ガン ゲイル オンライン ゲーム。 ゲーム内でガンゲイル・オンライン

ゲーム内でガンゲイル・オンライン

ガン ゲイル オンライン ゲーム

ソードアート・オンラインのスピンオフ作品として、2018年春アニメに登場した 「ガンゲイルオンライン GGO 」。 小さな女の子・レンを主人公として、ゲーム内で銃撃戦を繰り広げるこちらのアニメ。 とにかくレンちゃんがかわいいという声が多く、SAOらしさも少ないテイストになっていた気がします。 さて、そんなガンゲイルオンラインですが、2期の可能性はどれくらいあるのでしょうか? ガンゲイルオンラインの評価は、かなり賛否両論ありましたので、2期を放送する可能性はあるのか?と不安になってしまいますね。 今回は、ガンゲイルオンライン(GGO)の2期制作の可能性を多角的に検証。 放送はいつ頃になるのか?をまとめていきましょう。 ガンゲイルオンラインの2期制作の可能性を検証 ガンゲイルオンラインの2期制作の可能性について、3つの視点から考察を進めていきます。 3つの視点とは、何かといいますと.... 最も重要なのは円盤売上で、現在はこの数字によって、作品の評価が大きく変わってしまうようになりました。 また、原作の話が尽きていると、1期放送から時間が経ってしまい、 2期が無くなってしまう可能性もあります。 原作のストックは欠かせない要素だと言えるでしょう。 その他、人気や話題性は円盤の他の収益だったり、知名度に大きく関わってきますね、 円盤の売上からガンゲイルオンラインの2期を見る まず、円盤の売上からガンゲイルオンラインの2期の可能性を検証していきましょう。 アニメ2期が制作される条件として、大きな要素に 円盤の売上があります。 なぜ、円盤の売上が重要なのか?ですが、製作委員会にとって、 円盤売上が大きな収益源であるという理由が挙げられます。 円盤の売上が伸びないと、製作委員会が赤字になってしまったり、上手く収益をあげられない状況になるのです。 その結果、2期制作という話よりも 「赤字分をどう回収するか?」という点に重点が置かれるようになります。 逆に、売上が良ければ、2期も収益の回収が予想されますから、制作の可能性が高まるというわけです。 つまり、アニメの2期制作の可能性は、円盤の売上が握っているといえますね。 ガンゲイルオンラインの円盤売上は、 期待された数字よりは相当低いものとなりました。 ガンゲイルオンラインは、SAOブランドのスピンオフ作品ですから、 初動で5000枚を下回ってしまうと、なかなか厳しいものがあるでしょう。 一般的なアニメだと、4400枚という売上は立派であり、 2期の可能性を十分に残すものです。 しかし、ガンゲイルオンラインの場合は、 レーベル的にも2期制作は難しい数字になりました。 もともと、電撃文庫のラノベが原作のアニメは、2期が制作されにくいのです。 2期が制作されるには、 「大成功」が大きな条件になってきます。 大成功というと、最低でも8000枚〜10000枚の売上が必要になります。 つまり、ガンゲイルオンラインの2期は、経済的な面から難しいと予測されますね。 ガンゲイルオンラインの原作ストックから2期を見る 続いては、ガンゲイルオンラインの原作ストックから2期の可能性を検証していきます。 円盤売上が厳し目でしたので、これ以上マイナスな要素を出すと2期の可能性が大幅減となるでしょう。 ガンゲイルオンラインの原作は、現在 7巻まで発売されています。 ガンゲイルオンラインの1期は、 「スクワットジャム」のレン対ピトフーイの対決まで描かれました。 これは、原作でいうとちょうど 3巻までの内容となります。 つまり、現状はすぐにでも2期を制作し始めることが可能です。 ちなみにですが、ガンゲイルオンラインの4巻以降は「スクワットジャム」の3回戦、 「ワン・サマー・デイ」という話がアニメ化されていきます。 ただ、今後もスクワットジャムを続けるような展開になるため、評価が高くはないようですね。 人気&話題性からガンゲイルオンラインの2期を見る 最後に、ガンゲイルオンラインの人気や話題性から2期を見ていきます。 ガンゲイルオンラインの人気や話題性に関しては、 「問題ないレベル」だと考えて良いでしょう。 やはり、 SAOブランドの一つですし、キャラが可愛いとアニメの人気も高かった印象があります。 話題性に関してですが、SAOの3期も放送が決定していることから、ガンゲイルオンラインも同じように話題が継続するでしょう。 アニメ自体の評価は二分されていて、つまらないという声も多かったです。 おそらく、SAOブランドという 「期待値の高さ」が大きな原因だと思われます。 SAOとは 方向性や雰囲気が違うものになっていますから、その層から批判が出た形でしょう。 実際、筆者はSAOが好きでしたが、ガンゲイルオンラインも同じように楽しむことができました。 ガンゲイルオンラインの2期の可能性はどれくらいあるのか? では、ここまでの内容を簡単にまとめていきましょう。 ガンゲイルオンラインの円盤売上や原作ストック、話題性に関しては、以下の結果となりました。 SAOブランドで初動売上が5000枚を下回ってしまうと、どうしても厳しい目で見られると思います。 BD2巻の特典にはイベントチケットが付いているのですが、1巻の売上がコケてしまったため、スコアは高まらない可能性が高いですね。 また、原作は残されているものの、2期以降もスクワットジャムが続くことから「代わり映えの無さ」も問題になります。 「ワン・サマー・デイ」はスクワットジャムと違う趣向になりますが、話作りも難しそうですね。 これらの理由から、ガンゲイルオンラインの2期制作の可能性は30%程度になるでしょう。 まとめ 今回は、ガンゲイル・オンライン(GGO)に関して、2期制作の可能性を多角的に検証していきました。 もともと、電撃文庫系のアニメは、続編が作られる可能性が低いのです。 大成功を収めない限り、2期を制作するのは難しいと思われます。 今後、グッズの収益なども入ると思いますが、現状はかなり厳しいです。 1万枚が続編の目安になるとも言われていますので、2期は茨の道かもしれませんね。

次の

第4話 デスゲーム|ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン|アニメ広場|アニメ無料動画まとめサイト

ガン ゲイル オンライン ゲーム

SAOのGGOのようなゲームについて質問です 今は当然VRゲームでなんてありませんからPCゲームなどで GGOなどのゲームを作ることは可能なのでしょうか? そしてそこでゲームバランスは整うのでしょうか? 一つのゲームにGGOに登場するような大量の銃を実装するまではともかく あんな広いステージである以上それなりの同時接続数がないとゲームとして成立しないと思いますし 街とフィールドの境目で待ちゲーしてれば出てきたのを片端から殺せるのではないでしょうか? さらにもしサービス開始から1年の時点で初プレイとかの場合初期金額1000クレジット シノンの言っていたのだと中古のリボルバー程度しか買えないとすると それでフィールドにでてもまわりは高性能の銃ばかりで防護フィールドもわけでボコボコにされるだけではないでしょうか? 実際どうでしょうか? そしてアニメと同時にSAOの5・6巻を読み直して似たようなゲームがとてつもなくやりたいのですが知ってる方いませんでしょうか?MMOFPSっていうんですかね? どこかの部屋にはいってマッチングではなく街からでてフィールドで戦うみたいな できればキャラクターは自分で作れれば理想 みたいなゲームはないでしょうか?(たぶん理想どうりのはないとは思ってるんですが) 片方だけでもいいので回答お願いします どうも初めまして、少々ネトゲをやっているものです GGOなどのゲームを作ることは可能なのでしょうか? これについては、技術さえあれば可能だと思います。 そしてそこでゲームバランスは整うのでしょうか? GGOはステフリがあるので何とも言えませんが、FPSなどの場合多少のステフリがあってもAIM力があれば何とかなると思います。 しかし、GGOの場合VRというものなのでやはりセンスなども影響すると思われます 広いステージである以上それなりの同時接続数がないとゲームとして成立しないと思います これについては、たしかに広いステージだけあって人数が少なければ、人と接触するという事がなくなってしまいとてもつまらない事でしょう。 街とフィールドの境目で待ちゲーしてれば出てきたのを片端から殺せるのではないでしょうか? これについては、たしかにそうですねw完全にマップがつながってる以上、それは確かにあるかもしれません。 そういうところもゲーム制だなぁ…と私は思います。 何件も事例があれば、ユーザーも対策をとりクリアリングなどをしながら行くかもしれませんねw さらにもしサービス開始から1年の時点で初プレイとかの場合初期金額1000クレジット シノンの言っていたのだと中古のリボルバー程度しか買えないとすると それでフィールドにでてもまわりは高性能の銃ばかりで防護フィールドもわけでボコボコにされるだけではないでしょうか? これについても自分もそう思います。 確かに初期金額で装備を増やそうと思ってもなかなかできないと思います。 GGOではゲーム内通貨を現実の通貨に変えることができるようなので、 もしかしたらその逆で、課金ということもできるかもしれませんね。 最後に似たようなゲームです 個人的な感想も入りますがご了承ください マッチングではない、町から出て戦うものはMMOにたくさんあります 「TERA」や「アーキアイジ」などですかね・・・ MMOとFPSを組み合わせたものは見たことがないですが… FPSなら「AVA」がいいと思いますね これは自分もやっています。 マッチングがありマップも狭いですが ゲームというよりはどちらかというとスポーツに近いですね 無課金で、廃課金勢に勝つことはできます。 これは絶対です FPSなので技術さえあればいくらでも勝てます でかいフィールドであれば「BF4」をおすすめします。 BF4は、マップがとにかくでかくて、同時にPC版だと64人どうじに戦えます。 最後に聞いた話ですが、PS4に2000人同時に戦えるFPSがあるそうです。 これは自分もやったことがないので、よくわかりませんが、やってみる価値はあると思います 以上になります 長文失礼しました.

次の

ソードアート・オンライン フェイタル・バレット|バンダイナムコエンターテインメント公式サイト

ガン ゲイル オンライン ゲーム

シノンのメインアーム「PGM へカートii」 ファントム・バレット編のヒロインと言えるシノンが使用している銃は「PGM へカートii」と呼ばれる対物ライフル。 作中ではただ「へカートii」と呼ばれていますね。 通常の狙撃銃より口径の大きい銃弾を使用しており、1800メートル以上先の標的を狙うことが可能です。 対物ライフルは平均的なアサルトライフルに比べると明らかにパワーがあるので、シノンはほぼ一撃で敵を倒しています。 へカートiiはフランス軍の正式採用銃でもある格式高い銃です。 パワーも貫通力もある12. 7mmNATO弾を使用し、軽装甲車くらいなら貫く威力を持つこの銃は強力な武器ですね。 キリトはフォトンソードで切り落としましたが、至近距離から秒速数百メートルのへカートiiの銃弾を切り落とすのは現実には不可能な芸当でしょう。 キリトのサブアーム「FN ファイブセブン」 ボディアーマーを貫く貫通力を持つ小口径弾を使用できるハンドガン。 名前の由来は5. 7mm弾を使用することと、製造元のファブリック・ナショナル社の頭文字を取ったことから。 通常の拳銃弾よりかなり小さい弾丸を使用するため装弾数も20発と非常に多く、しかも外面を構成するパーツのほとんどがプラスチックのため、重量も617gと非常に軽いです。 銃の知識が無いキリトにシノンが勧めたのがこの銃ですが、ハンドガンとして高い性能を持つ実用的な銃を勧めたシノンはさすがですね。 GGOではキリトは殆ど銃を使う練習を出来なかったので使用頻度は少ないですが、敵を牽制する時やフォトンソードではリーチが足りない時にファイブセブンを使用しています。 デスガンのメインアーム「L115A3」 GGOにおける恐らく最強のプレイヤーの一人であるデスガンの使用しているメインウエポンは、「L115A3」。 これは2007年にイギリス軍が正式採用したスナイパーライフルを改良したもので、実際にイギリス軍の狙撃兵が使用しているスナイパーライフルでもあります。 62mmNATO弾を使用し、作中ではあまり関係ありませんが寒冷地での使用にも強い優秀なライフルです。 デスガンはこれにサイレンサーを付けていて、非常に厄介な武器に改良させていました。 シノンとの狙撃対決では互いのスコープを破壊し引き分けにする程で、デスガン自身のプレイヤースキルも高いでしょうが、このL115A3の性能の高さも相まっていると思います。 デスガンのメインアーム「トカレフT33(54式)」 デスガンがサブウエポンとして使用していて、さらにデスガンをデスガンと言わしめているのが、この「トカレフT33」です。 作中では「54式拳銃」と呼ばれていますが、どちらかと言えば正式にはT33という方が正しく、元はソ連が制作していた銃です。 1954年に中国で大量にコピー生産され、日本にも多くが密輸された物が54式です。 グリップの星マークから別名「黒星」とも呼ばれています。 レンのメインアーム「FN P90」 スピンオフ作品『ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン』の主人公レンが愛用しているサブマシンガンが、「FN P90」です。 こちらは実はサブマシンガンではなく、個人防衛火器という新カテゴリーで製造された銃ですが、その特色がサブマシンガンに似ているため、大枠ではサブマシンガンとして扱われています。 FNという文字からもわかるように、実はこの銃はキリトが使用していた「FN ファイブセブン」を製造したファブリック・ナショナル社が開発した銃で、ファイブセブン同様7. 62mm弾を使用することから高い貫通力を誇ります。 ボディアーマーも貫通する特殊弾を50発も装填できるこの銃は、近距離での対テロ戦を想定した特殊部隊に愛用されているサブマシンガンです。 Mのメインアーム「M14 EBR」 レンのパートナーとして第一回BoBに出場した大男、Mが使用している銃は「M14 EBR」。 1957年にアメリカ軍に採用されたアサルトライフル「M14」を改良した銃です。 M14は1964年より本格的にベトナム戦争に介入したアメリカ軍の主力武器になり、その有効射程と威力が高く評価されました。 しかし、ジャングルでは銃身の大きさが災いして不利となり、近接戦闘では使いづらいと評価されています。 フカ次郎のメインアーム「MGL140」 第二回BoBのレンのパートナーであり大親友のフカ次郎のメインアームは、六連装グレネードランチャーの「MGL-140」。 アメリカ軍でも正式採用されており、アメリカ軍の主力アサルトライフルであるM4カービンのようなスライドストック機構があります。 重量は6kgを超えますが、小柄でも筋力が高いフカ次郎は難なく使いこなしてますね。 破壊力は見た目通り折り紙付きです。 GGOにはマニアックな銃器が多い SAOiiの放送時、シノンが使用していたヘカートiiが非常にマニアックな銃器だったため、ミリタリーファンでも驚いたという話は有名です。 レンの師匠的な立場でもあり最大の敵の一人ピトフーイも、「M107A1」というレアな対物ライフルを使用していましたね。 ミリタリーな視点でGGOを観るのも楽しいと思います。

次の