自然でんき。 ソフトバンクの「自然でんき」とは?おうちでんきとの違いもご紹介!

ソフトバンクの<自然でんき>は本当にエコで安かった!メリットや料金は? │ ソフトバンク光メディア

自然でんき

自然電力のでんきは、自然エネルギー(FIT)を中心とした 二酸化炭素フリーの電力を自家発電、市場取引などから調達することで提供しています。 自然電力のでんきは、メガソーラー、水力、風力を中心に、二酸化炭素を一切出さない発電所の建設、および、マーケットからの非化石証書の取得により「実質再エネ100%、CO2排出係数ゼロ」を実現しています。 しかし、火力や原子力などと比べると自然エネルギーの発電コストは高いために、電力代に影響が出ないか、非化石証書の取得が思うようにいかずに二酸化炭素フリーを実現できない場合はないのかなど、自然電力のでんきで気になる点があると思います。 自然電力のでんきを利用するメリット・デメリットを調べました。 自然電力のでんきの口コミや評判は? まずは、自然電力のでんきを利用している人たちの口コミや評判などをまとめました。 オール電化向けのプランは用意されてない。 オール電化住宅に住んでる人だと切り替えで料金が大幅アップする可能性もある。 引用元: 自然電力のでんきでは、電気料金が確定していません。 なぜなら、自然電力のでんきでは、電力卸市場(JEPX)の卸価格に連動して電気料金が決まるためです。 この市場価格が高騰した場合に、電気料金に反映させることができる料金設定なのです。 卸価格が高騰するリスクを、自然電力でなく消費者が負う料金設定です。 引用元: 電力会社と直接契約している場合は、マンションやアパートにお住まいでも、賃貸であっても、電力自由化で「自然電力」に切り替えることができます。 しかしながら、建物全体が電力会社と一括で契約をしている場合には、残念ながら個別に電力会社を切り替えることができません。 引用元: 2018年春、ボーダレスハウスでは東京68棟・関西10棟のほぼ全ての電力会社を大手電力会社から自然電力株式会社さんに切り替えました。 多国籍シェアハウスボーダレスハウスは、人種や国籍関係なく、お互いのバックグラウンドを認め合える多文化共生社会を目指してシェアハウスを運営しております。 私たちが目指す共生とは、そこに住む人々だけではなく、自然環境やそこに生きる多種多様な生物が一緒に生きていく持続可能な社会です。 電力を選ぶことは、どんな未来に1票を投じるかということ。 美しい日本、外国籍の方が帰ってこられる日本。 そのためにボーダレスハウスが選んだ答えは自然エネルギーでした。 引用元: 自然電力のでんきは環境への優しさが注目されがちですが、ほとんどのケースで毎月の電気代は安くなります。 特に電気使用量が多ければ多いほど、年間の節約額は大きくなり、3万円以上の節約を狙えるのもポイントのひとつです。 自社発電所を保有しているため、電気代が市場価格に左右されづらいという特徴もあります。 自然電力には解約金や違約金といった手数料はかかりません。 引用元: 自然電力のでんきの料金プランは2種類 自然電力のでんきが用意している電力プランは以下の2種類です。 自然電力のでんき代は、これまでの実績では、夏・冬が高く、春・秋は安くなる傾向が見られます。 オール電化向けのプランはなし/割高になる傾向 自然電力のでんきでは、 オール電化向けに割安な料金を提供する料金プラン(夜間が安く、日中が高い料金プラン)は用意していません。 このため、オール電化向けの料金プランを契約している世帯が自然電力のでんきに切り替えると、 電気代が急激に高くなる場合が多いです。 自然電力のでんきは沖縄・離島以外で契約可能 自然電力のでんきは、 沖縄電力のエリアでは契約できません。 また、離島などでも契約することはできません。 それ以外の北海道から九州までのエリアに住んでいる人であれば、自然電力のでんきを契約できます。 自然電力のでんきの接客対応はシンプル 電力会社によっては、顧客対応に関するトラブルが目立つところがあり、口コミサイトでは怨念や怒りが渦巻いているものです。 自然電力に関しては、2019年7月時点では不満の口コミは皆無に近いです。 問い合わせに対する返信が遅いといったクレームが見つかった程度でした。 2018年6月にメールで問い合わせを行ったところ、土日をはさんで2営業日後に返信がありました。 対応は決して早いとは言えませんが、悪いわけでもないです。 引用元: なお、自然電力のメガーソーラー開発に対する不満はチラホラと見つかりました。 自然電力、FIT補助金で食わしてもらってる分際で恥も外聞もなくよく言うよホント。 日立製作所製の風力発電設備を建設って、あ~あ…。 農山漁村再エネ法で風力発電、自然電力が開発、地銀3行融資 新・公民連携最前線 PPPまちづくり — あのちゃん@エコ詐欺ウォッチャー skyfishano 太陽光発電のために山を切り開いた結果、台風や大雨などで山の保水機能が減った結果、洪水や土砂崩れが発生したり、太陽光パネルが破壊された状態のままで運営元が何もせずに放置するという危険なケースが続出しています。 (自然電力が運営するメガソーラーではありません) 近くに住む住民などからは、 環境保護の名目で環境破壊をするなと、さすがに文句の一つも言いたくなるかもしれません。

次の

自然電力のでんき|自然電力株式会社

自然でんき

今回はソフトバンクの「電気」サービスについてご紹介しようと思います。 以前はソフトバンクの「おうちでんき」についてご紹介しましたが、実はソフトバンクではおうちでんき以外にも「電気サービス」を提供しているんです。 そして今回ご紹介するのはおうちでんきとは違う電気サービス「自然でんき」。 普通なら一つの光回線では一つの電気サービス、というのが一般的ですがソフトバンクでは「おうちでんき」か「自然でんき」の二つのうちどちらかを選ぶことができるんですね。 しかしこれらの違いは知らない方もまだまだ多いようです。 ということで今回は自然でんきのサービス内容をおうち電気と比較しながら見ていきたいと思います。 ソフトバンクの「自然でんき」とは?おうちでんきと何が違う? ソフトバンクの自然でんきとはどのようなサービスなのでしょうか? おうちでんきとは違うサービスのようですが、実は電気を供給している会社は同じ「 SBパワー」という会社です。 そしてこれらのような電気サービスは「 電力自由化」によって生まれたもの。 電力自由化とは、今まで決められた地域の電力会社(東京なら東京電力など)しか利用できなかったものを、地域にかかわらず好きな電力会社を選べるようになった政策です。 これによって どこの地域からでもソフトバンクの電気サービスを利用できるようになった、ということですね。 ではその中でも「自然でんき」とはどのような電気サービスなのでしょうか? 自然でんきのHPを見てみるとどうやらコンセプトは「 環境と家計にやさしく」ということのよう。 自然でんきが提供されるに至ったきっかけは「3. 11」でそれに続いた福島原発の事故のよう。 これを機に原発に対しての賛否が世論でも議論されていましたし、そこで取沙汰されていたものが「 再生可能エネルギー」というもの。 この再生可能エネルギーは「 一度利用しても短期間で再生でき、資源が枯渇しないエネルギー」のこと。 原発のように資源を利用するエネルギーとは違い、風力や地熱、太陽光などの自然のエネルギーを利用したものを再生可能エネルギーと言います。 そしてこの再生可能エネルギーに着目したのが「 自然でんき」で、名前の通り 自然を利用した電気サービスと言えます。 この再生可能エネルギーは自然を利用するだけでなく原発のような事故を起こす可能性が極めて低いですし、温室効果ガスを発生させないため自然にも優しいエネルギー。 このあたりが自然でんきが「 環境にやさしい」と言われる所以でしょう。 では「家計にやさしい」とはどのようなことなのでしょう? おうちでんきとの比較も含め、どのような電気サービスなのかを見ていきたいと思います。 自然でんきは「家計にやさしい?」おうちでんきとの違いも比較してみよう 自然でんきには二つの「やさしい」がありましたよね。 その二つとは先ほども言った「環境」とこれからお話しする「家計」です。 家計にかかわる、ということは「料金」が関係していることは間違いないでしょう。 では簡単に電気サービスの料金の仕組みについて説明したいと思います。 電気サービスの料金を計算するには二つの料金を押さえなくてはいけません。 A数は 同時にどれくらいの電気を使うことができるか、という指標でブレーカーが落ちるのは同時に使った電気の量が契約している基本のA数を上回った際に起こる。 電子レンジのA数は「15A」、エアコンに至っては「20A」を消費してしまうので基本的に一人暮らしで不自由がないA数は「30A」と言われている。 これは一時間に何Wを消費するかを表している。 これらの料金の合計料金がひと月で支払う料金となります。 以上が電気サービスの料金を計算する方法です。 多くの電気サービスは基本的にこのように料金を算出できるのですが、自然でんきはこの一般的な料金体系ではない点が一つ。 それが「 基本料金がない」ということ。 では自然でんきの料金がどのようになっているのか実際に見てみたいと思います。 基本料金 従量料金 0円 北海道電力エリア 28. 71円 東北電力エリア 25円 東京電力エリア 24. 08円 中部電力エリア 25円 関西電力エリア 21. 30円 中国電力エリア 23. 15円 四国電力エリア 23. 15円 九州電力エリア 22. 23円 自然でんきの料金は上記の通り。 見ての通り基本料金は一切かからず、 0円です。 つまりほかのでんきサービスとは違い利用した分だけ支払う従量料金だけを支払えばいいということですね。 これが自然でんきが「 家計にやさしい」と言われる所以です。 ではおうちでんきではどのような料金になっているのか見てみましょう。 74円 281kWh~ 29. 72円 おうちでんきの料金は上記のようい基本料金と従量料金の二つで料金が構成されています。 これが一般的な料金体系なのですが、自然でんきにはこの基本料金がありません。 一番一般的な「30A」の基本料金を見てみると842円ですので、自然でんきはおうちでんきよりも842円お得に利用できる、と言うことが言えますね。 また 従量料金も自然でんきでは消費した電気量に依存せず、何kW使ってもこの単価で利用することができます。 このあたりも家計にやさしいですよね。 では自然でんきとおうちでんきの違いはこの料金の仕組みだけなのでしょうか? 実はソフトバンクの 有名割引に関する大きな違いがあるんです。 自然でんきとおうちでんきで「おうち割」は適用できる? さて、ソフトバンクの割引と言えば「おうち割」ですよね。 おうち割とはソフトバンクの三大サービス「 ケータイ・光回線・電気」のサービスを組み合わせて「 セット」にすることで適用できるセット割の名称です。 割引対象プラン 割引額 【NEW! 】 ウルトラギガモンスター+(50GB+) 永年1,000円割引/月 ミニモンスター スマホ タブレット ウルトラギガモンスター(50GB 永年1,000円割引/月 ギガモンスター(20GB データ定額(5GB ケータイ 4G・LTEデータし放題フラット スマホ タブレット データ定額ミニ(2GB・1GB 永年500円割引/月 おてがるプラン 適用条件も簡単ですし、 最大10台まで割引を適用できるのがいいですよね。 そしてこの「光セット」に電気サービスをさらにセットで加えることで適用できるセット割が「 おうち割でんきセット」。 これはソフトバンクのケータイ・スマホの料金を契約回線1台につき100円割引してくれるという割引です。 つまりおうち割光セットの 割引額が最大1000円から最大1100円になるわけですね。 そしてこの「おうち割でんきセット」では対象となる電気サービスが定められています。 でんきセット 対象電気サービス 対象エリア おうち割 でんきセット M おうちでんき• 北海道電力エリア• 東北電力エリア• 東京電力エリア• 中部電力エリア• 関西電力エリア• 中国電力エリア• 四国電力エリア 上記がおうち割でんきセットを適用できるサービスの表となります。 見てみると分かるように、おうち割でんきセットが適用できる電気サービスは 「 おうちでんき」 のみ。 つまり自然でんきでは「おうち割でんきセット」が適用できないんですね。 電気サービスの質としては自然でんきの方がお得でしたが、ソフトバンクのサービス全体と絡ませて見ると「おうちでんき」の方がお得になる可能性もあるということ。 おうち割でんきセットを適用できるのは「おうちでんき」だけ、自然でんきでは適用できないことを覚えておきましょう。 自然でんきとおうちでんきはどっちがおすすめ? さて、自然でんきについておうちでんきと比較しながら見ていきました。 結論としてはどちらがお得なのでしょうか? それはずばり 人による、と思います。 人による、というのは「おうち割でんきセット」の威力を存分に発揮できる家庭環境かどうかということですね。 もちろん家族全員ソフトバンクユーザーの場合はおうち割でんきセットを適用できる「おうちでんき」の方がお得ですが、家族の誰かがソフトバンクユーザーでなかったり、一人暮らしの方の場合はおうち割でんきセットを適用できなくともトータルで見て月額料金は自然でんきの方が安くなると思います。 それぞれソフトバンクのサービスをどれだけ利用しているかで、利用する電気サービスも変えていく必要があるということですね。 なので今一度自分が利用している環境を整理してみるといいでしょう。 さいごに 今回はソフトバンクの電気サービス「自然でんき」についてみていきました。 おうちでんきとは料金も違いましたが、セット割が適用できるかどうかも違いましたね。 セット割を適用できるなら人数にもよりますが「おうちでんき」、適用できる人数が少ないまた適用できないなら「自然でんき」を選ぶといいかもしれませんね。 26 人気記事• 関連する記事• 2018. 10 今回はソフトバンクのケータイについてのお話です。 ただ、今回お話するのはケータイのプランや料金についてではなく、オプションについて。 そして今回ご紹介[…]• 2017. 27 今回はソフトバンク光の代理店を紹介します。 ソフトバンク光と言えば、ソフトバンクから提供されている光回線でおうち割や工事費が無料になるキャンペーンでか[…]• 2018. 28 今回はソフトバンクについてのお話です。 そして今回は光回線ではなく、どちらかというとソフトバンクのケータイを利用している方のためのテーマかもしれません[…].

次の

自然電力のでんきが安いわけがない?デメリットは?口コミや評判は?

自然でんき

「電力会社を乗り換えたいけど、どうせなら環境に優しい電力会社に乗り換えたい」 電力自由化で電力会社を自由に選択できるようになりましたが、どうせなら環境に配慮した電力会社を選びたいですよね? 以前に比べれば、太陽光や水力、風力などの再生可能エネルギーによる発電は増えてきましたが、どこの電力会社もやはり火力や原子力に頼らざるを得ない状況です。 そんな中、 100%自然エネルギーを利用しているのが、「 自然電力のでんき」です。 あまりネット上などで、情報が出回っていない電力会社なのですが、その魅力は正直、十分あります。 そこで、この記事はこれから自然電力のでんきを契約しようか検討しているあなたにとって参考になる情報を全てまとめてみました。 最後まで目を通してもらえれば、自然電力のでんきのすべてを理解できる内容となっています。 もくじ• 自然電力のでんきの特徴 自然電力はユーザーにも電力自由化や自然環境への理解を高めてもらうべく、他の企業と一風変わった特徴があります。 自然エネルギー100%の電力供給 自然電力のでんきの特徴のひとつは、その名前の通り、太陽光発電や水力発電といった環境に優しい発電方式です。 全国6箇所に自社発電所を保有しており、そこで発電した電気を利用しています。 しかしながら現状では、すべての発電を自社で賄うことができていないようです。 2018年5月の電源構成:FIT電気 太陽光 31%、JEPX52%、その他17%• JEPX:日本卸電力取引所• その他:他社からの購入 JEPXや他社から購入している電気はすべて再生可能エネルギーを利用して発電されたものを選んで購入しています。 そのため、自然電力のでんきは 100%自然エネルギー由来の電気を実現しています。 料金内容の公開 実は私たちが利用する電気代には、「電力調達費」「託送料金」「再エネ賦課金」「事業運営費」といった細かな料金が見えない形で上乗せされています。 自然電力のでんきはそれがすべて見える形になって公開されている唯一の電力会社です。 また、供給する電力の4割はJEPXという電気の取引所から購入しています。 その時にかかった調達費用に応じて、電気代が高くなったり、安くなったりします。 自然電力のでんきと他社との料金比較 次に肝心な料金プランについてみていきましょう。 まず、前提として、電気代の構成比は以下のとおりです。 基本料金:必ずかかる最低料金• 従量料金:1kWhあたりの単価• 電力使用量:その月に使用した電力量の合計 自然電力のでんきには現在、• SE100プラン:100%自然エネルギーを利用しているプラン その分割高• SE30プラン:30%自然エネルギーを利用しているプラン その分安い• SEデビュープラン:3%自然エネルギーを利用しているプラン その分安い という3つの料金プランがあります。 簡単にいうと、安さを求めるならSEデビュープラン、料金を抑えてCO2もできるだけ減らしたいならSE30プラン、太陽光発電や風力発電といった環境に優しい電力のみを使用したいならSE100プランとなっています。 地域によって料金プランは異なるので、実際に自然電力のでんきと各電力会社の料金プランと比較していきましょう。 以下のリンクをクリックすると各電力会社との比較を見ることができます。 各電力会社との比較• クリックすると下へ移動します。 北海道電力と自然電力のでんきの料金比較 基本料金 公式サイトではkVAの単位でしか書かれていなかったので、一般的なアンペアに直して価格を比較してみました。 基本料金に関しては、SEデビュー、SE30、SE100いずれも同じ金額で、北海道電力の基本料金を比較するとその差は約2倍です。 基本料金 自然電力のでんき SEデビュー、SE30、SE100 北海道電力 10A 184. 80円 341. 00円 15A 277. 20円 511. 50円 20A 369. 60円 682. 00円 30A 554. 40円 1,023. 00円 40A 739. 20円 1,364. 00円 50A 924. 00円 1,705. 00円 60A 1,108. 80円 2,046. 00円 従量料金 従量料金は北海道電力は3段階制ですが、自然電力のでんきは一律固定になっています。 ~120kWhまでは高めですが、120kWh以降はオトクになっています。 固定なので、電気代がどれくらいかかるのかシンプルに分かりやすいのが、メリットです。 従量料金 自然電力のでんき 北海道電力 SEデビュー SE30 SE100 ~120kWh 27. 59円 27. 99円 28. 99円 23. 98円 120~280kWh 30. 27円 280kWh~ 33. 99円 それぞれの基本料金と従量料金が分かったのですが、いまいちどちらがどれくらいオトクなのか分かりづらかったため、世帯人数別の料金をシミュレーションしてみました。 【料金比較】自然電力のでんき VS 北海道電力 北海道電力と自然電力のでんきの年間料金とその差額を計算してみました。 1人世帯 30A、239. 特に電気を多く使う家庭であればあるほど、より電気代がオトクになります。 とはいえ、まずは 公式サイトの料金シミュレーションを利用してあなたのご家庭だとどれくらい節約できるのかをシミュレーションしてみることをおすすめします。 次は実際に自然電力のでんき利用者の口コミや評判を見てみましょう。 クリックすると下へ移動します。 東北電力と自然電力のでんきの料金比較 基本料金 公式サイトではkVAの単位でしか書かれていなかったので、一般的なアンペアに直して価格を比較してみました。 基本料金に関しては、SEデビュー、SE30、SE100いずれも同じ金額で、東北電力の基本料金を比較するとその差は約2. 6倍です。 基本料金 自然電力のでんき SEデビュー、SE30、SE100 東北電力 10A 126. 50円 330. 00円 15A 189. 75円 495. 00円 20A 253. 00円 660. 00円 30A 379. 50円 990. 00円 40A 506. 00円 1,320. 00円 50A 632. 50円 1,650. 00円 60A 759. 00円 1,980. 00円 従量料金 従量料金は東北電力は3段階制ですが、自然電力のでんきは一律固定になっています。 ~300kWhまでは高めですが、300kWh以降はオトクになっています。 固定なので、電気代がどれくらいかかるのかシンプルに分かりやすいのが、メリットです。 従量料金 自然電力のでんき 東北電力 SEデビュー SE30 SE100 ~120kWh 24. 82円 25. 22円 26. 22円 18. 58円 120~300kWh 25. 33円 300kWh~ 29. 28円 それぞれの基本料金と従量料金が分かったのですが、いまいちどちらがどれくらいオトクなのか分かりづらかったため、世帯人数別の料金をシミュレーションしてみました。 【料金比較】自然電力のでんき VS 東北電力 東北電力と自然電力のでんきの年間料金とその差額を計算してみました。 1人世帯 30A、239. 逆に世帯人数が多く、電力使用量が大きければ大きくなるほど、より電気代がオトクになります。 とはいえ、まずは 公式サイトの料金シミュレーションを利用してあなたのご家庭だとどれくらい節約できるのかをシミュレーションしてみることをおすすめします。 次は実際に自然電力のでんき利用者の口コミや評判を見てみましょう。 クリックすると下へ移動します。 東京電力と自然電力のでんきの料金比較 基本料金 公式サイトではkVAの単位でしか書かれていなかったので、一般的なアンペアに直して価格を比較してみました。 基本料金に関しては、SEデビュー、SE30、SE100いずれも同じ金額で、東京電力の基本料金を比較するとその差は2倍です。 基本料金 自然電力のでんき SEデビュー、SE30、SE100 東京電力 10A 143. 00円 286. 00円 15A 214. 50円 429. 00円 20A 286. 00円 572. 00円 30A 429. 00円 858. 00円 40A 572. 00円 1,144. 00円 50A 715. 00円 1,430. 00円 60A 858. 00円 1,716. 00円 従量料金 従量料金は東京電力は3段階制ですが、自然電力のでんきは一律固定になっています。 ~300kWhまでは高めですが、300kWh以降はオトクになっています。 固定なので、電気代がどれくらいかかるのかシンプルに分かりやすいのが、メリットです。 従量料金 自然電力のでんき 東京電力 SEデビュー SE30 SE100 ~120kWh 23. 27円 23. 67円 24. 67円 19. 88円 120~300kWh 26. 48円 300kWh~ 30. 57円 それぞれの基本料金と従量料金が分かったのですが、いまいちどちらがどれくらいオトクなのか分かりづらかったため、世帯人数別の料金をシミュレーションしてみました。 【料金比較】自然電力のでんき VS 東京電力 東京電力と自然電力のでんきの年間料金とその差額を計算してみました。 1人世帯 30A、239. 特に電気を多く使う家庭であればあるほど、より電気代がオトクになります。 とはいえ、まずは 公式サイトの料金シミュレーションを利用してあなたのご家庭だとどれくらい節約できるのかをシミュレーションしてみることをおすすめします。 次は実際に自然電力のでんき利用者の口コミや評判を見てみましょう。 クリックすると下へ移動します。 中部電力と自然電力のでんきの料金比較 基本料金 公式サイトではkVAの単位でしか書かれていなかったので、一般的なアンペアに直して価格を比較してみました。 基本料金に関しては、SEデビュー、SE30、SE100いずれも同じ金額で、中部電力の基本料金を比較するとその差は約2. 3倍です。 基本料金 自然電力のでんき SEデビュー、SE30、SE100 中部電力 10A 126. 50円 286. 00円 15A 189. 75円 429. 00円 20A 253. 00円 572. 00円 30A 379. 50円 858. 00円 40A 506. 00円 1,144. 00円 50A 632. 50円 1,430. 00円 60A 759. 00円 1,716. 00円 従量料金 従量料金は中部電力は3段階制ですが、自然電力のでんきは一律固定になっています。 ~300kWhまでは高めですが、300kWh以降はオトクになっています。 固定なので、電気代がどれくらいかかるのかシンプルに分かりやすいのが、メリットです。 従量料金 自然電力のでんき 中部電力 SEデビュー SE30 SE100 ~120kWh 22. 77円 23. 17円 24. 17円 21. 07円 120~300kWh 25. 54円 300kWh~ 28. 49円 それぞれの基本料金と従量料金が分かったのですが、いまいちどちらがどれくらいオトクなのか分かりづらかったため、世帯人数別の料金をシミュレーションしてみました。 【料金比較】自然電力のでんき VS 中部電力 中部電力と自然電力のでんきの年間料金とその差額を計算してみました。 1人世帯 30A、239. 特に電気を多く使う家庭であればあるほど、より電気代がオトクになります。 とはいえ、まずは 公式サイトの料金シミュレーションを利用してあなたのご家庭だとどれくらい節約できるのかをシミュレーションしてみることをおすすめします。 次は実際に自然電力のでんき利用者の口コミや評判を見てみましょう。 クリックすると下へ移動します。 北陸電力と自然電力のでんきの料金比較 基本料金 公式サイトではkVAの単位でしか書かれていなかったので、一般的なアンペアに直して価格を比較してみました。 基本料金に関しては、SEデビュー、SE30、SE100いずれも同じ金額で、北陸電力の基本料金を比較するとその差は約2倍です。 基本料金 自然電力のでんき SEデビュー、SE30、SE100 北陸電力 10A 132. 00円 242. 00円 15A 198. 00円 363. 00円 20A 264. 00円 484. 00円 30A 396. 00円 726. 00円 40A 528. 00円 968. 00円 50A 660. 00円 1,210. 00円 60A 792. 00円 1,452. 00円 従量料金 従量料金は北陸電力は3段階制ですが、自然電力のでんきは一律固定になっています。 ~120kWhまでは高めですが、120kWh以降はオトクになっています。 固定なので、電気代がどれくらいかかるのかシンプルに分かりやすいのが、メリットです。 従量料金 自然電力のでんき 北陸電力 SEデビュー SE30 SE100 ~120kWh 21. 75円 22. 15円 23. 15円 17. 85円 120~300kWh 21. 74円 300kWh~ 23. 45円 それぞれの基本料金と従量料金が分かったのですが、いまいちどちらがどれくらいオトクなのか分かりづらかったため、世帯人数別の料金をシミュレーションしてみました。 【料金比較】自然電力のでんき VS 北陸電力 北陸電力と自然電力のでんきの年間料金とその差額を計算してみました。 1人世帯 30A、239. そのため、北陸電力よりもオトクな電力会社に関しては、「」でご紹介しています。 関西電力と自然電力のでんきの料金比較 基本料金 関西電力エリアの基本料金は最低料金制をを採用しており、アンペア数がありません。 基本料金に関しては、SEデビュー、SE30、SE100いずれも同じ金額で、関西電力の基本料金を比較するとその差は約1. 7倍です。 基本料金 自然電力のでんき SEデビュー、SE30、SE100 関西電力 198. 00円 341. 02円 従量料金 従量料金は関西電力は3段階制ですが、自然電力のでんきは一律固定になっています。 ~120kWhまでは高めですが、300kWh以降はオトクになっています。 固定なので、電気代がどれくらいかかるのかシンプルに分かりやすいのが、メリットです。 従量料金 自然電力のでんき 関西電力 SEデビュー SE30 SE100 15~120kWh 22. 78円 23. 18円 24. 18円 20. 32円 120~300kWh 25. 80円 300kWh~ 29. 29円 それぞれの基本料金と従量料金が分かったのですが、いまいちどちらがどれくらいオトクなのか分かりづらかったため、世帯人数別の料金をシミュレーションしてみました。 【料金比較】自然電力のでんき VS 関西電力 関西電力と自然電力のでんきの年間料金とその差額を計算してみました。 基本料金に関しては、SEデビュー、SE30、SE100いずれも同じ金額で、関西電力の基本料金を比較するとその差は約2倍です。 1人世帯 239. 逆に世帯人数が多く、電力使用量が大きければ大きくなるほど、より電気代がオトクになります。 とはいえ、まずは 公式サイトの料金シミュレーションを利用してあなたのご家庭だとどれくらい節約できるのかをシミュレーションしてみることをおすすめします。 次は実際に自然電力のでんき利用者の口コミや評判を見てみましょう。 クリックすると下へ移動します。 中国電力と自然電力のでんきの料金比較 基本料金 中国電力エリアの基本料金は最低料金制をを採用しており、アンペア数がありません。 基本料金に関しては、SEデビュー、SE30、SE100いずれも同じ金額で、中国電力の基本料金を比較するとその差は約2. 6倍です。 基本料金 自然電力のでんき SEデビュー、SE30、SE100 中国電力 132. 00円 337. 37円 従量料金 従量料金は中国電力は3段階制ですが、自然電力のでんきは一律固定になっています。 ~120kWhまでは高めですが、300kWh以降はオトクになっています。 固定なので、電気代がどれくらいかかるのかシンプルに分かりやすいのが、メリットです。 従量料金 自然電力のでんき 中国電力 SEデビュー SE30 SE100 15~120kWh 23. 50円 23. 90円 24. 90円 20. 79円 120~300kWh 27. 47円 300kWh~ 29. 59円 それぞれの基本料金と従量料金が分かったのですが、いまいちどちらがどれくらいオトクなのか分かりづらかったため、世帯人数別の料金をシミュレーションしてみました。 【料金比較】自然電力のでんき VS 中国電力 中国電力と自然電力のでんきの年間料金とその差額を計算してみました。 1人世帯 239. 逆に世帯人数が多く、電力使用量が大きければ大きくなるほど、より電気代がオトクになります。 とはいえ、まずは 公式サイトの料金シミュレーションを利用してあなたのご家庭だとどれくらい節約できるのかをシミュレーションしてみることをおすすめします。 次は実際に自然電力のでんき利用者の口コミや評判を見てみましょう。 クリックすると下へ移動します。 四国電力と自然電力のでんきの料金比較 基本料金 四国電力エリアの基本料金は最低料金制をを採用しており、アンペア数がありません。 基本料金に関しては、SEデビュー、SE30、SE100いずれも同じ金額で、四国電力の基本料金を比較するとその差は約2倍です。 基本料金 自然電力のでんき SEデビュー、SE30、SE100 四国電力 214. 50円 411. 40円 従量料金 従量料金は四国電力は3段階制ですが、自然電力のでんきは一律固定になっています。 ~120kWhまでは高めですが、300kWh以降はオトクになっています。 固定なので、電気代がどれくらいかかるのかシンプルに分かりやすいのが、メリットです。 従量料金 自然電力のでんき 四国電力 SEデビュー SE30 SE100 15~120kWh 23. 52円 23. 92円 24. 92円 20. 37円 120~300kWh 26. 99円 300kWh~ 30. 50円 それぞれの基本料金と従量料金が分かったのですが、いまいちどちらがどれくらいオトクなのか分かりづらかったため、世帯人数別の料金をシミュレーションしてみました。 【料金比較】自然電力のでんき VS 四国電力 四国電力と自然電力のでんきの年間料金とその差額を計算してみました。 基本料金に関しては、SEデビュー、SE30、SE100いずれも同じ金額で、四国電力の基本料金を比較するとその差は約2倍です。 1人世帯 239. 逆に世帯人数が多く、電力使用量が大きければ大きくなるほど、より電気代がオトクになります。 とはいえ、まずは 公式サイトの料金シミュレーションを利用してあなたのご家庭だとどれくらい節約できるのかをシミュレーションしてみることをおすすめします。 次は実際に自然電力のでんき利用者の口コミや評判を見てみましょう。 クリックすると下へ移動します。 九州電力と自然電力のでんきの料金比較 基本料金 公式サイトではkVAの単位でしか書かれていなかったので、一般的なアンペアに直して価格を比較してみました。 基本料金に関しては、SEデビュー、SE30、SE100いずれも同じ金額で、九州電力の基本料金を比較するとその差は約2倍です。 基本料金 自然電力のでんき SEデビュー、SE30、SE100 九州電力 10A 143. 00円 297. 00円 15A 214. 50円 445. 50円 20A 286. 00円 594. 00円 30A 429. 00円 891. 00円 40A 572. 00円 1,188. 00円 50A 715. 00円 1,485. 00円 60A 858. 00円 1,782. 00円 従量料金 従量料金は九州電力は3段階制ですが、自然電力のでんきは一律固定になっています。 ~300kWhまでは高めですが、300kWh以降はオトクになっています。 固定なので、電気代がどれくらいかかるのかシンプルに分かりやすいのが、メリットです。 従量料金 自然電力のでんき 九州電力 SEデビュー SE30 SE100 ~120kWh 21. 83円 22. 23円 23. 23円 17. 46円 120~300kWh 23. 06円 300kWh~ 26. 06円 それぞれの基本料金と従量料金が分かったのですが、いまいちどちらがどれくらいオトクなのか分かりづらかったため、世帯人数別の料金をシミュレーションしてみました。 【料金比較】自然電力のでんき VS 九州電力 九州電力と自然電力のでんきの年間料金とその差額を計算してみました。 1人世帯 30A、239. 逆に世帯人数が多く、電力使用量が大きければ大きくなるほど、より電気代がオトクになります。 とはいえ、まずは 公式サイトの料金シミュレーションを利用してあなたのご家庭だとどれくらい節約できるのかをシミュレーションしてみることをおすすめします。 次は実際に自然電力のでんき利用者の口コミや評判を見てみましょう。 自然電力のでんき利用者の口コミや評判は? 早速、契約しました。 自然電力のでんき — 大坪命樹 Pearsword 自然電力のでんきに切り替えました。 月末の都内引っ越し後からスタートします。 — 山本喜昭(野外文化活動家) waiwaiyama3123 自然電力のでんき、ようやく申し込んだ! — takehiro. — 田口一成 ボーダレス・ジャパン代表 Kazunari Taguchi taguchikazunari 自然電力のでんきを利用している人を調べて見たところ、良い意見も悪い意見もなかなら見つかりませんでした。 しかし、契約している方たちのTwitterの内容を見ると、皆さん自然派思考で環境に配慮している自然電力を魅力に感じているようです。 自然電力のでんきのメリット・デメリット 自然電力のメリット 電気料金がかなりお得になる 自然電力のでんきは環境への優しさが注目されがちですが、の通り、ほとんどのケースで毎月の電気代は安くなります。 特に電気使用量が多ければ多いほど、年間の節約額は大きくなり、 3万円以上の節約を狙えるのもポイントのひとつです。 CO2排出量が少なく、環境に優しい 一番のメリットはやはり、 自然環境に配慮した電力供給です。 特にSE100プランは100%再生可能エネルギーのみを利用した電源構成になっています。 また、自社発電所を保有しているため、電気代が市場価格に左右されづらいという特徴もあります。 解約時に違約金がかからない 自然電力には解約金や違約金といった手数料はかかりません。 契約期間は供給開始から1年となっていますが、いつ解約したとしても費用は0円です。 電力会社によっては解約時にかかる違約金がかからないので、自由に電力会社を乗り換えることが可能です。 自然電力のデメリット 初回は5,000円のデポジットが必要 現在は廃止 自然電力のでんきは契約時に5,000円分のデポジットが必要になります。 そのため、初月の請求額は今までよりも高くなってしまいます。 ですが、デポジットによる支払いなので、解約時に全額返金されます。 以前はあったデポジットはなくなりました。 現在、オール電化住宅に住んでいる方の場合、乗り換えてしまうと、逆に料金が高くなってしまう場合がほとんどです。 自然電力のでんきのキャンペーン・キャッシュバック情報 自然電力のでんきのキャンペーンやキャッシュバック情報に関しては、まず 公式サイトのキャンペーンページを確認してみましょう。 過去にはAmazonギフト券3,000円分のキャッシュバックキャンペーンも実施していたので、申し込み前には必ずキャンペーンページをチェックすることをおすすめします。 まとめ 自然電力のでんきは、• 100%自然エネルギーを利用した電力会社• 現在の地域や契約プランによっては電気代が安くなる• 解約金がない• 契約時に5,000円のデポジットが必要 現在は廃止 と言った特徴があります。 「自然環境に配慮しながらも、電気代を節約したい!」という方にとってはおすすめな電力会社です。 もう悩まない!おまかせ電気・ガスコンシェルジュがあなたにぴったりのプランをご提案! 料金シミュレーションでおよそ最適な電力会社を決めることはできますが、実際には、ガスと一緒に契約した方がお得に利用できるなど、 電気料金だけでなく、ガス料金も併せて検討した方が良い場合もあります。 その上、電気の使用状況、ガスの使用状況なども考慮しなければならないため、自分のライフプランに最適な電力会社・ガス会社を選ぶのは本当に大変です。 実際、まだどの電力会社・ガス会社と契約するか迷っている方もいらっしゃるでしょう。

次の