テキサス ロング ホーン。 テキサス・ロングホーンに会えた日。おもわず「ウィーーーッ」としたくなった日(笑)

【海外の反応】テキサスロングホーンという牛の角がものすごくデカい!

テキサス ロング ホーン

テキサス・ロングホーンに会えた日。 おもわず「ウィーーーッ」としたくなった日(笑) いろんなところで書いていることだけど、世界には色んな牛がいる。 日本に居るかぎり、5~6種類程度しか口に入ることがないけれども、それで「日本の和牛が世界一」と言っていても説得力ないなあ、と思うわけだ。 さてここテキサスといえば「テキサス・ロングホーン種」が有名だ。 家畜として飼養されていたのではなく、野生状態で品種が成立し、テキサス州下で大繁殖していたのを資源として利用することになったそうだ。 産肉性が劣るため、いまでは種の保全的な意味でしか飼われていないようだが、とにかくその長く美しい角が特徴的だ。 まあ、僕の世代では、テキサスロングホーンといえばプロレスラーのスタン・ハンセンがカウボーイ姿でリングインして、小指と人差し指を伸ばすロングホーンを高く突き上げながら「ウィーーーーーーーーーー!」とやるのに合わせて、テレビの前で自分もやっていた同輩がたくさんいるはずだ。 そう、あのロングホーンってこの牛なんですよ。 全米和牛協会の会場となるフォートワースは「牛の町」といわれ、そ子で家畜の集散基地だったこのストックヤードという地域では、ロングホーンが象徴的なマークとなっている。 町中いたるところにロングホーン。 ちなみに小型のロングホーンの置物が50ドル程度なので、それほど高くありません。 どうしよう、買って帰ろうかな(笑) ここ商業施設ストックヤードはいまはロデオショーを常設でしたりしながら営業しているが、毎日午前と午後の二回、Cattle Driveというロングホーン種のパレードがある。 一度は観ておくといいよ、と山田さんに言われ、日差しの強い中、メインストリートへ。 会場近くには、5ドルで背中に乗れるロングホーン牛がいる。 大人しい性質だとは聞いていたけど、本当に大人しい。 大人気です。 美しい牛さんです。 時間になると大勢の人がメインストリートの両端を埋める。 さあ、むこうから来ました! とにかく長い角が壮観! 頭数はそんなに多くないので、あっという間に通り過ぎてしまった。 でも、なかなかに素晴らしいものです。 綺麗だなあ。 フォートワースのストックヤード、なかなか楽しめてお勧めです。 過去の記事• やまけんの本 カテゴリー.

次の

テキサスロングホーン 福岡 (texas longhorn fukuoka)

テキサス ロング ホーン

アメリカのカウボーイは日本でいう野球選手やサッカー選手のように、今でも男の子の憧れの職業のひとつ。 ジーンズにカウボーイブーツ、カウボーイハットを見ると「カッコイイ!」って思いますよね。 実はカウボーイだけではなくカウガールもいて長い金髪をなびかせて馬に乗る姿は誰もが憧れを抱く存在。 今回はそんなカウボーイ文化に触れることができる街テキサス州のストックヤードに旅に行きましょう! テキサス州 ストックヤードに残るカウボーイ文化 テキサス州はアメリカの南の辺りに位置し日本の面積の約2倍の大きさです。 ヒューストンやダラス、フォートワースといった大都市が有名です。 メキシコと国境を接していて、現在はハイテク産業や石油事業でかなり豊かな州のひとつですが、18世紀頃の西部開拓時代はカウボーイがたくさんの馬や牛、羊を運ぶ牧畜業が主でした。 カウボーイとは牧畜業に従事する人のことで、仕事の合間に遊びで始めたロープ技(牛や馬を捕まえるためのもの)や暴れ牛や馬に乗るロデオなどが、今ではスポーツレベルの競技大会なんかも行われるくらいに発展していきました。 今でもカウボーイ文化が残るのがフォートワースから車でわずか10分のストックヤード。 西部劇に出てくるまさに映画のセットのような街でカウボーイハット、ブーツをはいた人々に会うことができます。 私が訪れたのが土曜日ということもありたくさんの観光客でにぎわっていました。 ロングホーン牛の行列行進は見逃せない! フォートワースやこのストックヤードで有名なのが立派な角を持つロングホーン牛。 ストックヤードでは毎日11時半と16時にメインストリートで「Cattle Drive」と称した行列行進を見ることができます。 大きいものは1トンもの大きさになる迫力あるロングホーン牛の行列は見逃せません! 馬に乗ったカウボーイが誘導しながら行列行進が行われます。 メインのストリートで行われます。 迫力満点です! メインのExchange Streetのインフォメーションの建物の前あたりで今回は行列行進を見ました! 目の前を通り過ぎる牛は圧巻! 5分ほどで終わってしまうのでお見逃しなく! カウボーイのお土産はストックヤードステーションがおすすめ 昔の家畜の取引場所でもあった場所に、線路が引かれ今でも16kmの区間の列車が走っています。 その線路の両脇にお土産屋さんやレストランがあります。 お土産探しに最適な場所です。 ぜひロデオを体感しよう! ストックヤードは一年中、ロデオのショーや競技大会を楽しむことができます。 今回はせっかくなので夜20時から行われるRodeo Chanpion shipロデオ競技大会を見ることにしました。 これは金曜日、土曜日、日曜日限定になります。 手前の建物がチケット売り場。 今回は当日レギュラーシートを買うことができました。 ひとり19ドル。 チケット売り場は11時くらいから開きます。 事前にインターネットで買うこともできますが、手数料がかかり、3日前までに買うということとチケットの引き換えにはIDカードが必要となります。 後ろの建物が会場のカウタウン・コロシアム。 メインストリートの中心部くらいにある大きな建物なのですぐにわかります。 開場は19:00~ レギュラーシートは側面の部分で自由席。 他に正面にボックスシートもあります。 この日は結構満席に近く大変盛り上がっていました!最初に生歌で国歌斉唱などがあります。 結構感動します。 ロープを使った技を披露してくれます。 見事なロープ裁きに開場は盛り上がります! 見どころは暴れ馬に綺麗な態勢で何秒間乗れるかやロープを使い子牛を何秒で捕まえられるかといった競技。 ショー自体は22時まで行われます。 いかがでしたでしょうか? 映画でしか見たことのないカウボーイの世界に実際に触れることができる面白い街です。 ぜひ訪れる際は今回ご紹介したストックヤードならではの体験をおすすめいたします!.

次の

フォートワース観光ストックヤード

テキサス ロング ホーン

テキサス・ロングホーンに会えた日。 おもわず「ウィーーーッ」としたくなった日(笑) いろんなところで書いていることだけど、世界には色んな牛がいる。 日本に居るかぎり、5~6種類程度しか口に入ることがないけれども、それで「日本の和牛が世界一」と言っていても説得力ないなあ、と思うわけだ。 さてここテキサスといえば「テキサス・ロングホーン種」が有名だ。 家畜として飼養されていたのではなく、野生状態で品種が成立し、テキサス州下で大繁殖していたのを資源として利用することになったそうだ。 産肉性が劣るため、いまでは種の保全的な意味でしか飼われていないようだが、とにかくその長く美しい角が特徴的だ。 まあ、僕の世代では、テキサスロングホーンといえばプロレスラーのスタン・ハンセンがカウボーイ姿でリングインして、小指と人差し指を伸ばすロングホーンを高く突き上げながら「ウィーーーーーーーーーー!」とやるのに合わせて、テレビの前で自分もやっていた同輩がたくさんいるはずだ。 そう、あのロングホーンってこの牛なんですよ。 全米和牛協会の会場となるフォートワースは「牛の町」といわれ、そ子で家畜の集散基地だったこのストックヤードという地域では、ロングホーンが象徴的なマークとなっている。 町中いたるところにロングホーン。 ちなみに小型のロングホーンの置物が50ドル程度なので、それほど高くありません。 どうしよう、買って帰ろうかな(笑) ここ商業施設ストックヤードはいまはロデオショーを常設でしたりしながら営業しているが、毎日午前と午後の二回、Cattle Driveというロングホーン種のパレードがある。 一度は観ておくといいよ、と山田さんに言われ、日差しの強い中、メインストリートへ。 会場近くには、5ドルで背中に乗れるロングホーン牛がいる。 大人しい性質だとは聞いていたけど、本当に大人しい。 大人気です。 美しい牛さんです。 時間になると大勢の人がメインストリートの両端を埋める。 さあ、むこうから来ました! とにかく長い角が壮観! 頭数はそんなに多くないので、あっという間に通り過ぎてしまった。 でも、なかなかに素晴らしいものです。 綺麗だなあ。 フォートワースのストックヤード、なかなか楽しめてお勧めです。 過去の記事• やまけんの本 カテゴリー.

次の