タイムテープ。 パスタイムZXシリーズ

タイムカード打刻修正について

タイムテープ

タイムカード打刻修正について いつもお世話になります。 当社では、をタイムカードを用いて運用しておりますが、けっこう修正が発生します。 発生の原因の例としましては、 ・単純に押し忘れ ・帰宅しようとタイムカードを押したがトラブル等の発生によりつかまってしまいとなってしまった ・残業ではなくサークル活動なとで会社に残っておりタイムカードを押すのを忘れていた (通常は、タイムカードを押してからサークル活動に参加するようにしています) このような場合には、手書で修正をして所属長の承認印をもらうようにしているのですが、ある責任者が 「サークル等の場合の押し忘れが多く、残業時間が減るわけだから本人の申請のみで承認は要らない」 と断言し、判を押してくれません。 管理側としては、勤務時間を増やす減らすに関わらず、記録を訂正するのだから監督責任者の承認が必要と思うのですが、取り合ってもらえません。 これでは、管理監督者の意味があるのかもちょっと不安です。 実用的な勤怠管理として、どうすべきかアドバイスいただけますようお願いします。 ご相談の件ですが、タイムカード打刻は当然記録に残りますし、労働基準監督署が調査に来る場合等には重要な労働時間を示す証拠になるものですので、安易な取り扱いは禁物です。 上記の件からも労働時間の実態に応じた訂正は確実に行なっておくべきですし、管理監督者が修正に応じない、判を押さない等というのは、明らかに業務指示違反ですので、そのような会社の指示に従わない管理者に対しては最終的には相応のを課すことで対応すべきというのが私共の見解になります。 当人は些細な事と思っているかもしれませんが、そうした事から会社の指揮命令系統が生じ、職場のあるべき秩序も乱れていくという可能性は大いにあります。 まずはその辺の話を十分当人に説明し、管理監督者として持つべき責任を果たすよう会社として求めていくべきです。 一般職はタイムカード打刻を事務付け、時間管理していますが、管理職者にはタイムカードによる時間管理も行っていません。 (労働時間は月末に自己申告)。 しかしながら、管理監督者にも支払いが必要な深夜残業について、タイム... 関係会社よりタイムカードでの管理の必要性って何かと聞かれました。 簡単に説明するにはどう説明すればいいのでしょうか? 毎々お世話になります。 初歩的な質問で恐縮ですが、タイムカードの保管期間についてご教示下さい。 法的根拠があればその内容と、加えて管理上の留意点等ありましたら併せてお願いいたします。 あわせて読みたいキーワード メンタルヘルスの不調や過労死、残業代の未払い問題など、昨今、企業と社員の間で労働環境を巡って多くのトラブルが発生しています。 そこで、重要性が再認識されるようになったのが「勤怠管理」です。 働き方改革関連法の施行による影響など、勤怠管理について企業が理解しておかなければならないことは増えています。 ここで... 「朝残業」とは、正規の勤務時間内に予定の業務を終えられなかった場合、残った仕事を深夜まで残業して終わらせるのではなく、翌朝の始業時前にその業務を行う働き方のことです。 大手商社の伊藤忠商事では午後8時以降の残業を原則禁止し、代わりに午前5時から9時までの時間外手当の割増率を引き上げて朝残業を促す新制度... 「ノー残業デー」とは、従業員に残業をせずに定時で退社することを推奨する取り組みのこと。 週の真ん中である水曜日に設定している企業が多いようです。 数十年前から存在したとも言われますが、近年は働き方改革に向けた動きが活発化していることもあり、長時間労働の削減策として導入する企業が増えています。 オンとオフの... 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ... いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...

次の

Premiere Pro でのタイムコードの操作

タイムテープ

タイムカード打刻ミスの少ない人への表彰制度を整備しましょう タイムカードの修正が無くなれば解決できる問題です。 それには、タイムカードを操作するアルバイトさん本人の意識付けが最も効果的です。 現在のところ、監督者の印も必要とせず、簡単に修正ができてしまう訳ですから、 アルバイトさん自身に正確にタイムカードを打刻しようという意識が 欠落してくる状態ではないかと思います。 アルバイトさん本人が、会社はタイムカードの記録を慎重に見ている という事を、認識すれば、ある程度の改善が見込まれると考えます。 表彰制度の集計は、できるなら、個人単位は、避けた方が良いと思います。 それでは厳しすぎて、逆効果です。 その為、集計はグループ単位をお勧めします。 もし、店舗がいくつかあるのであれば、その店舗ごと、 そうでなければ、任意にグループ分けをすればよいです。 そして、給与計算の締め日までの期間に、タイムカードの修正がいくつかあるかカウントし、 集計グループ内の個人の修正数を合計し、グループ単位で順位付けします。 もちろん、修正の少ないグループほど、上位です。 それを出来上がり次第、タイムカードのおいてある全ての場所に、掲示して下さい。 「タイムカードの打刻は慎重に」 という一言を添えると、ベターでしょう。 継続する事で、アルバイトさん本人に、タイムカードへの打刻の正確さが必要なことが、 自然と植えつけられます。 なお、それでもタイムカードの打刻ミスは起こるでしょう。 こちらの対策は、 やはり、タイムカードの修正箇所に管理者の訂正と押印が必要なように、 ルールを改正して、徹底させましょう。 また、締め日で、タイムカードが集まってから、修正箇所を一覧にして、 現場にファックスで送り、各修正箇所ごとに押印をもらう、というような方法も良いでしょう。 このようにして、管理者にもタイムカードの正確な打刻を意識付けすることができます。 管理者、アルバイトさん、双方に訴えかけるやり方が、ベストです。

次の

パスタイムZXシリーズ

タイムテープ

タイムコードは、家庭用アナログビデオデッキのタイムカウンターの値とは異なり、ビデオ信号の一部としてビデオテープに記録されます。 フッテージにタイムコードがない場合は、タイムコードが記録可能なビデオカメラやデッキを使用して、フッテージにタイムコードを追加したコピーを作成できます。 タイムコードと一緒に記録されたフッテージのコピーテープからビデオのログやキャプチャがおこなえます。 最適な結果を得るには、テープの最初から最後までタイムコードが連続している必要があります。 タイムコードはテープの途中でゼロにリセットしないでください。 編集中に 00:00:01:09 といったキャプチャのインポイントをログしたけれどもタイムコードをリセットしたことが原因で同一のタイムコードがテープ上に複数書き込まれている場合、Premiere Pro はどのタイムコードをキャプチャ開始位置にするか特定できなくなります。 タイムコードが連続していないテープでは正しくキャプチャできない場合があります。 連続したタイムコードで撮影するためには、タイムコードを続けて撮影するか、あらかじめテープをストライピング(タイムコードの事前書き込み)しておきます。 初期設定では、ソースメディアに記録された元のクリップのタイムコードが表示されます。 あるフレームのテープ上でのタイムコードが 00:00:10:00 の場合、キャプチャ後のそのフレームのタイムコードは 00:00:10:00 になります。 ソースタイムコードを使用することで、クリップのログが容易になります。 ソースタイムコードは、使用しているシーケンスのタイムベースに関係なく、クリップに表示されます。 クリップとシーケンスのタイムベースが異なる場合、ソースタイムコードを使用するとフッテージのログが容易になります。 例えば、24p で撮影したクリップのタイムベースは 30 fps、タイムコードは 30 fps になります。 そのクリップをタイムベースが 23. 976 のシーケンスで使用した場合も、Premiere Pro にはそのクリップの元のタイムコードである 30 fps が表示されます。 ただし、すべてのクリップのタイムコードが 00:00:00:00 から開始するようにこの初期設定を変更することもできます。 また、パネルにフレームまたはフィートとフレームを表示する場合のフレーム数の表示形式も指定できます。 各クリップのフレーム数を 0 または 1 から開始するか、ソースタイムコードから変換して表示できます。 30 fps のクリップのフレームのソースタイムコードが 00:00:10:00 の場合、タイムコード変換オプションによりこのフレームの番号は 300 になります。 Premiere Pro は、30 fps フレームレートでの 10 秒を 300 フレームに変換します。 ビデオのキャプチャや編集をおこなうと、タイムコード値を手動で入力する作業が何度も発生することがあります。 例えば、クリップのインポイントとアウトポイントを設定する場合や、タイムラインパネルを操作する場合にタイムコード値を入力します。 Premiere Pro では、複数の方法でタイムコードを入力することができます。 Premiere Pro では、インポイントとアウトポイントの間のデュレーションに、タイムコードで指定されたフレームが格納されます。 例えば、クリップのインポイントとアウトポイントに同じタイムコードを入力すると、そのクリップのデュレーションは 1 フレームになります。 タイムコードを入力する場合は、区切り記号としてコロンの代わりにピリオドを使用するか、区切り記号なしで数字を入力することができます。 入力された数字は、時、分、秒、フレームとして解釈されます。 特定のタイムコードを設定するには、タイムコードを選択し、新しいタイムコードを入力して、Enter キーまたは Return キーを押します。 現在のタイムコードをドラッグ操作で調整するには、タイムコードを水平にドラッグします。 例えば、タイムコードの値を小さくするには、左へドラッグします。 例えば、現在のタイムコードから 5 フレーム減らすには、タイムコード全体を選択し、「-5」と入力して Enter キーまたは Return キーを押します。 タイムコードを入力するときに、ピリオド(.. )を付加した省略形を使用できます。 例えば、タイムコード値 4.. は、CTI を 00:04:00:00 に移動します。 入力された数字は、時、分、秒、フレームとして解釈されます。 省略形の例:• CTI を 00:00:01:00 に移動します。 CTI を 00:01:00:00 に移動します。 1 CTI を 00:00:00:01 に移動します。 24 CTI を 23. 976 fps シーケンスの 00:00:01:00 に移動します。 1234 CTI を 23. 976 fps シーケンスの 00:00:51:10 に移動します。 シーケンスの表示オプション:• マスター - メインマスタータイムコードです。 絶対 - 絶対タイムコードは開始時に常にゼロで開始され(シーケンスの開始時間を無視)、一度に 1 フレームずつインクリメントされます。 デュレーション - タイムラインの合計デュレーション。 インからアウト - インからアウトの範囲を示します。 残り - CTI(現在の時間インジケーター)からシーケンスの最後までの残り時間を表示します。 トップクリップ名 - CTI のトップクリップ名が表示されます。 ソーストラックの表示オプション: ソーストラックには、タイムライン上の個別の数のビデオトラックとオーディオトラックが含まれています。 任意のトラックを選択して、選択したトラックのソースタイムコードを視覚化できます。

次の