アスファルト シート。 アスファルト防水工事の種類とメリット・デメリット|防水工事セレクトナビ

古き良き時代の合材シート

アスファルト シート

古き良き時代の合材シート• ダンプに乗って初めての仕事は合材運搬だった!• 子供の頃、親父のダンプに乗って仕事に連れて行ってもらった事を思い出す。 真っ黒で熱い アスファルト合材の上に敷くのは親父が休日、麻袋を解き手縫で一生懸命に作った 合材シート( ドンゴロスシート)だった。 ボンネットダンプに麻の 合材シート( ドンゴロスシート)・・・幼い頃の古き良き時代の想い出。 今でもこだわる頑固親父達!平成に生まれ変わった 麻シート・・・復活です。 「 麻シートなんて駄目だよ!」って人!• 確かに近場には充分だけど、品質管理の問題とか厳しくなったよね!• 面倒だけど今使っている高価なシートの下にこの 合材シート( ドンゴロスシート)を敷くといつまでも高価なシートは新品同様。 汚れるのは安価なこの 合材シート( ドンゴロスシート)だけ!二枚重ねだから保温もOK! 在庫状況とお知らせ 2020. 08 全ての商品在庫あります。 又、好評だったハイブリッドシートに4,8tが加わりました。 amazon,yahooショッピング 弊社サイトの方が安価です。 複数枚お求めになる場合は弊社サイトをご利用ください。 重要 弊社上掛け用として販売しているシートですが、中国製であり、記載には「綿帆布」と記載しておりますが、実際には綿を若干含む化学繊維にシリコンオイルを塗布し撥水性(防水ではありません)を確保している製品になります。 この度、調査し判明いたしました。 ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。 耐熱温度等、使用用途には問題ありませんので安心してご使用下さい。 注文が多くなってきております、お早めのお求めを!弊社上下掛け専用シートの是非。 下記スクロール動画あり。 2020.

次の

アスファルト防水工事の種類とメリット・デメリット|防水工事セレクトナビ

アスファルト シート

防水工事の基礎 アスファルト防水|アスファルト防水の工法と施工工程• 2017年1月5日 主にビルやマンション、ショッピングセンターなど大型施設のでアスファルト防水工事による施工がされます。 「アスファルト防水?」と疑問に感じる方もいらっしゃると思いますが、この記事ではアスファルト防水工事の3つの工法と具体的な施工工程について解説します。 アスファルト防水とは アスファルト防水は、古来より使われている信頼性の高い工法です。 信頼性の高い防水材料です。 液状の溶解アスファルトと、アスファルトシートを組み合わせて、防水性の高くて厚みのある防水層をつくります。 なんども重ねて二層以上にして、積層工法が原則です。 水密性(水がもれない)、耐久性も高いので、施工の不具合が出にくいのです。 アスファルトを溶融する際に、においと煙が発生します。 そのため、後述する冷工法やトーチ工法のように、建物を利用しながらの作業環境に適した工法も使われるようになりました。 仕上げでは、防水層の上をコンクリートで保護するコンクリート仕上げと、砂の付いたシートで仕上げる露出仕上げのふたつがあるので、用途に応じて仕上げを使い分ける必要があります。 mizuno-nara. html アスファルト防水の熱工法とは、加熱して融解したアスファルトを使って、2枚から4枚のアスファルトルーフィングシート(家の中に水滴を入れないシート)を積み重ねます。 そして防水層をつくる工法です。 溶融釜で溶かした防水工事用のアスファルトで、貼り重ねて施工する工法のことをいいます。 日本の防水建築では、100年以上の歴史があります。 そのため、ノウハウなどが蓄積されているので、信頼性の高い工法です。 多くの主要建築物がこの防水熱工法で施工されているので、安心できるでしょう。 ルーフィングとアスファルトの組み合わせがあるので、密着性の高い防水層ができます。 さらに、2層以上に塗ることによって、強固な防水層をつくることができるのです。 また、短時間で硬化するため、工期が短くなるのも特徴です。 そのため、防水業者が好んで信頼し、よく使う工法でもあります。 通常、防水といえばアスファルト熱工法防水を指します。 ですが、熱が220度から270度に及ぶため、やけどや火災の心配が強くなりますし、においも出ます。 そのため最近では環境に配慮した他の工法がとられることが多くなってきました。 自着工法とも呼ばれます。 ルーフィングシートに自着層(剥離紙をはぐことで下地に密着させるもの)を持たせる方法を、常温工法と呼びます。 裏面に粘着材であるゴムアスファルト粘着層をコーティングして、改質アスファルトシートと呼ばれるものを下地に貼り付けます。 それを重ねていく工法となります。 下地に軟粘着状態(軽く粘着している状態)になるため、施工したコンクリートにくっついてきます。 常温工法は、屋根の防水層に広く使われています。 熱や火気を使いませんので、においや煙が発生せず、熱工法に比べて環境に優しく、作業員も作業しやすいのです。 大掛かりな施工器具なども不要です。 そのため、密集した都会の地域や、狭小住宅への適用、改修工事などでよく使われています。 熱工法やトーチ工法などとも組み合わせて使われることがあり、さまざまな複合工法も使われています。 一層目が常温工法で、二層目以降は熱工法という複合工法などもあり、用途や屋根の種類に応じて選択されます。 blog16. 防水層をつくる材料として、合成繊維の不織布などをつかって、両面にアスファルトをコーティングした2. 5ミリから4ミリ程度のシートを使用することになります。 これまで使われていたアスファルト防水工事では、釜でアスファルトを高温溶解させる必要があり、においや危険性などの問題が起こっていました。 ですが、トーチ工法では、アスファルトルーフィング材をトーチバーナーで溶着させるので、熱や煙などが発生しないので安全です。 シート同士を結合させる際にも、隙間がない状態で溶着させることができます。 そのため、水がもれにくく、優れた防水効果を発揮することができます。 トーチ工法は、アスファルトシート防水工事の標準仕様として採用されています。 とくに、環境問題が大きく注目を集めるようになってから、トーチ工法にも注目が集まり、多くの現場で採用されるようになったのです。 まとめ アスファルト防水は、古くからある防水工事の方法です。 その中でも、伝統のある熱工法や、新しい工法である常温工法やトーチ工法があります。 トーチ工法などが最先端の工法となります。 歴史ある工法を選ぶか、最先端の工法を選ぶかは、業者とよく話し合って、決めるようにしてください。 技術者の数や腕などにもよりますので、一概にどれがいいとはいえないのですが、各工法の特徴をよく知って、選んでいく必要があるでしょう。 優れた防水工事の施工業者を選ぶのには、複数の防水業者から相見積もりをとって価格の比較はもちろん工法の比較も行うことが大切です。 トラブルなく防水工事を成功させるなら 防水工事は、修繕規模によっては何百万円もの費用がかかります。 だからこそ、依頼をする業者は慎重に選ぶべきです。 防水マイスターでは、資格保有のアドバイザーが お客様に合った業者選びのお手伝いをさせていただきます!.

次の

屋上防水とは

アスファルト シート

アスファルトシングルとは アスファルトシングルとは アスファルトシングルはアメリカで開発された屋根材です。 名前の通り、アスファルトが主な原料です。 つまり、ハリウッド映画に登場する屋根のほとんどはアスファルトシングルです。 しかし、日本では5%程度のシェアにとどまっています。 「アスファルトシングル」は屋根の下葺き材(防水シート)で使う「アスファルトルーフィング」や「改質アスファルトルーフィング」と名称が似ています。 そのため、私たちはアスファルトシングルを略して「 シングル材」と呼びます。 アスファルトシングルを一言で表すと、「 防水シートが仕上げ材になった屋根材」です。 アスファルトシングルはシート形状になっています。 シートなのでゴムのように折り曲げることができ、曲面でもつかうことができます。 アスファルトシングルはカバー工法でつかうこともできます。 アスファルトシングルの上に新たにアスファルトシングルを重ねることができます。 コロニアルの上にアスファルトシングルをカバーすることもできます。 実に合理的でアメリカらしい屋根材です。 アスファルトシングルの商品の中には屋根表面に天然石を付着させた商品もあります。 これは耐久性・耐候性に優れています。 アスファルトシングルのメリット アスファルトシングルはとても合理的で有用性のある屋根材です。 最も過小評価されている屋根材とも言えます。 以下にアスファルトシングルの評価(メリット)を示します。 2-1. 耐久性 メーカーによると、標準的なアスファルトシングルの耐久性は10年から20年です。 防水保証は10年の製品が多いです。 これは10年で全くダメになるというわけではありません。 20年以上経過しても強度が保たれているアスファルトシングル葺きの住宅はたくさんあります。 現在のアスファルトシングルは20年から30年前につかわれていた製品より品質も向上しています。 商品の中には保証期間が25年や30年の商品も販売されています。 2-2. 施工性 アスファルトシングルは施工性が抜群に優れています。 アメリカでは素人でも施工できる屋根材として認知されており、国民の多くがDIYでアスファルトシングルを葺きます。 アメリカのホームセンターに行くと必ずアスファルトシングルが並べて販売されています。 最近は日本のホームセンターでも取り合うようになっています。 シート状であるため、丸形(ドーム)の屋根にも容易に施工ができます。 落下事故による被害が他の屋根材より比較的低いこともメリットのひとつです。 コンクリート下地のとの相性もよく、10階建てのマンションなどの高層建築物にもつかわれています。 2-3. 屋根軽量化 アスファルトシングルはとても軽いです。 建築基準法でいう「軽い屋根材」に分類されます。 重さは㎡当たり9kgです。 コロニアルの半分の重さです。 屋根が軽くなることは耐震性の向上につながります。 2-4. 耐候性(塗装メンテナンス) アスファルトシングルには天然石を付着させた商品があります。 下の画像がアスファルトシングルの表面を拡大して撮影したものです。 石の色が屋根の色となります。 半永久的に美観が保持できると考えられています。 (注意!! ただし、取り扱いメーカーは褪色保証を設けていません) また、石は吸音効果もあるといわれています。 は社内資料で約25年の耐用年数を認めています。 2-5. 「被せるカバー工法」と「被せられるカバー工法」ができる! アスファルトシングルはカバー工法によるリフォームが可能です。 「被せる側のカバー工法」と「被せられる側のカバー工法」もできます。 実はこの両方ができる屋根材はアスファルトシングルだけです。 2-7. 下の画像の左が金属屋根「スーパーガルテクト」で右がアスファルトシングル「シングル」です。 表面の見た目は変わりませんが、断面の見た目(つくりや丈夫さ)は他の屋根材と全く違うのでご注意ください。 アスファルトシングルのデメリット アスファルトシングルは歴史のある屋根材です。 しかし、アスファルトシングルはほぼアメリカからの輸入品が大半を占めています。 日本の技術力があればアスファルトシングルを安定的に生産ができるはずです。 しかし、日本ではコロニアルが普及しています。 なぜでしょう? 3-1. 施工経験・技術のある業者が少ない 代表的な屋根材として「コロニアル」「陶器瓦」「金属屋根」の3つがあげられます。 これらの屋根は、専門とする工事業者や職人さんが存在します。 例えば、テイガク屋根修理は「金属屋根」の専門工事業者です。 「陶器瓦屋根」の工事を弊社はおこないません。 その一方、アスファルトシングル葺きだけを施工する業者はとても少ないです。 理由は需要が圧倒的に少ないからです。 そのため、アスファルトシングルを葺く工事は「コロニアル」「陶器瓦」「金属屋根」の工事業者が担います。 アスファルトシングルは施工する業者間ごとの技術力に大きな差が生じやすい屋根材です。 3-2. 日本の風土に適合しているか? アスファルトシングルが剥がれて、パタパタ風で煽られている風景をよく目にします。 個人的な見解ですが、他の屋根材と比べてアスファルトシングルは耐風性に劣る印象があります。 アスファルトシングルは釘を用いて張り付けますが、接着剤(セメント)もつかいます。 屋根の接着性を接着剤に依存している点は、他の屋根材にはみられません。 そもそも、台風が多い日本で接着剤で屋根を張るのは不適切なのかもしれません。 自然災害大国である日本の事情を十分に検証しているのか疑問が残ります。 更なる十分な検証が必要です。 国内で製造しているシングル材もあります。 3-3. 金属屋根や瓦屋根にくらべて耐久性が劣る 金属屋根や瓦屋根に比べるとアスファルトシングルの耐久性は劣ります。 紙面のカタログやインターネットではなかなか伝わりませんが、実物を見くらべてみると他の屋根材との違いがよくわかります。 アスファルトシングルはペラペラな印象を持たれる方がおおいです。 アスファルトシングルと金属屋根の工事で検討されている方は、屋根工事業者さんに実物のカットサンプルを用意してもらいましょう。 また、必ず断面で見くらべてください。 ひとことで表すと「ゴムのシート」です。 他屋根材より劣る印象を持つ理由がわかります。 3-4. 断熱性に劣る 金属屋根のように断熱材一体型の商品がありません。 また、瓦屋根のように空気層を設けて屋根材を葺くことができません。 断熱効果は他の屋根材にくらべて劣ります。 3-5. メーカーが浮気している 近年、アスファルトシングルを取り扱いメーカーが金属屋根を取り扱うようになっています。 これは総合的にアスファルトシングルより金属屋根の方が優れている評価といっていいでしょう。 実際にニチハはとを取り扱っています。 伊藤忠建材は「アスファルトシングル:オークリッジ30」とを取り扱っています。 3-6. 多くは輸入品 アスファルトシングルは輸入品が多いです。 そのため、突然、輸入元企業が供給を止める可能性があります。 屋根材は住宅建材の中でも最も重要な建材として位置づけられます。 屋根材は輸入に頼らず自国で生産し、供給することが求められます。 世界的な大災害や戦争が発生した際、輸入に頼っている建材は供給が遅れ、国民の生命を脅かすことになります。 このような背景があり、アスファルトシングルは建築基準法の防火認定を受けるのにおよそ30年かかったといわれています。 輸入建材の流入を食い止める政治的な抵抗があったのかもしれませんね。 もちろん、コロニアルや金属屋根は国産品です。 アスファルトシングルの工事価格 下記の表は屋根材本体は田島ルーフィング株式会社の「シングル」を使用したケースです。 粘着性改質アスファルトルーフィングシート。 作業現場の立地条件により諸経費が発生する場合があります。 (例:駐車場がない 等) 5. アスファルトシングルのカバー工法リフォーム アスファルトシングルはカバー工法によるリフォームが可能です。 「被せる側のカバー工法」と「被せられる側のカバー工法」ができます。 5-1. 被せる側のカバー工法 コロニアルの上にアスファルトシングルを被せて施工することができます。 また、アスファルトシングルの上に新たなアスファルトシングルを張ることもできます。 5-2. 被せられる側のカバー工法 アスファルトシングルの上に金属屋根を被せることも可能です。 アスファルトシングルの上に耐久性の高いガルバリウム鋼板屋根を被せる工事は、テイガク屋根修理でも特にお勧めしている工事のひとつです。 アスファルトシングルの種類とメーカー アスファルトシングルは商品ごとに性能や品質が変わります。 ローグレードからハイグレード商品があります。 シングル 焼成形色砂を仕上げにしたシリーズ。 最も汎用されているアスファルトシングル。 販売元 ロフティ シングルのハイグレード商品。 ガラス基材で耐用年数は25年。 表面は天然石仕上げ。 販売元 アルマ 2層構造のガラス基材で表面は天然石仕上げ。 コロニアルへのカバー工法用としてよく用いられる。 コロニアルのカバー工法を行うための施工マニュアルが充実している。 ニチハが過去取り扱っていたパミールのカバー工法専用屋根材として同社からよく勧められる。 販売元 リッジウェイ 2層構造のガラス基材で表面は天然石仕上げ。 販売元 オークリッジスーパー 2層構造のガラス基材で表面は天然石仕上げ。 販売元 7. よくある質問 表面の塗料や石(砂)粒が剥がれているが、大丈夫? アスファルトシングルの表面の石粒が剥げていることは直接的な雨漏りの原因にはなりません。 特にマンションなどの場合はコンクリートの上に張られていることが多いので、雨漏りのリスクはさほど大きくありません。 ただし、石粒はアスファルトシングルのシートを保護している役割もあるため、アスファルトシングルが破れやすくなります。 破れるとシートが捲れて風で飛ばされる危険があります。 もちろん、建物が木造住宅建築物の場合はアスファルトシングルが破れることで雨漏りが発生します。 石粒が剥がれ落ちている場合は、できる限り早期にリフォーム工事の実施を検討してください。 テイガク屋根修理の施工例 テイガク屋根修理によるアスファルトシングルのリフォーム工事をご紹介します。 アスファルトシングルをアスファルトシングルに葺き替えた工事例です。 8-1. 既存アスファルトシングル撤去 アスファルトシングルのリフォーム方法は主に2つあります。 ひとつは、かぶせ工法(カバー工法)です。 もうひとつは葺き替えです。 カバー工法の方が工事金額が安く、工事期間も短いため、一般的にはよく採用されます。 しかし、既存屋根の劣化がかなり進行している場合や、既にカバー工法を実施している場合には葺き替え工事の適用となります。 今回の現場は既にカバー工法をおこなっている屋根でしたので、アスファルトシングルに葺き替える工事をおこないました。 8-2. ルーフィングシート張り ルーフィンシートを張ります。 使用したルーフィングシートは「田島ルーフィング株式会社のタディスセルフ」です。 粘着性高分子ルーフィングシートと呼ばれます。 タッカー(ホッチキスの芯のようなもの)を使用せず、粘着性の糊で付着するタイプであるため、屋根に穴をあけることなく張ることができます。 リフォーム工事に最適なルーフィングシートのひとつです。 8-3. アスファルトシングル張り アスファルトシングルを張ります。 アスファルトシングルはカラーも豊富で温かみのあるデザインです。 8-4. 棟板金取り付け リフォーム完了 屋根材を張りつけた後、仕上げに棟板金を取り付けて工事完了です。 今回は換気棟を取り付けました。 テイガク屋根修理ではアスファルトシングルのリフォーム工事も施工しています。 ご興味のあるお客様は、弊社にお問い合わせください。 お見積もりは無料です。 まとめ ・アスファルトシングルは「安い」「カバー工法ができる」「施工が簡単」がポイントの屋根材です。 ・アスファルトシングルは「安定的な商品の供給」「金属屋根や瓦屋根にくらべて耐久性が劣る」がポイントの屋根材でもあります。 ・技術力に差が生じやすい屋根材でもあります。 屋根工事会社に工事を依頼をする場合は実績の有無を必ず行いましょう。 なお、テイガク屋根修理は、アスファルトシングルの工事も承っております。 画像資料 出典 屋根と外壁の リフォームマニュアル• リフォーム前の予備知識• 費用について• 業者選び屋根材選びについて• 雨漏りについて• 屋根工事について• 屋根材について• 外壁工事について• ハウスメーカーの屋根工事事例• その他お役立ち情報•

次の