃子の王将」および株式会社王将フードサービスを「京都王将」と呼ぶこともあります。 現在ではそれぞれ独立した中華料理チェーンとして特色を出しています。 「餃子の」という名称は本家の株式会社王将フードサービスのみが使用でき、外観では赤・黄・緑のラインを使用した看板が 「餃子の王将」しか使えません。 大阪城を模した看板の 「大阪王将」は外装、内装とも少し居酒屋っぽく、 「餃子の王将」と比較してメニューも豊富です。 余談ですが 「餃子の王将」は餃子のことを「コーテー」というなど、中国語としては通じない王将用語があり、「イーガーコーテー」「リャンガーコーテー」などといった意味不明な注文伝達が飛び交います。 株式会社王将フードサービスが京都を拠点に全国展開する中華料理チェーン「餃子の王将」が本家、イートアンド株式会社が大坂を拠点に全国展開する中華料理チェーン「大阪王将」が分家 よく読まれている [ 違いは? 新着の [ 違いは? カテゴリー別 [ 違いは? 134• 131• 100• 441.

次の

【大阪王将 世田谷駅前店】チャーハンと餃子を食べに行ってみた!テイクアウトもあり

大阪王将 店舗

2017年12月19日 15:00 餃子チェーンというと「餃子の王将」が有名だが、もうひとつ「王将」という名を持つチェーンがある。 それが「大阪王将」だ。 同店の成り立ちについて、外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏が説明する。 「1967年に京都で誕生したのが『餃子の王将』で、そこから暖簾分けする形で1977年に誕生したのが『大阪王将』です。 『餃子の王将』は『京都王将』と呼ばれることもあります。 京都王将は700店舗以上を運営、大阪王将は360店舗ほどです」 餃子はもちろん、チャーハンや麺類、八宝菜、麻婆豆腐、酢豚などの定番中華料理を提供する大阪王将。 餃子の王将(京都王将)との違いはどんなところにあるのだろうか。 「『京都王将』との大きな違いは、餃子メニューのバリエーションです。 『京都王将』は基本的に通常の餃子(240円、税別以下同)のみが販売されていますが、『大阪王将』では『元祖餃子』(241円)のほかに『ジャンボ肉汁餃子』(454円)、『大山鶏の鶏しそ餃子』(334円)、『さくさく揚げ餃子』(241円)、『葱盛り餃子』(334円)が販売されています。 さらにスープ系の『スープ海老餃子』(454円)、『ぷるもち餃子』(269円)もあり、いろいろな餃子が楽しめる点が特徴的です」(小浦氏).

次の