玉川 コメンテーター。 玉川徹の韓国人やえらそうの真相とは?結婚した嫁の存在とは?

玉川徹氏、岡田晴恵氏擁する『モーニングショー』一人勝ちへの違和感(高堀 冬彦)

玉川 コメンテーター

来歴 出身。 を経て、から修士課程へ進学。 高校時代まではに興味があったが、大学受験で希望が叶わず、京都大学では分野を専攻した。 『』(テレビ朝日制作の版)、『』(制作)、などをテレビで見るのが好きであったことから放送業界を目指し 、京都大学大学院修了後のにへ入社。 『』で AD を経験した後、報道局の主任として『』などの番組でディレクターを務めた。 『スーパーモーニング』の後期に「ちょっと待った! 一部の曜日では「ちょっと待った! 民放テレビ局のにおいて、(アナウンス職・記者職の経験者や「解説委員」などの特別職ではない)制作局の現役正局員がレギュラー扱いでコメンテーターへ起用されることは異例である。 テレビ朝日のワイドショーに制作者の立場で20年以上携わっているが、同局へ入社するまでは、当時のワイドショーで横行していた取材対象者の人権を軽んじる報道姿勢に強い違和感を抱いていたという。 入社直後には「ワイドショーだけは担当したくない」という意思を当時の編成局長へ伝えたものの 、最初に配属された『内田忠男モーニングショー』は、日本のテレビ局で最初に放送されたワイドショー(『』)の第9シリーズに当たる。 しかし、ADとして配属されてからも、局内や他局のワイドショースタッフと一線を画していた。 配属の直後に急逝したの取材を任されたところ、「(自分がテレビカメラで)撮りたくないものは撮らない」という理由から、いわゆる「」として局内で槍玉に挙がることを承知で(他局のワイドショーのスタッフが公然と進めていた)への取材をあえて拒否したほどである。 このような経験から『スーパーモーニング』以降のワイドショーで担当している冠コーナーでは「人間としての興味」を取材の起点に据えながら、従来のワイドショーではあまり扱っていなかった(などの)疑問や問題も盛んに取り上げている。 その一方で、『モーニングバード! 』以降のワイドショーでレギュラーコメンテーターへ起用されていることについては、「ワイドショーを作っている側(の人間)として、『地雷』(ワイドショーのコメントで踏み込んではいけない領域)を身をもって知っていることが評価されたのかも知れない」と語っている。 座右の銘は、ののタイトルでもある「」。 健康への意識が強い一方で、「無駄に思えることでも、自分にとって合理的であれば許せるが、不合理に思えることはとにかく嫌い」と公言している。 はだが、については自身の意向で公表していない。 批判された発言 2019新型コロナウイルス• 系「」でのについての発言内容が、感染拡大と政府の対策について不安を煽っているとの批判がある。 2020年4月7日放送の「モーニングショー」で、新型コロナウイルスのPCR未検査の死亡者について、遺族に会わせずに火葬を行っているという葬儀会社を取り上げた。 この中で玉川は、肺炎死亡者の中に新型コロナウイルス感染者がいることを示唆し、「今まで日本は新型コロナの死者数が少なくて、『日本は優れた特徴があるんじゃないか』っていうようなことをいう人が結構いたんですけど、調べてないんですね。 調べてない以上、分からないですよ」「もっともっと死者は多いかもしれない」とコメントした。 これに対し葬儀会社社長を名乗るツイッターユーザーは「葬儀業者の勝手な判断で、肺炎患者を勝手に24時間以内に火葬することは出来ません。 ツイッターで以前に否定したデマです」と番組内容を否定。 「取材不足かわざとなのか、どちらにしろテレビで誤解を広めるのはデマですからやめてほしい」と非難した。 2020年4月28日放送の「モーニングショー」で、前日の東京都の新型コロナウイルスの感染者数39人すべてが民間の検査機関によるもので、行政の検査機関は土日に休んでいたと発言したが、翌29日の放送で、正しくは39人のなかに行政機関の検査によるものも多数含まれており、土日も休んでいなかったと誤りを訂正し、「このことにより、土日も働いてらっしゃる都庁関係者の皆様、保健所の皆様、そして検査機関の皆様、検体を採取する医療関係者の皆様、全てに多大なるご迷惑をお掛けしてしまいました。 本当にすいませんでした」と謝罪した。 2020年5月15日放送の「モーニングショー」で、東京都の新型コロナ抗体陽性率が0. 」などと疑問の声が集まった。 税金返せ! (2004年6月19日、)• 化学物質汚染列島 奇形タンポポの警告(2009年10月21日、)• 玉川徹のちょっと待った! 総研(2011年3月24日、講談社)• 玉川徹のそもそも総研 原発・電力編(2011年9月23日、講談社)• ニッポンの踏み絵 官僚支配を駆逐する五つの改革(2012年8月26日、)• うちの子を「官僚」に育てる26の格言(2015年1月31日、) 出演番組 現在• - レギュラーコメンテーター 過去• - リポーター• - (2018年4月19日)第1話ゲスト 雑誌記者役• - (2018年12月24日、2019年12月26日)羽鳥慎一と出演。 - (2019年5月10日)石原良純の代打• () - (2019年7月22日)ゲスト• () - (2019年10月18日)の休演に伴う「スペシャルパーソナリティ」として出演• 第6期・第3話 - (2019年10月31日)もんじゃ焼き屋で大門未知子(演:)の隣に座った常連客役で羽鳥と共にゲスト出演 脚注• 2019年5月10日. 2019年5月16日閲覧。 『』付文化芸能面「日曜日のヒーロー」向けの取材を受けた際には、当時本ページに記載されていた「 コメンテーター室コメンテーター」という肩書が間違っていることを指摘した上で、テレビ朝日に「平社員」(一般職の局員)として勤務していることを強調。 名刺には「テレビ朝日 玉川徹」とだけ記しているものの、局内では職制上、「『羽鳥慎一モーニングショー』スタッフ」という肩書を用いていることも明かした。 川本裕司. 論座(RONZA). 2020年5月19日閲覧。 2020年5月19日閲覧。 PRESIDENT Online. 2020年3月25日. 2020年5月19日閲覧。 2020年5月19日閲覧。 2020年4月8日. 2020年5月22日閲覧。 2020年4月7日. 2020年5月20日閲覧。 Yahoo! ニュース 個人. 2020年5月19日閲覧。 スポニチアネックス. 2020年5月19日閲覧。 SANSPO. COM. 2020年4月29日. 2020年5月19日閲覧。 リアルライブ. 2020年5月19日閲覧。 スポーツ報知 2020年5月18日. 2020年5月19日閲覧。 リアルライブ. 2020年5月19日閲覧。 リアルライブ. 2020年5月19日閲覧。 - 羽鳥慎一モーニングショー公式ツイッター 2018年4月17日15:03• 2018年12月23日. 2019年5月16日閲覧。 2018年12月24日. 2019年5月16日閲覧。 2019年5月10日. 2019年5月16日閲覧。 2019年7月20日. 2019年7月22日閲覧。 2019年11月1日. 2020年1月22日閲覧。 外部リンク• tamakawat - この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(、)。

次の

《好きな/嫌いなコメンテーター2020》あの“悪役系”玉川徹氏が「好きな」2位に!(週刊女性PRIME)

玉川 コメンテーター

新型コロナウイルスも官僚批判の道具に過ぎないのか。 3月6日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」(テレビ朝日系)にて、そんな疑念さえ抱いてしまうような、「約10分間にわたる厚生労働省批判」に、出演者も呆れてしまっていたようだ。 批判の発端は、厚労省が5日朝に〈感染症指定医療機関への医療用マスクの優先供給を行った〉と公式アカウントでツイートしたこと。 これに先立ち厚労省では、4日放送の「モーニングショー」にて〈まずは医療機関に配らなければだめ〉とのコメントがあったと紹介。 省庁が具体的な番組名を出すのは異例であり、これに番組側が猛反発する形となった。 6日の放送では「医療機関のマスク不足 厚労省ツイッターが波紋」と銘打って、同省のツイートを問題視。 番組では感染症指定医療機関に問い合わせを行い、〈国からマスクは届いていない〉、〈今のところ優先されている感じはしない〉といった返答を紹介していた。 そのうえで厚労省の担当者から「『マスクの優先供給を行った』については言い過ぎた表現。 『行っている』『開始した』が正しい」との返答があったと報告。 これらの取材を踏まえ、同番組でコメンテーターを務めるテレビ朝日社員の玉川徹氏が、番組代表の立場から厚労省への猛批判を展開したのである。 「玉川氏は厚労省のツイートについて『日本語として間違っているので訂正するのは当然でしょうね』と断罪。 さらに『間違えは誰にでもあります、我々の番組でも間違えがあれば訂正する』と前置きしつつも、『なんでこの時期にちゃんと事実確認もしないで、正しくない日本語を使って厚生労働省が(番組を)名指しでやったんだろう、と。 ボクは回答が欲しいんですよね』と、厚労省を徹底的に追及する構えを見せていました」(テレビ誌ライター) ここでMCの羽鳥慎一アナは、新型コロナウイルス報道でおなじみとなった白鴎大学の岡田晴恵特任教授に「岡田先生いかがですか?」と質問。 「この表現の行きすぎたところや事実関係を訂正したいというところですが」と専門家の意見を尋ねたのである。 「その質問に岡田氏は直接答えることなく『もう、前に行かないですか?』と提案。 『これはこれで、とにかく医療の現場にマスクを届けるように最大限尽力をお願いいたします』と答え、番組の厚労省批判には関与しない姿勢を示しました。 思わぬ返答に羽鳥アナは『厚労省もなんとかしようとしている姿勢は、これは間違いはないんです』と、態度ブレブレの反応。 番組側の厚労省批判もすっかり腰砕けとなったのです」(前出・テレビ誌ライター) 番組ではさらに「医療現場マスク不足深刻」と話題を引っ張ったものの、岡田氏は「一番危機的になるのは院内感染と高齢者施設です。 そこにまず(マスクを)投入してください」と大きな身振りで強調し、問題の本質を指摘していた。 視聴者にとっては耳を傾けるべきは誰の言葉なのか、明らかだったのではないだろうか。 (金田麻有).

次の

玉川徹氏のPCR検査についての発言に変節と指摘 これまでも何度も物議を醸す発言|ニフティニュース

玉川 コメンテーター

カリスマ的人気とアンチ 国内初の新型コロナ感染者が確認されてから約4ヵ月この間、新型コロナ報道をリードしてきたのはテレビ朝日のワイドショー『羽鳥慎一モーニングショー』(月~金曜前8時)に違いない。 もともと朝のワイドショーの中では最強で、昨年まで3年連続で年間視聴率トップだった。 新型コロナ報道に注力する今年はより数字が伸び、5月14日(月)には裏番組を大きく引き離す14. 1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。 独走状態だ。 この番組は熱心なファンが多いのが強み。 朝日新聞の言論サイト『論座』が4月20日、朝日の敏腕放送記者によるレギュラーコメンテーター・玉川徹氏=テレビ朝日社員=への疑問という記事を掲載したところ、番組ファンから猛批判を浴びた。 玉川氏の存在はカリスマ化している。 半面、番組のアンチが多いのも事実。 新型コロナ報道が始まった今年は視聴率が伸びた分、アンチも増えたように見える。 事実、SNSには数え切れないほどの批判が並んでいる。 著名人による非難も少なくない。 アンチが多い第一の理由は何かというと、この番組は「主張」が強いからではないか。 ジャーナリズムの役割は、基本的には「報道」「批評」「解説」とされるものの、この番組は「主張」が加わっている上、それが大きなウェイトを占めている。 番組はPCR検査の拡充を強く訴えてきた。 その是非は別とし、これも「主張」だろう。 同じく適否はとにかく玉川氏たちによる政府批判も「主張」であるに違いない。 「主張」が強いワイドショー、ニュースはファンもアンチも多くなる。 久米宏氏(75)がキャスターを務めていた『ニュースステーション』(テレビ朝日、1985~2004年)がその典型例だし、今は『サンデーモーニング』(TBS、日曜8時)が代表格と言える。

次の