キレイライン矯正 効果。 【歯列矯正】キレイラインはじめました!

たった4万円から始められる格安歯科矯正「キレイライン矯正」

キレイライン矯正 効果

キレイライン矯正とは 私のしている矯正はというものです。 「月額4万円から出来る」という低価格が売りの歯科矯正です。 ワイヤーではなくマウスピースを使用するので、痛みが少なく取り外しも可能という点が、費用以外の大きなメリットとして挙げられています。 私の歯の状況 元々叢生のようなひどい歯並びではなかったのですが、捻れとガタツキがあり、少し出っ歯っぽく見えることが気になっていました(イメージとしては生野陽子アナの歯並びに近いです)。 以前別の矯正歯科に行った時には、矯正のスぺース作りのために4本の抜歯が必要、予算は80万と言われ、そこまでのコストをかける歯並びでもないことから、実施を見送りました。 キレイライン矯正の事前検査に行ったところ、私の歯の場合は「非抜歯で治療可能。 歯のスペース作りのためには拡大装置を使用する。 それでもスペース不足であればディスキングを行う。 回数は7クールが目途。 」と言われました。 以前は口を閉じたまま笑うと出っ歯のせいで口が引きつってしまっていたのですが、今は自然な笑顔になり口角も上がったので、キレイライン矯正の効果には十分満足しています。 参考までに、私の歯型模型の写真を掲載します。 before after 左の模型がが上の歯、右の模型が下の歯のものです。 上前歯のビーバー感が減り、下の歯のがたつきはすっかり綺麗になっていると思います。 キレイライン矯正にかかった費用 キレイライン矯正は都度払いで1クール4万円という料金体系ですが、一括契約をすると割引があります。 ごく軽微なガタツキの矯正で4クール、中度で7クール、重度で10クールというのが基本的なプランとなっているようです。 私は7クールのセット料金(ホワイトニング2回のおまけつき)で契約をしました。 かかった料金は合計316,700円。 明細は以下の通りです。 初回検診料・・・3,500円• キレイライン矯正(7クール分)・・・248,400円• キレイラインの公式サイトを見ると、「目安の総額:10万~30万」と書いてありますが、拡大装置を使っている人が多数派なことも考慮すると、10万円台で済む人は殆どいないと思います。 しかし、30万円ちょっとあればしっかり治療できるので、矯正の相場と比べれば安いことは確かですし、追加の請求などもなく、料金体系については安心していいと思います。 キレイライン矯正のメリット・デメリット 費用が妙に安く、怪しいイメージのあるキレイライン矯正ですが、費用以外のメリット・デメリットを私の主観でご紹介したいと思います。 抜歯しなくて良い キレイライン矯正はワイヤー矯正に比べて、適用範囲が限られています。 つまり、キレイライン矯正が出来る=歯を動かす範囲が少なく非抜歯で対応可能ということです。 昔の武井咲ちゃんやAKB岡田奈々ちゃんみたいな歯だと、難しかったりするのかな。 治療期間が短い 以前見てもらった矯正歯科では治療期間は2年と言われましたが、キレイライン矯正では、約半年で満足いく歯並びになりました。 あと1クール(1ヶ月半程)装置を付けたら矯正自体は終了の予定です。 その後数年は後戻り防止のため、リテーナーをつける必要があるのですが、それはどの矯正でも同じなのでしょうがないことだと思っています。 痛みが少ない ワイヤー矯正だと装置を締めた翌日は痛くて食べ物が食べられないなどの問題があるようですが、キレイラインは強い締め付け感はあるものの、食べられなくなる程の痛みはありませんでした。 新しいマウスピースが始まって2日~3日は違和感が強いですが、数日すると殆ど気にならないレベルになりました。 型どりも超音波のような機械で歯の表面をなぞるだけなので、痛みゼロです。 目立たない クリアなマウスピースなので、全く矯正していることが分かりません。 矯正してるんだ、と言うと驚かれることが多かったです。 メンテナンスが楽 キレイラインは装置の取り外しが出来るので、歯磨きなどのメンテナンスがとても楽でした。 食事の際は装置を取り外すので、食べてはいけないものの制限もなく、通常通りに食事を楽しむことが出来ました。 機械によるマウスピース作成のため、医師の技量の差が出ない 歯型を取ったあとは、機械が歯並びをシミュレーションし、それに沿ってマウスピースが作られます。 そのため、医師の技量が問われる部分が少なく、治療効果は安定していると思います。 通院回数が少ない 子育て中だと通院頻度はかなり気になるところだと思うのですが、キレイラインは通院回数が少ないです。 今のところ、初回検診、1クール目のマウスピースの受け取り、2~4クール目までの型取り、拡大装置の初回使用時、5~7クール目までの型取りの計5回くらいしか通院していないです。 しかも装置を渡されて、付け方の説明を聞いたりするだけなので、抱っこ紐に収まる子となら全然一緒に通えちゃいます。 また、2~4クール、5~7クールの装置の受け取りは郵送で対応してもらいました。 子育て中でも負担が少なく治療できるのは、キレイライン矯正の大きな魅力だと思っています。 部分矯正なので全体的な歯並びの悩みには対応できない キレイライン矯正は笑った時に見える部分(上下6本ずつ、計12本)に特化した見た目重視の部分矯正です。 歯並びからくる頭痛や、噛み合わせの悩みに応えてくれるものではないと思います。 マウスピース矯正のメリットは非常に大きいので、全体的に治したい方はインビザライン(マウスピースによる全体矯正)を検討されるのもいいのではないかと思います。 医者がちゃんと見ていない これで矯正歯科と名乗っていいのかよく分からないですが、歯科医が見てくれたのは初回検診とその後の1回のみです。 その後は毎回、歯科衛生士の方のみによる対応です。 恐らく契約第一主義なのでしょうが、虫歯のチェックをちゃんとしている感じもなく正直不安に思うところがありました。 怪しさを拭い切れなかったので、私はかかりつけの信頼出来る歯医者さんでの検診を併用しつつ、矯正を行いました。 信頼できる医師の元で治療したいという方には、キレイラインはおすすめしません。 マウスピースを外さないと食事が出来ない 当然なのですが、マウスピースを付けている間は食事が出来ません。 なので、旅行地で突然試食があったりしても食べられません。 何か食べたら必ず歯磨きをしてマウスピースを付けなおさなくてはならないので、間食が面倒になり、結構痩せました(これはメリットか) マウスピースを付けていると虫歯になりやすいので、甘い飲み物も厳禁です(装置を外せば飲めます)。 コーヒー紅茶は禁止ではないですが、マウスピースにかなりの着色汚れが付きます。 ただ、私は育休中で人と会う機会が少ないこともあり、マウスピースを付けていてもコーヒー紅茶をガンガン飲んでいました。 私はリーテナーブライトという洗浄剤を使っていますが、この洗浄剤はなかなか優秀で、着色汚れも綺麗に落としてくれました。

次の

キレイラインOL観察日記

キレイライン矯正 効果

1クールでの効果 このページでは実際の私の歯並びの写真を掲載しています。 実際の歯の写真がありますので、お見苦しい写真もあるかと思いますが 苦手な方はここから先は進まないようにしてください(笑) まず1クールでの変化についてをお話しします。 私の場合はいわゆる「受け口(反対咬合)」「叢生」という状態でした。 特に前歯2本の両隣の歯は、完全に上の歯が下の歯より後方にあり反対咬合になっていました。 これでも一応、子どものときにワイヤー矯正を6年くらいはやっていたんですよ。 うそみたいに歯並び悪いですが(笑) 当時は、一応反対咬合はギリギリ治ったはずで、上の歯がちょうど下の歯の真上にまでは 来ていました。 当時は子供だったこともあり、顎の大きさからそこまでが限界だったようです。 しかし、歯は常に動いていて、 成長するにつれて顎も大きくなりますし、 私の生活習慣上の癖(例えば、ほおずえをつきやすい、足を組みやすい、うつ伏せで寝ることがある等)や 「親知らずを抜歯した」ことなどの環境の変化によって、歯並びがまた悪くなりました。 特に親知らずの抜歯は影響が大きかったと思います。 これについては、以下のページでもお話ししていますので参考にしてください。 こんな私の歯並びが1クールでどの程度変化するのか。 結果はこちらです。 見てもらうとわかるとおり1クールではあまり劇的な変化は見られません。 むしろこれから歯を動かしていくための隙間を作っている途中段階という感じで 余計に醜い感じにも見える・・・? まあ、1クール目はお試しというか、マウスピースに慣れるということが主な目的のような気もします。 なぜかというと1クール目ってあまり痛みもなかったんですよね。 だからがっつり動かそう!というよりはまずは慣れるって感じかなと。 結論:1クールだけであまり何か劇的にかわるということは無さそう。 2クールでの効果 2クール目に入るといよいよ本格的に歯を動かしていきます。 2クール目を最初につけたときは1クール目よりはるかに痛かったので 「おお~本気出してきたな」という感じでした。 また、2クール目からは拡大床の装着もはじまります。 拡大床とは早く歯を動かすためのスペースを作ることが出来る装置で 奥歯の歯列を少しずつ横に広げていきます。 拡大床をつけると歯に隙間ができるので歯の動きも良くなります。 もっと詳しく知りたい方は、別ページに拡大床についてまとめていますので 参考にしてください。 ということで2クール目終了時点での比較写真がこちらです。 1クール目終了時点から比較するとかなり効果が目に見えて分かります。 この2クール目終了時点を見てから、1クール目終了時点の写真をみると 「なるほど、ここに向かうための布石だったのね」 と見受けられる部分があります。 ただし、まだ2クール目終了時点では、一番問題の 前歯2本の両隣の歯は、上の歯がちょうど下の歯の真上より まだ若干後方にありました。 結論:見た目の変化がわかる!がまだ反対咬合は治らなかった。 3クールでの効果 3クール目に入りますと、キレイライン矯正も中盤戦です。 (管理人は7回コース) 引き続き拡大装置も併用しています。 写真だと、撮り方の問題もあるかもしれませんが2クール目のがきれい?とも一瞬見えますが この3クール目で前歯2本の両隣の歯は、上の歯が下の歯のより完全に前に出ました。 これは、私の人生の中で始めての出来事です(笑) ワイヤー矯正をしていたときも、上の歯が下の歯のより完全に前出すことが出来ず、ちょうど真上で矯正を終了しました。 長年、反対咬合と付き合ってきたので、上の歯が下の歯のより完全に前に出た状態に 脳が混乱し、どうやってモノを噛んだら良いのか分からず 牛のようにすりつぶして食べていました。 そのせいもあるかもしれませんが、なんとなく全体的に歪んで見える?ような気もします。。 4クールでの効果 4クール目での変化です。 もういきなり写真をお見せします。 どうでしょうか? 歯並び自体に大きな変化はないような感じですが、 3クール時には大きく空いていた部分(写真でいうと右側)の上下の隙間が 少なくなってきていると思います。 また、3クール目ではかみ合わせが一時的に悪くなり、うまく噛めなかったのですが 4クールになって、かみ合わせがしっかりしてきたと思います。 結論:見た目の変化はそこまでは見えないが、かみ合わせが整ってきた 5クールでの効果 こちらが5クール終了時点での写真になります。 色味が違ってしまいましたが(写真の撮り方による違いです。 ホワイトニングなどはしていません) 最初のころの変化に比べるとあんまり変化はないように感じますが よーく見ると中心線がそろってきているように思います。 結論:見た目の変化はそこまでは見えないが、中心線が多少そろう程度 6クールでの効果 こちらが6クール終了時点での写真になります。 結論:見た目の変化は特にない 7クールでの効果 私は7クールで終了です。 完成形はこちら。 正直、5クール目以降の変化が自分ではあまりわからないのですが・・(笑) どうでしょうかね・・? 見た目だけで言えば、5クールでストップでもよかったかなとも思いますが、 5クールではまだ少しかみ合わせが悪かったので、7クールまでやってよかったかなと思います。

次の

【キレイライン矯正】レポ!実際の費用と効果まとめ

キレイライン矯正 効果

キレイラインは低価格で効果の高い 歯科矯正プログラムの開発に成功し、 歯科矯正をより手軽にすることができました。 キレイな歯並びは、表面的な美しさだけではなく 自分に自信を与えてくれます。 その自信が 自分らしい輝く笑顔を 増やしてくれると私たちは信じています。 他人からの評価ではなく、 自分そのものを好きになって欲しい。 素顔の時も自分らしくいられる、 芯のある美しさを手に入れて欲しい。 1人でも多くの人が自分らしい 輝く笑顔をできる世界を目指して、 キレイラインはチャレンジし続けます。 Price 目安の金額 キレイライン矯正が目指すのは、 「新しい適正価格」。 全ての患者様が歯をキレイにした後、 素敵な毎日を送れるよう、治療の質は高いまま、 低価格を実現できるよう努力を続けています。 なおキレイライン矯正では、できるだけ抜歯や健康な歯の削合を行わない治療を基本方針としています。 6回以上のコース契約の方は、マウスピース型リテーナーが無料となります。 詳しくはクリニックにお問い合わせ下さい。 キレイラインは、矯正先進国のアメリカで専門トレーニングと臨床経験を持つ歯科医師が監修している治療法。 全国の提携院で、質の高い治療を受けていただけるよう努めています。 キレイライン矯正 監修医 透正堂歯科・矯正歯科 総院長 石亀勝先生 東京大学大学院医学系研究科 組織幹細胞・生命歯科学講座客員研究員 歯学博士 30年の矯正歯科治療と、21年のマウスピース矯正歯科治療経験を持つ。 日本で歯科医師免許と歯学博士号を取得。 後に渡米しアリゾナ州ツーソン THE TWEED COURSEを受講し、米国イリノイ州立大学シカゴ校(UIC)で歯学部歯科矯正学講座 clinical advanced programを卒業。 日々患者様と向き合いながらも、他の歯科医師に対して、矯正治療の指導も行い日本の矯正治療の発展に貢献。 Concept 私たちの想い 「歯科矯正をしてみたいけど、高い…」 「長いと、3年もかかるなんて…」 「ワイヤー矯正は目立つから抵抗がある…」 キレイライン矯正は、このような不安を解決し、 今まで歯科矯正を諦めていた人たちを笑顔にしたい、 という想いから生まれました。 歯並びに悩む全ての方に、もっと自分らしく 輝く笑顔を届けられるよう、 キレイラインはチャレンジし続けます。 Case 対応できる歯並びと症例• ガタガタした歯並びや 八重歯(叢生)• 出っ歯 上顎前突• すきっ歯 空隙歯列弓• 前歯が閉じない 開咬• 噛み合わせが深い 過蓋咬合 上記の歯並びであっても、キレイライン矯正が 適応外となる場合もございます。 ぜひ、初回検診にてご相談下さい。 注1, 注2:症状が強い場合は適応にならない場合があります。 注2:「中心のずれ」は歯だけではなく様々な原因によります。 原因によって矯正治療で治る事もありますが、微妙な調整が困難な場合もございます。 「昔、矯正してずれてきた人」や「矯正をやっていたけど、途中であきらめた人」もできる矯正法です。 「痛みがある虫歯」がある場合は適応外となります。 今ワイヤー矯正をしてる人も、切り替え可能です。 まずはお気軽に初回検診でご相談ください。 A 必ずしもガタガタな状態の方全員が適応外になる訳ではございません。 2019年11月:10. ぜひお気軽にお越しいただき、医師の見解をお聞きいただければと思います。 拡大床併用、IPR、抜歯など提携クリニックによる治療を含めた矯正歯科治療が対象 Q なぜこんなに安くできるのでしょうか?ワイヤー矯正に比べて効果は減ってしまうのでしょうか? A キレイライン矯正では見た目を大きく左右する前歯を重点的に動かし、理想の歯並びに近づけます。 そのため動きづらい奥歯まで動かすワイヤー矯正と比較すると、個人差はありますが約3分の1程度の治療期間で完了します。 この治療期間の短縮により、人件費も約3分の1程度に抑えることが可能になりました。 また1人でも多くの方に矯正をしてもらいたいという思いから原価ぎりぎりまで価格を下げる工夫をしています。 詳しくは、をご覧ください。 効果については、「安いから効果が減ってしまう」ということはありませんのでご安心ください。 軽〜中度の歯列の歪みであれば、ワイヤー矯正同等の効果が期待できます。 またキレイライン矯正のマウスピースは、高精度な歯列デザイン技術を元に製造しており、的確な方向に力をかけて歯を動かすことができます。 間違った方向に動かしてしまうことがほぼないという点では、従来のワイヤー矯正よりも効率的と言えます。 Q マウスピースは痛いですか? A キレイライン矯正では、1日20時間以上の装着をお願いしております。 お食事・間食はマウスピースの破損を避けるため、取り外してください。 1日4時間以内ならば外せますが、効果をより実感するため、1回あたりの外す時間をなるべく1時間以内に留めてください。 ・1日20時間以上着用できなかった場合は装着期間を延長していただくか、直前のマウスピースに一度戻して様子を見て下さい。 ・次のマウスピースがうまくはまらない、我慢できないほどの痛みを感じる時は十分に歯が移動していない場合がございます。 無理に交換せず、装着期間を延長し様子を見て下さい。 Q 近くに提携クリニックがない場合はキレイライン矯正ができないのでしょうか? ・保険適用外の自由診療となります。 ・1日20時間以上の装着をお願いしております。 使用状況は、歯の移動量や効果に影響します。 ・キレイライン矯正では、距離0. 05ミリ単位、角度0. 5度単位でマウスピースを調整し、理想の歯並びに近付けるよう、綿密に治療計画を立てています。 ただし実際の歯の動きには個人差があるため、必ずしも想定した通りに歯が動くという訳ではございません。 ・キレイライン矯正に限らず全ての歯科矯正に共通することですが、効果や感じ方、また歯がどのくらい動くかについては個人差があり、どの矯正方法を選んだ場合でも、満足のいく治療結果が得られない可能性がございます。 キレイライン矯正では、提携院ご協力の下、皆さまが理想の歯並びに近付けるよう、全力でサポートいたします。

次の