日本酒 だっさい。 日本酒「獺祭(だっさい)」杜氏抜きのデータ管理でウマイ酒造り

幻の日本酒【獺祭(だっさい)】日本酒人気の火つけ役|たのしいお酒.jp

日本酒 だっさい

当店では店主が味に惚れ 蔵に惚れた美酒を 取り揃えております。 取り扱い数は決して多くは ございませんがどのお酒も 皆様に納得して飲んで 頂けるよう厳選し このような取扱い銘柄と なりました。 小さな蔵の無名の美酒たちを どうぞお楽しみ下さい。 下記にお支払方法の種類や手数料などの 詳細を記載しておりますので そちらのページで確認をお願い致します。 お支払いに関するお問い合わせは 楽天市場までご連絡ください。 【即日発送】をご希望ならない方は下記の時間帯のご指定が可能です。 当社は、個人情報保護法の趣旨のもとに個人情報を取り扱います。 お客様の個人情報を取り扱う管理責任者を置き個人情報の適切な管理につとめます。 また実店舗にてまとまったご注文が入った場合など在庫数が表示されているのにも関わらず品切れの場合もございます。 万が一、ご注文いただいたにもかかわらず在庫切れがあった場合は至急、担当よりメールにてご連絡いたしますのでよろしくお願い致します。

次の

幻の日本酒【獺祭(だっさい)】日本酒人気の火つけ役|たのしいお酒.jp

日本酒 だっさい

【精米歩合は発売当時日本最高の二割三分の純米大吟醸酒】 獺祭を造る旭酒造では、すべての銘柄が精米歩合50%以下の純米大吟醸酒です。 そして、獺祭は発売当時日本酒業界最高の磨きである「二割三分(23%)」のお米で造られた日本酒であり、純米大吟醸酒の中の純米大吟醸酒といえる日本最高峰の精米歩合を記録しています。 一般的な純米大吟醸酒が50%程であることから考えても、23%という数値がどれほど大きな挑戦であり果敢な挑戦であったかがお分かりいただけるはずです。 日本酒を造るために必要なお米の組織を壊すことなく二割三分まで精米するためには、熟練した蔵人さんたちの並々ならぬ高い技術が必要です。 実際に、米の磨きの日本最高峰に挑戦した当初、精米歩合23%のお米を造るために合計168時間をかけたそうです。 【業界初!獺祭の遠心分離システム】 二割三分の精米歩合に留まらず、獺祭では「遠心分離システム」を導入したことで業界の常識を覆したといわれています。 常、日本酒を造る過程では最後に圧力をかけて絞りだす方法が一般的ですが、獺祭の場合は日本初の遠心分離の技術を用いて一分間に約3千回の遠心力でもろみと生酒を分離させています。 この遠心分離システムの導入にはコストもかかりますし、一度に絞れるお酒も多くはありません。 しかし、遠心力を使うことで必要以上にお酒に負担をかけることなく、もろみ本来の甘みや香り、そしてふくらみといった純米大吟醸酒ならではの良さを残すことができるといった魅力があります。 このように、獺祭が国内に留まらず世界的にも認められる日本酒として成功を収めている秘訣、それは最高級のお酒を造ることを信念に誠実にお酒造りに取り組んできた「造り手の努力の賜物」が支えているといっても過言ではありません。 【日本酒造りのデータを活用した酒造り】 獺祭をこの世に送り出している旭酒造には、日本酒の醸造職人である「杜氏」がいません。 これは、旭酒造で働く社員全員が同じ志を持つ杜氏であるという考えがあるからです。 旭酒造の強みである一年を通して安定した日本酒造りを可能にしている背景には、「日本酒造りをデータ化」していることが挙げられます。 元々は、杜氏さんが辞めてしまったことがきっかけになり、杜氏さんの技術に頼らないお酒造りをするためにデータを活用するようになったそうです。 【洋食にも合うと欧米で高い評価を受ける大吟醸酒】 日本を代表する純米大吟醸酒「獺祭」は、欧米を中心に世界数十か国に輸出されています。 また、獺祭が度々話題に挙がるようになったのが、安倍総理が2013年にロシアのプーチン大統領に、2014年にはオバマ大統領に獺祭を贈ったことがきっかけでした。 他にも、世界的に有名なヱヴァンゲリヲン新劇場版を手掛けた同じく山口県出身の庵野秀明総監督が、登場人物が獺祭を愛飲している様子を描いていることでも話題になりました。 日本国内に限らず世界的にも認知度を上げた獺祭は、その後世界的に有名なフランス人シェフのジョエル・ロブション氏から「フレンチによく合う」と高い評価を受けています。 この評価を裏付けるためにも、日本を代表する純米大吟醸酒・獺祭は、日本酒や洋酒といった垣根を越えて、数あるお酒の中でも選ばれる最高級のお酒を造ることを目標に現在も精力的に世界への挑戦を続けています。 【今後もさらなる躍進が期待される日本酒「獺祭」】 日本市場に留まることなく、世界市場にも果敢に挑戦を続ける「獺祭」は、ミシュランの星がつくようなレストランを多く構える食文化の中心フランス・パリで浸透させたいと考えているようです。 海外では、日本酒といえば「DASSAI(獺祭)」と認識する方もいるほど、すでに世界の和食ブームに獺祭の存在は欠かせません。 海外用に味を改良することなく、獺祭ならではの味や香りをそのままに輸出しても受け入れてもらえるほど、本物のSAKE(酒)を飲みたいという日本通の方が世界中に増えていることも世界で獺祭が注目を集める理由なのではないでしょうか。 20年以上の正規取扱代理店としての強みをもとに、お客様に本当に喜んで頂けるような上質な商品や信頼いただける商品をお届けするよう心掛けております。 READ MORE もっと見る.

次の

【楽天市場】獺祭(だっさい) 純米大吟醸45 1800ml 旭酒造 日本酒 地酒 山口県:佐野屋〜日本酒・ワイン通販専門店

日本酒 だっさい

酒銘: 獺祭(だっさい) 蔵元: 旭酒造 土地: 山口県岩国市周東町獺越2167-4 創業: 昭和23年 (画像クリックで楽天へ) 山口の日本酒「獺祭」(だっさい)の酒銘を楽しむ 「獺祭」(だっさい)とは見慣れない言葉だが、日本酒「獺祭」が大好評のおかげで、随分と広く日本人にまた世界中に知られるようになってきた。 「獺祭」の「獺」は「かわうそ」のこと。 獺(かわうそ)は魚を岸に並べる習性があり、その姿がまるでお祭りのお供えものを並べているようだとして、「獺祭」という言葉が生まれた。 学者が文章を書く為に机上に参考書類を並べるのも「獺祭」といわれ、正岡子規などは自らを獺祭書屋主人と号していた。 獺祭の蔵元・朝日酒造のすぐ近くに川が流れており、川べりには「かわうそ亭」というレストランもある。 定めし、昔はこの川にかわうそが住んでいたのであろう。 朝日酒造の住所地「獺越」(おそごえ)にも「獺」の字が含まれていることからも、カワウソがこの地に住んでいたのは間違いない。 日本酒は、米と水と麹とで造るのだが、基本的に大地の恵みの結晶体であると言える。 その土地の響きを酒銘に入れるというのは、酒造り人たちの共通する心組みと言えよう。 獺祭の朝日酒造は昭和創業の異色の蔵元 獺祭の蔵元・朝日酒造の本社工場 「獺祭」の蔵元・朝日酒造のある獺越(おそごえ)」の地は、半径5km以内に住む人はわずか250人という過疎地であるが、そこに地上59mの高層の建物が出現した。 まるで高層マンションのようだが、これがれっきとした「獺祭」朝日酒造の本社工場なのだ。 江戸や明治の創業が多い日本酒蔵元の中で、「獺祭」朝日酒造は、昭和23年の創業。 まだ日の浅い新参と侮るなかれ。 この朝日酒造の革新的な酒造りは、実際に美酒「獺祭」を作り出しているのである。 どれほど「獺祭」がウマイかというと・・・。 獺祭は大吟醸酒のみで、最高級品は720ミリリットルで3万円を超える高額商品であるが、それでも品薄で、1ヶ月や2ヶ月待たされることは珍しくない。 2014年4月に来日した米国のオバマ大統領に安倍晋三首相がプレゼントしたのも、この獺祭であった。 パリの一流レストランのソムリエにも獺祭を絶賛している。 世界中で獺祭ファンが増えているので、旭酒造の売上高は当然右肩上がり。 2014年9月期で49億円だが、前期に比べ26%も伸びた。 つまり、「獺祭」はウマイのである。 価格:3,456円(税込、送料別) 私の酒飲みの友人・山本升空大人も「獺祭」の磨き五割に凝っているとか。 (図は升空大人愛飲の「獺祭」磨き五割) 私にとっては、近代科学的実証やら客観的事実やらはどうでもよい。 私の友人、あの酒飲みの升空大人が「獺祭はウマイ」と言っているのだから、獺祭はウマイに違いないのだ。 「獺祭」の磨き五割とは、原料米を五割まで精米して造った獺祭の意味。 つまり、原料米の50%は精米されて取り除かれ、残りの中核五割で獺祭を造ったのが「獺祭」の磨き五割である。 ついでに、「升空」とは、一升瓶などあっという間に空(から)にするという意味も籠めての名乗りである。 獺祭は、杜氏抜き、徹底的データ管理で造られる こんなにウマイ獺祭は、昭和創業の「新参」朝日酒造の革新的酒造り技術によって生み出されている。 何が革新的かというと、朝日酒造には杜氏がいないのだ。 いないというよりも、実は逃げられたのだ。 社長の酒造りの方針について行けない杜氏たちが、一斉に辞めてしまった。 ならば杜氏抜きで酒を造ってやると、社長が社員達と奮闘努力したお蔭で、獺祭というウマイ酒を造り出したのである。 杜氏抜きの獺祭は、徹底したデータ管理によって造られている。 それが上記の高層マンションのような本社工場の姿に現れている。 獺祭の酒造りは、IT時代の先端企業による酒造りといえる。 酒造りの全行程で詳細なデータを取り、検査室のパソコンに蓄積して分析することで、酒造りの最適解を見つけ出してきたのだ。 朝日酒造は、匠を捨てて、匠の技を生かしていると言われる所以である。 というわけで、思想的にはかなり保守的である升空大人も、日ごろ獺祭磨き五割を愛飲しているわけだ。 「獺祭」磨き二割三分 を追求する朝日酒造・櫻井社長 ところで、獺祭には磨き五割の外に、磨き三割九分と、磨き二割三分がある。 「獺祭」磨き二割三分は、米粒の中心部分23%のみを酒の原料とするのだから、大吟醸酒の中でも精米度合いは飛び抜けて高い。 朝日酒造の櫻井社長は語る。 「それまでの吟醸酒は27%が最高だったので、25%を目指した。 しかし、24%の酒があることを聞いて急きょ23%に切り替えた。 2%余計に磨くためだけでさらに24時間かかった」 いまや「獺祭」といえば、「二割三分」が代名詞となりつつある。 「獺祭」の磨き五割、磨き三割九分、磨き二割三分を飲み比べてみるのもおもしろいではないか。

次の