ヘリウム 化学式。 【量子化学】ヘリウムへの応用(摂動法)│大学の化学を探求する 大ケミ

He ヘリウム|ガス一覧(ガスの物性)|東横化学株式会社

ヘリウム 化学式

ヘリウムの特徴としてよく挙げられるのは「貴ガス」であることです。 まずはこの貴ガスについて解説していきます。 貴ガスは周期表の一番右側の列にあるヘリウム、ネオン、アルゴンなどのことです。 貴ガスが持つ最大の特徴は反応性が非常に乏しいことになります。 貴ガスは他の物質と混ぜても原則として反応することはなく、非常に安定です。 このような性質から、貴ガスは不活性ガスと呼ばれることもあります。 この呼び名は貴ガスの性質をよく表していているために現在でもよく使われますが、元素番号54のキセノン Xe が他の元素と化合物をつくることが発見されて以来は適切な呼び名ではなくなってしまいました。 とはいえ、キセノンも特別な条件下でなければ化合物をつくることはなく、安定な気体です。 また、貴ガスは「希ガス」と書かれることも多くあります。 こちらの表現の方が馴染みがある、という方も多いのではないでしょうか?以前は「珍しい気体」という意味で「希ガス」と呼ばれていましたが、実はそこまで珍しいものでもありません。 みなさんは、大気中に含まれる気体のうち3番目に多いものは何だと思いますか?1位窒素、2位酸素の次は二酸化炭素だとよく勘違いされますが、実は貴ガスのアルゴンなのです。 このような理由から、現在では希ガスという表記は適当ではないとされています。 ヘリウムは貴ガスの中でも最も軽い気体であるという特徴があります。 ヘリウムが周期表の中でどこにあるか思い出してみましょう。 ヘリウムは周期表の1番右上に位置していて、その原子番号は2になります。 原子番号はおおよそ、その原子の重さ(原子量)の順です。 すなわち、 ヘリウムは2番目に軽い元素ということになります。 多くの気体は水素 H2 や酸素 O2 のような2原子分子です。 そのため原子番号の順だけで気体の重さの順を決めることはできません。 しかし気体分子の構造まで加味しても、 ヘリウムは水素について2番目に軽い気体として知られています。 ヘリウムを入れた風船が大気中で浮いているのはこような理由からだったのですね。

次の

He ヘリウム|ガス一覧(ガスの物性)|東横化学株式会社

ヘリウム 化学式

Photo by iStock そうした複雑怪奇な化学を見通し良くするために「 量子化学」という考え方があります。 ここでは、そのさわりを紹介してみます。 水素分子はなぜH 2なのか 水分子は、1個の酸素原子に2個の水素原子が「結合」したものです。 二酸化炭素は、1個の炭素原子に2個の酸素原子がやはり「結合」したものです。 それでは、「結合」は何によって起こるのでしょうか? 水素分子は2個の水素原子からできていて、H 2と表されることは皆さんもご存知のことと思います。 では、なぜ水素原子は2個集まるとH 2になり、2個の水素原子(H)のままでいないのでしょうか? 分子は複数の原子からできていますが、分子がどのようにでき、どのように変化するか、そのすべての鍵を握るのが、原子の中にいる「 電子」です。 「化学」と呼ばれる科学分野で、私たちが学ぶことのほとんどすべては、実は「電子の性質」によって引き起こされる現象なのです。 それでは、電子の性質やその動きのすべてがわかれば、「化学」がすべてわかるということなのでしょうか? そのとおり、 すべてわかるのです。 20世紀の前半に確立した物理学の重要な一分野である量子力学は、原子や分子の構造や性質を調べる物理学です。 この量子力学を使って電子の性質や挙動を理解することで、化学は大いに進歩しました。 量子力学を使って、化学の問題を考えるのが「 量子化学」であり、今や化学にはなくてはならない分野になっています。 H 2分子は安定で、そのままにしておいても、容易にH原子には分かれません(もちろん火をつけると燃え、水分子になりますが)。 どうしてでしょうか。 この実に簡単な、そして化学の基礎の基礎は、量子力学で説明されるまではよくわかりませんでした。

次の

冷媒とナチュラルファイブ|前川製作所 技術研究所 R&D CENTER

ヘリウム 化学式

Photo by iStock そうした複雑怪奇な化学を見通し良くするために「 量子化学」という考え方があります。 ここでは、そのさわりを紹介してみます。 水素分子はなぜH 2なのか 水分子は、1個の酸素原子に2個の水素原子が「結合」したものです。 二酸化炭素は、1個の炭素原子に2個の酸素原子がやはり「結合」したものです。 それでは、「結合」は何によって起こるのでしょうか? 水素分子は2個の水素原子からできていて、H 2と表されることは皆さんもご存知のことと思います。 では、なぜ水素原子は2個集まるとH 2になり、2個の水素原子(H)のままでいないのでしょうか? 分子は複数の原子からできていますが、分子がどのようにでき、どのように変化するか、そのすべての鍵を握るのが、原子の中にいる「 電子」です。 「化学」と呼ばれる科学分野で、私たちが学ぶことのほとんどすべては、実は「電子の性質」によって引き起こされる現象なのです。 それでは、電子の性質やその動きのすべてがわかれば、「化学」がすべてわかるということなのでしょうか? そのとおり、 すべてわかるのです。 20世紀の前半に確立した物理学の重要な一分野である量子力学は、原子や分子の構造や性質を調べる物理学です。 この量子力学を使って電子の性質や挙動を理解することで、化学は大いに進歩しました。 量子力学を使って、化学の問題を考えるのが「 量子化学」であり、今や化学にはなくてはならない分野になっています。 H 2分子は安定で、そのままにしておいても、容易にH原子には分かれません(もちろん火をつけると燃え、水分子になりますが)。 どうしてでしょうか。 この実に簡単な、そして化学の基礎の基礎は、量子力学で説明されるまではよくわかりませんでした。

次の