保険金 会社受取。 死亡保険の基本|保険金の受取人や税金、相続対策に関する情報も解説|楽天生命保険

保険金の受取時に税金はかかる?受取保険金の種類別に解説

保険金 会社受取

本来、保険金受取人が個人ならばその保険料は給与に 自身の事故や病気などの損失をカバーする保険に加入するには保険料の負担が必要です。 その保険料を会社に負担をしてもらえるのであれば、従業員は、その保険料分だけ経済的な利益を得ていることになります。 その経済的な利益が、会社の従業員であることを理由に得られるのであれば、その経済的利益は会社からの給与を得たものとして所得税等の課税対象となるのが原則です。 しかし、一定の要件を満たす保険契約ついては、従業員への福利厚生目的の加入ということで、従業員に対しては給与課税をしなくても良いことになっているのです。 そこで、今回は、会社が役員・従業員に掛けた保険が給与課税されないケースについてまとめてみることにします。 スポンサードリンク 使用者契約の養老保険に係る経済的利益 死亡保険金と満期保険金(生存保険金)を同額とする貯蓄性の高い生命保険のことを「養老保険」といいます。 保険と言いながら実際には、中途解約なら元本割れもある定期積金におまけで保障がついたようなものです。 会社が役員または従業員を被保険者として加入をした養老保険の保険料については、次のように取り扱うものとされています。 養老保険という貯蓄性の高い保険なのに、死亡保険金の受取人が役員・従業員の遺族となると、その保険料の半額が損金になるという。 それでこのプランが以前はよく「ハーフタックスプラン」という節税保険として勧められたわけです。 いくら貯蓄性が高いとはいえ、保障に費やすコストもあるのに全額資産計上されたり、死亡保険金と生存保険金の受取人が違うと「じゃあ半分は損金で」と、保険の税務処理は、いろいろテキトーでツッコミどころ満載です。 使用者契約の定期保険に係る経済的利益 保障期間の定めがあり、原則解約返戻金のないいわゆる掛け捨て保険のことを「定期保険」といいます。 会社が役員または従業員を被保険者として加入をした定期保険の保険料については、次のように取り扱うものとされています。 1 死亡保険金及び生存保険金の受取人が会社の場合 保険料として損金算入 2 死亡保険金及び生存保険金の受取人が役員・従業員またはその遺族の場合 役員・従業員に対する給与 使用者契約の定期付養老保険に係る経済的利益 養老保険を基本契約として、定期保険を特約として上乗せした生命保険を「定期付養老保険」といいます。 会社が役員または従業員を被保険者として加入をした定期保険の保険料については、次のように取り扱うものとされています。 1 保険証券等で養老保険の保険料と定期保険の保険料が区分けされている場合 それぞれの保険料について上記の養老保険、定期保険の取扱いを適用 2 保険証券等で養老保険の保険料と定期保険の保険料が区分けされていない場合 その全額を養老保険についての保険料として、上記の養老保険の取扱いを適用 使用者契約の傷害特約等の特約を付した保険に係る経済的利益 上記の養老保険や定期保険に対して、傷害特約等が付される場合があります。 この 傷害特約等に係る保険料については、会社の保険料として損金となり、役員や従業員に対する給与課税の対象とはなりません。 ただし、 役員または特定の従業員のみを加入対象とした場合には、その保険料に相当する金額については、その者に対する給与となるのです。 使用人契約の保険契約等に係る経済的利益で給与となるケース 会社が、役員又は従業員が本来負担すべき次に掲げるような保険料又は掛金を負担する場合には、その負担する金額は、その 役員又は使用人に対する給与等になります。 1 生命保険料控除の対象になる保険料や損害保険料控除の対象になる保険料 2 社会保険料控除の対象となる社会保険料 3 小規模企業共済等掛金控除の対象となる小規模企業共済等掛金 会社が従業員に生命保険を掛ける本来の目的は、従業員に万一の事があった時の見舞金支払いの準備をということでしょう。 ただ、会社が福利厚生の意味で加入しても、あんまり従業員のモチベーションアップにはつながってないこともありますけどね。

次の

税理士ドットコム

保険金 会社受取

事故や病気など、私たちの生活には実に様々なリスクが潜んでいるものですが、 そのリスクには人が死亡する、ということも当然含まれています。 生命保険(死亡保険)はこのような事態に備え、被保険者の死後に配偶者や子などが 路頭に迷うことがないようにするためのリスクヘッジとなるものですが、 人の死亡にかかる金融商品である以上、 それなりの手続きや保険会社のよる審査があるので、万が一に備えて 保険金請求の方法と流れを学習しておくことは大切なことです。 また、保険金を受け取ることができた場合、 その額によっては相続税などの税金についても手続きが必要になるので、 これを機に税制についても理解しておきましょう。 生命保険 生命保険とは 生命保険(死亡保険)とは特定の人物の死亡による経済的損失・生活の不安定を 保険金で補助する金融商品のことをいいます。 生命保険の当事者となるのは 保険料を支払う「契約者」・ 保険がかけられている「被保険者」・ 保険金を受け取ることができる「保険金受取人」 の三者が一般的です。 たとえばある家族の世帯主である父が契約者、そして保険をかけているのも父本人、 そして万が一父が死亡した場合は妻を受取人とする、といった例が挙げられます。 就職や結婚を機に生命保険に加入する人が多いのは、 このような生活保障の役割が大きい金融商品だからでしょう。 生命保険のメリット 人の死亡を契機とした経済的不安定回避の代表的な手段は遺族に残す 貯金ですが、 死は誰も予期できないので目標とする貯金額に達しないこともあり、 残された家族に対する生活保障としては十分ではありません。 一方、 生命保険であれば保険料の支払い期間に関係なく、 条件を満たせば契約した保険金が支払われますので、 予期しない「万が一」への備えとして適していると言えます。 それでは以上をふまえた上で、次は保険金の受け取り方について見ていきましょう。 保険金の受け取り方法 生命保険の保険金支払いは相続人等が保険会社に契約者の死亡を通知し、 保険金を請求することではじめて実行されます。 保険会社が契約者の死亡を確認・連絡することはありませんので、 故人が生命保険に加入していた場合、遺族はまず、 保険会社に問い合わせることを忘れないでください。 保険金受け取りの流れ 故人(契約者)が加入している保険会社に連絡をするところから手続きは始まります。 故人が生命保険に加入しているかどうか不明な場合は、 たんすや引き出しの中に 保険証券があるかを確認してください。 また、保険会社からの故人宛てに送られた 郵便物を確認することも有効な手段です。 1 保険会社へ問い合わせる 生命保険の存在を確認した後、保険会社へ連絡します。 その際に 契約内容と 受取人が誰になっているのか、 請求に必要な書類や以降の手続きについても確認してください。 2 書類の準備 請求に必要な書類は保険会社によって多少の違いはありますが、 概ね以下の書類は共通して要求されるようです。 生命保険金請求書(電話で保険会社へ連絡して取り寄せる。 または保険会社によってはホームページ内「保険金の請求」ページからオンラインで取り寄せ or ダウンロードも可能)• 保険証券• 死亡診断書• 故人(保険がかけられている人)の住民票• 受取人の戸籍謄本• 受取人の印鑑証明 3 提出 上記の書類とそろえた後、保険会社に提出します。 郵送で送るケースが多いようですが、ネットライフ生命やアフラックなど、 一部の保険会社では オンラインで書類受付をしているところもありますので ホームページを確認してみましょう。 諸事情で提出を急ぐ場合には便利です。 4 保険会社の審査・保険金の受け取り 必要書類を提出した後、 保険会社は保険金を支払いの条件がそろっているか否かの審査をします。 無事審査を通過すれば一週間前後で受取人に保険金が支払われます。 保険金は審査で大きな問題がなければ比較的早く支払われますので、 経済的な不安がある遺族にとって大きな助けとなることは間違いありません。 保険金の受け取りに他の相続人の関与は必要か 相続の場合は他の相続人の関与が必要となることがありますが、 保険金の受け取りについては指定された受取人が 単独で請求手続きができます。 分割協議や合意などは一切必要ありません。 トラブルを防ぐ方法 受取人を複数指定することの背景には相続人間で不平等が生じないようしたいなど、 契約者の思いが込められている場合がありますが、 誰を代表者とするかでトラブルが発生する可能性があります。 このような事態を避けるには受取人を複数にせず、それぞれ個別に契約 するという方法も得策です。 たとえば子ども3人にそれぞれ保険金を受け取ってほしいと思う場合、 一人ひとり3000万円の生命保険を個別に契約し、一人を受取人にするなどです。 これから生命保険に加入しようと考えている方は ぜひこういった方法もあることを覚えておくとよいでしょう。 生命保険金にまつわる申告での注意 相続税として申告する場合は 相続税申告書の第9表(生命保険などの明細書) に受け取った保険金の額を記入後、 第11表(相続税がかかる財産の明細書)で 他の相続税がかかる財産と一緒に明細を記入してください。 生命保険金についてはこの両方の記載が必要になりますのでセットで覚えておきます。 また、所得税と贈与税がかかる生命保険金については 確定申告での申告が必要になるので、忘れずに記入しましょう。

次の

法人保険で死亡保険金を受け取る、相続での税金・経理処理の解決法

保険金 会社受取

自動車保険の保険金は、交通事故や災害などによる人や物の被害者に対して支払われますが、補償や事故被害者の状況により保険金受取人が変わることがあります。 例えば、対人賠償保険の場合、ケガを負った被害者が治療のための保険金を受け取りますが、保険の実務上の一般的な支払いでは、治療費は医療機関に対して直接支払い、休業損害、慰謝料、後遺障害保険金などを被害者に支払います。 (もちろん例外もあります) しかし、被害者が死亡に至った場合、保険金は被害者の相続人に支払われることとなり、相続の対象者が複数に及ぶことも多々あります。 比較的高額な保険金支払いとなる、死亡保険金については、その受取をめぐってちょっとしたトラブルになることも少なくありません。 この記事では、保険加入時には知らされない保険金の受取人について、賠償保険、傷害保険、車両保険それぞれの事故の状況をかんがみ、補償ごとに考察して参ります。 死亡保険金の受取人になることなどめったに無いことと思いますが、突然にそのような状況におかれることがあるかもしれません。 そのようなときに慌てぬよう、この機会に少し触れて記憶にとどめておいて下さい。 自動車保険の補償ごとに受取人がちがう? 自動車保険は、主に3つの保険から構成されており、賠償保険(対人/対物)、傷害保険(人身/搭乗者/無保険車/自損事故)、車両保険があります。 受取人は補償・特約ごとに異なる 賠償保険では、被害者自身のケガの治療や後遺障害、死亡時などで支払う対人賠償保険と、被害者の車や自転車、持ち物、また、家屋や店舗、商品など、財産物全般に適用され、営業利益の損害まで対象になります。 対人賠償では賠償を受ける事故の被害者が通常保険金の受取人になりますが、被害者が死亡した場合など、受取人が相続人に移行します。 傷害保険においても被保険者死亡の場合、相続人が保険金受取人になり、受取人が複数人に及ぶことがあります。 このように、被保険者の生死によって保険金受取人が違ってくることがあり、受取人対象者も被害者の家族構成などで違いが生じます。 また、車両保険についても通常被保険者が受取人となりますが、自動車ローンの残債がある車が全損の場合、実態として債権者への支払いが優先することもあります。 次項から保険の種類と関連する特約ごとに受取人対象者を見て参ります。 賠償保険の受取人は? 賠償保険は、対人賠償、対物賠償保険の2つがあり、それぞれ人、物の賠償リスクをカバーしています。 対人賠償保険の受取人 対人賠償保険は、被害者が生存している場合、そのケガの治療費、所得収入のある人は休業損害、治療期間に応じた慰謝料、傷害の後遺症に応じた後遺障害保険金などが被害者を受取人として支払われます。 受取人の承諾により保険会社は、治療費を医療機関に直接支払うなど手続きを行うことがありますが、こうした支払いは、被害者たる保険金受取人に代わって保険会社が支払うことが一般的です。 したがって保険金支払いでは、治療を受ける被害者が医療機関に治療費を支払い、その後に保険金を受け取るといった2度手間や立替による金銭負担がないように配慮されています。 被害者が死亡してしまった場合、治療のための医療費や臨時にかかった費用、慰謝料、逸失利益損害などが法定相続人に支払われます。 対物賠償保険の受取人 対物賠償では、車の修理損害など事故の直接被害者を受取人として保険金が支払われますが、全損の際に車の使用者と所有者が異なる場合、被保険者の承諾により車両所有者が保険金受取人となる場合があります。 また、店舗建物と商品などの場合、例えば借用中の店舗建物では、建物の損害は建物の所有者となるが、休業損害や商品/什器の保険金受取人は、店舗経営者ということになり、受取人がそれぞれ異なります。 もちろん、修理費用の実費払いと全損による損害金支払いでは、支払い対象に違いが生じることもあります。 賠償金支払いの実務は? 賠償保険の保険金受取人は、上記のように実務の上でとても複雑です。 また、示談交渉とも直結する部分なので、交渉を担う自動車保険(任意保険)の保険会社に判断を委ねることが一般的です。 しかし、事故当事者となった場合、保険金受取人などは把握しておくことも必要です。 自身への支払い等も含め、保険金の支払い受取の書類作成時には注意しましょう。 傷害保険の死亡保険金受取人はだれ? 自動車保険の傷害保険には、もっとも一般的な人身傷害補償保険から搭乗者傷害保険、そして一部に自動付帯となる、無保険車傷害保険、自損事故保険がありますが、ここでは主に人身傷害補償保険と搭乗者傷害保険を解説します。 第1順位:配偶者と子(孫) 第2順位:父母(祖父母) 第3順位:兄弟姉妹(甥・姪) 配偶者は常に第1順位となり、以下表のとおり、受取の割合も大きくなっています。 法定相続人の範囲と割合 死亡保険金は法定相続人が受取人となりますが、慰謝料などは、別の取扱となります。 例えば、父親が死亡、その配偶者と子供が相続人となる場合、父母への相続分はないので死亡保険金も同様に受取対象外になります。 しかし、慰謝料に関しては、別途父母による請求も一部認められているので、弁護士等に相談して対応してもらいましょう。 なお、配偶者がいない場合の組み合わせは、多岐にわたるのでこちらには記載しておりません。 詳しくは事故担当者、弁護士等に確認しましょう。 車両保険の全損時の保険金はだれのもの? 車両保険の保険金受取人の基本は、被保険者となります。 したがって、事故や災害などで車両保険支払い対象の事故により修理を行う場合、保険金は被保険者の承諾を経て、自動車修理業者に支払われます。 しかし、全損の場合は、ちょっと様子が違ってきます。 まず、被保険者が所有者となっている自動車の場合、全損による保険金支払いは、被保険者が受取人になります。 しかし、ローンの残債務があり、所有権留保契約により車両所有者の名義がローン会社や自動車会社となっている場合、全損の保険金支払いにより保険会社が所有権の移転を求めることがあり、その際には残債分のみ債権者に支払われ、当該車両の所有権解除書類の発行を依頼されることがあります。 つまり、保険金受取人が、残債分のみローン会社となることがあります。 注意点は、全損による保険金支払いのケースにおいて、保険会社が車両の所有権移転を求めるケースが増えており、全損だからといって勝手に処分業者などに売却することができなくなっています。 もう少しわかり易い例でお話すると、車両盗難により全損として保険金が支払われる場合、必ず車の譲渡移転書類の取り付けを求められます。 理由は、保険金支払い後に車が見つかった場合、車両は保険会社が回収し損害の穴埋めをするからです。 逆に見ると、車の持ち主が保険金受取後、車が出てきて返却されたら「焼け太り」と同じ結果となるからです。 御存知のとおり、自動車保険は実損害をてん補する損害保険のひとつです。 一部の被保険者が保険金請求、受取により儲けてしまったのでは、公平の原則に反することに成りかねません。 車両保険は、事故や災害により実損害のある被保険者に支払われますが、全損の場合は、残債務の確認等により受取人に違いが生じることもあります。 最近の投稿• カテゴリー• リンク.

次の