インフルエンザ 背中 が 痛い。 インフルエンザ注射後肩が痛みます

【医師が監修】背中が痛い原因って?もしかして、病気のサイン?

インフルエンザ 背中 が 痛い

Sponsored Link インフルエンザで背中が痛くなる? インフルエンザを発症すると、全身にさまざまな症状が現れます。 その症状のひとつ、筋肉の痛みとして背中に痛みを感じる人も中にはいらっしゃるようです。 この背中の痛み、実は原因としては体の免疫機能によるものなんですよ。 インフルエンザウイルスが侵入した際、 免疫が活発になることで体に炎症が起こり、結果として体の痛みが出てくるという仕組みです。 そのため、インフルエンザが治まってくるとともに背中の痛みの症状も良くなってくると言えますね。 ただ、安静にしていればいずれは治まるとはいえ、背中に違和感や痛みがあっては思うように寝ていることもままならないですよね。 そこで次は、この痛みを少しでも緩和する方法がないのか見ていきましょう。 Sponsored Link 背中の痛みを緩和する方法は? 安静にしていることも辛い背中の痛み。 この痛みを少しでも和らげられる方法を解説していきますね。 まずは お部屋の温度を暖かく保ってください。 換気や保湿にも十分注意してくださいね。 というのも、インフルエンザウイルスは寒くて乾燥したところを好みます。 そのため、まずはインフルエンザと戦うための環境作りが大切なわけですね。 そして、痛む背中を 電気毛布や湯たんぽなどを使って暖めてみてください。 背中の痛みが暖められることによって和らいできますよ。 ただ、電気毛布や湯たんぽを使う時は、低温やけどなどに注意してくださいね。 また、家族の方がいらっしゃる場合は 優しくマッサージしてもらうのも、痛みの緩和という面では効果的です。 痛みが少し和らいだら、水分をたっぷり取って安静にしておきましょう。 この時、寝る姿勢にも気をつけてくださいね。 背中や腰に負担がかからないよう、 横向きで丸まって寝ると楽に眠れます。 ただし、ずっと同じ姿勢で寝ていると痛みがひどくなる場合がありますので、時々反対向きになるなど姿勢を変えるようにしましょう。 インフルエンザの背中の痛みに痛み止めは使っても良い? 背中を暖めたりマッサージをしてみても、それでも痛みが緩和されずひどい場合は、解熱鎮痛剤で痛みを和らげる方法も効果的です。 しかし解熱鎮痛剤の中には、インフルエンザに使用すると重篤な症状を引き起こしてしまうもがあります。 そのため、まずは病院にて専門家の診断のもと、お薬を処方してもらうのが良いですね。 ただ、どうしても時間がなくて病院へ行くことができない場合は、成人の方であれば市販のお薬を使っても良いですね。 その場合、アセトアミノフェンという成分を含む 「ノーシン」や「タイレノール」といった市販薬が、胃にもやさしく安全性に優れています。 また、イブプロフェンが含まれている 「イヴ」も、副作用などが少なくインフルエンザでも服用が可能です。 ちなみに 「バファリン」は、アセトアミノフェンとイヴプロフェンの2つの成分が含まれています。 これらの2つの成分は、 副作用も比較的少なく、インフルエンザの際に使用しても問題がないものです。 市販のお薬でとりあえず対処しておいて、時間ができたらすぐにでも病院へ行ってくださいね。 まとめ インフルエンザの辛い背中の痛み。 体を暖めることと解熱鎮痛剤にて緩和が期待できるので、ぜひ試してみてくださいね。 なお、ここで書いた内容はあくまでも専門家の診断を受けて、インフルエンザが確定した場合の話になります。 インフルエンザに感染したかも?と思った時は、まずは病院で検査を受けて医者に診てもらうようにしましょう。 また、完治したと思っても3日程はウイルスは体に残っています。 熱が引いたからといってすぐに動き出すのではなく、様子をみながら活動してくださいね。 Sponsored Link• おすすめ記事.

次の

背中の痛みの原因となる『風邪(かぜ)・インフルエンザ』について/特徴・症状・治療

インフルエンザ 背中 が 痛い

インフルエンザウイルスの怖さ! 監修/北村 聖 東京大学医学教育国際協力研究センター 教授 インフルエンザは、インフルエンザウイルスが原因で起こります。 インフルエンザウイルスは、A型、B型、C型の3種類が知られていますが、人の間で流行するのは主にA型とB型です。 A型は、特に遺伝子変異が起こりやすく、人に抗体ができても、少しずつ変異して、新たな感染源となって毎年流行を繰り返します。 また、インフルエンザウイルスの活動性が高まるのは、一般的に湿度と気温の低い冬の季節です。 通常、人の気道(鼻から喉、気管支などの空気の通り道)には、空気と一緒に入ってきた小さなゴミや細菌、ウイルスなどの異物を粘液で包み込み、外へ送り出す働きがありますが、乾燥した冷たい空気はこの働きを低下させるためです。 最近、「鳥インフルエンザ」から人に感染性を持つ「新型インフルエンザ」の出現が危惧されています。 もともとインフルエンザウイルスは、カモなどの水鳥の腸に共生していました。 鳥インフルエンザは、本来ニワトリなどの鳥同士が感染するものですが、直接人に感染する例も見つかっています。 強い病原性をもった鳥インフルエンザウイルスが遺伝子再集合により人に感染しやすいタイプに変化すると、今までにないインフルエンザウイルスが出現することになります。 インフルエンザの症状は、風邪と似ています。 しかし、喉の痛みや鼻汁、くしゃみ、咳といった風邪の症状に加えて、38〜40度の高熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感などの強い全身症状を伴うのがインフルエンザの特徴です。 感染してから発症するまでの間には、1〜5日程度の潜伏期間があると考えられています。 症状は、健康な成人であれば通常3〜7日間続き、その後、治癒に向かいます。 インフルエンザの症状は、免疫機構の働きが正常であれば1週間程度で治りますが、呼吸器、心臓などに慢性の病気を持つ人や高齢者では重症化しやすく、最悪の場合は死に至ることもあります。 インフルエンザが重症化すると、気管支炎や肺炎を併発します。 小児では、「中耳炎」や「熱性けいれん」、そして非常に危険な状態ともいえる「急性脳症」などに至る可能性も高くなります。 『風邪かな?』と自己判断せずに、早いうちに医師にかかることが重症化させないコツです。 また、インフルエンザワクチンを接種しておくことも重症化を防ぐ上で有効です。 インフルエンザウイルスは、気道の正常な細胞の遺伝子に自己の遺伝子を送り込み、増殖します。 一方、人の体には免疫機構があり、ウイルスの増殖をいち早く察知し、免疫機構がウイルスの増殖を抑制しようとウイルス対免疫機構の闘いが始まります。 この闘いが、高熱と関節痛、全身倦怠感などのインフルエンザに特徴的な症状となって現れると考えられています。 また、 ウイルスにとって高熱は苦手な環境なので、むやみに解熱薬を使って熱を下げるのはよくないといわれています。 インフルエンザの検査は、迅速診断キットで行われるようになってきました。 これは、喉あるいは鼻の粘液を綿棒で取って調べる簡便な検査です。 また、血液を採取してインフルエンザウイルスに対する抗体の有無や量を調べることもあります。 インフルエンザは、流行する時期が決まっていることや特徴的な症状から問診などで診断は容易です。 現在は、迅速診断キットによって30分以内に正確な診断ができます。 お茶、スープ、ジュースなど何でもいいので飲みたいものを飲みます。 発熱や関節痛などに対しては解熱鎮痛薬、鼻水やくしゃみに抗ヒスタミン薬などが用いられます。 一方、インフルエンザの症状はインフルエンザウイルスに対して免疫が正常に働いている結果であり、薬で無理に抑えないほうがよいという考え方もあります。 市販の薬を自己判断で使用することは、却って逆効果になる場合があるので、医師の指示にしたがってください。 アスピリンなどのサリチル酸解熱鎮痛薬、ジクロフェナクナトリウム、メフェナム酸がその代表的なものです。 市販の解熱薬の中には、これらが含まれている製品があります。 特に、小児では重い副作用が起こることがあるので、自己判断を避け、必ず医師に相談してください。 インフルエンザウイルスに対する治療薬として、塩酸アマンタジンとノイラミニダーゼ阻害薬があります。 塩酸アマンタジンはA型インフルエンザウイルスに有効で耐性が起こりやすいのですが、ノイラミニダーゼ阻害薬はA型、B型どちらのインフルエンザウイルスにも有効です。 但し、これらの抗ウイルス薬は 発病後48時間以内に服用 しないと効果がありません。 また、現在日本ではノイラミニダーゼ阻害薬のリン酸オセルタミビルと塩酸アマンタジンを予防薬として使用することができますが、13歳以上に限るという制限など、いくつかの条件があるので医療機関に相談してください。

次の

背中の痛みの原因となる『風邪(かぜ)・インフルエンザ』について/特徴・症状・治療

インフルエンザ 背中 が 痛い

スポンサーリンク 風邪に似ている背中に痛みがある病気 胸膜炎 背中の痛みを引き起こす病気には 胸膜炎があります。 肺炎が悪化すると合併症として起こ る病気で、咳や痰が酷くいつまでも 治らない特徴があります。 風邪を引いた時に無理をしたりするこ とで、ウィルスが死滅せずに肺に広が ってしまうのが原因です。 怖い!胸膜炎! 「胸膜」という膜が炎症を起こした状 態で、原因は細菌、ウィルスの感染で す。 胸膜で吸収している胸水が炎症によって 吸収できなくなると肺に水がたまってし まいます。 症状が悪化して、胸水に膿が溜まる 「膿胸」になると高熱がでたり呼吸が できなくなります。 風邪で免疫が低下している時には、 いろんなウィルスや細菌に感染しや すくなっています。 とくに風邪をこじらしてしまった時に は、市販の薬ではなく病院で適切な治 療を受けてしっかり治す事を考えまし ょう。 hyo-med. html 風邪が長引いている時や、インフル エンザなどの強力なウィルスに感染 した場合にかかりやすく、 喫煙者は 特に注意が必要になります。 風邪から肺炎になる理由は、抵抗力・ 免疫力の低下により細菌やウィルス が繁殖しやすく、 咳によって喉が炎症を引き起こしてし まい細菌が肺の奥まで入りやすくなっ てしまうからです。 喫煙者は風邪を引いてもタバコを止め ることができないようですが、よけい な刺激を与えてしまうのは肺のダメー ジを強くしてしまいます。 できるだけ禁煙を心がけるようにしま しょう。 背中に起こる筋肉痛が原因 風邪をこじらせたことで、肺炎などの 合併症を起こすこともありますが一番 の原因は、免疫機能が働くことによっ て痛みを感じる物質が体に生まれてし まい、 それが筋肉痛を引き起こすことが原因 と考えられています。 体がウィルスと戦っている証拠でもあ り 「体を休めて欲しい」サインでもあ りますので、そんな時には無理をせず に体を休めてあげるのが一番でしょう。 風邪によって関節痛が起きてしまった 免疫機能がウィルスと戦い始めると、 筋肉だけでなく関節にも熱を持ちや すくなります。 一番ダメージを受けるのが骨盤で、 骨盤の熱がこもると腰痛も同時に 発生しやすくなります。 骨盤に負担がかかることで、背骨や 背筋にも負担が強くあらわれるよう になり、背中全体がきしんだよう に痛みがあらわれるのです。 風邪が治ってしまえば、筋肉痛も関節 痛も自然に治っていきますので、早く に風邪を治すことを考えましょう。 風邪で背中が痛い時にはこう対処してみよう 腰を温める 骨盤の負担がかかり、全身に痛みが あらわれてしまうのですから、まず は腰をあたためて負担を取り去って しまうのが一番です。 熱がある時には、入浴は避けた方がよ いので腹巻や使い捨てカイロなどで腰 回りを温めてあげましょう。 背中を温める 背中の筋肉が疲労していたり、こ ってしまっているので背中を温め てみるのも方法です。 こちらも使い捨てカイロをつかった り、アロマオイルを使った温湿布な ども効果的です。 首を温める 背中と首の筋肉はつながっている ので、横になっていることで首が こってしまうと背中までこりが広 がってしまいます。 寝るときには首にタオルを巻いた り、ネックウォーマーをしたりし て首を冷やさないようにしましょ う。 首から肩を温湿布を使い温めるの も方法です。 市販の湿布ではなく、レンジで温め ることができるようなものがベスト。 玄米を使った繰り返しつかえる温湿 布もありますので、筋肉がこりやす い人は用意しておくと便利ですね。 寝具に工夫をしてみましょう 布団がやわらかすぎたり、枕があって いない眠り方が浅いなど、風邪を引い たことによって体に負荷がかかってい ることで背中が痛むことがあります。 枕をバスタオルに変え て「リラックスで きる枕」をつくったりすることで、首か ら肩、背中の力が抜けるようになれば自 然に背中の筋肉がほぐれることもありま す。 体の緊張をできるだけ無くして上げる ことも大切です。 amazon. 日常的な疲れを取り去ったりする為にも 使えますのでスポーツ店で購入しておく と良いでしょう。 使い方 ヨガポールはただ乗っているだけでも 気持ちがいいもの。 深呼吸しながら、腕をまっすぐに伸ば したり回したりしてみましょう。 その時には腰がそらないようにポール に、しっかりと腰をのせること。 全身をリラックスさせると背中も楽 になっていきます。 ボールのはのけぞるようにして乗っ てみるのもいいですね。 自分の体にあったものを用意してお くと疲れた時にも使えます。 軽く自宅でヨガを楽しんでみる ヨガはポーズが多いので難しいと考 えている人もいますが、基本はゆる めて伸ばすのが基本。 呼吸さえ止めずに体をゆるめて伸ば すように心がければ自然に背中の痛 みも消えていきます。 起きたらまずは軽く体をリラックス 四つ這いになり、腕と足は肩幅に 開きます。 手とかたは直線に骨盤も真っ直ぐ にして体の力を抜きます。 息を吸って吐きながら、背中を丸く していきます。 おへそをみるようにして背中をどん どん丸くしましょう。 今度は息を吸いながら、胸をそらし ていきます。 腰が痛くない程度に、背中から腰を しっかり伸ばしてあげること。 これを何回か行うと、肩甲骨が開い て背中の筋肉が伸びます。 椅子に座って背中を伸ばしましょう お腹を引き上げるようにして真っす ぐに椅子にすわります。 片腕を真っすぐ引き上げ、手のひら を後ろにして反対の腕で天井に向け て引っ張ります。 肋骨が持ち上がるようなイメージを 持つとより効果が感じられます。 できるだけ背中が伸びるような気持 ちで左右3回ほど行いましょう。 楽になったらしっかり入浴して老廃物を排出 熱が下がったら、体に残っている 老廃物を排出してしまいます。 体を温めてリラックスする効果も ありますので、たっぷり水を飲ん で汗をかき入浴後にも老廃物がで るように水分補給は忘れずに。 19ビュー カテゴリ: ,• 17ビュー カテゴリ: ,• 16ビュー カテゴリ: , ,• 13ビュー カテゴリ: ,• 12ビュー カテゴリ:• 11ビュー カテゴリ: ,• 10ビュー カテゴリ: ,• 10ビュー カテゴリ:• 9ビュー カテゴリ: ,• 9ビュー カテゴリ: , ,• 8ビュー カテゴリ: ,• 8ビュー カテゴリ: , ,• 7ビュー カテゴリ:• 7ビュー カテゴリ: , ,• 7ビュー カテゴリ: , ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: , ,• 7ビュー カテゴリ: ,• 7ビュー カテゴリ: ,.

次の