りんご 食感 もさもさ。 りんごの栄養成分と正しい食べ方とは|味の農園

リンゴの食感 もっさリンゴ

りんご 食感 もさもさ

みなさん、リンゴのコンポートってお好き? 私(筆者)はだーいすきなのですが、あれ、ちゃんと作ろうとすると手間がかかるんですよねえ。 しかも長時間にわたって火にかけるからガス代が気になるし、なのに時には焦げちゃうし。 1時間半もトロトロ煮たあげくに焦げついてしまったときにゃあ、「焦げがおいしいんだもーん」とか開き直って完食しますけどね。 ズボラな私が失敗知らずで作れるお手軽コンポートはないか…… 長年そう考えていたのですが、先日発見しちゃいました。 ええ、怪我の功名で。 世紀の大発明的なレシピじゃないかと思うので紹介します。 あれは……忘れもしない10月3日の夜のこと。 仕事上のミスが重なり、帰宅がとっても遅くなって、とぼとぼと道を歩いていたら背後から声が聞こえたのです。 「お嬢さん、今ちょっとお時間、いいですか」 まあ、あんまり暇じゃなかったけれど、というか誰かとお話したい気分ではなかったけれど、アラサーの私を「お嬢さん」と呼ぶのはどんなダンディ男性かと思って振り向いたわけです。 するとそこにいたのは…… って、こういう変な前振り、イラナイですよね。 すみません、すみません。 あまりに作り方が簡単なもので、ちょっと粉飾してみようかと。 このまま続けたらリンゴが冷凍庫にたどりつくまでに5記事くらいかかってしまう。 とにかく、うっかり冷凍庫に入れちゃったってだけ。 失礼しました。 <材料> ・リンゴ 1個 古くても新しくても良いです。 記者は最初、生で食べたらマズいことがわかりきっているリンゴを使いました。 古いリンゴも凍らせるとおいしく食べられます。 <必要なもの> ・冷蔵庫の冷凍室 ・包丁 ・皿 <作り方> 1.リンゴを洗う。 リンゴの皮は皮ごと食べるので、念入りに洗ってください。 2.リンゴを冷凍庫に入れて一晩置く。 3.リンゴを冷凍庫から出して室温で解凍する。 蜜がたれる時があるので、皿にのせて解凍するといいですよ。 冷凍庫から出すと、リンゴの周りに霜がばーっとついてくるのが楽しいです。 洗うと、水滴が凍ります。 4.完全に解凍したらできあがり! 皮付きのまま、包丁で切り分けて食べます。 最大に盛って書くとこんな具合ですが、 簡潔に書くと「リンゴをよく洗って丸ごと冷凍してから解凍する」ってだけ。 むっちゃ簡単。 なのに、リンゴのシャリ感は残りつつ、皮と実の色味も美しい絶品スイーツになっちゃうわけです。 コンポートよりもちょっと固いけれど、リンゴの甘さが最大限に生かされてます。 ちょっとシナモンパウダーでも振りかけてみたら、もう大変。 「わたくし優雅なティータイム中ですのよ」と上品な気持ちすら噴き出してきちゃいます。 シナモンパウダーに加えて、アイスクリームやヨーグルト、ミントを添えたりすれば、おもてなしスイーツにだっていけちゃいそうな佇まい。 ラムレーズンをトッピングするのもいけます。 冷凍庫にリンゴを入れるという失敗から産まれた絶品スイーツ。 これはパンをうっかり放置しちゃって発酵する技術を見つけた人や、煮た大豆を俵に詰めてうっかり納豆を作っちゃった人、発酵中のワインを瓶詰めにして放置してたらシャンパンを発明しちゃった人に並ぶ、大発明なんじゃないでしょうか。 (冗談です) とにかく、手軽く新食感が楽しめる凍らせリンゴ。

次の

秋映 あきばえ | りんご(林檎/リンゴ) 品種の特徴 食べ方 選び方

りんご 食感 もさもさ

いっちーさんボケ林檎好きですかー。 親戚が長野で林檎農園やってるので、分かります。 でも「この林檎ちょっとボケてるよ」イコール「食感悪い」 イコール「まずい」と言う感覚があるのですが… こちらカリフォルニアには沢山の種類の林檎が売られていますが (Red Delicious, Golden Delicious, Fuji, Gola, Granny Smith等) まだボケ林檎には出会っていないです。 多分アメリカ人にとってボケた食感の林檎はタブーなのだと思います。 ず〜と前に、ダーリンに10日位前に買った林檎を食べさせたら(食感的にボケてた)、 "This apple has GONE BAD!! "といいながらはき捨ててました(笑)。 しゃきしゃき感はCRISPで表現します。 例: "Golden Delicious apples are full and round and have firm, crisp flesh that is sweet and juicy. " とか "Granny Smith has crisp mouth-watering tartness. " ボケ林檎の直訳はできないと思いますが、 よく果物を食べたとき、味は悪くないけど食感がジューシーでない時 "The taste is not too bad, but it is dried out. "などと言ったりしてます。 みなさん、ありがとうございます〜。 英語にいく前の段階で悩ませてしまってごめんなさい。 実は、「ボケたリンゴ」という表現は、ずいぶん前に新潟の人が使っていたのを聞いて、それ以来気に入って取り入れてました(責任転嫁)。 いつも通じてたので、これでOK!と思ってましたが……。 わたしとしては、ボケはボケでも、おいしいボケなんです。 ブランドでいえば、王林なんですけど(王林ファンの方に怒られるかなあ)。 この2日間で10名弱の人と「リンゴ、あなたはどっち派?」って話になって、ボケボケ派は圧倒的劣勢でした。 でも妙に盛り上がったもので、英語でどういうのかな、ひと言であらわせるのかな、と思いまして。 りっちゃんさま> リンゴのしゃきしゃきもcrispなんですかー。 crisp, crunchyなど見つけたのですが、なんとなーくしっくりこない気がしてたので、わかって嬉しいです。 イメージの湧きやすい例文も、ありがとうございます! そっかー、ボケりんごは、好み云々の前に、リンゴの資格なさそうですね…(涙) いっちーさんへ あうあう、ほくほくリンゴがNGとかではなく・・・ ロイさんにおこたえすると、「3」です。 リンゴは比較的長期間保存ができる果物ですが、品質が落ちたり、旬が過ぎると、「ボケてきたね」って言っています。 食感を「ボケボケしてる」と言ってみたり。 だから、もともと「ボケボケ」している種類のリンゴもあると知ったときには驚きました! 日本のシャキシャキとしてみずみずしい梨を食べなれているところに、初めて洋梨を食べたときの衝撃に似ています。 その食感に、「うわ〜、なんじゃコリャ〜」と思ったけど、食べなれてきたら、別のものとして美味しいし。 すっかりリンゴ談義ですみません。 ちなみに、アップルパイのリンゴは、シャキシャキしているより、ほくほく系になっているほうがスキです。 そうなんですよううう。 わかってくださってありがとう。 それをまとめてくれたロイさん、さらにありがとう。 >ゆうこさん ぼさぼさ…。 >まこちゃん もさもさ。 お心遣いというか、ひょっとして、それぞれのリンゴへの思い入れがそのまんまコトバになってるんでしょうか。 とにかく、ロイさん分類による3と4を区別する語彙の必要性を感じました。 ちょっとギターかついで、探求の旅に出てきます。

次の

りんごと梨の違い!似てるようで似てない2つを徹底比較!

りんご 食感 もさもさ

実りの秋!この時季、旬を迎えるフルーツの定番「りんご」。 ふじ、王林、つがる…スーパーの果物売り場にはいろんな種類のりんごが並んでいますよね。 でも、品種によってどんな違いがあるのか「正直、よくわからない!」という人も多いのではないでしょうか。 1939年に青森県藤崎町にあった園芸試験場東北支場にて生まれ、1962年に「ふじ」として品種登録されてから長く愛され、2001年には品種別の生産量で世界一にもなりました。 また、ふじには突然変異(枝変わり)により、形・色合い・収穫時期など性質の異なる系統がたくさんあるそう。 ふじより1ヵ月早い10月初旬に収穫できる早熟系統の早生ふじ(ひろさきふじ、昂林、ほのかなど)や「赤色が濃い」「縞が入っている」といった色づきの良い系統があります。 青森県では、着色や色づきを良くするために有袋で栽培されたふじは10月下旬から、無袋で日光をいっぱい浴びて甘くなったサンふじは11月上旬から収穫されます。 甘味・酸味・食感のバランスが良い人気品種です。 <見た目> 表皮は少し黄色が混ざっている赤色。 「りんごは皮が赤いほどおいしい!」そんなイメージがありますが、赤いからといって必ずしも熟しているとは限らないそうです。 今回、アマノ食堂のスタッフが選んだものは表面が少しつややかに光っていました。 <食感と味> かじると「さくっ」、噛むと「しゃくしゃくっ」! まさにりんごのイメージそのものの食感。 味は、ほかの品種と比べて少し酸味を感じましたが「よく食べるりんご」からイメージされる味で、安心感があります。 青森県では10月中旬に収穫され始めます。 しっかりと完熟したほうが甘味と酸味のバランスや口当たりもよく、熟期の10月下旬まで待てばよりおいしく食べられるかもしれません! <見た目> 円形で豊満で、橙紅色。 <食感と味> かじると「しゃきっ」とした食感。 じゅわっと果汁が出てきて、甘味がたっぷり、酸味は少なめの味わい。 りんご味のグミはジョナゴールドの味に近いかも!全体的に丸みのある優しい味です。 1930年に青森県りんご試験場(現:りんご研究所)で生まれ、1975年に品種登録されました。 かつては「咳払いをするだけで枝から落ちてしまう」「色付きが良くない」などと言われたことがあり、品種登録までに時間がかかった!という説も。 でも現在は早生りんごの中でも食味が良くなったそう! 芳明つがる、つがる姫、みすずつがるなどの着色の良いものも増えました。 青森県で収穫は9月中旬〜中旬とほかの品種に比べると少し早めです。 <見た目> 赤い皮に黄味がかった斑点が少しあります。 今回スタッフが選んだ「つがる」「サンつがる」はしっかりと熟しているようで、ジョナゴールド同様に油上がりを感じました! <食感と味> 他のりんごに比べると食感は柔らかな印象です。 ジョナゴールド同様、口に入れた瞬間にじゅわっとするほど果汁は多め。 桃にも近いようなとってもジューシーでやわらかい甘味。 ふじに続く国内2番手の生産量を誇っています。 収穫期は10月から11月上旬。 保存性が高く冷蔵管理されたものが翌年の春まで長期間販売される、ふじと並んで晩生種の代表的な品種であり、青りんごといえば「王林」を思い出す人が多いようです。 <見た目> 青みがかった皮に果点と呼ばれる点が多く見られます。 一番味にクセがない品種です。 青森県では10月中旬に収穫されます。 <見た目> 深い赤の表皮が印象的で、ほかの4種類よりも一回り小さなサイズです。 <食感と味> 「…酸っぱい!」と思わず言い放ってしまったほど強い酸味。 ただ噛み続けると、じわじわと甘味が感じられてきます。 後味はとにかくすっきりさっぱり。 スーパーの果物売り場に「皮をむかなくてもおいしい!」と紹介されていたのでさっそく試したところ、皮が柔らかくクセがないためとても食べやすかったです。 *** 「ふじ」と「サンふじ」の違い…〇〇が違うだけだった!? 「ふじ」と「サンふじ」、どちらも「ふじ」がついているけれど「きっとどこかが違うんだろうな~」と思いますよね?でも、実はまったく同じ品種! 違いは「栽培の方法」。 ひと言でいうと、袋をかけて栽培したかどうか。 有袋栽培で育てると「ふじ」、無袋栽培のものが「サンふじ」。 ちなみに「サン」という名前の付いているりんごは他の品種にもありますが、どれも栽培方法の違いなんですって! 袋をかけずに栽培されるサンふじは、ふじに比べて太陽の光をたくさん浴びることができます。 そのため甘味が強くなるのが特徴。 赤や黄色のりんごが実るこの品種、栽培が比較的簡単なためか、観賞用としておうちで育てる人もいるのだそう。 ただ、酸味が強いので生食にはあまり向きません。 コンポートやりんご飴のほか、りんご酒などに加工することでおいしく食べられます。 イギリスでは国内生産の45%ほどがこのブラムリーで、ポピュラーな品種なのだとか。 見た目は、普段スーパーで目にする青りんごよりもより青みがかっています。 「ミニりんご」同様、生食では酸味が強烈のため料理で活用するのがベター。 また、煮溶けるのが早いことも特徴で、豚肉のパイやソテーなどの肉料理にもぴったりです。

次の