インターネット エクスプローラー 遅い。 【必読】インターネットが遅い時の5つの原因!速くする具体策とは?|ネットカレッジ

インターネットエクスプローラー11の動作が遅い

インターネット エクスプローラー 遅い

インターネットの表示速度が遅くなってしまう原因 1. そもそものネット回線速度が遅い 表示速度の遅さが一時的ではなく慢性的である場合には、そもそものネット回線の速度が遅くなっている可能性があります。 そのような場合には、ネット回線の速度を測定してみましょう。 Netflixの インターネット回線速度テストである「Fast. com」を使ってみましょう。 Webサイトを開くだけで、すぐに回線速度のテストが始まります。 測定は10秒ほどで完了します。 例えば、上の図は執筆時点でのWi-Fi環境で「14Mbps」が出ていることを示しています。 一般的には、YouTubeなどの動画ストリーミングを楽しむのに1〜2Mbps必要だと言われているので、仮に2Mbpsを下回ったら回線自体を見直したほうがよいかもしれません。 また、最新機種であっても、ソフトウェアや アプリケーションがたくさんインストールされていたり、たくさん起動したりしていると、使用しているメモリがいっぱいになり、動作が遅くなってしまいます。 メモリを解放するための アプリをダウンロードするなどして対策しましょう。 ただし、LANケーブル自体がその速度に対応していないと、最大速度は出せません。 また無線の場合でも、古いものを使い続けている場合は、複数の端末を接続すると極端に遅くなってしまう場合があります。 有線であっても無線通信を行っている場合でも、ケーブルやルーターが最大速度を出せる環境にあるかどうかはチェックしておくのがおすすめです。 とりわけ無線ルーターは複数接続すると重くなってしまう機種もあるので、その場合には取り替えを検討した方がよいでしょう。 「ルーターの場所を確認する」「2階建や3階建にも対応することができるルーターに取り替える」などして、接続環境を見直してみることも大切です。 今すぐできる!表示速度を高速化する3つの方法 このほかにも、少しの手間をかけるだけで、すぐに表示速度を高速化できる方法も存在します。 以下の3つの方法を試してみましょう。 Quantumエンジン搭載Firefoxの「プライベートブラウジング」を使う 世の中にはさまざまなWebブラウザがあります。 もちろん、すべてのブラウザが同じ表示速度であるとは限りません。 数あるWebブラウザの中でも、特に表示スピードに定評があるのは、新しい「Firefox」です。 最新版のFirefoxには、Quantumエンジンと呼ばれる超高速パフォーマンスのために開発されたエンジンが搭載されています。 コンピュータのメモリ使用量を削減しながら、 ページの高速読み込みが可能になり、その速度は旧来のFirefoxの2倍、メモリはChromeより30%軽量だといいます。 これだけでも早くなったと話題のFirefoxですが、さらに高速で利用する方法があります。 それは、Firefoxで 「プライベートブラウジング」機能を起動しておくことです。 プライベートブラウジングは、 オンラインの追跡者をブロックしたり、終了後に履歴を削除したりする機能です。 トラッキング防止機能もオンにしておけば、 ページの読み込みは 最大で44%も高速になります。 SNSボタンやコメントツール、埋め込み コンテンツの一部がブロックされてしまう可能性はありますが、速度を重視するのであれば、設定画面から有効化してみましょう。 SpeedyFoxをインストールする 「SpeedyFox」は、Webブラウザに搭載されているプロファイル データベースの断片化している部分を修復して、 アプリケーションのパフォーマンスを最適化できるソフトウェアです。 一般的に、 アプリケーションはそれぞれに ユーザーデータを管理しており、それを プロファイルと呼びます。 プロファイルは、時間とともに「断片化」を引きおこし、パフォーマンス低下に繋がる恐れがあります。 最初は効率よく整理されていたデータが、何度もアクセスしていくうちに次第にバラバラになってしまい、読み込みに時間がかかってしまうのです。 SpeedFoxを使えば、プロファイルを最適化できるので、ブラウザでの読み込みをさらに高速化させられます。 もともとはFirefox用に開発されましたが、現在ではFirefox以外にも、 Google ChromeやOpera、Vivaldiなどの各種ブラウザや、ThunderbirdやSkypeなどのソフトウェアのプロファイルの修復も可能です。 使い方は簡単で、SpeedFox起動後にメンテナンスしたいプロファイルを選んでOptimize! ボタンを押すだけです。 Mac版とWindows版の両方が用意されているので、環境に合わせてダウンロードしましょう。 DNS設定をパブリックDNSに変える もう一つ試してみたいのが、DNS設定の変更です。 DNSとはDomain Name Systemの略で、 IPアドレスと ドメイン名を相互変換するシステムのことです。 インターネット上のすべてのコンピュータや Webサイトには、「IPアドレス」という住所のようなものが割り当てられており、数字の羅列で表現されます。 しかし、IPアドレスは数字が並んでいるだけで人間には覚えにくいため、 ドメイン 例:ferret-plus. com を利用して変換をします。 ドメインからIPアドレスに変換するDNSサーバーは、 インターネットプロバイダーが提供している場合がほとんどです。 しかし、 GoogleのようにDNSサーバーを公共で公開しているところもあり、場合によってはアドレスからIPアドレスへの高速変換もできるため、設定を変更して利用してみるといいでしょう。 ここでは、iPhoneを例に、パブリックDNSサーバーを使ったセットアップ手順を紹介します。 Wi-Fiをタップし、普段使っているネットワークの設定画面を開きます。 DNSを構成をタップして、手動を選択します。 既存エントリーがある場合は削除し、「1. 1, 1. 1」、および「1. 1」と入力して追加をします。 終わったら、右上の「保存」をクリックしましょう。 これで、より素早いDNSサーバーに設定されました。 他のパブリックサーバーを試してみたい場合には、以下の2つがおすすめです。 Google Public DNS 最も有名なのは、 検索エンジン大手の Googleが提供しているパブリックDNSサーバーです。 優先DNSサーバーアドレス:8. 代替DNSサーバーアドレス:8. 4 OpenDNS は、ネットワーク大手として名高いシスコシステムズが提供するパブリックDNSサーバーです。 タイプミスを自動修正したり、安全でない Webサイトをブロックする機能を有しています。 優先DNSサーバーアドレス:208. 222. 123• 代替DNSサーバーアドレス:208. 220. 123 まとめ:原因を特定してインターネット表示速度の高速化を インターネットの表示速度が遅くなってしまう原因は様々です。 改善するには、原因を特定して1つひとつ解決をしていくことが大切です。 ネット回線や環境に原因がない場合は、ブラウザ自体やDNSサーバーのアドレスの設定を変更することで高速化できる場合もあります。 しかしながら、動画サイトに対する大量のアクセス集中など、サーバー側の負荷が原因で ページ速度が落ちてしまう場合もあります。 このような場合は自分で対処するのが難しいでしょう。 特定の ページだけが遅くなってしまう場合は、少し時間をおいてアクセスをしてみてください。 この記事を読んだ方におすすめ Webサイト Webサイトとは、インターネットの標準的な情報提供システムであるWWW ワールドワイドウェブ で公開される、Webページ インターネット上にある1ページ1ページ の集まりのことです。

次の

【必読】インターネットが遅い時の5つの原因!速くする具体策とは?|ネットカレッジ

インターネット エクスプローラー 遅い

Windows10にしてからIE11の動きが悪くなりました。 いつまでたってもページが表示されず、固まった状態になります。 IEを何回か起動しなおして試すと4~5回に一度くらいは真面に動いたかな?と思うと 違うページに飛んだ際にまた固まった状態になります。 Netの接続に問題があるのかと思いましたが、同じようにインストールされているedge、chromeでは何の問題もなくサクサク動いてくれるのでIE11単体の問題だと思います。 どなたか同じような症状で悩んで解決された方はいらっしゃいますか? Q パソコン起動直後のインターネットエクスプローラーの立ち上がりが遅いです。 以降、一旦閉じ暫くして開くときは普通です。 ただ、その他のフォルダを開くときは起動直後でも普通の早さです。 設定をリセット及びアドオンの無効化版のインターネットエクスプローラーを試してみましたがほとんど変わりませんでした。 以前「パソコンの起動直後はバックグランドが作業中のためインターネットエクスプローラーが遅くなる」と聞いたことがあるのですがそれは本当でしょうか。 何か故障しているのではないかと心配になってしまいましたが普通の現象でしょうか。 よろしくお願いします。 Q 初めて質問させていただきます。 訳ありまして、IE11のみブラウザに使用しています。 インターネットオプションの履歴の削除で、クッキーとwebサイトデータ、フォームデータ、パスワード以外は削除の設定にしまして、閲覧の履歴を1日、1回ほど削除しています。 終了時に閲覧の履歴を削除するにはチェックが入っています。 IEの履歴の保存日数は1日に設定して、同じく、インターネットオプションの詳細設定で、「ブラウザを閉じたときにIEファイルを削除する」にはチェックを入れています。 このような状態です、可能な限り、描画処理の速度を上げる方法はないでしょうか?よろしくお願いします。 機種・その他 PC:EPSON TY-5000S OS: Windows 7 PRO 64bit CPU : Core i7 2600 メモリー: 16GB GPU : RADEON HD 5700 1G 回線 : auひかりホーム Q お初に質問させていただきます。 インターネットの表示が遅いです。 昔は早かったのですが、いつごろから遅くなっていたのかはわかりません。 社内でインターネットを見ると、ページが表示されるまでに10秒程度かかります。 どの社内PCから見ても表示は遅く、どのサイトでも多少の違いはありますが、やはり遅い状況です。 社外のサイトだけでなく、社内サーバのwebページにアクセスした場合もやはり重いです。 プロキシサーバは使用していますが、インターネットオプションで、「ローカルアドレスにはプロキシサーバを使用しない」に設定しているため、表示が遅いのはプロキシのせいというわけではなさそうです。 その社内のサーバにpingをしても何の負荷もなく、返ってきます。 それと、社内のファイルサーバへのアクセスは何のストレスも無く、サクサクとコピーなども行えます。 いったい何が原因なのでしょうか?なにかアドバイス等ありましたら、よろしくお願いします。 A ベストアンサー 確かにDNSサーバ側のAレコードは、ドメイン名からIPアドレスを解決するためのものです。 プロキシやWebサーバがドメインに参加されていないのなら、DNSでの解決ができずに、WINSなど別の手段で見つけようとしているのかもしれません。 手動でプロキシやWebサーバのAレコードを登録してみてください。 今後のために、動的更新が有効になっているかも確認しておきましょう。 atmarkit. atmarkit. nikkeibp. 現在IE11を使用したいます。 バージョンを見ますとbit数は何も書いてありません。 という事は32bitという事で認識しています。 64bitも使ってみようと思い探すのですがどこにも見当たりません。 exe" ということは私の場合は64bitが格納されている場所ということになりますがなぜか32bitのようです。 exe"にはiexplore. exeの実行アイコンはありません。 すると両方のパスに実行ファイルは存在するようになりました。 ただどちらもバージョンのbitの表示はありません。 32bitのようです。 IE11にも32bit,64bit,がありますよね。 プログラムが違うのですね。 スタートメニューにも64bitの項目はありません。 「新しいバージョンを自動的にインストールする」にチェックをいれていますので、その時64bitの方は削除されたのでしょうか、私のインストしているプログラムには1つしかないですが。 WINDOWS7 Pro IE11 ネットトラブルというほどでもないですが教えて下さい。 現在IE11を使用したいます。 バージョンを見ますとbit数は何も書いてありません。 という事は32bitという事で認識しています。 64bitも使ってみようと思い探すのですがどこにも見当たりません。 A ベストアンサー ポータルサイトのトップページはとくに読み込む広告の数が多いので、他のページよりも開ききるのに時間が掛かるとは思いますが、別のブラウザ、例えばGoogle Chromeなどでも試してみてください。 これはCacheを読み込むために以前より速くなっていると考えられますので、初めて開いた時にCacheに保存されるもののなかに遅い原因があると考えられます。 google. ただ、Yahoo! のトップページで5秒というのも速いとは言えませんので、回線速度やスペック不足であると考えた方がいいでしょう。 Q PCの起動が遅く、起動しても動作が遅いと言うことで お尋ねしたのですが、アドバイスに従い いろいろ試みてみたのですが、やはり一向に問題が解消されず 困っています。 その後NTT西日本に問い合わせをしたところ セキュリティソフトが故障していることがわかり 担当者の指導に従い、入れ替えを行いました。 その操作はうまくいったのですが、起動・動作が遅いのは変わりません。 PCを入れてもらった業者にメモリーを増やしてももらおうと思ったのですが なぜか、それもうまくいきません。 (追加するとPCが立ち上がらなくなる) 件名にも書きましたが 動作が遅く、ブラウザやメールの立ち上げの際、「応答なし」のメッセージが 頻繁に表れ、正常に動作するのがとても遅いです。 良策があったら、とてもうれしいです。 ご回答をよろしくお願いします。 下記の「通常版」の「ポータブル ZIP 」をダウンロードして解凍し、実行してみてください。 sengoku-jidai. CrystalDiskInfoはその様な詐欺まがいのソフトではありませんので。 もちろんそのソフトを購入する必要はありません。

次の

インターネットの接続が遅い?!Windows10を使っているなら見直しておきたいWindows Update設定

インターネット エクスプローラー 遅い

Windows10になってから、自宅のPCのネット接続がとても遅いと感じたことはありませんか? インターネットに接続しているのにサイトの表示がやけに遅かったり「インターネットに接続できません」というような画面が表示されたりしていませんか? 私の自宅のPCもWindows10ですが、平日の深夜、土日に調べ物をするためにネットをよく使います。 恐らく、ほとんどの方が私と同じくらいの時間帯にネットを使っていると思います。 でも、PCを起動して少し経つとネットに繋がりにくくなるんです。 ネットへの接続が不安定 通常、無線ルーターやモデムに問題がある場合は、Google Chromeなどのブラウザを起動してもGoogleやYahoo! などのページは表示されません。 ですが、今回は少し状況が違いました。 Googleの検索ページは表示されるのに検索結果ページやそれぞれのサイトが表示されない Google Chromeを立ち上げると通常通りGoogleの検索ページが表示されますが、検索キーワードを入力して検索を開始すると… クルクル、クルクル…ロードがしばらく続いて… 「インターネットに接続できません」 偶然かと思い、別のサイトを見ようと試みますが、同じ状況になってしまいます。 確かに ネットには接続できているのにサイトが見れない。 ファイアウォールなどの設定も見直してみましたが特に問題なさそう。 PCやスマートフォン、タブレットなどで日頃から快適なインターネットライフを過ごしているので、このような状況になるとかなりストレスがたまります。 結局、調べ物を全て終わらせることができず、翌日に持ち越すことになってしまいました。 曜日や時間帯に関係なくネットへの接続が不安定 ちなみに休日も同じような状況です。 マンションなどの集合住宅で入居者が1つの回線を分け合って使用している場合、平日深夜や休日はネットを利用する人数が多くなるため、サイトの表示速度が遅くなったり、動画の読み込みが長くなることがあります。 私の入居しているマンションもマンション自体でプロバイダと契約していますが、私はマンションが契約しているプロバイダとは別のプロバイダと契約しているのであまり関係ないようです。 そんなこんなで1週間、この状況に耐えきれなくなり、プロバイダのサポートセンターへ問い合わせました。 Windows10から新しく導入された「更新プログラムの提供方法を選ぶ」 サポートセンターの方いわく、Windows10から新しく導入された「更新プログラムの提供方法を選ぶ」という設定が関係しているようです。 Windows8までのWindows Updateは、Microsoftから定期的に提供されるアップデートプログラムをダウンロードしてPCにインストールしますが、世界中から同時にMicrosoftにアクセスするため、アップデートプログラムのダウンロードに時間がかかってしまいます。 その状況を少しでも改善しようと導入されたのが「複数の場所から更新する」という設定です。 アップデートプログラムのダウンロードが完了している人のPCからダウンロードする仕組み この複数の場所から更新するというのは、 アップデートプログラムが Microsoft からではなく、不特定のインターネットに接続されたPCから入手される ような仕組みのようです。 Windows10の場合、最初から「更新プログラムの提供方法を選ぶ」 の「複数の場所から更新する」設定はオンになっています。 この「複数の場所から更新する」がオンになっていて「ローカルネットワーク上のPCとインターネット上のPC」が選択されていると、 インターネットに接続しているあいだは常に インターネット上のWindows10ユーザーのアップデートプログラムと比較してプログラムをダウンロードすることになります。 また、自分のPCへのダウンロードが完了したら、自分のPCも他の人からアクセスされるようなので、四六時中重たいデータのやり取りが行われて、 ネット回線が飽和状態になり、サイトが表示されなくなったり、動画の読み込みに時間がかかるなどネットへの接続が不安定な状況に陥ってしまうようです。 これはあとから調べたのですが、他のPCがアクセスできる範囲はWindows Updateに限るようなので、その他のデータにアクセスされる心配はなさそうですが、あまり心地良いものではありませんよね。 スマートフォンやタブレットもネットに繋がりにくくなる Windows10のPCが「複数の場所から更新する」設定のまま、Windows Updateが頻繁に行われると、スマートフォンやタブレットなどWi-Fiでネットに接続する端末もネットに繋がりにくくなってしまいます。 スマートフォンはWi-Fi接続ができないと自動的に4Gなどのモバイル通信に切り替わってしまうので、パケット通信量が増えて通信速度制限がかかってしまう事も… ちなみに無線接続、有線接続の違いは関係ないようです。 「複数の場所から更新する」設定をオフにする 前置きが長くなってしまいましたが、快適なインターネットライフを取り戻すためにも「複数の場所から更新する」設定をオフにしたいと思います。 Windows10ノートPCやデスクトップPCが複数ある場合は、全てのPCに同じ設定をします。 設定を変更してからスムーズにネットに接続できるようになりました。 必ず、症状が改善されるというわけではありませんので予めご了承下さい。

次の