左 肋骨 下 押す と 痛い。 脇腹が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

左脇腹の痛みや肋骨下の痛みの原因は便秘や神経痛の可能性アリ!

左 肋骨 下 押す と 痛い

今回の流れ• あばら骨を押すと痛い原因について 普段の生活の中で、くしゃみや咳をしたときに、あばら骨に違和感がある方は多いと思います。 まずは、あばら骨を押すと痛みがある時の原因について解説していきます。 筋肉痛が原因の場合もある 普段行っていない運動を急に行ったりすることで、普段使用することがなかった筋肉を使われて、筋肉痛が起きます。 それが、あばら骨の周囲であると、あばら骨周囲の筋肉が筋肉痛になってしまうことがあります。 そのことがきっかけで、あばら骨を押すと痛むようになることも。 筋肉痛であれば数 日経過すると痛みは軽減してくるので、心配しなくても大丈夫です。 あばら骨にひび入っている場合もある 少しの動作であばら骨に違和感があり、あばら骨を押したときに痛みを感じたのであれば、あばら骨にひびが入っていることも考えられます。 階段から落ちたときや、転倒が原因の場合だとあばら骨にひびが入っている場合があります。 あばら骨が骨折している場合もある あばら骨を少し押すだけで痛みを感じる程度であれば、筋肉痛などが考えられますが、あばら骨を押したときにとても痛みが強い場合は、骨折などが考えられます。 場合によっては少しの刺激で骨折してしまう可能性もあるので、注意が必要になってきます。 あばら骨の右側が痛いときの原因について あばら骨は、内臓を囲い込んでいる骨であるので、あばら骨の骨折などが原因でないこともあります。 その時に、あばら骨の右側が痛いと言ったときに考えられる原因について解説していきます。 肋間神経痛が原因 肋間神経とは、背骨から出来る神経であり、 なんらかの刺激が加わって神経の痛みが生じてしまうことがあります。 右側は、肋骨があり神経が多くあるので、肋間神経痛が起きやすいのです。 胸膜炎(きょうまくえん)が原因 胸膜炎になってしまうと、主に胸が痛みます。 しかし、あばら骨にも痛みを感じることがあるので、右のあばら骨に痛みがあるときは胸膜炎を疑ってみても良いかもしれません。 さらに痛みと同時に 血痰や息切れなどの症状もあるときは、胸膜炎が原因の場合が多いです。 あばら骨の左が痛いときの原因について 痛みのある部分が左側であると、あばら骨以外の部分が原因となっていることもあります。 左には、心臓や胃などの臓器があるので、臓器に異常がある場合、左側のあばら骨に痛みを感じることがあります。 胃潰瘍が原因 ストレスなどが原因で、胃潰瘍になってしまうことがあります。 しかし、胃潰瘍が原因で 左のあばら骨に痛みが起きてしまうことがあります。 胃の痛みでありますが、あばら骨で覆われているために、あばら骨を少し抑えたりすることでより痛みを感じたりすることがあります。 狭心症が原因 狭心症の場合、 胸が締め付けられるような痛みを感じます。 しかし、心臓は左側にある為、あばら骨に痛みを感じることもあります。 心筋梗塞が原因 心筋梗塞の場合は、胸に激しい痛みが30分ほど出ます。 その為、あばら骨に痛みを感じてしまうことがあります。 しかし、 心筋梗塞の痛みは我慢できないことも多いので、痛みが出た場合は、すぐに受診してもらうことが望ましいです。 内臓の腫れが原因! 他の疾患で、内臓が腫れてしまったりしてしまった時に、神経が圧迫されてしまって、左側のあばら骨に痛みを感じやすくなってしまいます。 あばら骨が痛いときの対処法について あばら骨が痛いときは、骨折などが考えられれば、すぐに受診を行うことが難しいのですが、すぐに受診を行うことが出来ない場合もあります。 その時に、痛みを緩和することが出来る対処法を解説していきます。 コルセットなどで固定する あばら骨に痛みを感じたときには、 あばら骨にひびや骨折が生じていることがあります。 その時は、むやみに動かさないで固定をするようにして下さい。 痛み止めを服用する あばら骨にひびが入っていたり骨折していたりすると、ちょっとしたことで痛みが生じます。 その為、鎮痛薬を服用して痛みを緩和させることも必要になってきます。 スポンサーリンク あばら骨の右側が痛いときの対処法について 左側のあばら骨に痛みを感じたときには、とても不安になってしまいます。 しかし、原因が分かればしっかりと対処法を行うことができるので、それぞれの疾患にあった対処法を解説していきます。 肋骨神経の対処法について 肋骨神経痛の原因は、 疲労やストレスが原因の場合がとても多いです。 その為、日常生活の中で、自分にあったストレス解消法を見つけて、ストレスを溜めないようにするようにして下さいね。 また、疲れを感じたときは、休むことを忘れないで体を養ってあげるようにすると、肋骨神経が軽減されることもあります。 胸膜炎の対処法について 胸膜炎が原因の場合は、しっかりと医療機関を受診して治療を行うことが必要になってきます。 右のあばら骨の痛みと同時に、血痰や息切れなどの症状がある場合は、1度内科を受診してみて下さいね。 あばら骨の左が痛いときの対処法について 次はあばら骨の左が痛いときの原因別の対処法について解説していきます。 胃潰瘍が原因の時の対処法について 胃潰瘍は、ストレスなどが原因で起きてしまう疾患です。 胃潰瘍の場合は、 自然治癒が少し難しくなるので、消化器内科を受診してきちんと対処を行うことが大切です。 狭心症が原因の時の対処法について 狭心症の場合は、痛みがすぐに治まるので安心してしまうことがあるとは思いますが、そのまま放置しておくには、少し不安です。 その為には、循環器内科を受診して治療を行うことが必要になってきます。 心筋梗塞が原因の時の対処法について 心筋梗塞の場合は、本当に強い痛みを胸に感じます。 激しい痛みの時は、心筋梗塞が原因の場合があります。 命にも関わってくるので、放置せずに必ず医療機関を受診して診断してもらいましょう。 内臓の腫れが原因の時の対処法について 内臓の腫れは、自分で診断することはとても難しくなっています。 その為、痛みを感じたときは、医療機関を受診して診断してもらうことが大切です。 スポンサーリンク.

次の

あばら骨を押すと痛い?右左別に原因と対処法を解説!

左 肋骨 下 押す と 痛い

この記事の目次です• 左の肋骨のあたりが痛いんです! 左わき腹 肋骨の下)が痛いです。 我慢できないような痛みではないのですが、ずっと痛みが続いているので、少し心配になってきました。 引用元- 左肋骨の中の痛みがここ数ヶ月続いてます!その部分が痛いことは数年前からちょくちょくありました。 押さなくても常時痛いし、押すとこの骨が痛いんだなってのがわかります。 どこかぶつけたとか 咳が続いてるとかありません。 針で刺したような痛みも並行してあります。 また吐き気や胸焼けなど胃の症状はありません。 引用元- 左の肋骨が痛い・・・主な原因と治療法? 肋間神経痛(末梢神経の異常からくる痛み) この肋骨とはあばら骨のことを指しており、『あばら骨の間の神経が痛くなる』という症状をいいます。 特徴 人はあばら骨に沿っていくつもの神経が通っていますが、この神経に突然異常が発生し、刺されたような強い痛みを覚えるのが特徴です。 痛みが誘発されるのは、大きく深呼吸をしたときや咳き込んだときなどです。 通常は数秒で痛みは治まります。 原因 帯状疱疹が原因であったり、心臓や肺などの内臓疾患が原因であることもありますが、多くの場合は原因不明で突発的に痛みが襲ってきます。 原因不明の突発的な肋間神経痛は中年以降の方に多いですが、幼少期でも起こるます。 治療法 通常は数秒で痛みは治まります。 ただし、痛みが治まらない、あるいは痛みが治まってもすぐに痛みがぶり返すというのであればその他の原因が考えられますので、病院に行かれることをお勧めします。 あばら骨の骨折・ひび(外圧や衝撃による骨の異常による痛み) 『あばら骨そのものが痛い』という症状をいいます。 正しくは、あばら骨がいびつになることで、その周りの神経を刺激して痛みを伴うのです。 特徴 鈍い痛みが続くことが多いですが、まったく痛みがないこともあります。 しかし深呼吸や激しい運動をすることで痛みが生じることがあります。 骨折の場合はレントゲンで発見できることがありますが、ひびの場合はレントゲンで発見されないこともあります。 原因 あばら骨に強い衝撃を受けることでヒビが入ったり骨折したりすることによって痛みが生じます。 胸を強打したさい、最初はヒビが入っていた程度だったのが、その後に激しい運動や動きをすることによって骨折に発展することがあります。 治療法 骨折することで骨が肺や心臓へ突き刺さるということがありますが、これ以外であるならば、よほどヒドイ折れ方をしていない限りあばら骨を圧迫しつつ胸部を固定するという方法が取られます。 なお、ヒビが入った程度なら胸部を固定することで一ヶ月程度で治ります。 その他(呼吸器・心臓・肺などの異常による痛み) 『あばら骨のまわりの内臓疾患により痛い』という症状です。 呼吸器・心臓・肺などの内臓疾患が原因ですので、その痛みの根源は各部位の疾患により異なります。 特徴 肋間神経痛でもなくあばら骨を強打した覚えもない。 でもあばら骨付近の痛みが断続的・間断的に続きます。 風邪を引いたときなどに起こることが多いです。 原因 風邪のウィルスなどによる呼吸器系の炎症がおこることが原因であったりしますが、詳しい原因はそれぞれの疾患により異なります。 治療法 それぞれの疾患により治療法が異なります。 「あばら骨が痛くなる理由が見当たらない」という人は病院で診てもらうようにしましょう。 特に胸に疾患を持っている人などは、その痛みがあばら骨の痛みではなく心臓疾患からくる痛みである場合がありますので、すぐに病院で診てもらいましょう。 引用元- 肋骨の痛み・・・こんな原因も考えられます! <便秘> 左脇腹付近には大腸の終わり部分があり、ここで便が固まってしまう体質の方がいます。 その場合、左脇腹あたりが張ってくるような感じになり、それと共に痛みを伴う場合があります。 滞留している便からは腐敗ガスが発生し、その腐敗ガスは腸内圧をあげるため、ガスがたまっている箇所で痛みが発生するのです。 また、ガスがたまる場所は常に一定ではないため、便秘による痛みがでる場所はいつも同じとは限りません。 <運動不足> 運動不足によって固くなってしまった筋肉は、少しの刺激で小さな傷がついたり、小さな肉離れをおこします。 つまり、筋肉の損傷によって痛みが生じます。 広い意味では、肉離れも筋肉痛のうちに入り、痛みの原因が筋肉痛というのも、ある意味間違ってはいません。 引用元- 右側が痛い時は、原因が他にある?? 背中の痛みには、筋肉痛や無理な姿勢からくるこりなどがありますが、特に思い当たる原因が無いのに左右のどちらかだけが痛む場合は、内臓の病気かもしれません。 では、右の背中の痛みには、どのような原因があるのでしょうか? 右の背中が痛む場合は、肝臓、胆のう、十二指腸の病気の可能性があります。 肝臓は肝炎や肝がん、胆のうは胆のう炎や胆石症、胆のうがん、十二指腸は十二指腸潰瘍などの病気があります。 必ずしも右の背中が痛いからといって、このような病気にかかっているとは限りませんが、知識として覚えておくことも無駄にはなりませんよね。 引用元- 原因不明の痛みの場合は、内科・整形外科両方受診を!! 内科ではなく、一度整形外科でもレントゲンを撮って診てもらったほうがいいと思います。 私も昨年、左肋骨あたりに筋肉痛のような痛みがあって、呼吸したり体をひねったり、ちょっと笑ったりすると痛みが増すという状態でした。 整形外科でレントゲンを撮ったところ、肋骨にひびが入っていました。 ただ、なかなかレントゲンでは見えないそうで、特に肋軟骨という部分はレントゲンにはうつらないのだそうです。 ひびも、かすかに線が入っているかな?程度で、整形の専門医でないと見逃すかもしれません。 ひびが入ったり、折れたりしても、すぐにはレントゲンでわからないことが多く、むしろ1か月くらいたって骨がくっついてくるころの方がはっきりわかるとのことでした。 私はその後3か月痛みがとれませんでした。 ただ、左肋骨周辺はさまざまな臓器があるので、動かさなくても痛い場合は内臓も疑ったほうがいいと思います。 骨や筋肉の場合、原則として動かしたときの痛みです。 折れるようなこと全然してないのに何故。 — あゆみ aymitti 左の下腹部が痛い。 肋骨の下辺り。 呼吸すると大きく息を吸った時に痛い。 やばいかな・・・。 病院いこかな。 でも明日日曜だし。 どうしよう。 — みー miura1156 仕事で立ってると、左の肋骨の内側が痛いような痛くないようなとにかくなんとも気持ち悪い違和感が生じて真っ直ぐ立てなくなる。 ここ2、3日なんだけどなんなのだろうか。

次の

左脇腹の痛みや肋骨下の痛みの原因は便秘や神経痛の可能性アリ!

左 肋骨 下 押す と 痛い

Q 以前から気になっていたことがあり、専門家、御経験のある方も おられると思い、質問させて頂きます。 自分から見て左の腹部で、位置的には アバラ骨があってその一番下の真下か、この前は そのもう少し下くらいに、鈍痛といいますか痛みまででもない 違和感といいますか、何か表現し難いような感じがあり、 それは今日、昨日始まったというよりも、 ここ1年程度の長い間、毎日ではないですが時折あり、 別に悪化するような感じも無く、昔から同じような症状のままで、 ここ最近、大目に感じるかなというもので、妙に気になったものですから。 それでこの症状が起きる時と言うのは、大体が家庭内とか 仕事がかなり詰んでいるような時が多いです (自分は経営者ですが小規模なもので、大きな会社とかではないです) ただ、趣味などもあるので自分ではストレスを感じる事は少ないです。 (が本当に時折ですが精神的に弱っているなと感じる事はあり) あといつもではないですが、そういう症状があってから後は 割合、便意を感じる事が多く、トイレに行くと軟便であったりし、 大量に出たりする気がします。 ガスも多めに出ている気がします。 大体、その後は症状が薄らいでいる気がします。 (薄らぐが無くなっているわけではない) 以前はこれはストレスによる胃痛か、胃にガンでも出来ており、 若くしてガンなのではないか?などと思ったりしたこともあったのですが 結局、医者に行った事がありません。 どうしても口からカメラを入れられるのが恐怖で行けません。 (以前、喉の不快感で耳鼻咽喉科の医者に行った時に 鼻から入れられ、その時は麻酔をされたのですが その喉の不快感や吐き気がトラウマになっており、行けず。 ) この症状は一体何なのでしょうか宜しくお願いします。 以前から気になっていたことがあり、専門家、御経験のある方も おられると思い、質問させて頂きます。 自分から見て左の腹部で、位置的には アバラ骨があってその一番下の真下か、この前は そのもう少し下くらいに、鈍痛といいますか痛みまででもない 違和感といいますか、何か表現し難いような感じがあり、 それは今日、昨日始まったというよりも、 ここ1年程度の長い間、毎日ではないですが時折あり、 別に悪化するような感じも無く、昔から同じような症状のままで、 ここ最近、大目に感じるかなというもので... A ベストアンサー 私も同じような症状(お腹の違和感)を、20年以上前から感じてきました。 位置的に言えば、お臍から12センチくらい左よりのところでお腹の皮膚に近いところです。 私の場合、その症状と飲酒(ビール)が関係しているように思います。 飲酒が続くと症状が出てきます。 飲まないと治まります。 今は、ビールを飲むのは、週に1~2日ですのでお腹の違和感は出ていません。 私は体がそんなに強くないので医者に診てもらうことが多かったのですが、長い間、そのことを医者に話すことはありませんでした(訊くことが怖かったから-笑)。 それを思い切って医者に尋ねてみたのは、2年ほど前の健康診断のときです。 先生は「ナントカ結腸が、どうたらこうたら・・・」と言われただけでした。 消化器内科が専門の先生だったのですが、詳しく調べてみましょうとも何とも言われなかったので放ったらかしにしています。 私のような場合もありますが、医者の診断を仰ぐことが一番いいのは確かです。 折を見て病院に行かれてはどうでしょうか。 Q ここ二日間なのですが左わき腹上、肋骨のやや下辺りの痛みがはしります。 (手で軽く押しても少し痛いです) 最近はやたら、疲れやすく、休みの日も一日中寝ているような日が多いです。 食欲はあるようなのですが、最近はやや細くなった気もします。 ちなみに、持病は花粉症くらいで、医者にいくのは一年に一度くらいです。 A ベストアンサー 病院に行くのが先決かと思います。 私の場合は表面でも内臓でもない2センチ奥ぐらいがチクッチクッと不定期に痛い感じです。 たまにチクチクチク~っとも。 身をよじる程度で耐えられないほどではないです。 これは中学に入ったぐらいから数年に1度、1週間~2週間ぐらいおこります。 何度か病院でレントゲンをかけて診てもらったのですが異常なし。 「ストレスですね。 」と言われるのですが思い当たるストレスは無いし…。 最初は病院でも見つけられない病気が潜んでいるのでは?と心配していましたが20年経っても元気です。 最近では「またきたか。 」と思ってあきらめていますが 誰かこれはこうゆう病気ですよと言ってくれないかしらと常々思っています。 それで最近気が付いたことがあるのですが、パソコンや書き物などで前かがみの状態で異常に内臓を圧迫したときや、きついアンダーのブラを長時間つけていた時に起こりやすい気がします。 思い当たらない時もあるので結局は定かではありませんが、qoo1234さんは思い当たることはありませんか? まったく関係ないようでしたら、また他の方を参考にしてください。 病院に行くのが先決かと思います。 私の場合は表面でも内臓でもない2センチ奥ぐらいがチクッチクッと不定期に痛い感じです。 たまにチクチクチク~っとも。 身をよじる程度で耐えられないほどではないです。 これは中学に入ったぐらいから数年に1度、1週間~2週間ぐらいおこります。 何度か病院でレントゲンをかけて診てもらったのですが異常なし。 「ストレスですね。 」と言われるのですが思い当たるストレスは無いし…。 Q 自分は、24歳の女です。 少し長いかもですが、よろしくお願いします。 高校3年の卒業間際ぐらいから、左胸の下(肋骨の辺り?)の痛みに悩まされています。 ずっと痛むわけではなく、ふとしたタイミング(かなり不定期)で 一瞬だけズキズキッとするのです。 (1分にも満たない) 本当に痛むタイミングは不定期で、数ヶ月なんとも無いこともあれば 1日に数十回と痛むこともあります。 痛みは、体の内側から血管などを握られるような圧迫的なものだったり、 針で刺されるようなチクチクとした痛みだったり。 それも最近は、ちょっと痛み方が変わって 体の外側からチクチクされてるような痛みになりました。 痛み方が変わったころぐらいから、胸の下を触ると なんだか、腫れてるような気がします。 (私のお肉でしょうか・・・ '-'; たまに痛みが、右側にいくこともあるのですが それは稀です。 お医者様にも言ってみましたが、どこも悪くないと言われました。 お心当たりのある方、なにかアドバイスをいただけないでしょうか。 漠然とした質問で申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。 自分は、24歳の女です。 少し長いかもですが、よろしくお願いします。 高校3年の卒業間際ぐらいから、左胸の下(肋骨の辺り?)の痛みに悩まされています。 ずっと痛むわけではなく、ふとしたタイミング(かなり不定期)で 一瞬だけズキズキッとするのです。 (1分にも満たない) 本当に痛むタイミングは不定期で、数ヶ月なんとも無いこともあれば 1日に数十回と痛むこともあります。 痛みは、体の内側から血管などを握られるような圧迫的なものだったり、 針で刺されるようなチクチクとした痛み... Q こんにちは。 右胸下(真ん中、みぞおち近く)に痛みがあります。 丁度、ブラジャーのワイヤーがあたる辺りです。 ワイヤーのきついブラジャーをしてから その症状が出始めた気もしますが、定かではありません。 押すとうちみのような痛みがあり、 何もしないときも、かすかに痛いときもあります。 耐えられない痛みとかではありません。 疲れたときは、右の脇の下のリンパとかが腫れて痛いときがあるので、 もしかしたら、脇から胸下にかけての リンパ腫などではないかと不安になります。 もしくは、乳がんや骨に転移したとか・・。 同じような痛みを経験した方など、経験談をお聞かせください。 また、何か他の病気が考えられるとしたら、教えてくださいね。 何科に行けばよいなどのアドバイスもお待ちしてます。 よろしくお願いいたします。 A ベストアンサー 「乳がん」に関しては、以下の参考URLが参考になりますでしょうか? 「乳がん」 これらで「症状」の項を参考にしてください。 nikkansports. nikkansports. html ご参考まで。 jfcr. ncc. html Q 左の肋骨の下の方の辺りが、右よりも膨れています。 たまに痛く感じます。 3年前ぐらいからです。 その時に病院に行ったら「病的には扱わないものなので心配いりません」とだいたいこのようなことをいわれました。 レントゲンまで取ってもらいましたが異常はありませんでした。 それからしばらくは落ちついていたのですが、最近また痛んできました。 A ベストアンサー 肋骨といってもどの部分なのでしょうか? 私も昨年左側の鎖骨から指3本下の辺りの肋骨が ほかの骨より出っ張っていて、あれ?こんなところにも鎖骨がある?? と違和感を覚え、我慢できない痛みではないのですがたまにずきずきとする痛みもあり、腫瘍?と心配になり整形外科でレントゲン、CTまで とってもらいました。 その結果、出っ張りの部分は肋骨の軟骨部分で ほかの骨より前に突出しているだけだとの事でした。 偏食(栄養の偏り)や、急激な体重減少によっても起こるそうで、軟骨部の腫瘍の場合は 激痛が伴うこと、その他悪性の腫瘍であった場合も半年たてばどんどん大きくなるそうで 大きさも変わらず、痛みもそんなにない場合は放置して大丈夫といわれました。 でも1度検査を受けて安心されるといいと思います。 受験がんばってください! Q 特に昼食時なのですが、動悸がします。 食事中からドキドキしてきて2時間くらい辛いです。 心拍数は95位です。 昼食は大体毎日同じメニューで、フリーズドライのお粥、バナナ、無脂肪ヨーグルトです。 持病として喘息と、グレードAの逆流性食道炎があります。 逆食に関しては胃カメラで指摘されましたが、自覚症状がないので薬は出ていません。 なんとなく喘息の調子が悪い日は特に感じるような気がするのですが、食事と喘息って関係ありますか?それでサルタノールなどを吸入すると余計に動悸がしてきます。 (発作時も、私の場合は酸素飽和度は下がらず心拍が140位になります) ずっと続いているので困っています。 何か原因や対処法などあるでしょうか。

次の