三井住友カード 不正利用。 三井住友カード 、Vpassアプリに不正ログイン!確認と対策、不正利用を防ぐには?

ネットショッピングでのクレジットカード決済は危険なのか?

三井住友カード 不正利用

クレジットカードが不正利用された 私が利用しているカードは、夫の家族カードとして発行されたものです。 まずはカード会社から夫に連絡が入りました。 一緒に外出していましたから。 」 カ:「そうですか。 奥様に確認のお電話を差し上げたいのですが、よろしいでしょうか?」 夫:「はい、構いません。 お願いします。 」 カード会社から私宛てに電話がかかってきました。 」 カ:「インターネット通販を利用されたことはありますか?」 私:「はい、よく利用しています。 」 カ:「利用されている通販サイトを教えていただけますか?」 私:「えーっと、Amazon、楽天、Yahoo! 、その他たくさんあります。 」 カ:「なるほど。 」 カ:「わかりました。 不正利用分は請求されることはありませんのでご安心ください。 カードは利用を停止させていただき、別番号にて再発行させていただきますがよろしいですか?」 私:「はい。 」 カ:「では、再度ご主人様に連絡して再発行手続きをすすめてまいります。 」 私:「わかりました。 あの、どこでカード情報が漏れたのでしょうか?」(どこの通販サイトだろう) カ:「調査中ですので詳細はわかりません。 」 私:「そうですか。 昨日の不正利用では何を買っているのですか? その商品の発送は取りやめになったのですか?」 カ:「まだ調査中ですが、持ち運びやすさと換金性の高さから、最近ではPC、特にタブレット端末の購入が増えております。 発送も不正の有無にかかわらず、早くなっている傾向がありますので……。 」 私:(確かに、当日発送・翌日発送が当たり前になりつつある……)「その商品ってどこに送られるんだろう。 会員登録名義とカード名義は異なっていても決済ができる場合がありますので。 」 私:「えー! そうなんですか。 個人情報が漏れていないのはよかったですが、名義が異なっても使えてしまうなんて衝撃です……。 とりあえず、再発行手続きのほうよろしくお願いいたします。 」 このあと再発行されたカードが2週間ほどで到着し、再発行のための手数料などはすべて無料でした。 Flickr: カードの不正利用に遭ったことについて、正直あまり驚きませんでした。 私は日常の買い物はもちろんネットショッピングを頻繁に利用しています。 カード利用ができない店のみ現金で支払うというスタンスです。 そのためカード情報の漏えいは運が悪いというか、いわば仕方のないことだと考えていたのです。 私は以前クレジットカード会社に勤務していたことがあり、専門部署は異なるものの、クレジットカードの不正利用が日常的に起きていることを知っていました。 カード会社ではセキュリティ対策に力を入れており、不正利用が起きないよう24時間365日監視しています。 それでも犯罪グループとのイタチごっことなってしまっており、対策が追いつかない部分があるのも事実です。 セキュリティ対策はシステム化されている部分も多く、不審な利用であると懸念された場合には、保留にされたり拒否されたりするケースがあります。 - 換金性の高い商品(電化製品・航空券・チケット・貴金属・ブランド品) - 短期間で連続した利用 - 深夜・早朝の利用 これらはあくまで一例ですが、不正利用の傾向をもとに、カード会社では利用制限をかけています。 「残業帰りの遅い時間、家電量販店でパソコンを購入しようしたら支払いが保留にされたんだけど、怪しかったかな?」と笑って話す友人もいました。 このように カード会社が対策を行っていても、また利用者が正しい利用をしていても、残念ながら不正利用は起こります。 もし不正利用に遭ったら、クレジットカードの利用をやめますか? 現金主義になりますか? 私の場合、答えはNOです。 クレジットカードを使わないという選択は、私にはデメリットが大きすぎるのです。 現金のみで生活すると、財布の中身をいちいち気にしなければならないばかりか、私の趣味であるネット通販がスムーズにできません。 年間5~6万円分にもなる(我が家の場合)ポイントがつかないのも困ります。 カード利用のメリットとリスク 私が考えるクレジットカード利用のメリットは次のとおり。 もちろんクレジットカードを使うことにはリスクもあります。 スキミングやカード情報の流出など、現金では起こるはずのない「第三者に不正利用される」可能性が0ではなくなります。 ひと昔前まで不正利用といえばスキミングによる偽造カードが主流でした。 偽造カード被害が減少しているのとは対照的に、近年急増しているのが、不正アクセスによるカード情報の盗用です。 最近では、大手ホテルチェーン・ハイアットの決済処理システムがマルウェアに感染し、世界54ヶ国・250拠点の利用客のカード情報が盗み出されるという大規模な被害がありました。 他にも、通販サイトのサーバーに不正アクセスしてカード情報を盗み出すという手口もあるようです。 不正に入手したカード情報は、主にネット通販で利用されることが多いのだそう。 カード情報の盗用が急増しているのは、ネット通販を利用する方が増えたことと無関係ではないのでしょう。 私もネットショッピングが好きです。 でも、できることなら不正利用はされたくありませんよね。 クレジットカードを利用したい場合、利用者はどのような対策をとればいいのでしょうか。 不正利用に遭わないために 不正利用に遭うリスクを減らすためにできることはないのでしょうか? クレジットカードはカード会社から貸与されたものであるという事実を忘れず、以下の3つは最低限のルールとして覚えておきましょう。 - カードの裏面には必ずサインする - クレジットカードは他人に貸さない - 暗証番号を他人に教えない そして、クレジットカード各社のホームページを読み尽くして、気を付けるべきポイントをまとめてみました。 または、支払い方法でカードを使わない選択を。 SSLは、安全性の高い通信技術のこと。 ブラウザの一番下や、URLが表示されるアドレスバーの横に、鍵マークがついているはずです。 しかし、Eメールにカード情報を書いてしまうと、インターネット上で保護されない可能性があります。 添付されたファイルを不用意に開くとウイルスに感染してしまう危険があります。 日付は必ずしも利用日ではなく、予約日や売上処理日となる場合があります。 不正利用されたらどうする? 万が一、クレジットカードが不正利用されてしまっても、 条件を満たしていれば、カード保有者が費用を負担する必要はありません。 カード発行までの手続きもすべてカード会社で対応してくれます。 書類等の提出・警察への届け出が必要な場合もあります。 カードが届いたら、新カードへの変更手続きをしましょう。 新カードに署名をすることはもちろんのこと、定期的にカードで支払いをしている登録先に対して、カード番号の変更手続きをします。 医療保険など、支払いが遅れてしまったために契約が無効になるケースもありますので注意したいですね。 私の場合はカード会社から連絡があって発覚しましたが、知らず知らずのうちに不正利用に遭っているかも分かりません。 不正利用は高額なものが対象になることが多いですが、少額でも利用されることはあります。 盗んだカード情報を試す意味で、比較的安価な品物を購入することもあるのだとか。 身に覚えのない利用や請求があった場合、明細書到着から60日以内であれば、原則としてカード会社が補償してくれます。 明細書が届いたらレシートと見比べて、不審な請求がないか必ず確認しましょう。 対外的な店名とは異なる経営会社名で記載される場合などは、明細書の表記が分かりづらく、どこで利用したのか一目では把握できないケースもあるかもしれません。 少しでも不審な点があれば、すぐにカード会社に問い合わせることをおすすめします。 みなさんのクレジットカードライフが安心・安全でありますように。

次の

ご利用明細に利用した覚えのない記載があります。

三井住友カード 不正利用

東京・大手町の三井住友FG本社 現在の不正検知はまず、カード利用の場所や時間、金額などのパラメータを人が決めた特定のルールにのっとってチェックし、(1)正常な利用、(2)不正な利用、(3)不正の疑いがある利用、の大きく3種類に判別。 疑いがある取引について、人が店舗や利用者に問い合わせをして確認するという手法をとっている。 今回、過去数カ月分のクレジットカード利用のデータを使い、ディープラーニングを用いて不正検知アルゴリズムを開発した。 そもそも、不正の疑いがある取引の比率が大きく低下し、正常か不正かをはっきり見分けられるようになった。 もちろん、不正を見逃す比率が増えているわけではないという。 不正検知の精度が上がれば問い合わせの作業が減り、その結果カード会員や店舗への負担も軽減することができる。 三井住友銀行ITイノベーション推進部などが、IT(情報技術)コンサルティングのJSOL(東京・中央)と共同で、「グーグルクラウドプラットフォーム(GCP)」上でディープラーニングを使って検証をした。 ITイノベーション推進部副部長の井口功一氏は、「過去のデータに対して、ディープラーニングを使った場合は効果が比較しやすい。 その結果、かなりいい数値が出てくるので恐ろしさを感じるほど。 まだ実験の段階で、これを業務に落とし込むとなるとまた違った課題が出てくるが、効果があると分かれば(事業会社、業務部門に)提案しやすくなる」と話す。 システム統括部副部長の高橋健二氏は、「現在進めているAI活用の軸は大きく3つある」と説明する。 1つめは安心・安全なサービス提供、2つめは顧客サービスの向上や行員の生産性向上、3つめはチャットボット(自動会話プログラム)のような新たな顧客体験の実現だ。 実際の業務ですでに成果を挙げているのが、コールセンターの対応品質向上を目的とした米IBMの「Watson(ワトソン)」の活用だ。 活用軸の2つめに該当する。 2014年より順次導入を進めてきたが、2016年10月、2カ所あるコールセンターの300席全席への導入が完了した。

次の

三井住友カードからSMS(ショートメール)が届くことはありますか?

三井住友カード 不正利用

三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大西 幸彦、以下:三井住友カード)は、ビザ・ワールドワイド・ジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:スティーブン・カーピン、以下:Visa)が提供する不正検知システム「Visa Risk Manager」(以下、VRM を、クレジットカード取引の不正取引検知システムとして導入いたしましたのでお知らせします。 三井住友カードは、キャッシュレス決済のリーディングカンパニーとして、お客さまの安心・安全を第一に考え、業界最高水準の不正検知システムを用いて24時間365日体制でカード取引のモニタリングを実施しております。 昨今、キャッシュレス決済には高度なセキュリティ管理が求められており、従来のモニタリングに加えて、VisaNet通過時にVisaの不正検知システムであるVRMを導入することで、お客さまのより安心・安全で快適なキャッシュレスライフの実現を目指してまいります。 カードを使うたびに通知が届く安心・安全のご利用通知サービス、「海外」・「インターネットショッピング」・「すべてのカード利用」の区分で利用停止のオンオフ設定が可能な安心のセルフコントロール機能、スムーズ&セキュリティ面も安心なオートログイン機能等があります。 また、Visaは、決済エコシステムを保護するため、日々セキュリティの確保に努めており、リスク関連の製品・サービスを提供することで、カード会員・加盟店・金融機関等が不正を未然に防ぐことができるよう支援しています。 VAAやVRM以外にも、Visaのタッチ決済、Visa Secure、Visaトークンサービス(VTS)、CyberSource社の Decision Manager(DM)等の様々なソリューション等を通し、決済シーンにおける利便性の向上と不正取引の排除のための取り組みを継続して実施してまいります。 三井住友カードについて 三井住友カードは、日本におけるVisaのパイオニアとして、またキャッシュレスのリーディングカンパニーとして、事業者・利用者双方の「お客さま起点」でキャッシュレスへの課題解決を目指しています。 事業者向けには、2019年10月に事業者が抱えるキャッシュレス決済の不自由さの解決として、次世代決済プラットフォーム「stera」を発表するとともに、事業者が抱えるデータ活用やマーケティングの課題の解決として、保有する膨大なキャッシュレスデータを統計化し、取引先さま等に対するデータ分析支援サービス「Custella」を同年10月より提供開始しております。 また利用者起点に関しましても、キャッシュレスの急速な普及に伴い様々な決済手段が乱立するなか、実際にキャッシュレスをご利用されるお客さまが「安心・安全」・「便利」・「お得」を実感できるキャッシュレス決済エクスペリエンスを提供しております。 詳しくは、をご覧ください。 Visaについて Visaは、電子決済の世界的リーダーです。 Visaのミッションは、最も革新的で信頼性が高く安全な決済ネットワークで世界を結び、個人や企業、そして経済の繁栄に貢献することです。 Visaが保有する最先端のグローバルなプロセシングネットワークであるVisaNetは、毎秒65,000件を超す取引を処理することができ、世界中に安全かつ信頼のおける電子決済を提供します。 Visaは常にイノベーターであり続け、あらゆるデバイスを利用した商取引の発展を促進し、誰でもどこでも利用できる夢のキャッシュレス社会を実現する原動力となっています。 世界がアナログからデジタルに移行しつつある今、Visaは自社のブランド、商品、人材、ネットワーク、および企業スケールを活かして商取引の未来を形作っていきます。 詳しくは、(英語サイト)またはwww. visa. jp(日本語サイト)をご覧ください。 最新ニュース•

次の