三輪車 いつから。 三輪車デビューはいつから? 三輪車の種類と選び方、おすすめを紹介

三輪車っていつから乗れるの?こげる月齢より前に購入した長女の場合!

三輪車 いつから

2019年9月14日 更新• 親も他の子供が上手にペダルを漕いでいるのを見ると、何歳から乗せるのがいいか気になるもの。 三輪車にはアンパンマンやハローキティなど子供が喜ぶデザインも多く、クリスマスや誕生日プレゼントにもぴったりのアイテムです。 この記事では、三輪車はいつから乗せるのか、どんなタイプを選べばよいかなど、購入前に確認すべきポイントを詳しく解説。 あわせて、持ち運びや収納にも便利な折りたたみの三輪車や、無印良品や西松屋など人気店の三輪車などおすすめ三輪車も紹介するので、ぜひ参考にしてください。 出典: 比較的早いうちから乗ることができる三輪車ですが、せっかく買うなら長く乗ってほしいもの。 実際にいつから・何歳から使い始めていいのかは気になるポイントでしょう。 とはいえ、子供は成長速度の個人差も大きいため、何歳からが対象という条件はあくまで目安程度にして、子供の成長に合わせて与えましょう。 子供が自力でペダルを踏めるようになるのは一般的に2歳頃とも言われているので、早めに使いたいのであれば舵取り棒付きの三輪車などベビーカーのように親が押して進められるタイプもおすすめです。 三輪車はいつから使い始めるかによって適した三輪車のデザインが変わってきます。 安全に遊ばせられるよう、各年齢で重要な機能をしっかりとチェックしましょう。 出典: 1歳から2歳半頃の子供を乗せるなら、親が押して動かせる舵取り棒付きの三輪車をベビーカーのように使うのがおすすめ。 まだ踏ん張る力が弱い時期なので、転落防止ガードやペダルとは別に足置きが付いた安全性の高い三輪車を選んでください。 親が押している間に足が巻き込まれないよう、ペダルの動きを止めるフリーペダル機能の有無も重要です。 加えて、アンパンマンなど子供がお気に入りのキャラクターを選べば、ご機嫌でお出かけできるでしょう。 出典: 2歳半から3歳半にもなると足腰にもしっかり力がつくので、慣れれば自分ですいすい三輪車を漕げるようになります。 とはいえ、まだうまく体の向きをコントロールできない子供も多いです。 そのため、親が操作できる舵取り棒付きの三輪車を選ぶのがおすすめ。 また、舵取り棒を使えば人が多い場所でも勝手に進んでいかないように操作できるので安心です。 子供によってはすぐ一人で乗れるようになるので、舵取り棒は着脱式が良いでしょう。 出典: 体幹もしっかりとして三輪車を乗りこなせるようになる3歳半から5歳頃には、子供が自分で漕ぐタイプの三輪車がぴったり。 構造や機能もシンプルになりますが、自力で漕ぐことでバランス感覚や脚力を鍛えられるのが特徴です。 三輪車本体が軽いとペダルも漕ぎやすいので、あまり重すぎないタイプを選びましょう。 兄弟姉妹で長年使いたい場合などは、舵取り棒や転落防止ガードを取り外して使い分けできるものがおすすめです。 出典: 折りたたみできる三輪車の大きな特徴は、持ち運びがとても便利になる点。 公園で遊ぶときも車に積みやすく、いつでも気軽に三輪車の練習をさせてあげられます。 かさばらないので玄関や室内のスペースにも置きやすく、雨や風による劣化や汚れを防げるのもメリットです。 綺麗な状態で使っていけると、お下がりやバザーなどで誰かに譲るときにも喜んでもらえます。 まずは、ベビーカー代わりにも使えて便利な舵取り棒や転落防止ガード付きの三輪車を紹介。 西松屋から販売されている三輪車やアンパンマンなど人気キャラクターの三輪車も豊富に揃っています。 出典: 小さな子供に人気のワンワンとうーたんがデザインされた、オレンジカラーがポップでかわいい三輪車です。 ボタンを押すとLEDが光ったりワンワンがおしゃべりしたりと、子供の興味を引く仕掛けもいっぱい。 舵取り棒や転落防止ガード、足置きなど安全性にも配慮されて設計されており、前輪にはペダルを空回りさせられるフリーペダル機能が搭載されているのが特徴です。 推奨体重 20kgまで• 機能 着脱式舵取り棒、着脱式転落防止ガード、着脱式足置き、フリーペダル、メロディ、おしゃべり、LED、手遊び 出典: アンパンマンのキャラクター達が全体にデザインされた、アンパンマン好きな子供へのプレゼントにもおすすめの三輪車。 コンパクトに折りたたみできるため持ち運びにも便利で、使っていないときも省スペースに収納できます。 転落防止ガードにはソフトなウレタン素材が使われており、当たっても痛くありません。 舵取り棒や転落防止ガードは取り外せるので、成長に合わせて使い分けできるのが魅力です。 外形寸法• 使用時 幅42cm 長さ78cm 高さ97cm• 折りたたみ時 幅42cm 長さ48cm 高さ69cm• 機能 折りたたみ、着脱式舵取り棒、着脱式転落防止ガード、折りたたみ足置き、フリーペダル 出典: ピンクとレッドの色使いがかわいい、女の子におすすめの三輪車。 ハローキティのエアホーン付きで、親子で一緒に楽しく三輪車の練習をすることができます。 本体だけでなく足置きも折りたたみができ、漕ぐのに慣れていないときは舵取り棒で押してもらう、漕ぐのに慣れてきたら足置きをたたむという使い方が可能。 転落防止ガードは着脱式なので、スムーズに乗り降りできるのがポイントです。 外形寸法• 使用時 幅42cm 長さ78cm 高さ97cm• 折りたたみ時 幅42cm 長さ48cm 高さ69cm• 機能 折りたたみ、舵取り棒、着脱式転落防止ガード、折りたたみ足置き、フリーペダル 出典: 西松屋から販売されている、ポップなアニマル柄がかわいい三輪車です。 男の子と女の子のどちらでも使いやすい西松屋ならではのデザインなので、兄弟姉妹で一緒に遊ぶのもおすすめ。 三輪車本体と足置きは折りたたみ可能で、保管や持ち運びにとても便利です。 フリーペダル機能が搭載されているため巻き込みトラブルを防げるだけでなく、ペダルを漕ぐ練習にも役立ちます。 外形寸法• 使用時 幅42cm 長さ78cm 高さ97cm• 折りたたみ時 幅42cm 長さ48cm 高さ69cm• 機能 折りたたみ、舵取り棒、転落防止ガード、折りたたみ足置き、フリーペダル 出典: スマートでスタイリッシュな色使いがおしゃれで、成長して好みが変わっても長く使い続けられるデザインの三輪車です。 安全性と使いやすさにこだわって作られており、舵取り棒や転落防止ガードは取り外せるので、子供が自分で漕ぐのに慣れたらシンプルな三輪車として使えるのが魅力。 折りたたみした後は自立するように設計されており、玄関などに置いて必要なときサッと出せるのも特徴です。 外形寸法• 使用時 幅42cm 長さ78cm 高さ97cm• 折りたたみ時 幅72cm 長さ48cm 高さ70cm• 機能 折りたたみ、着脱式舵取り棒、着脱式転落防止ガード、折りたたみ足置き、フリーペダル 出典: 後輪ロック付きでおしゃれなベビーカーとしても使いやすい、幅広いシーンで活躍する三輪車です。 折りたたみするときも簡単で、公園で遊ぶときだけでなくお出かけのときにも非常に便利。 上部に付けられた着脱式のサンシェードが、強い日差しから子供をしっかりと守ります。 好みで左右されにくいデザインなので、赤ちゃんから大きな子供になるまで長く使い続けられるのが魅力です。 外形寸法 幅45. 5cm 長さ67cm 高さ106cm• 推奨体重 20kgまで• 機能 折りたたみ、着脱式舵取り棒、着脱式転落防止ガード、折りたたみ足置き、着脱式サンシェード、フリーペダル プレゼントにもおすすめしたい、無印良品やアイデスのデザインのカッコいい三輪車を紹介します。 おしゃれなデザインを選べば、子供が大きくなっても愛用できます。 出典: 人気の自動車ブランドMINIのロゴがデザインされた、バイクのような見た目がカッコいい三輪車。 着脱可能な舵取り棒と足置きが付いており、子供が疲れたときは押して進めます。 シートベルトは3点で固定するタイプなので安全性が高く、三輪車に慣れていない子供が使うときも安心です。 コンパクトに折りたたみできるため、小さなスペースにもきれいに収納可能。 外形寸法• 使用時 幅51cm 長さ70cm 高さ94cm• 折りたたみ時 幅38cm 高さ63cm• 機能 折りたたみ、着脱式舵取り棒、足置き、ベル 出典: 大人にも人気のSUVブランド「ハマー」の魅力を存分に感じられる、シンプルながらもおしゃれなデザインの三輪車。 がっしりとした作りのフレームパイプとタイヤがカッコよく、元気な男の子におすすめです。 舵切り棒と足置きが付いているため、上手に三輪車を漕げるかまだわからないという子供でも安心。 後部のカゴにおもちゃやお出かけ用の荷物を入れて、スマートにお出かけできます。 外形寸法• 手押棒有 幅50cm 長さ86cm 高さ97cm• 手押棒無 幅50cm 長さ72cm 高さ58cm• 機能 舵取り棒、足置き、ベル 出典: 舵取り棒付き三輪車、シンプルな三輪車、ランニングバイクの3wayで使えるのが大きな魅力です。 それぞれパーツを着脱するだけで簡単に使い分けできるので、組み立てが苦手なママやパパでも問題ありません。 ペダルと後輪を外したランニングバイクは、自転車に乗るためのバランス感覚を鍛える練習にも役立てられます。 デザインも他の三輪車より大人っぽく、お兄ちゃんやお姉ちゃんの二輪車に憧れている子供にもおすすめです。 外形寸法• 三輪車 幅46cm 長さ74cm 高さ52cm 舵取り棒装着時高さ90cm• ランニングバイク 幅39cm 長さ74cm 高さ52cm• 対象年齢• ランニングバイク 2歳以上• 推奨体重 20kgまで• 機能 着脱式舵取り棒、足置き 出典: スマートな色使いがおしゃれな三輪車を紹介。 ロングシートになっているのがポイントで、前方でまたがりながら地面を蹴って遊ぶ、しっかり腰かけてペダルを漕ぐなど年齢に応じて徐々にステップアップしていけます。 装飾のないシンプルなデザインなので子供が工夫して遊びやすく、想像力を培えるのも特徴。 また、コンパクトに折りたたみできるので持ち運びにも適しており、公園など外出先で練習する三輪車としてもおすすめです。 外形寸法• 使用時 幅42cm 長さ65cm 高さ49cm• 折りたたみ時 幅42cm 長さ32cm 高さ49cm• 推奨体重 20kgまで• 機能 折りたたみ 出典: ハーレーのようなデザインのハンドルがカッコいい、実用性の高い三輪車です。 サドルはカーブを描いた形状に作られているため均等に体重をかけやすく、快適な乗り心地を実現。 タイヤは耐摩耗性に優れており地面からのショックを吸収しやすいので、砂浜や道路など複雑な場所でも快適に進めます。 ワンプッシュで折りたたみができ、いつでも簡単に持ち運びが可能なのもおすすめポイントです。 外形寸法• 使用時 幅45cm 長さ46cm 高さ53cm• 折りたたみ時 幅50cm 長さ53cm 高さ35cm• 推奨体重 25kgまで• 機能 折りたたみ 出典: 無印良品からは、直線のフォルムがレトロかわいいシンプルなデザインの三輪車が販売されています。 前後輪が同じサイズに設計されているため安全性が向上されており、子供だけでも扱いやすいのがおすすめポイント。 すっきりとした細身のフレームが無印らしいスタイリッシュな印象を与え、子供が使わないときもおしゃれなインテリアとして楽しめます。 外形寸法 幅34. 5cm 長さ63cm 高さ43cm• 推奨体重 20kgまで 何歳から使うかを重点に、選び方とおすすめの子供用の三輪車を紹介しました。 三輪車に慣れていない小さな子供には親が舵を取れるタイプ、成長したら自力で漕げるシンプルなタイプがおすすめ。 ママやパパからも人気の無印良品や西松屋のおしゃれな三輪車や、アンパンマンなど子供に人気のキャラクターものの三輪車などデザインも様々です。 いつから使い始めるか家族みんなで検討し、安全で楽しい休日を過ごしてください。 キーワード• 閲覧履歴• 関連記事• 人気の記事• 話題のキーワード•

次の

三輪車はいつからいつまで?メリットや選び方のポイントも解説!

三輪車 いつから

2019年9月14日 更新• 親も他の子供が上手にペダルを漕いでいるのを見ると、何歳から乗せるのがいいか気になるもの。 三輪車にはアンパンマンやハローキティなど子供が喜ぶデザインも多く、クリスマスや誕生日プレゼントにもぴったりのアイテムです。 この記事では、三輪車はいつから乗せるのか、どんなタイプを選べばよいかなど、購入前に確認すべきポイントを詳しく解説。 あわせて、持ち運びや収納にも便利な折りたたみの三輪車や、無印良品や西松屋など人気店の三輪車などおすすめ三輪車も紹介するので、ぜひ参考にしてください。 出典: 比較的早いうちから乗ることができる三輪車ですが、せっかく買うなら長く乗ってほしいもの。 実際にいつから・何歳から使い始めていいのかは気になるポイントでしょう。 とはいえ、子供は成長速度の個人差も大きいため、何歳からが対象という条件はあくまで目安程度にして、子供の成長に合わせて与えましょう。 子供が自力でペダルを踏めるようになるのは一般的に2歳頃とも言われているので、早めに使いたいのであれば舵取り棒付きの三輪車などベビーカーのように親が押して進められるタイプもおすすめです。 三輪車はいつから使い始めるかによって適した三輪車のデザインが変わってきます。 安全に遊ばせられるよう、各年齢で重要な機能をしっかりとチェックしましょう。 出典: 1歳から2歳半頃の子供を乗せるなら、親が押して動かせる舵取り棒付きの三輪車をベビーカーのように使うのがおすすめ。 まだ踏ん張る力が弱い時期なので、転落防止ガードやペダルとは別に足置きが付いた安全性の高い三輪車を選んでください。 親が押している間に足が巻き込まれないよう、ペダルの動きを止めるフリーペダル機能の有無も重要です。 加えて、アンパンマンなど子供がお気に入りのキャラクターを選べば、ご機嫌でお出かけできるでしょう。 出典: 2歳半から3歳半にもなると足腰にもしっかり力がつくので、慣れれば自分ですいすい三輪車を漕げるようになります。 とはいえ、まだうまく体の向きをコントロールできない子供も多いです。 そのため、親が操作できる舵取り棒付きの三輪車を選ぶのがおすすめ。 また、舵取り棒を使えば人が多い場所でも勝手に進んでいかないように操作できるので安心です。 子供によってはすぐ一人で乗れるようになるので、舵取り棒は着脱式が良いでしょう。 出典: 体幹もしっかりとして三輪車を乗りこなせるようになる3歳半から5歳頃には、子供が自分で漕ぐタイプの三輪車がぴったり。 構造や機能もシンプルになりますが、自力で漕ぐことでバランス感覚や脚力を鍛えられるのが特徴です。 三輪車本体が軽いとペダルも漕ぎやすいので、あまり重すぎないタイプを選びましょう。 兄弟姉妹で長年使いたい場合などは、舵取り棒や転落防止ガードを取り外して使い分けできるものがおすすめです。 出典: 折りたたみできる三輪車の大きな特徴は、持ち運びがとても便利になる点。 公園で遊ぶときも車に積みやすく、いつでも気軽に三輪車の練習をさせてあげられます。 かさばらないので玄関や室内のスペースにも置きやすく、雨や風による劣化や汚れを防げるのもメリットです。 綺麗な状態で使っていけると、お下がりやバザーなどで誰かに譲るときにも喜んでもらえます。 まずは、ベビーカー代わりにも使えて便利な舵取り棒や転落防止ガード付きの三輪車を紹介。 西松屋から販売されている三輪車やアンパンマンなど人気キャラクターの三輪車も豊富に揃っています。 出典: 小さな子供に人気のワンワンとうーたんがデザインされた、オレンジカラーがポップでかわいい三輪車です。 ボタンを押すとLEDが光ったりワンワンがおしゃべりしたりと、子供の興味を引く仕掛けもいっぱい。 舵取り棒や転落防止ガード、足置きなど安全性にも配慮されて設計されており、前輪にはペダルを空回りさせられるフリーペダル機能が搭載されているのが特徴です。 推奨体重 20kgまで• 機能 着脱式舵取り棒、着脱式転落防止ガード、着脱式足置き、フリーペダル、メロディ、おしゃべり、LED、手遊び 出典: アンパンマンのキャラクター達が全体にデザインされた、アンパンマン好きな子供へのプレゼントにもおすすめの三輪車。 コンパクトに折りたたみできるため持ち運びにも便利で、使っていないときも省スペースに収納できます。 転落防止ガードにはソフトなウレタン素材が使われており、当たっても痛くありません。 舵取り棒や転落防止ガードは取り外せるので、成長に合わせて使い分けできるのが魅力です。 外形寸法• 使用時 幅42cm 長さ78cm 高さ97cm• 折りたたみ時 幅42cm 長さ48cm 高さ69cm• 機能 折りたたみ、着脱式舵取り棒、着脱式転落防止ガード、折りたたみ足置き、フリーペダル 出典: ピンクとレッドの色使いがかわいい、女の子におすすめの三輪車。 ハローキティのエアホーン付きで、親子で一緒に楽しく三輪車の練習をすることができます。 本体だけでなく足置きも折りたたみができ、漕ぐのに慣れていないときは舵取り棒で押してもらう、漕ぐのに慣れてきたら足置きをたたむという使い方が可能。 転落防止ガードは着脱式なので、スムーズに乗り降りできるのがポイントです。 外形寸法• 使用時 幅42cm 長さ78cm 高さ97cm• 折りたたみ時 幅42cm 長さ48cm 高さ69cm• 機能 折りたたみ、舵取り棒、着脱式転落防止ガード、折りたたみ足置き、フリーペダル 出典: 西松屋から販売されている、ポップなアニマル柄がかわいい三輪車です。 男の子と女の子のどちらでも使いやすい西松屋ならではのデザインなので、兄弟姉妹で一緒に遊ぶのもおすすめ。 三輪車本体と足置きは折りたたみ可能で、保管や持ち運びにとても便利です。 フリーペダル機能が搭載されているため巻き込みトラブルを防げるだけでなく、ペダルを漕ぐ練習にも役立ちます。 外形寸法• 使用時 幅42cm 長さ78cm 高さ97cm• 折りたたみ時 幅42cm 長さ48cm 高さ69cm• 機能 折りたたみ、舵取り棒、転落防止ガード、折りたたみ足置き、フリーペダル 出典: スマートでスタイリッシュな色使いがおしゃれで、成長して好みが変わっても長く使い続けられるデザインの三輪車です。 安全性と使いやすさにこだわって作られており、舵取り棒や転落防止ガードは取り外せるので、子供が自分で漕ぐのに慣れたらシンプルな三輪車として使えるのが魅力。 折りたたみした後は自立するように設計されており、玄関などに置いて必要なときサッと出せるのも特徴です。 外形寸法• 使用時 幅42cm 長さ78cm 高さ97cm• 折りたたみ時 幅72cm 長さ48cm 高さ70cm• 機能 折りたたみ、着脱式舵取り棒、着脱式転落防止ガード、折りたたみ足置き、フリーペダル 出典: 後輪ロック付きでおしゃれなベビーカーとしても使いやすい、幅広いシーンで活躍する三輪車です。 折りたたみするときも簡単で、公園で遊ぶときだけでなくお出かけのときにも非常に便利。 上部に付けられた着脱式のサンシェードが、強い日差しから子供をしっかりと守ります。 好みで左右されにくいデザインなので、赤ちゃんから大きな子供になるまで長く使い続けられるのが魅力です。 外形寸法 幅45. 5cm 長さ67cm 高さ106cm• 推奨体重 20kgまで• 機能 折りたたみ、着脱式舵取り棒、着脱式転落防止ガード、折りたたみ足置き、着脱式サンシェード、フリーペダル プレゼントにもおすすめしたい、無印良品やアイデスのデザインのカッコいい三輪車を紹介します。 おしゃれなデザインを選べば、子供が大きくなっても愛用できます。 出典: 人気の自動車ブランドMINIのロゴがデザインされた、バイクのような見た目がカッコいい三輪車。 着脱可能な舵取り棒と足置きが付いており、子供が疲れたときは押して進めます。 シートベルトは3点で固定するタイプなので安全性が高く、三輪車に慣れていない子供が使うときも安心です。 コンパクトに折りたたみできるため、小さなスペースにもきれいに収納可能。 外形寸法• 使用時 幅51cm 長さ70cm 高さ94cm• 折りたたみ時 幅38cm 高さ63cm• 機能 折りたたみ、着脱式舵取り棒、足置き、ベル 出典: 大人にも人気のSUVブランド「ハマー」の魅力を存分に感じられる、シンプルながらもおしゃれなデザインの三輪車。 がっしりとした作りのフレームパイプとタイヤがカッコよく、元気な男の子におすすめです。 舵切り棒と足置きが付いているため、上手に三輪車を漕げるかまだわからないという子供でも安心。 後部のカゴにおもちゃやお出かけ用の荷物を入れて、スマートにお出かけできます。 外形寸法• 手押棒有 幅50cm 長さ86cm 高さ97cm• 手押棒無 幅50cm 長さ72cm 高さ58cm• 機能 舵取り棒、足置き、ベル 出典: 舵取り棒付き三輪車、シンプルな三輪車、ランニングバイクの3wayで使えるのが大きな魅力です。 それぞれパーツを着脱するだけで簡単に使い分けできるので、組み立てが苦手なママやパパでも問題ありません。 ペダルと後輪を外したランニングバイクは、自転車に乗るためのバランス感覚を鍛える練習にも役立てられます。 デザインも他の三輪車より大人っぽく、お兄ちゃんやお姉ちゃんの二輪車に憧れている子供にもおすすめです。 外形寸法• 三輪車 幅46cm 長さ74cm 高さ52cm 舵取り棒装着時高さ90cm• ランニングバイク 幅39cm 長さ74cm 高さ52cm• 対象年齢• ランニングバイク 2歳以上• 推奨体重 20kgまで• 機能 着脱式舵取り棒、足置き 出典: スマートな色使いがおしゃれな三輪車を紹介。 ロングシートになっているのがポイントで、前方でまたがりながら地面を蹴って遊ぶ、しっかり腰かけてペダルを漕ぐなど年齢に応じて徐々にステップアップしていけます。 装飾のないシンプルなデザインなので子供が工夫して遊びやすく、想像力を培えるのも特徴。 また、コンパクトに折りたたみできるので持ち運びにも適しており、公園など外出先で練習する三輪車としてもおすすめです。 外形寸法• 使用時 幅42cm 長さ65cm 高さ49cm• 折りたたみ時 幅42cm 長さ32cm 高さ49cm• 推奨体重 20kgまで• 機能 折りたたみ 出典: ハーレーのようなデザインのハンドルがカッコいい、実用性の高い三輪車です。 サドルはカーブを描いた形状に作られているため均等に体重をかけやすく、快適な乗り心地を実現。 タイヤは耐摩耗性に優れており地面からのショックを吸収しやすいので、砂浜や道路など複雑な場所でも快適に進めます。 ワンプッシュで折りたたみができ、いつでも簡単に持ち運びが可能なのもおすすめポイントです。 外形寸法• 使用時 幅45cm 長さ46cm 高さ53cm• 折りたたみ時 幅50cm 長さ53cm 高さ35cm• 推奨体重 25kgまで• 機能 折りたたみ 出典: 無印良品からは、直線のフォルムがレトロかわいいシンプルなデザインの三輪車が販売されています。 前後輪が同じサイズに設計されているため安全性が向上されており、子供だけでも扱いやすいのがおすすめポイント。 すっきりとした細身のフレームが無印らしいスタイリッシュな印象を与え、子供が使わないときもおしゃれなインテリアとして楽しめます。 外形寸法 幅34. 5cm 長さ63cm 高さ43cm• 推奨体重 20kgまで 何歳から使うかを重点に、選び方とおすすめの子供用の三輪車を紹介しました。 三輪車に慣れていない小さな子供には親が舵を取れるタイプ、成長したら自力で漕げるシンプルなタイプがおすすめ。 ママやパパからも人気の無印良品や西松屋のおしゃれな三輪車や、アンパンマンなど子供に人気のキャラクターものの三輪車などデザインも様々です。 いつから使い始めるか家族みんなで検討し、安全で楽しい休日を過ごしてください。 キーワード• 閲覧履歴• 関連記事• 人気の記事• 話題のキーワード•

次の

三輪車はいつからこげる?購入前に知っておきたい選び方とおすすめ5選

三輪車 いつから

三輪車っていつから乗れるの?! 三輪車はいつから乗って楽しむことができるのでしょうか。 手押し付きなら1歳ころから ちいさな子供がペダルを漕いでのるのはまだ先ですが、三輪車に大人が押してあげることができる棒がついているものの場合は、1歳頃から乗って楽しむことができます。 手押し棒付きの三輪車の場合、子供はサドルにまたがるだけで、大人が進行をコントロールすることになります。 ベビーカーのような役割を三輪車が果たしてくれるということになりますね。 自分で漕いで遊ぶ三輪車は? 自分で三輪車に乗り、ペダルを漕いでバランスをとりながら遊ぶことができるようになるのは、3歳ころからとなります。 進みたい方向にハンドルを切り、ペダルに足を乗せ漕ぐという動作が必要となりますね。 こうした一連の行動は、体がある程度発達した2,3歳頃からとなります。 子供は三輪車に乗って遊ぶメリットは? では子供を三輪車に乗せて遊ばせることにメリットはあるのでしょうか。 漕ぐという動作 タイヤが3つあり、安定感通い三輪車の場合、大人の場合は簡単に乗ることができると感じます。 しかし、子供にとっては三輪車でバランスをとり、ペダルを漕ぐという動作は難しいものとなります。 小さいうちから三輪車に乗り遊ぶことで、漕ぐと言う動作が身につき、年長や小学生になるとスムーズに自転車を乗ることができるようになります。 足の筋肉の発達 自転車のペダルはサドルの真下にありまsね。 一方、三輪車のペダルは前輪についています。 そのためペダルを漕ぐための足を前に蹴り出す必要があるため、自然と遊んでいるうちに足の筋肉が発達します。 漕ぎ続けないと進まないので、夢中になって楽しく遊んでいるうちに足腰を鍛えることができるのですね。 ハンドルを持ち、サドルに姿勢良く座るのは、子供の体幹を鍛えることにもつながると言われています。 運動能力 三輪車はハンドルを動かし、自分で好きな方向に進むことができます。 そのため運動する能力が自然に身につきます。 ハンドルを操作できるようになると、自転車もスムーズに乗れるようになるでしょう。 三輪車を購入する際の選び方やポイント! では子供の三輪車を購入する際のおすすめの選び方やチェックしてほしいポイントについてです。 手押し棒が付いているか否か 三輪さを選ぶときは、手押し棒が付いているものまたは付いていないシンプルなもののどちらにするかをまずは決めましょう。 一歳ころから三輪車で遊ぶという場合は、大人のための手押し棒がついているものを選びましょう。 また、ベビーカー代わりにも使用したいとい場合は、手押し棒が前輪につながっていて、舵取りできるものを選ぶとよいです。 手押し棒が取り外せるタイプのものが多いため、成長とともにシンプルな三輪車へと付属品を取り外して使用できる三輪車を選ぶとよいですね。 荷物を積めるか 手押し棒付きの三輪車の場合、ベビーカーのように使用するときに、荷物をたくさん積むことができる三輪車を選ぶと便利です。 子供とお出かけをするときは大荷物になりやすいので、かごやバックが付いていて、荷物をたくさん積めるものを選ぶと助かります。 選ぶときのポイントとして確認しておきたいですね。 収納スペース 三輪車をしまっておくスペースが広くとれないという場合と広く取れるという場合では三輪車の選び方に違いがあります。 サンシェードが付いているものや大きなかごがついているタイプは使用する分にはものすごく便利です。 機能性も魅力的ですよね。 しかし収納する際に大きくスペースを必要とします。 収納スペースを広くとることができないという場合は、機能性を諦め、コンパクトにたたみしまうことができる三輪車を選ぶことをおすすめします。 子供が三輪車に乗る際の注意点! 広い公園で 三輪車で子供を遊ばせるときは、なるべく広い公園で危険性の少ない場所で乗せるようにしましょう。 道路や車通りの多い場所、人が多く集まる場所で乗せてしまうと、危険性も高く、他の人の迷惑となってしまうこともあります。 広い公園などで乗せるようにしましょう。 しかし、自治体によってはルールや道路事情、公園事情があり、三輪車が禁止されている場所もあるんで、自治体のルールにあわせることも大切ですね。 近くで見守る 子供を三輪車で遊ばせるときは、必ず大人が近くで見守った状態で遊ばせましょう。 ひとりで安全に乗れるようになってからも、大人が近くで目を離さずに見守ることが大切です。 子供はちょっとしたことでバランスを崩してしまったり、障害物を上手に避けることができない場合があります 目を話して居たときに、三輪車で思わぬ事故や怪我をしてしまうことがあるものです。 比較的安心できるくらい上手に乗れるようになってからも、大人は近くで見守りましょう。 坂道 三輪車にのった状態で坂道で遊ぶのは危険です。 傾斜が緩やかな坂でも怪我につながってしまうことがあります。 三輪車から子供をおろし、ゆっくりと押しながら歩くようにしましょう。 裸足 三輪車に乗せるときは、裸足で乗せるのは避けましょう。 裸足で乗るのは大変危険です。 三輪車に乗せる前はしっかりと靴を履かせてから乗せましょう。 手押し棒は触らせない 三輪車に手押し棒がついている場合、子供には触らせないようにしましょう。 子供に手押し棒をさわらせてしまうと、押すことに夢中になってしまうため、良く周りを確認せずに突き進んでしまいます。 重さをささえきれないときもあります。 怪我や事故を防ぐためにも、大人が必ず使用し、子供におさせないようにしましょう。 おすすめの手押し棒付き三輪車 スマートトライク(smarttrike) 三輪車ヴォヤージュ• アンパンマンの三輪車が子供に人気のキャラクターとなりますね。 三輪車でも人気が高く、子供が興味津々となる三輪車ですね。 折り畳めるタイプがあり、コンパクトに収納することができます。 操作も簡単なのでおすすめです。 無印 三輪車 自分でこげるようになってからがおすすめです。 シンプルデザインです。 これ以上はないのではないかとおもうほどシンプルな作りです。 無印らしい魅力のある三輪車となります。 好みでカラーを選ぶことができますし、別売りですが前にかごをつけることで、可愛らしさが出ますね。 まとめ 子供にとって三輪車は遊ぶための道具というだけではなく、筋力がついたり、自転車に乗るための基本的な動作を覚えることができあす。 最初はうまくのれないこともありますが、徐々に上手に乗ることが出来る用意なり、元気に走り回って遊ぶことでしょう。 手押し付き三輪車で取り外し可能なものは長い期間遊び続けることができますね。 収納する場所が少ないという場合は、コンパクトに収納できるタイプのものを選ぶとよいですね。 タイミングや環境に合わせて最適な三輪車が選べますように。

次の