日航 ジャンボ機 墜落 事故 真相。 日航機墜落事故(123便)の事故原因は、何だったのでしょうか?様々な噂...

日航123便墜落事故原因に迫る新事実!この事故は「事件」だったのか!?|Web河出

日航 ジャンボ機 墜落 事故 真相

1985年8月12日、日本航空123便が群馬県上野村の御巣鷹山に墜落し、520名の犠牲者を出した「日航ジャンボ機墜落事故」から30年がたつ。 お盆時期の夕方だったためジャンボは満員で、単独の航空機事故では犠牲者が世界最多となる、非常に痛ましい事故だった。 30年も前のことなので、20~30代だとこの事故のことをよく知らない人も多いだろう。 私自身もこの事故を認識したのは、2000年に入ってから公開された機内のボイスレコーダーを聞いてからだ。 この事故には謎が多く、いまだに陰謀説も囁かれるほど、事故の真相ははっきりと分かっていない。 最近、この事故について書かれた「墜落遺体」「墜落遺族」を読んで感銘を受け感想を書きたいのだが、その前にこの事故を巡る謎を簡単にまとめたいと思う。 日航機墜落事故のボイスレコーダー 墜落したJAL123便(伊丹行)は、8月12日18時12分に羽田空港を離陸した。 12分後の18時24分、異常事態が発生する。 突然の衝撃音とともに、123便の垂直尾翼が破壊される。 その時、ハイドロプレッシャー(油圧操縦)システムが損傷され、油圧関連の操縦が不可能になってしまう。 下記のサイトでは、その時点から墜落する18時56分30秒までの11分39秒間を、ボイスレコーダーの音声と文字、飛行概略図で再現している。 (注意:画面右の「FLASH」から飛行概略図に飛べるが、いきなり音声が流れるので注意) (上のページが期間限定で見られない場合は、同じ内容が下の動画で見られる) このボイスレコーダーのサイトを初めて見た時は、非常に衝撃を受けた。 油圧系ダウンのため飛行機が操縦できないという絶望的な状況の中、冷静にできる限りの努力を続ける機長たち。 その努力の結末を知っているため、最後まで音声を聞くことは辛くてできなかった。 このボイスレコーダーも、事故直後には公開されず、2001年に国土交通省が情報公開法施行に備え、この事故に関する多くの資料を処分した際に、危機感を持った関係者がコピーをマスコミに提供したことで明るみに出たという曰くがある。 墜落後の救助が遅れた謎 123便は、18時28分頃に緊急事態を表す「スコーク7700」を発信し、18時59分以降レーダーから消失する。 つまり、飛行機がどこにいるのか(どこに墜落したのか)が分からなくなる。 そのため、墜落現場が判明したのは、なんと翌日8月13日午前4時30分過ぎ(航空自衛隊救難隊による)であり、救助活動が行われたのは、墜落から14時間後の午前8時半だった。 だが、事故直後に在日米軍が墜落現場を突き止め、救助活動を開始しようとしていたのに、寸前で中止を命じられ他言も禁じられたという証言もある(動画参照)。 これは、墜落直後にヘリコプターが一度近づいたのに遠ざかっていった、という生存者の証言とも一致する。 真実はどうだったのかは分からない。 縦割りの行政当局が、「墜落位置が確定しないと救助要請など出せない」と、正確な墜落位置の特定に固執しすぎて救助が遅れたという話もある。 また、123便は多量の医療用ラジオアイソトープ(放射性物質)を積んでいたため、自衛隊は放射能汚染を警戒して待機していたという話もある。 もし墜落後比較的早く救助を行っていたら、もっと多くの命が救えたのではないかという点については、から引用したい。 生存者の証言によれば、墜落直後には相当数の乗客が生存していた可能性があった。 救出された、当時12歳の少女の証言によると墜落した直後は周囲からがんばれという励ましや、早く助けに来ないのかなどという話し声が聞こえていたが、次第に静かになっていったと語っている。 そのため、救出が早ければもっと多くの命を救えたのではないかという意見がある。 事故原因の謎 事故の原因、つまり、なぜ垂直尾翼が破壊されたかは、1987年6月に事故調査委員会が公表した報告書によると、ごく簡単に言うとこうである。 JAL123便は、7年前の1978年に着陸時に機体尾部が滑走路と接触し中破する「しりもち事故」を起こしていた。 その時の、米国ボーイング社の修理が不適切だった。 結果、圧力隔壁に金属疲労による亀裂が生じ、そこから客室内の空気が流出して垂直尾翼が破壊された。 だが、この報告書を巡っても、議論が多々ある。 垂直尾翼の大半は未回収のため、その破壊過程が特定できない• そもそも、尾翼の捜索自体が不十分である 最近でもこんなニュースもあるほどだ• 圧力隔壁から客室内の空気が流れ出すと、「急減圧」が発生する。 だが、パイロットが酸素マスクを使用した形跡がなかったり、生存者が急減圧時に発生する気温低下(マイナス40度にもなる)や強風を否定しているため、急減圧はなかったのではという意見もある また、日本航空も独自に事故調査を行い、報告書を2002年8月にまとめているが、なぜか非公開である。 日航機墜落事故の陰謀説 上記のように、事故の原因を巡って多くの議論がある状況を反映してか、日航機墜落事故には陰謀説もある。 米軍機の誤射説• 自衛隊機の誤射説• 核兵器運搬の証拠隠滅説• 当時総理だった中曽根氏が、この事故の真相は「墓場まで持っていく」と発言をしたという説(陰謀はともかく、新聞の首相動静によると、当時の首相で、墜落現場の群馬出身なのに、墜落当時はプール・ゴルフ・人間ドッグで、10月まで現場に来なかった。 さらには、このことも「自分はこの事件に全く関わっていない」ことを立証するためという説もある)• 日本初のOS「TRON」の研究者17名の暗殺説• 実は、男の子の生存者がいたのに暗殺された(これは、4人の生存者のうちショートカットの女の子がいたため、当初男の子と間違われて報道されたことに由来するトンデモ説)• 12日夜、待機命令を無視して救助に向かおうとした自衛隊員が射殺され、ニュース速報がNHKで出た(放送の事実はない) まとめ 日航機墜落事故にこれだけ陰謀説が存在するのは、多くの犠牲者を出した非常に痛ましい事故なのに、真相がはっきりしないからだと思われる。 上記で簡単にまとめた中だけでも、これだけの謎がある。 本当に、墜落した8月12日中に、墜落位置は分からなかったのか?• (米軍の救助申請が本当なら)なぜ断ったのか?• なぜ、垂直尾翼がいまだに全て回収されていないのか?• なぜ、ボーイング社は捜査に協力的ではなかったのか?(これは、今日放送のTV番組で当時の検事が言っていた) 垂直尾翼の回収などは仕方ないことかもしれないが、それでも「何かが隠されている」感を、部外者でも感じてしまうのだ。 墜落から30年、この事故を知らない人も増えている。 だが、2014年3月のマレーシア航空370便墜落事故を皮切りに、再び飛行機事故が増えてきている中、これほど犠牲者を多く出した事故を真相不明のまま風化させてよいのだろうか。 せめて、真相に近づく新事実が発見されないかを祈りたい。 nyaaat.

次の

日航機墜落事故の真相と生存者川上慶子、落合由美の現在は?生存できた理由に迫る!

日航 ジャンボ機 墜落 事故 真相

日航機墜落事故の概要 1985. 12 乗客乗員 524 人を乗せた日航 123 便が上野村山岳地帯に墜落して、 520 人が死亡、 4 名が重傷を負った、世界で最大、最悪の旅客機事故。 事故調査委員会が修理ミスの隔壁が破壊し、操縦不能に陥り、墜落したとの公式報告書を発表。 事故原因が記載されず、多くの疑惑、矛盾が指摘されたが、国は一切説明責任を果たさず、告訴された「ボーイング社」「日航」「航空局」も無罪が確定して、迷宮入りになった旅客機事故。 空の安全が第一の航空行政の航空局が再調査の指示を不作為して、権力者、自衛隊の加害責任を隠蔽した事件。 多くの方の賛同を得たが、一方反論も受けた。 本の表紙写真は 下に示す。 航空局、事故調査の安全委員会も一切公開質問状に回答せず、無視し、マスコミも傍観の姿勢を貫く情勢が続く。 権力者の自己保身のための情報統制は依然として、生きている。 掛かる著作で日航 123 便墜落の真実は 完全に明らかに出来たと考えるが 全ての方に理解出来、 満足の行くものではないかも知れない。 何故なら、事故調査の全ての記載は無理で、ここでは事故調査での裏話や背景、動機など補足説明を行うことで、より一層理解して頂けることがこの HP での説明の目的なのであります。 *著者・遺族 小田周二 プロフィール 生年月日 1937 年 奈良県御所市生まれ 学 歴 大阪大学工学部応用科学 化学工学修士 職 歴 プラスチック製造会社に勤務 研究、開発、製造、整備、品質管理、 TQC などに従事 現 在 神奈川県横浜市に在住 家 族 日航 123 便墜落事故( 1985. 12 )での犠牲者として、 次男小田浩二( 15 歳)小田陽子( 12 歳) 親戚 中上岑子 37 歳 中上義哉( 12 歳)中上佳代子( 10 歳) が死亡した。 12 連絡会 に参加 ・日本の空の安全を願う会 主宰 ・著作 「日航 123 便墜落事故 真実と真相」( 2015. 3 文芸社) 「 524 人の命乞い-日航乗客乗員怪死の謎」 2017. 8 文芸社) ・その他 「日航 123 便撃墜事件 真実と真相」「日航123便は何故 墜落したのか」など 著作 多数 ・公開質問状 「航空局」「運輸安全委員会(事故調の後継組織)「 日本航空」に提出。 前記「航空局」「安全委員会」からは一切 回答ナシ。 ・「日本航空」とは、事故原因について十数回 事故原因究明技術会議を開催中。 ・「仮説 X 」: 日航123便墜落の真実に基づき 告訴状を前橋地検に提出 2016. 12)(2017. 12) 前橋地検より「不起訴」処分の通告。 理由「嫌疑なし」 (2018. 29) 事故調査委員会の事故原因「隔壁破壊説」は捏造された結論だった!! 日航 123 便の垂直尾翼の破壊は事故の端緒であるが、これを後部隔壁部の破壊が原因だとし、墜落の原因とした段階で、事故 調は墜落の事故原因を意図的に捏造を行ったのである。 本来の事故調査は帰納法であるが、事故調は演繹法、三段論法で行った。 墜落の事故原因:結論を先に決めての杜撰で疑惑の推論である。 事故調査の科学的推論では「 CVR 」 [DFDR] 「残骸」だけでなく、より重要な目撃 目撃証言、関係者証言、告白を証拠と• して 採用するが 事故調は無視しており、意図的な手抜きで捏造が行われた証拠である。 壊滅的な垂直尾翼の破壊は機内高圧空気の流出では起きない。 更に同時に APU も破壊することは 、科学的に流体力学的に• 起きない。 自衛隊司令官は垂直尾翼の破壊は「標的機の衝突だ」と告白し、日航も直後に「外部からの力で破壊した」と主張している• 日航事故機の操縦性の判断として、事故調も「飛行の継続が出来た」ボーイング社も「旋回、上昇、降下飛行が出来た」• と提起し、 CVR の会話記録からも機長の指示に佐々木パイロットが忠実にコントロールしていて、手動でのエンジン出力調 整による操縦が出来たことを示している。 操縦出来れば、横田に着陸出来るのは業界の常識で日航も認めている。 高濱機長は横田に着陸を申請して横田は許可しているアントヌッチ中尉は無線傍受で確認し証言した。 然るに 何故横田に着陸出来なかったかの説明がないのは自衛隊戦闘機の追跡事実から、権力と武力による着陸妨害、禁止によるものと判断出来る。 川上村レタス畑で多数の農民は 123 便の不時着を目撃しているが、報告書には記載がなく、又飛行航路、飛行高度も大きな相違がある。 CVR,DFDR の修正、書き直しが行われたと判断出来る。 日航 123 便の墜落の事故原因が特定せず、書かれていない。 失格の公式報告書である。 墜落の直前に生還者の落合由美氏は「物凄い横揺れして、急降下: : 墜落した」と証言し、 CVR には「機長らの驚愕の絶叫」が記録されている。 地上の住民が「炎を上げ、黒い煙を出して飛行する 123 便」「 123 便を置き掛ける流れ星」を目撃し、墜落の数時間後には 日航副長町田直が「日航機は ミサイルで撃墜されたんだ」と遺族に真っ青な顔で告白している。 自衛隊、群馬県警は生存者救出を意図的に放棄し、自衛隊特殊部隊は重傷の生存者の毒ガスでの殺害を図った。 生存者救出に命がけで活動した米軍アントヌッチ中尉の活動には、日本側からの救出中止、撤退、活動の緘口令を要請した。 事故調はこのアントヌッチ中尉の活動を一切報告しなかった。 自衛隊幹部は救出活動の不作為の言い訳をしたが 10 年後にアントヌッチ中尉が告白しても一切説明責任を果たしていない。 事故から2年後事故調は「隔壁破壊説」なる事故報告書を公表した。 多くの疑惑、矛盾を提起されても事故調は一切無視して説明責任を果たさなかった。 1999 年、事故調は世界最悪の日航 123 便墜落事故の資料を完全に廃棄した。 捏造の証拠を処理廃棄し、再調査への道を閉ざす暴挙であった。 事故調の後継である「運輸安全委員会」は、事故から 26 年後、遺族だけを集めた「隔壁破壊説の説明」を分かり易く解説する集会を開催し、遺族を洗脳し、事故原因の方針を変更させる暴挙を実施し、成功した。 事故から、 30 年後、 2015. 8 航空局、日航は 1990. 7 の前橋地検の不起訴判断を持ち出し、告訴された「ボーイング社」「日航」「航空局」の三者は無罪だと断言し、司法として「無罪は確定している」と文書で通達して来た。 加害者だとして遺族に補償金を支払った日航は 2016. 8 「支払った金は一時的なお見舞い金だ」と文書で訂正して来た。 ここに、事故調の「隔壁破壊説」は崩壊した、事故調、国は 嘘を吐いたことを 航空局、日航が認めたのである。 日航 123 便ミサイル撃墜乗客乗員殺害事件は 自衛隊の不祥事を完全に隠蔽して、権力の維持を図るために、総理と自衛隊がテロ攻防して実行した残虐な市民殺害であると判明した。 報告書を捏造し、操縦出来る 123 便の横田への着陸を禁止し、最後はミサイルで撃墜した。 更に完全犯罪を目論み、生存者の毒ガスでの殺害を図った残忍な事件であったことがここに明らかになったのである。 *この詳細は 小田周二著「日航 123 便墜落事故 真実と真相」「日航 123 便乗客乗員怪死の謎 524 人の命乞い」に記載した。 この本に書ききれなかったことは小田のブログに書き込み、報告したくブログを読んで検討して頂きたい。

次の

日航機墜落事故の真相を巡る謎のまとめ

日航 ジャンボ機 墜落 事故 真相

禁断の書とでもいうのだろうか。 私は数時間で昨夜読破した。 「日航123便 墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る」元日本航空客室乗務員 青山透子」著 1985年8月12日 私があの事故が起こった年は高校二年生であった。 今住んでいる所から目と鼻の先でもある伊丹空港へ着陸する予定であった日航123便が羽田を離陸後群馬県の御巣鷹山に墜落したのだ。 犠牲者は航空史上最悪の520名 私は覚えてる。 「何とか説明してくれませんか!!」 深夜に特別報道があり、大勢の乗客の身内達が伊丹空港での123便の近況説明に怒号を伴いいまにも説明者達に襲いかからんばかりの嗚咽した光景を。 その後テレビで暗闇に浮かんだ不気味な大火災の光景を・・・・・。 私の町や近郊の町でも犠牲者がいた。 1日に葬式が二三あったのを鮮明に覚えている。 「この事故は単なる飛行機の不具合で生じた事故ではない」 「何者かに撃墜されたのだ」 私は読後断定した。 作者は陰謀論等論じたり、フリ-ライタ—でもない。 あの事故で生き残ったスチュアーデスの後輩であった方だ。 彼女は同じスチュアーデスであった身分であり、あの凄惨な事故があまりにも理不尽な証明が繰り広げられ、日航、運輸省、裁判所、アメリカの裁判所含めたあやふやな態度、必要検証死体の即時荼毘、証拠隠滅、全員不起訴、裁判官自殺等を見て独自に空想や推測を省き丹念に関係者や事故現場周辺の機内機体目撃者の膨大な証言に基づき非常に客観的な結論を出している。 それはベンジャミンフルホ-ド等世界やこの国の闇の陰謀論を論じる方々が唱えている「撃墜説」に重なりあうのである。 ・事故当日、機内から撮影中赤い光線が見えた写真の証明。 ・かなりの目撃者が超低空飛行で飛ぶ123便の機体後方胴体部に赤い大きな丸いものが付着していたという目撃談。 ・藤枝市で墜落した旅客機を追跡する二機のファントム(F-4EJ)自衛隊機の数多の目撃情報。 ・遺体が異常に炭化していた通常の燃え方ではなくガソリンとタ-ルを混ぜたゲル化液体を付着させるものを使用した痕跡がありこれは軍用のものである。 ・地元上野村小学校、中学校の学生達235名の目撃情報「小さな目は見た」の文集に収められてる中で、墜落前後に既にヘリコプタ-が数機、飛行機も複数飛んでいたという記録。 「墜落前大きな飛行機と二機のジェット機」先の非公表の二機のファントム機らしき目撃談がやはり記録されていることに注視。 1年生から6年生の小学生の記録を墜落前と後のことを家族や近所の人の見聞した記録が詳細に書かれている。 重要整理事項 ・墜落前に大きい飛行機と小さいジェット機が追いかけっこ状態だった。 ・墜落前後、稲光のような閃光と大きな音を見聞した。 ・墜落場所は上野村と特定できて報告したにもかかわらず、テレビやラジオでは場所不明または他の地名を放送し続けていた。 ・墜落後、多数のヘリコプタ—、自衛隊の飛行機、自衛隊や機動隊の車など目撃した。 ・ヘリコプタ—は墜落場所をサ-チライトのような強い明かりで照らしながら、多数行ききしていた。 ・煙と炎の上がった山頂付近をぐるぐると回りながら何かをしている何機ものヘリコプタ-がブンブン飛んでいた。 最も不気味な多数あった証言は......。 「墜落前、真っ赤な飛行機が飛んでいた」だった。 「これで墜落場所が不明だった」 とメディアも政府も言い張ることができるのだろうか?と作者は訴える。 そして事故原因は圧力隔壁破壊説ではない。 この本から要約すれば作者は当時の発表航空ル-トや機内での目撃情報、飛行中の地元関係者の目撃情報、墜落周辺の目撃情報や日航社長へ中曽根総理に直訴を促した幹部に「殺されます」とブルブル震えていた生々しい記録や起訴された全員が不起訴となり数多の証拠資料が破棄されたことや軍事ミサイル技術までの歴史も調査しており誘導ミサイル技術を当時日米が共同試作しており、日本の誘導ミサイルがアメリカを上回り実際アメリカ航空機の一部に着弾成功させた記録も調査しているが...。 先の赤い飛行機は攻撃機であり、二機の自衛隊ファントム機はその機体に攻撃を継続されていることを警告した状況であり、その危険から一度は横田基地に緊急着陸しようとしたが御巣鷹山方面に引き返した事実。 航空機の後部胴体の赤い丸い玉は別の赤い攻撃機から発せられた誘導ミサイルが機体に寄り沿う状態がしばらく続いた後着弾したのだと...。 まだまだ謎はある「赤い飛行機」は当時の軍用機のなにであるか? 日本製なのか米国製なのか?とんでも論ならUFO説まで出てきそうなので今後の調査に期待されんことを望む。 あくまでも情報証言からの仮設ですが。 この仮説を否定しても先の数多の自衛隊機や赤い飛行機はなんだった!? 事故に関係ないなんて言えないいやあゆわせないという心境にならざるをえない。 この本には述べられてないが、陰謀説だが当時バブル突入直前の1985年は日本の輸出攻勢にアメリカは完全なる敗北を舐めており、事実上日本の一人勝ちであった情況から1987年の「プラザ合意」なる円高、ドル安に誘導することにより母国の生産と会社を死守しようと企てられた一連の経済協定の前にこの事件は起こっているのだが、結論から言えば「いかに日本が経済戦争に我国に勝っても、所詮先の大戦の敗戦国、軍事主権もない傘下の中でアメリカのゆうことを聞かないとこういうことになるのだということを政府・メディアに強烈な管制報道規制を敷いていた中の「日本版9. 11」であった可能性が非常に高いのである。 当時の中曽根のコメントも「私がしらない間にアメリカと自衛隊が墜落後動いていた」等意味不明な言葉を一国の当時の最高責任者が放っていたのだ。 私が今回「事故」でなく「事件」であったと確証したのは彼女の調査が荒唐無稽ではなくあくまでも体験者、目撃者の足取りを丹念に調査し、当時の政府、メディアの対応の矛盾を露呈しているからだ。 しかし「9. 11」も石油獲得の口実なら「123便」は「ジャパンアズNO1」は認められない見せしめだったのか。 プラザ合意後アメリカに仕掛けられたバブル経済に突入、バブル経済崩壊後、アメリカのある政治家は「日本第二の敗戦」と。 その後アメリカの陰謀は寄生虫のごとく今日まで続いていると主張する陰謀論は私の範疇ではないが、少なくともこの日航ジャンボ機墜落事故いやいや事件は暗号事前解読後の真珠湾攻撃に勝るとも劣らない一般大衆が犠牲になった事件なら犠牲者の家族や犠牲者の霊は一体どこにその慟哭を叫ぶのか。

次の