痰 が 絡む 病気。 痰が絡む症状とおすすめの対処法について、医師530名に聞いてみました

痰が絡む症状とおすすめの対処法について、医師530名に聞いてみました

痰 が 絡む 病気

痰が絡む症状が治らない!悩んでる人は意外と多い いつからか、痰が絡んで咳払いをすることが日常化している・・思い当たることがあるでしょうか?もしそれが自分でなくても、家族や職場にそういった症状の人が居たら、結構気になってしまいますよね。 痰が絡むようになると、声が出なくなる、咳払いがうるさく周りに迷惑を掛ける、周りの人に不快な想いをさせる、痰を吐かなければならない、またそれが女性だったりすると人目も気になります。 かく言う筆者も、慢性的な痰に悩んでいた時期があります。 女性なので、周りの目が気になります。 咳払いを頻繁にするので、職場などでは「え?何か怒ってる?」「機嫌悪い?」と思わせてしまうこともあったと思います。 そう、大きな咳払いって、怒っているようにも見えるんですよね・・。 呼吸器系の「粘膜」で、体内に入りかけたウイルス、ホコリ、細菌などの有害なものを絡めとります。 ですから本来、できれば痰は咳払いで飲み込まず、吐き出すのがベストなのです。 例えば体内に風邪のウイルスなどが入ると、白血球が戦ってくれます。 そうして戦って死んだ白血球の死骸も、痰の中には含まれます。 そのために、粘り気があるのです。 ヒトの体は、鼻水や咳、くしゃみなどで有害なモノと戦い、外に排出しようと機能しています。 煩わしい痰も、この働きを担うひとつ。 もし痰がなかったら、細菌たちが粘膜をスルーして体内に侵入してくる量が増えていたんですね。 さて、イメージで言うとおじいさんなどに多そうな「痰」の症状ですが、子供でも慢性化しているときがあります。 考えられる原因はどういったものがあるでしょうか?また、どのようにその原因を見極めることができるのでしょうか。 風邪でもないのに治らない痰・・絡む原因を探ろう 筆者の場合、慢性化していた痰の原因はすぐに想像が付きました。 「お酒」が原因の場合、飲む量が、自分の分解できる量を超えてしまっている場合があるようです。 「酒焼け」といって、声が出づらくなることもありますよね。 こうして喉を痛めることで、痰が出やすくなります。 また、「タバコ」も言わずもがなです。 タバコの煙が、体に、まして粘膜に良いわけはないのです。 しかし、「酒もタバコもやりません」「子供が痰に悩んでいます」という場合、上記の原因は除外されます。 近くにタバコを嗜む人が居て、副流煙の影響を受けていることは考えられます。 先にもお話したように、痰は呼吸器系の粘膜です。 もし、風邪でも、他の病気の症状も全く無い・・という場合は、喉の粘膜が、ストレスや疲れによって弱っていることが考えられます。 粘度が上がって、ずっと喉の奥に常在してしまうのです。 そのせいで、「治らない」と感じている場合があります。 筆者は、結婚してから毎日のお酒を辞め、子供が出来たらタバコを辞めましたが、それからは「痰の絡み」は劇的に減りました!たまに外出先でハメを外して飲んだり喫煙すると、飲み始めて1時間後には咳払いが出るようになります。 やっぱりこれが原因だったのか・・と。 ですからあまり酷いようなら、お酒やタバコの量を控えるようにしてくださいね。 痰は、気管からの警告です。 例えば、• 部屋の換気はしっかり行い、空気を入れ替える(花粉の季節などは注意しましょう!)• 乾燥した屋外では、マスクをして口内の乾燥を防ぐ• 水分補給をして、喉の乾燥を防ぐ(乾燥していると痰が喉に絡まったままになりやすくなります。 温かい飲み物の方が良いでしょう) このように自分で対策できることもたくさんありますよ。 どうしても治らないときに考えられる病気は?痰で病院に行くべき? 「たかが痰、出していれば問題ない」と思うでしょうか? もし上記の対策をしても治まらない場合、それは思わぬ病気が原因かも。 悪化する前に受診することも大切です。 どんな病気が隠れているでしょうか?それは、痰の色や粘り具合などで知ることが出来ます。 幼児でもかかる病気なので、子供が痰で苦しそうにしていたらチェックしてあげましょう。 また、知らず知らずのうちに肺に水が溜まっていると、肺の毛細血管から血液が溢れ、痰に混ざることがあります。 また気管支喘息のときにもこのような痰がみられます。 このように、気管の炎症からガンに至るまで、様々な原因が潜んでいる場合があるのです。 あまりにも長引くな、と思ったら、是非病院へ。 まずは内科に相談してみましょう。 呼吸器科、耳鼻咽喉科の受付で自身の症状について相談するところから始めてもいいでしょう。 肺のレントゲンを取ったり粘膜を採取するなどして、適切な科に誘導してもらえます。 検索: 今日の人気記事• ゴムだからといって安心していると、いつの間にか劣化ははじまっています。 それは加水分解によって引き起こさ... 朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象がありますよね。 しかし、朝にラーメンなど高カロリーな... どんな仕事でも電話の受け答えが発生しますが、この時、困るのが正しい敬語の使い方ですね。 特に難しいのが、... 二の腕の筋肉がピクピクと痙攣した経験はありますか?痛みはなくても何とも気持ちの悪いものですよね。 大学によっては教員を公募しているところがあります。 その要綱を見て応募しようと考える人もいるでしょう。 年金を払ってないことで老後の生活も心配になりますが、今の生活が厳しいので支払うのが難しい人もいるでしょう。 ノロウイルスや細菌が原因となる急性胃腸炎は下痢、嘔吐、吐き気、腹痛、発熱などの症状があり、大変苦しいものです。... 年に一度の誕生日はビッグイベントですよね。 30代の男性といえば立派な大人。 大人に似合う素敵なものを贈りたいと思... 仕事が出来る人と出来ない人を分ける一番の要素は「メモを取る」か「メモを取らないか」です。 たかがメモとは... 液晶が壊れた、電源が入らないなどの故障でスマホのデータを諦めて機種変更をした人も多いと思いますが、そんな状態か... カテゴリー• その1クリックが励みになります.

次の

〜痰が絡む原因〜【痰.com】

痰 が 絡む 病気

痰が絡む症状が治らない!悩んでる人は意外と多い いつからか、痰が絡んで咳払いをすることが日常化している・・思い当たることがあるでしょうか?もしそれが自分でなくても、家族や職場にそういった症状の人が居たら、結構気になってしまいますよね。 痰が絡むようになると、声が出なくなる、咳払いがうるさく周りに迷惑を掛ける、周りの人に不快な想いをさせる、痰を吐かなければならない、またそれが女性だったりすると人目も気になります。 かく言う筆者も、慢性的な痰に悩んでいた時期があります。 女性なので、周りの目が気になります。 咳払いを頻繁にするので、職場などでは「え?何か怒ってる?」「機嫌悪い?」と思わせてしまうこともあったと思います。 そう、大きな咳払いって、怒っているようにも見えるんですよね・・。 呼吸器系の「粘膜」で、体内に入りかけたウイルス、ホコリ、細菌などの有害なものを絡めとります。 ですから本来、できれば痰は咳払いで飲み込まず、吐き出すのがベストなのです。 例えば体内に風邪のウイルスなどが入ると、白血球が戦ってくれます。 そうして戦って死んだ白血球の死骸も、痰の中には含まれます。 そのために、粘り気があるのです。 ヒトの体は、鼻水や咳、くしゃみなどで有害なモノと戦い、外に排出しようと機能しています。 煩わしい痰も、この働きを担うひとつ。 もし痰がなかったら、細菌たちが粘膜をスルーして体内に侵入してくる量が増えていたんですね。 さて、イメージで言うとおじいさんなどに多そうな「痰」の症状ですが、子供でも慢性化しているときがあります。 考えられる原因はどういったものがあるでしょうか?また、どのようにその原因を見極めることができるのでしょうか。 風邪でもないのに治らない痰・・絡む原因を探ろう 筆者の場合、慢性化していた痰の原因はすぐに想像が付きました。 「お酒」が原因の場合、飲む量が、自分の分解できる量を超えてしまっている場合があるようです。 「酒焼け」といって、声が出づらくなることもありますよね。 こうして喉を痛めることで、痰が出やすくなります。 また、「タバコ」も言わずもがなです。 タバコの煙が、体に、まして粘膜に良いわけはないのです。 しかし、「酒もタバコもやりません」「子供が痰に悩んでいます」という場合、上記の原因は除外されます。 近くにタバコを嗜む人が居て、副流煙の影響を受けていることは考えられます。 先にもお話したように、痰は呼吸器系の粘膜です。 もし、風邪でも、他の病気の症状も全く無い・・という場合は、喉の粘膜が、ストレスや疲れによって弱っていることが考えられます。 粘度が上がって、ずっと喉の奥に常在してしまうのです。 そのせいで、「治らない」と感じている場合があります。 筆者は、結婚してから毎日のお酒を辞め、子供が出来たらタバコを辞めましたが、それからは「痰の絡み」は劇的に減りました!たまに外出先でハメを外して飲んだり喫煙すると、飲み始めて1時間後には咳払いが出るようになります。 やっぱりこれが原因だったのか・・と。 ですからあまり酷いようなら、お酒やタバコの量を控えるようにしてくださいね。 痰は、気管からの警告です。 例えば、• 部屋の換気はしっかり行い、空気を入れ替える(花粉の季節などは注意しましょう!)• 乾燥した屋外では、マスクをして口内の乾燥を防ぐ• 水分補給をして、喉の乾燥を防ぐ(乾燥していると痰が喉に絡まったままになりやすくなります。 温かい飲み物の方が良いでしょう) このように自分で対策できることもたくさんありますよ。 どうしても治らないときに考えられる病気は?痰で病院に行くべき? 「たかが痰、出していれば問題ない」と思うでしょうか? もし上記の対策をしても治まらない場合、それは思わぬ病気が原因かも。 悪化する前に受診することも大切です。 どんな病気が隠れているでしょうか?それは、痰の色や粘り具合などで知ることが出来ます。 幼児でもかかる病気なので、子供が痰で苦しそうにしていたらチェックしてあげましょう。 また、知らず知らずのうちに肺に水が溜まっていると、肺の毛細血管から血液が溢れ、痰に混ざることがあります。 また気管支喘息のときにもこのような痰がみられます。 このように、気管の炎症からガンに至るまで、様々な原因が潜んでいる場合があるのです。 あまりにも長引くな、と思ったら、是非病院へ。 まずは内科に相談してみましょう。 呼吸器科、耳鼻咽喉科の受付で自身の症状について相談するところから始めてもいいでしょう。 肺のレントゲンを取ったり粘膜を採取するなどして、適切な科に誘導してもらえます。 検索: 今日の人気記事• ゴムだからといって安心していると、いつの間にか劣化ははじまっています。 それは加水分解によって引き起こさ... 朝食のラーメンと言われると、おデブ真っしぐらな印象がありますよね。 しかし、朝にラーメンなど高カロリーな... どんな仕事でも電話の受け答えが発生しますが、この時、困るのが正しい敬語の使い方ですね。 特に難しいのが、... 二の腕の筋肉がピクピクと痙攣した経験はありますか?痛みはなくても何とも気持ちの悪いものですよね。 大学によっては教員を公募しているところがあります。 その要綱を見て応募しようと考える人もいるでしょう。 年金を払ってないことで老後の生活も心配になりますが、今の生活が厳しいので支払うのが難しい人もいるでしょう。 ノロウイルスや細菌が原因となる急性胃腸炎は下痢、嘔吐、吐き気、腹痛、発熱などの症状があり、大変苦しいものです。... 年に一度の誕生日はビッグイベントですよね。 30代の男性といえば立派な大人。 大人に似合う素敵なものを贈りたいと思... 仕事が出来る人と出来ない人を分ける一番の要素は「メモを取る」か「メモを取らないか」です。 たかがメモとは... 液晶が壊れた、電源が入らないなどの故障でスマホのデータを諦めて機種変更をした人も多いと思いますが、そんな状態か... カテゴリー• その1クリックが励みになります.

次の

咳・痰の原因となる病気 [肺・気道の病気] All About

痰 が 絡む 病気

咳・痰の原因の特定は簡単なことではありません。 肺炎、気管支炎、花粉症、COPDなど様々な病気が考えられるからです 咳の原因となる病気は様々です。 以下で代表的なものを挙げてみましょう。 感染を起こす病原体はウイルス、細菌など多種多様。 子供や若年者ではマイコプラズマ感染症が有名。 温泉や循環式風呂あるいは老人保健施設でのレジオネラ菌による集団感染も。 こうした感染症の治療後にも数週間にわたって続くことがあるが、多くの場合には咳止めなどの対症療法のみが行われる。 長期間続く場合には、結核菌による感染もあり得る。 3週間以上にわたって咳だけが続く、咳喘息と呼ばれる病態もある。 咳喘息から気管支喘息に移行する可能性も指摘されている。 禁煙後もタバコの影響は残っているので、加齢に伴う肺機能低下を伴うことで呼吸困難などの症状が出現して初めて指摘されることもある。 確定診断には肺機能検査(肺活量など)が必要なため、初期の場合にはレントゲン写真だけでは診断できないこともある。 食直後に横になると胸焼けや咳が出現する場合、この病気が疑われる。 中高年で肥満体型の方は要注意。 嚥下障害のある場合にACE阻害薬を投与して、あえて咳をしやすい状態にすることで誤嚥性肺炎(別名:嚥下性肺炎)の予防効果が期待されることもある。 横になることで重力によって血液の流れに変化が生じて肺の血管に負担がかかるため、数時間してから初めて咳が出ると考えられています。 この場合、咳払いのように痰は絡まないことが多い。 多くの場合には空咳(からぜき)として出現する。 原因不明の特発性間質性肺炎(肺線維症)、関節リウマチなどの膠原病に併発することもある。 痰が出る・咳に痰が絡む・血痰が出るときに疑う病気……黄色・緑色など色も手がかりに 痰が絡む場合、その多くは感染症によるものです。 ウイルス感染症の代表である風邪の場合にも無色透明の痰が増えることがあります。 また、必ずしも色だけでは病原体を判断することはできないのですが、痰に色がついている場合には細菌感染症を疑うことがあります。 鉄さび色、黄色がかった痰は急性感染症を示すことがありますが、数ヶ月以上にわたって緑色の痰が続く場合には慢性的な呼吸器感染症が存在することもあります。 また、血痰が出現した場合、最も気になるのが腫瘍(肺がん)です。 肺のどの部分に腫瘍ができるかによっても違うのですが、喫煙に関連する扁平上皮癌というタイプのガンは、煙の影響を直接受ける気管支の根元にできやすいために、早期から血痰の症状がみられることがあります。 反対に、肺の端っこのほうにできやすい腺癌では早期の場合には症状が出にくく、痰もほとんど出ないということがあります。 以上、咳と痰の概要をご説明しました。 それぞれ呼吸器に深く関連した症状ですが、一時的に生じた場合には一般的な内科での対応も可能です。 3週間以上にわたって長引く場合、あまりに普段とは違う咳や痰が出るという場合には呼吸器科の受診をお勧めします。

次の