スマホを落としただけなのに 成田凌 怖い。 スマホを落としただけなのに【ネタバレあり感想】落としたのもヤバいけど、主人公の秘密がもっとヤバかった!!

「スマホを落としただけなのに」続編決定!成田凌の演技はマジでヤバい!

スマホを落としただけなのに 成田凌 怖い

僕もスマホ落としただけなのにを見ました。 見る側として1番知っておかなければいけないことは役柄と役者の性格は区別しないといけないということです。 どんなに映画の役がヤンキーでその役者がヤンキーっぽくても役者の性格は良かったりします。 今、あなたは成田凌の役柄と今の性格を一緒にして見ています。 俳優としてなら俳優として好きになればいいし、人としてきらいなら人して嫌えばいい。 成田凌のファンだって成田凌の人格を分かった上でファンになってるのだから。 役者も人間なんです。 それぞれに性格や個性がある。 それをファンや見る側が指摘したり、叩く必要はありません。 自分だってネットで自分の性格や個性を言われたりしたら嫌な癖に。 怖いなら見なければいいし、忘れればいい。 俳優として好きなら映画だけ見てプライベートでは思い出さなければいいことです。

次の

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼

スマホを落としただけなのに 成田凌 怖い

目次 成田凌の演技が怖すぎてヤバイ!【スマホを落としただけなのに】 『スマホを落としただけなのに』の成田凌さん、役が怖すぎてヤバイですよね。 筆者は、スマホのことで麻美と富田が相談に行った時から怖いと思っていました。 (成田凌の目力が怖かったのかな) スマホを落としただけなのにの成田凌の顔がトラウマすぎる。 大好きな顔面なのにもうキモすぎて見れない。 あの人の演技力凄い。 — arisa 08a29 一度見たら次見るまでに時間かかりそうなくらいトラウマになります。 ストーカー的な怖さと、狂気的な怖さと、平然と騙してくる怖さ、という役どころもそうですが、何と言っても成田凌さんの表情が怖い!! 特に成田凌さんの目力が怖すぎて目を背けた人もいるのではないでしょうか? 筆者は普通にAmazonプライムで見ていて一瞬マジで鳥肌が立ちました。 2020年2月21日に続編の『スマホを落としただけなのに〜囚われの殺人鬼〜』が公開されるため、1月6日(月)21:00〜地上波初放送が決まりました。 が! 子ども見たら泣くよこれ・・ww スポンサーリンク 【ネタバレ】成田凌が演じる浦野はどんな役? 【ここネタバレあるので、読みたくない人は飛ばしてくださいね】 成田凌さん演じる「浦野」は、麻美(北川景子)の知り合いの部下でITのスペシャリスト。 麻美のSNSが乗っ取られたり、メールやランサムウェアのトラブルが起きたりするたびに浦野に相談していました。 しかし、浦野の正体は殺人鬼。 良い人のフリをして近付いて安心させ、麻美を狙っていたんですね。 スポンサーリンク 成田凌の演技に「サイコパス・気持ち悪い・狂ってる」の声続出【スマホを落としただけなのに】 スマホを落としただけなのにを見て 成田凌を普通の目でみれなくなりました。 xmnmxy スマホを落としただけなのにの役のせいで成田凌怖いんだけど、、 — m m0i6z2u7ki 『スマホを落としただけなのに』のイメージがついて普段の成田凌さんも怖いという人が多かったです。 スマホを落としただけなのにとコードブルー見たけど両方に出ている成田凌の役のギャップが凄い — iwape mimo0617 確かに全然違うイメージで役者さんってすごいと改めて思いますね。 獄中にいる浦野と面会した加賀谷に、浦野は「かつて自分にネット犯罪の全てを教えた謎の男「M」に近づくことが出来る」と囁くのですが・・ そして加賀谷は美乃里が謎の男に狙われいることに気付きます。 狙っているのは謎の男「M」なのか、それとも模倣犯? なぜ美乃里が狙われるのか。 誰も予想できない急展開が待っている!? 浦野は動けないはずなのに、今度はどんな男が犯人なのか・・気になりすぎる! 『スマホを落としただけなのに〜囚われの殺人鬼〜』は原作があり、小説が発売されています。

次の

【明日は我が身?】「スマホを落としただけなのに」ネタバレ~解説

スマホを落としただけなのに 成田凌 怖い

結婚式には、浦野を逮捕した加賀谷(千葉雄大)も呼ばれて、彼女の美乃里(白石麻衣)も一緒に来ていました。 麻美に 「次は2人の番ね」と言われて、微妙に微笑んだ2人ですが、付き合って3年、煮え切らない加賀谷に美乃里は不満を募らせていました。 結婚式の帰りに、美乃里は加賀谷の気持ちがわからなくなったので、一方的に 別れると言って帰りました。 お店のフリーWi-Fiにつないだだけなのに 友人(奈緒)に加賀谷の話を聞いてもらっていると、実は加賀谷さんはこっちなんじゃない?と腐女子の友人はBL漫画を見せます。 ありそうで怖い~と言いながら美乃里は、大好きなフクロウ動画を見はじめました。 そんな時、お店のフリーWi-Fiの表示が出たので、パスワードを入れてつなぎました。 美乃里の近くでは怪しげな男が、フリーWi-Fiを操作していて、美乃里のスマホに遠隔操作ウイルスを仕掛けました。 その日から、美乃里の情報が漏れ始めます。 フリーWi-Fiにつないだだけなのに! 加賀谷の過去 加賀谷に別れを告げたのに、追いかけても来なかったし、連絡もない美乃里はしびれを切らして連絡しました。 家にあった加賀谷のものを持ってきて、本当に別れるつもり。 そんな時、見知らぬ女性(丹羽・今田美桜)が「何で連絡くれなかったんですか。 」と加賀谷に迫ってきた。 その場で美乃里は、怒って帰りました。 女性の車には施設の名前が書いてあったので、後日行ってみると、丹羽(今田美緒)が働いていました。 施設には加賀谷の母親がいて、病状が良くないので連絡をしても加賀谷がお見舞いに来ないので、丹羽は心配していました。 美乃里は、母親から、刑事だった父親が突然殉職して、理由も状況も教えてもらえなかったことで、精神がおかしくなって、学を虐待していた過去の話を聞きました。 殺人鬼浦野と加賀谷がバディを組む 加賀谷(千葉雄大)は、セキュリティ会社から神奈川県警に転職して、サイバー犯罪対策課に配属された異色の刑事です。 前作で逮捕された浦野善治(成田凌)は、取り調べで黙秘を続けていました。 浦野も子供の頃、母親から虐待を受けていたことから、加賀谷と共感するところがあって、唯一の友人だと思っていました。 ある日、丹沢の山の中で死体が見つかった長谷川祥子の事件で、浦野を追及しますが、 浦野がこだわる黒髪のロングヘアの女性ではないので、浦野の犯行ではないと断定されました。 また、男性の遺体も見つかりました。 加賀谷は捜査が進まずに、殺人鬼の浦野(成田凌)に協力してもらうことにしました。 しかし、加賀谷のプライベートな話を教えてくれることや美味しい食事とネット環境を整えることを条件に引き受けました。 犯人はM 浦野は、犯人はMだと言い、Mのアジトだった場所を教えてくれました。 そこを捜査すると、Mの姿はなく、冷蔵庫の中に遺体がありました。 浦野は、事件を起こした時に(前作の事件)丹沢の山中に遺体を埋めるように教えてくれたのはMだと言いました。 映画の中では、美乃里を追っている怪しい男(井浦新)がM?のように進んでいきます。 ビットコインが盗まれる そんな中、ビットコインが盗まれる事件が発生しますが、ホワイトハッカーのJK16と名乗る神宮寺(高橋ユウ)が換金できないように阻止して、SNSでいいねをもらって、一喜一憂していました。 ある日、神宮寺にMと名乗るものから、脅しのメールが着ましたが、脅しには屈しない態度でいました。 しかし、神宮寺はMが雇った男(音尾琢真)に殺害されて川に遺棄されました。 犯人M? 浦野(成田凌)が警察の公式サイトやビットコインのサイトなどを共通にアクセスしているIPアドレスを見つけて、加賀谷と美乃里にブログを始めさせて、罠を仕掛けます。 罠にはまってクリックするとウェブカメラで写真が撮られる仕組みになっています。 写真には、美乃里を追っていた怪しい男(井浦新)が写っていました。 美乃里が誘拐される そんな中、浦野が犯人Mがわかったとメールを送ってきました。 リンクを押してみると、ウェブカメラに美乃里が誘拐されているところが映し出されました。 美乃里が持っている警察のスマホのGPS情報で、加賀谷は居場所に向かいます。 高速のPAに向かうと、男(音尾琢真)と美乃里が争っていて、加賀谷が拳銃を向けましたが、そこへ怪しい男(井浦新)も拳銃を向けています。 加賀谷は男に刺されて、怪しい男(井浦新)は男(音尾琢真)を撃ちました。 浦野が逃走 そんな中、浦野は監視していた刑事(アルコピース)をだまして、殺害して、警察署から逃亡します。 黒髪でロングヘア以外の人も殺した浦野、殺し方も最凶サイコパスです。 刑事のスーツを着て、浦野の手配写真のデータも書き換えて、逃走します。 あっという間に船と飛行機で海外(台湾か中国)へ逃げていました。 そして、スマホを落としただけなのにには、更に続編、戦慄するメガロポリスがあります。 なのにネタバレあります。 「垣根みたいなものって、ないほうがいいと思っている」というジャンルレスに行き交う話、素敵でした。 加賀谷がかつて勤めていたセキュリティ会社の社長で、加賀谷と笹岡は2人で会社を立ち上げた相棒でした。 笹岡の罪は、ビットコインを盗んだ事件と神宮寺紗綾子(高橋ユウ)の殺害、美乃里の誘拐です。 加賀谷が事件をなぜ起こしたのかを聞くと、お金が欲しかった。 それは、加賀谷と一緒に立ち上げた会社がつぶれそうになって、潰したくなかったので、ビットコインを盗んだが、換金できなくされたので、神宮寺を殺害した。 そして、加賀谷が好きなので、美乃里に嫉妬していた。 田中圭さんや千葉雄大さんのキャストがいて、美乃里の友人が腐女子だった! これはBL伏線だったのか! 怪しい男は公安の刑事 ずっと犯人Mかと思わせていた怪しい男(井浦新)は、公安の刑事の兵頭でした。 加賀谷は、父親の殉職の謎を調べるために、美乃里のパソコンから、公安のサイトをハッキングして情報を見ていました。 そのことで、 美乃里が公安の捜査対象になっていて、追われていました。 加賀谷の父親は、兵頭の上司で公安の刑事でした。 兵頭はハッキングの罪を犯した加賀谷を優秀なハッカーなのでもったいないから見逃すと言いました。 また、兵頭も犯罪な捜査をしているので、お互い様になって、バディを組もうと誓います。 浦野は、逮捕された笹岡はMではないと告げます。 笹岡はMになりすまして、神宮寺や美乃里を脅していた。 本当のMは、アジトで見つかった冷蔵庫の中の遺体でした。 長谷川祥子と彼氏を殺したのはMで、浦野は、Mのアジトを見つけてMを殺害していました。 映画では描かれていませんが、それから浦野は、Mの名前(浦野)を使って生きていました。 もはや、浦野は浦野ではない! 誰なんだ! エンドロールが終わると、台湾?中国?を歩く浦野(成田凌)をスマホで写している人物が・・・! 加賀谷がプロポーズ 浦野との電話が終わると、美乃里が来ます。 そして、今回の事件で美乃里の大切さがわかったとプロポーズ、キス! 母親とも向き合うから、一緒に会ってくれと言います。 最後はハッピーエンドですが、更に! 映画のタイトルは「スマホを落としただけなのに」ですが、今回は、スマホを落としてないやん! と思ってたら、最後にありました。

次の