ライン スタンプ の 使い方。 スタンプの文字を変えられる!「LINEカスタムスタンプ」の使い方

LINEスタンプをプレゼントする方法と受け取り方 [LINEの使い方] All About

ライン スタンプ の 使い方

スタンプには「無料」「有料」がある!それぞれの違いは? 有料スタンプは、購入したアカウントでずっと使うことができ、使用期限を気にせずに使うことができます。 価格は120円~600円の間で設定されており、240円ほどで販売されているものが多いです。 無料スタンプは、条件クリアが必要なものが多く、使用期限も180日などと制限があります。 また、使用できる期間が決まっているので、 その期間を過ぎると使えなくなってしまいます。 この他にも、アプリを入れた時点で初めから入っているスタンプもあり、そちらは特に条件などもなくダウンロードすることができます。 それではいよいよ、それぞれの入手方法について詳しく説明をしていきますね! LINEの無料スタンプを入手する方法 LINEアプリからダウンロードする ホーム画面の右下にある ウォレット をタップします。 次に、 スタンプショップ をタップしましょう。 一覧に並んでいるもののほとんどは有料スタンプです。 無料スタンプをゲットするには、画面の上にあるカテゴリの中から イベント をタップします。 その中から好きなスタンプを選びます。 今回はお友達追加が条件になっていました。 友だち追加 をタップすると、コラボ先のアカウントページに移動します。 ボタンを押すと自動で画面が切り替わりますので、条件クリアのために追加を押して友だちになりましょう。 先ほどまで グレーだったボタンが 緑色になれば条件クリアです。 このままダウンロードへ進みます。 ダウンロードが完了しました。 確認 をタップすると、ダウンロード済みに変わっています。 無料でゲットする方法は他にもあります。 過去記事で隠しスタンプについてご紹介しているので、気になる方はこちらもぜひお試しください。 LINEストアからダウンロードする 普段使用しているブラウザで 「LINEストア」を検索します。 公式サイトに移動出来たら、画面をスクロールして 無料スタンプ・着せかえ配布中を選びます。 一覧が表示されました。 1番上にあるスタンプをダウンロードしてみます。 ここからは先ほどのアプリ内でのやり方と同じです。 友だち追加 を押すと確認画面が出るので、 開く を選んでLINEアプリに移動します。 画面が切り替わるので、お友だちに追加します。 ダウンロード をして完了です。 LINEの有料スタンプを購入する・買い方 LINEアプリからダウンロードする ホーム画面の右下にある ウォレット から スタンプショップ に進みます。 購入したいスタンプを選んで、プレビューでスタンプの内容を確認します。 購入する ボタンから購入画面へ進んで支払いを完了させれば完了です。 この時にコインが不足していると購入画面へ進むことができないので、あらかじめコインをチャージしておく必要があります。 コインのチャージには 「クレジットカード」「キャリア決済」「プリペイドカード」から支払いが可能です。 LINE専用のプリペイドカードはコンビニからも購入ができますよ。 コインのチャージができたら、先ほどのスタンプの画面から購入ボタンを押して支払い画面に進み、そのままダウンロードすればOKです。 LINEストアから購入する方法 普段使用しているブラウザで 「LINEストア」と検索して、サイト内から好きなスタンプを選んでいきます。 左上の アイコンをタップしてメニューを開き、その中から公式スタンプもしくはクリエイターズスタンプを選びます。 気に入ったスタンプをタップして内容を確認し、 購入する から支払いに進みましょう。 ストアでの支払い方法は下記から選ぶことができます。 pocket line hatebu image gallery audio video category tag chat quote googleplus facebook instagram twitter rss search envelope heart star user close search-plus home clock update edit share-square chevron-left chevron-right leaf exclamation-triangle calendar comment thumb-tack link navicon aside angle-double-up angle-double-down angle-up angle-down star-half status.

次の

スタンプ使い放題!LINEスタンププレミアムの無料登録や解約方法を紹介

ライン スタンプ の 使い方

スタンプショップでは、公式スタンプとユーザーの自作スタンプを購入可能 有料スタンプは、50コインから購入可能。 このコインはLINE内で使える仮想通貨で、50コイン/120円からクレジットカードなどでコインチャージもできる。 企業の動画を視聴するなど、特定の条件を満たすと無料でコインをためることも可能だ。 電話番号や機種変更をする場合、メールアドレスを登録しておくとコインの残高を引き継げる。 ただし、OSが変わる場合は残額を引き継げない。 利用中のスタンプ一覧が有効期限とともに表示され、順番を入れ替えてよく使うスタンプを上位に表示するといった編集もできる。 関連記事• LINEを使う上で「友だち」追加は基本のキ。 4つの方法を紹介しよう。 LINEの代名詞ともいえる「スタンプ」の存在。 豊富な種類のスタンプは、テキストだけでは味気ない「友だち」との「トーク」に華を添えてくれる。 スタンプの買い方、使い方、管理方法などを覚えてLINEをさらに楽しもう。 LINEは1端末につき1アカウントが原則。 スマホを機種変更する際は事前に引き継ぎの準備が必要だ。 また、トーク履歴はバックアップを取ることで内容を復元できる。 LINEには、自分の近況を友だちと共有できる「ホーム」や「タイムライン」機能がある。 メッセージのやり取りや通話など1対1の機能が目立ちがちだが、LINEをSNS的に使うことも可能だ。 「LINE」には、特定の「友だち」からの通知を表示しない「ブロック」機能がある。 そのほか、パスコードの設定やアカウントの削除など、安心・安全のために覚えておきたい機能を紹介しよう。

次の

LINE(ライン)の使い方・スタンプ・裏技 完全マニュアル【2019年最新情報】【Android・iPhone】

ライン スタンプ の 使い方

選んだテンプレートとともに、プレゼントしたスタンプが相手とのトークに送信される プレゼントしたスタンプは、贈った相手とのトークに送信され、相手はそこからダウンロードして使用できるようになります。 (*プレゼントされたスタンプを受け取る方法は、後半で紹介しています) 有料スタンプも無料スタンプも、プレゼントのやり方は基本的に変わりませんが、今は無料スタンプが少ないので、有料スタンプを購入してプレゼントすることがほとんどになるでしょう。 購入の際は当然コインが必要になるので、前もってチャージしておくか、購入時に保有コイン不足の場合、途中でチャージするかどうかを聞かれるので、メッセージの内容に従って、コインをチャージするようにしましょう。 ポイントを持っている場合は、コインに換えてスタンプ購入に使うことができます。 20ポイントは10コイン。 例えば、50コインのスタンプをゲットするためには、100ポイントが必要です。 iPhoneユーザーが有料スタンプをプレゼントする方法 また、iPhoneユーザーは、LINEアプリから有料スタンプをプレゼントすることができません。 有料スタンプをプレゼントしたい場合は、アプリからではなく、スマートフォンまたはPCのブラウザからにログインし、贈りたいスタンプと相手を選びます。 LINEストア経由でのスタンプのプレゼントは、Androidユーザーでも、もちろん可能です。 LINEアプリから有料スタンプをプレゼントできないiPhoneユーザーや、PCからスタンプをプレゼントしたい場合は、ブラウザからLINEストアにログインし、贈りたいスタンプと相手を選ぶ また、LINEストアではiTunesカードでの決済はできません。 クレジットカードが使えない場合は、LINEプリペイドカードかLINE Pay、電子マネーを利用しましょう。 プレゼントの方法はスタンプショップから贈る方法と同じですが、プレゼントしたいスタンプは、マイスタンプ一覧から選べます。 「設定」から「スタンプ」>「マイスタンプ」を選択。 選んだテンプレートともに、プレゼントしたスタンプが相手とのトークに送信されます。 マイスタンプを友だちにプレゼントしても、自分のところからスタンプがなくなるわけではなく、それまで通り自分も使用することができます。 マイスタンプが有料であった場合は、友だちの分も購入してプレゼントするという形になるのです。 同様に、自分が持っていない有料スタンプを友だちに購入&プレゼントし、同じものをマイスタンプに追加したい場合は、自分用に別途購入する必要があります。 プレゼントできないスタンプって? 無料スタンプでも、「友だち追加でスタンプGET!」といったように、条件をクリアしてもらえるタイプのスタンプは、プレゼントすることができません。 スタンプがプレゼントされると、贈り主の友だちとのトークにメッセージが届く。 その手口は、LINE公式アカウントを装ったり、タイムラインやTwitterなどを利用して拡散したりとさまざま。 詐欺の目的は、特定のサイトなどに登録させたり、アプリをダウンロードさせたりすることにより、アフィリエイト報酬を得るといったことのようです。 言われたとおり登録したものの、スタンプをもらえずじまいという被害者も。 また、本当に有料スタンプをもらえる場合もあるようですが、大切な個人情報を抜かれ、それが流失してしまう危険性は否定できません。 甘い言葉には、くれぐれもご注意を! 【関連記事】•

次の