仮想デスクトップ 使い方。 【Windows10】「仮想デスクトップ」機能が超絶便利 これでMacのMission Controlと同じ使い方ができるようになった!【タスクビュー】

Windows 10 仮想デスクトップの使い方

仮想デスクトップ 使い方

Windows 10の新機能!仮想デスクトップとは? 仮想デスクトップとは、 コンピューターのデスクトップを拡張する機能の1つです。 拡張されたデスクトップはそれぞれに独立、もしくは連続した広い空間を持ち、マウス操作やキーボードショートカットで切り替えられるのが一般的です。 macOSではおなじみであった仮想デスクトップ。 しかし従来のWindowsシリーズには実装されておらず、実現のためには別途専用のソフトウエアをインストールする必要がありました。 しかしWindows 10になり、仮想デスクトップ機能は標準搭載されることになります。 仮想デスクトップでできることとは? 仮想デスクトップを用いれば、作業効率化が図れます。 例えばデスクトップでExcelやPower Pointを開き、画面分割をして作業をしていたとしましょう。 この程度であれば、1画面であっても十分に作業は行えます。 しかし、ブラウザで何か調べ物をしたい場合などは、一度これまでのアプリケーションの画面を最小化する必要があります。 仮想デスクトップを使えば、こうした状況で 現在のデスクトップとは別のデスクトップを追加できます。 現在の作業環境をそのまま維持しながら、新たなデスクトップを作成。 そこでブラウザを開いたり、ファイルを編集したりといった作業を行えば、元の業務に戻るのもスムーズです。 その他にも、例えば作業用のデスクトップ以外のデスクトップで音楽再生アプリケーションを立ち上げておいたり、ブラウザでSNSを開いておいたりといった使い方もおすすめです。 ちなみに、作れるデスクトップの数に上限はないため、作業に必要な分だけデスクトップを追加できます。 ショットカットキーで簡単!仮想デスクトップの使い方 ショートカットを活用すれば、仮想デスクトップをスピーディーかつ便利に利用できます。 ここでは、仮想デスクトップに関するショートカットや、組み合わせて使いたいショートカットをご紹介します。 必ず覚えておきたいショートカット 「Windows」+「Ctrl」+「D」:新規仮想デスクトップの作成 新たに仮想デスクトップを追加したいときに使用します。 なお、ショートカットを押すと新規仮想デスクトップへ自動的に画面が遷移します。 「Windows」+「Tab」:タスクビューの表示 本来、アプリケーションの切り替えに用いられるタスクビューですが、呼び出すことで下部には仮想デスクトップの縮小版が一覧表示されます。 ここから任意の仮想デスクトップへアクセスすることも可能です。 このショートカットを使えば、現在のデスクトップの左側にある仮想デスクトップへと切り替えられます。 「Windows」+「Ctrl」+「F4」:デスクトップの削除 仮想デスクトップを削除するショートカットです。 なお「デスクトップの削除」を行っても、その画面で開いていたアプリケーションは終了せず、前の仮想デスクトップへと自動的に移動します。 仮想デスクトップと合わせて使いたいショートカット 仮想デスクトップをより便利に利用するためには、アプリケーションの画面レイアウトを自在に操れるようになることがポイントです。 以下は、開いているウィンドウのレイアウトを行うためのショートカットです。 仮想デスクトップと組み合わせて使うとさらなる作業効率化につながるため、覚えておくことをおすすめします。 仮想デスクトップを使用するメリット 仮想デスクトップの使用によって得られる最大のメリットは作業効率化です。 ここでは仮想デスクトップを使用する主なメリットを見ていきましょう。 セットで使われるアプリケーションの切り替えに便利 Windowsには「Alt」+「Tab」というウィンドウ切り替えのためのショートカットが用意されています。 これを利用すれば即座にアプリケーションの切り替えが行え、作業効率化につながります。 しかし、この機能はあくまでのウィンドウ単位での切り替えに過ぎません。 一方、仮想デスクトップ機能の場合、 仮想デスクトップを新規作成すると、「デスクトップ1」と「デスクトップ2」の切り替えができるようになります。 例えば、デスクトップ1にWordとExcel、デスクトップ2にメールソフトとブラウザを立ち上げておき、切り替えるという使い方も1つの方法です。 もちろん、必要であればさらにデスクトップを増やすこともできます。 設定次第で柔軟な使い方も可能 そのほかにも、タスクバーに表示するウィンドウやアプリケーションを「使用中のデスクトップのみ」にするか、「すべてのデスクトップ」にするかなどの設定も可能。 用途に合わせて柔軟に設定できる点もメリットといえるでしょう。 2016年8月に行われたWindows 10の「Anniversary Update」では、仮想デスクトップに新機能が追加されました。 これを利用すると、任意のアプリケーションをすべてのデスクトップへ常駐できるようになります。 例えば、PDFやWordなど複数の形式で用意されているデータを、1つのExcelにまとめる作業を行う場合は、Excelを画面に常時表示して作業を行いたいと思うのではないでしょうか。 上記の新機能を使えば、仮想デスクトップを移動したとしてもExcelが画面に常駐してくれるため使い勝手が良くなります。 仮想デスクトップを使用するデメリット 作業効率化がメリットとなる仮想デスクトップですが、使い方次第ではデメリットがないともいえません。 仮想デスクトップの切り替えが手間になる 表示したいアプリケーションが同じデスクトップにあれば、クリック1つでウィンドウを切り替えられます。 しかし別のデスクトップにある場合には、仮想デスクトップへ切り替えというワンステップを踏むことになるため、手間に感じる方がいるかもしれません。 パソコンの動作が重くなる原因になる 仮想デスクトップを追加しすぎると、CPUやメモリの使用率が高くなる可能性があります。 スペックが低いパソコンの場合、動作が重くなることもあるでしょう。 快適に作業を行いたい場合は、メモリが十分に積まれたパソコンを用意することをおすすめします。 おわりに 仮想デスクトップは作業効率の向上に役に立つ便利な機能です。 自分が普段行っている作業内容を踏まえ、デスクトップごとにアプリケーションを立ち上げておき、必要に応じて切り替えて使うと良いでしょう。 加えて、今回ご紹介したショートカットを使うことでスピーディーな操作が可能となるため、より利便性が高まることが期待されます。 当サイトではパソコンを利用するときに便利なお役立ち情報をお届けしています。 他のコラムもぜひご覧ください。

次の

Windows10なら作業画面が増やせます!超初心者のための仮想デスクトップの使い方

仮想デスクトップ 使い方

Contents• Windows10での仮想デスクトップのショートカット 新しいデスクトップを作成するためには、タスクバーからアイコンをクリックして新規作成する方法と、ショートカットキーを利用する方法があります。 デスクトップはそれぞれ独立した存在となりますから、デスクトップAではブラウザを起動し、デスクトップBではWordとExcelを起動する、といった使い方ができます。 つまりデスクトップAで情報を収集し、デスクトップBでは収集した情報をもとに資料を作成するといった事ができます。 作業効率の改善として もちろんこれまでのWindowsでもブラウザと同時にWordやExcelを立ち上げ、切り替えて作業するといった事は可能でした。 そして利用しているアプリケーションがブラウザとWord、Excelぐらいであればそれでも問題はないかもしれません。 しかし、さらにいくつものアプリケーションを起動したり、ブラウザで複数のタブを開いていると、必要な画面を開くまでに時間がかかったり、間違えて別画面を編集してしまうなど、作業効率が悪くなってしまいます。 仮想デスクトップならよりシンプルに、そしてより簡単に作業画面を切り替える事ができます。 しかも仮想デスクトップは再起動しても、それぞれのデスクトップの設定は保持されています。 つまり一度作成しておけば、その都度再作成する手間もないということです。 作業ごと、プロジェクトごとのデスクトップ作成 例えば情報収集用のデスクトップではブラウザだけを起動しておく。 同じようにWord用のデスクトップ、Excel用のデスクトップなど、アプリケーションごとに複数のデスクトップ作成する事で、切り替えの手間や間違いを軽減する事ができるでしょう。 あるいはプロジェクトごとにデスクトップを作成しておけば、複数のプロジェクトを平行で処理している方にとって、作業効率が格段にアップする事でしょう。 Aプロジェクトで使用する見積書や参考資料はAプロジェクト用のデスクトップに貼付けておく。 逆にBプロジェクト用の資料はBプロジェクトのデスクトップに貼付けておけば、捜す手間も省けて、かつ取り違える心配もありません。 1つのプロジェクトが終了したら、そのデスクトップは削除してしまうか、別のプロジェクトに差し替えてしまえばわかりやすいでしょう。 マルチタスクが可能になるかも? これまでであれば、結局作業に応じてアプリケーションを起動し直したり、必要な資料を探し出さなければなりませんでした。 パソコンはマルチタスクでも人間はそう簡単にマルチタスクにはなりにくいのです。 しかし複数のデスクトップを用途に応じて切り替え手作業すれば、アプリケーションを作業に応じて起動し直したり、たくさんの資料の中から必要な書類を探し出すなど、無駄な作業が大幅に軽減され、必要な作業により集中する事ができるでしょう。 仮想デスクトップ活用法はビジネスだけじゃない ここまで見てくると仮想デスクトップとは、ビジネス用の機能なんだと思われた方もいるかもしれません。 けれどそんな事はありません。 自宅に仕事を持ち帰る方なら、仕事用のデスクトップとプライベート用のデスクトップを作成する。 そんな使い方も可能です。 これならば仕事用の資料がプライベートな資料にまぎれる事もありません。 もちろんその逆も然りです。 家族それぞれの仮想デスクトップを作る あるいは1台のパソコンを家族で利用しているという方なら、家族それぞれのデスクトップを作成しておくという手もあります。 お父さん、お母さん、そして子供たち、それぞれが必要なアプリケーションを、必要な書類だけをデスクトップ上に出しておく、といった使い方も可能です。 こうすればデスクトップはすっきりとして使いやすいものになるはずです。 Windows10、仮想デスクトップの理想的な使い方、まとめ 以上述べてきた利用方法はほんの一部にすぎません。 ぜひ皆さんで様々な利用方法を考えてみてください。 よくパソコンの画面は実際の机の上に例えられてきました。 ですからパソコンの画面はデスクトップと呼ばれます。 であれば、パソコンの画面が利用者ごとに複数存在するということは、実に自然な事ではないでしょうか。 人それぞれ使いやすいデスクトップは異なります。 そして作業によっても効率のいいデスクトップは異なるはずです。 もちろん仮想デスクトップという機能がビジネスシーンでより威力を発揮する機能である事は間違いありません。 こんな便利な機能をビジネスだけで利用するのはもったいないと思います。 個人的にはこの機能を利用するためだけでも、Windows10のグレードアップする意味はあると思っています。 皆さんもぜひ一度この機能に触れて、より良い使い方を考案してみてください。

次の

Windows 10の仮想デスクトップとは?メリット・デメリットをご紹介

仮想デスクトップ 使い方

Windows10から追加された機能「仮想デスクトップ」とは。 複数のデスクトップを作成して、使うアプリやフォルダ毎にデスクトップを使い分ける事で作業を効率化させる機能です。 沢山のアプリを開いて同時進行で作業する様な人は、これを使うことで作業スピードが格段に上がります。 順を追って説明していきます。 タスクビューの表示 タスクビューとは、 デスクトップに開いているアプリやフォルダを一覧表示させる機能です。 例えば、以下の2つのアプリと、1つのフォルダを開いているとします。 Chromeブラウザ• Excel• フォルダ これを一覧表示させるには、 デスクトップ左下にある「タスクビュー」アイコンをクリックします。 現在開いているアプリとフォルダが一覧表示されます。 (左から、Chrome、Excel、フォルダ) 新しいデスクトップを追加 通常の状態では、デスクトップは1つです。 仮想デスクトップという機能を使って、新しいデスクトップを作成していきます。 タスクビューを開いた状態で、画面右下の「 +新しいデスクトップ」をクリックしてください。 作成された「デスクトップ2」にはまだ何のアプリもフォルダも表示されていません。 デスクトップは複数作成できますが、 今回は説明の為に2つだけ作成しておきます。 デスクトップ間のウィンドウ操作 先程作った「デスクトップ2」にアプリ・フォルダを移動させていきます。 ドラッグ&ドロップで移動 フォルダを移動させていきます。 「デスクトップ1」でタスクビューを表示させた状態で、 フォルダを「デスクトップ2」に ドラッグ&ドロップします。 これで 「デスクトップ2」にフォルダが移動しました。 「デスクトップ1」からはフォルダが消えます。 デスクトップを切り替えて確認してみてください。 現在、「デスクトップ1」にChromeとExcel。 「デスクトップ2」にフォルダがあります。 これで、デスクトップ毎に使うアプリやフォルダを整理させる事ができました。 右クリックで移動 移動させる方法は、もう一つあります。 タスクビューの状態で、 アプリ・フォルダを右クリックすると、「移動」という選択肢がでます。 そこから 移動させるデスクトップを選ぶ事ができます。 使わない仮想デスクトップを閉じる 先程作成した「デスクトップ2」を閉じていきます。 閉じる際に「デスクトップ2」で開いていたアプリやフォルダは、 自動的に「デスクトップ1」に移動して統合されます。 まとめ 仮想デスクトップは、多くの資料やアプリを開く作業に最適です。 例えば、文章を書く場合、大量の「資料」を別々のデスクトップに分類して置いておくと、すばやく参照できますし、 プログラミングを行う場合、「エディター」と「開発環境」の操作を別々のデスクトップに分けると作業の切り替えが整理されます。 この機能を上手く使う事で作業効率に大きな差が生まれると思います。 ショートカットキーまとめ.

次の