ロック アプリ iphone。 ロック画面の設定

知ってた? iPhoneのメモをパスワードでロックする方法。重要な情報をしっかり守ろう

ロック アプリ iphone

毎月月末になると、データ通信量制限(パケ死)の恐怖に怯える人も少なくないでしょう。 Wi-Fiが無い環境で動画を見たり、Safariを毎日長時間利用するユーザーなら、5GB・7GBなんてあっという間。 私の友人には20GBあっても足りないという猛者もいるくらいです。 そして、動画やSafari以外にもデータ通信量を食っている存在があります。 それがアプリです。 普段はデータ通信量制限がかからない人でも、突然のアプリの暴走によってデータ通信量制限がかかってしまう事例があります。 実際に私も某ニュースアプリがGB単位で暴走し、データ通信量制限にかかった経験があります。 そこで知っておきたいのは、 どのアプリがデータ通信量を消費しているのかを調べる方法です。 紹介していきましょう。 アプリのデータ通信量を調べる方法 【設定】から 【モバイルデータ通信】を選択。 少し下にスクロールすると、アプリ毎にどれくらいデータ通信量を消費しているのかチェックすることができます。 アプリの内容や仕様にも寄りますが、やはり常に通信が必要なアプリは消費が多いですね。 プレイ時間が極端に多いアプリも当然消費は多いです。 月に一回リセットするのがオススメ ただし、ここに集計されているデータは今まで使ったトータルのデータです。 決して今月のデータではありません。 きちんと毎月データ通信量をチェックしたい人は、一番下までスクロールして 【統計情報リセット】をしましょう。 月に1回、例えば「毎月月末30日にやる」などルールを決めておくと、データ通信量制限の抑止に繋がりますよ。 iPhone説明書TOPページ•

次の

「公式」AnyUnlock

ロック アプリ iphone

Contents• もし忘れてしまって何度か試してみると、デバイスがロックされてしまいます。 そんな強力なパスコードを解除できるアプリがあります。 それが「」です。 AnyUnlockには様々な機能がありますが、一番強力で役に立つのは「画面ロックを解除」する機能でしょう。 このような場面で役に立ちます。 ロック画面のパスコードを忘れてしまった• パスコードを何度も間違えて、デバイスがロックされてしまった• Touch IDやFace IDが反応しない• 中古でiPhoneを買ったらロックされている• 画面が割れてロック解除ができない 日々使っているiPhoneならパスコードを忘れることはあまりないかもしれません。 しかし古いiPhoneを久々に使おうとしたら忘れていることはありそうです。 一番困るのはメルカリなどで中古のiPhoneを買ったとき、ロックが解除されていなかったらどうしようもなくなります。 しかしiPhoneやiPadの強固なセキュリティを解除できるのでしょうか? 実際に検証してみました。 パソコンでアプリを起動して「画面ロックを解除」を選択するとこのような案内が表示されます。 専門的な知識が必要ないところもAnyUnlockの特徴です。 案内のとおり、パソコンとiPhoneをLightningケーブルで接続して、電源ボタンと音量ボタンを同時に長押しします。 アプリがiPhoneを検出するとこのように画面が変わります。 iPhoneに対応するiOSをダウンロードするようです。 「ダウンロード」ボタンをクリックします。 (右下はiPhoneの画面です) ダウンロードするサイズはかなり大きいので時間がかかります。 iPhoneの画面には特に変化はありません。 ダウンロードが完了すると注意事項が表示されます。 ロック解除が完了すると、すべてのデータは消去されます。 デバイスのバッテリー残量が十分にあるか確認してください。 iPhoneを探すがオンの場合、ロック解除後にはiCloudアカウント(筆者注:Apple ID)を登録してデバイスを設定する必要があります。 ロック解除後、デバイスのシステムは最新バージョンにアップデートされます。 要するに、パスコードを解除することで新しいiPhoneとして設定されます。 問題なければ「今すぐ解除」をクリックして、画面ロックを解除します。 パスコードの解除を処理中という画面になります。 その間もiPhoneには特に変化はみられません。 「ロック画面が正常に解除されました」と表示されます。 この時、iPhoneは自動的に再起動されます。 この状態まで来たということは、パスコードロックが解除されているとわかります。 説明すると「全ての設定をリセット」するためにはパスコードの入力が必要です。 ここまでの作業でパスコードを入力することなく「全ての設定をリセット」できました。 説明どおりパスコードを解除できたということになります。 iPhoneの初期設定を進めていくと「アクティベーションロック」の画面になります。 ここはこのiPhoneで使っていたApple IDとパスワードが必要になります。 Apple IDをもし忘れていたとしても「Apple IDを忘れた場合」のページで調べることができるので問題はないでしょう。 AnyUnlockは「Apple IDを削除」する機能もあります。 iOS11以前は無条件で、iOS12以降は「iPhoneを探す」を無効にすることでApple ID削除が可能です。 初期設定を進めていくと「古いパスコード」の入力が求められます。 これはiCloudに保存されているWebのパスワードが暗号化されているためです。 その「古いパスコード」は忘れてしまったわけですので、ここでは青い文字の「iPhoneのパスコードをお忘れですか?」を押します。 そして次の画面で「パスコードをあとで入力」を押します。 スポンサーリンク ロックを解除したiPhoneを新しいiPhoneとして使う 初期設定が終われば、新しいパスコードでiPhoneを使えるようになります。 しかしやることがひとつ残ります。 「古いパスコードで暗号化されたデータ」を削除することです。 古いパスコードで暗号化されたデータは新しいパスコードでは読み込めません。 中古で買ったiPhoneなのに、新しいパスコードで読み込めると困るので、このような制限になっています。 この暗号化データを削除します。 iPhoneの「設定」を開くと「Apple IDの設定」を続ける必要があるので、メニューを開くと「Apple IDの提案」という画面になります。 「続ける」を押します。 iPhoneのパスコードを入力します。 これはさきほど初期設定した新しいパスコードです。 そして先ほども出てきた「古いパスコード」の入力画面になります。 これを忘れてしまっているので、「iPhoneのパスコードをお忘れですか?」を押します。 「暗号化されたデータをリセット」を押します。 再度確認されるので「暗号化されたデータをリセット」を押します。 これでパスコードを忘れてしまったiPhoneはほぼ新しいiPhoneとして使えるようになりました。 「ほぼ新しい」というのは、Apple IDは以前と一緒という意味です。 様々なロックを解除できる「AnyUnlock」 ここまで検証したように、「AnyUnlock」というアプリはロック画面の解除ができます。 ロック画面を解除することで、暗号化されたデータは消えてしまうことになります。 例えばWebサービスやアプリのパスワードは消去されるのでログインし直す必要があります。 しかし、アプリの購入履歴は残っているので、有料のアプリを使っていた場合は再度インストールして使えます。 もしiCloudに写真を保管していたのであれば、写真や動画も残っています。 Apple IDを別のものに変更すれば、完全に新しいiPhoneとして使うこともできるので、ひとに譲ったり、中古で売ったりすることも考えられます。 ロック画面の解除以外にも「AnyUnlock」はこのような機能があります。 もし、あなたが実際に使ってみてうまく解除できないようであれば、24時間365日のサポートが受けられます。 結果的に解除ができなかった場合でも60日間全額返金保証付きなので安心してください。 実際に検証してみた経験から、自信を持っておすすめできるアプリです。 ぜひ使ってみてください。 公式サイト:.

次の

ロック画面の設定

ロック アプリ iphone

iPhoneのパスコードを忘れてしまい、画面がロックされまま、使えなくなってしまった経験はありますか。 実は、万が一そうなってしまったでも、解決する方法があります。 今回はロックされたiPhoneを解除・復元する方法を紹介させていただきます。 目次:• iPhoneのパスコードを忘れてしまった時、iPhoneの画面ロックを解除する方法 あなたのiPhoneはちゃんとパスコードを設定し、ロックしましたか?ほとんどのスマホのパスコードは、4桁の数字もしくは複数の英数字によって構成されます。 きっと多くの人は、「これなら忘れない!」と自分に馴染みのある文字列をパスコードに設定していると思います。 でも、もし万が一パスコードを忘れてしまったら、どうすればiPhoneのロックを解除できるのかと疑問を抱いている方も少なくないと思います。 iPhoneのでパスコードの入力を6回間違えると、iPhoneが1分間操作不能になります。 その後また間違えると、今度は5分間操作不能になってしまいます。 このように、パスコードを間違える度に操作不能になる時間がどんどん長くなり、連続11回間違えると、iPhoneは完全にロックされてしまい、すべての操作ができなくなってしまいます。 こうなってしまった場合は、もうiPhoneの画面ロックが解除できなくなり、どうすればいいかと迷ってしまう方が多いですが、 実はiPhoneのロック画面を解除するにはまだいくつかの方法があります。 iPhoneの画面ロックを解除する方法 方法1:iTunesでiPhoneの画面ロックを解除 一つ目の方法はiTunesを利用してiPhoneの画面ロックを解除することです。 事前にバックアップをとっていれば、この方法で簡単にロックを解除できます。 まず、パソコンでiTunesを起動し、iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。 iTunesがiPhoneを認識できたら、画面左上のiPhoneマークから『概要』をクリックし、『バックアップ』欄が現れるまで右画面をスクロールします。 次に、『バックアップを復元』をクリックし、先程作ったバックアップファイルを復元のために選択します。 これでiPhoneをロック画面から解除することができます。 しかし、前述のように、この方法を使うには、事前にバックアップを取っておく必要があります。 万が一の事態に備え、iPhoneのバックアップはこまめに取ることをオススメします。 実は、バックアップを取る&復元するだけなら、iTunesよりも使いやすいソフトがあります。 それは、「」というソフトです。 欧米ではすでに一定の知名度を持っているので安心して使えます。 画面が見やすく、操作難易度も低いので、iTunesにまだ慣れていない方にはオススメです。 方法2:『iPhoneを探す』を使ってiPhoneの画面ロックを解除 この方法を使うためには、 バックアップファイルと他のiOSデバイスが必須となります。 まず、ロックが解除出来なくなったiPhone以外のiOSデバイスに『iPhoneを探す』というアプリをダウンロードします。 次に、アプリにAppleIDとパスコードを入力してログインします。 すると、画面上にログインしたAppleIDと紐付けされているデバイスが表示されます。 ここからロックが解除出来なくなったデバイス名をタップし、続けて『アクション』をタップします。 すると、画面右下に『iPhoneを消去』という項目が表示されますので、これをタップしてiPhoneを初期化します。 このあとは、バックアップファイルを初期化したiPhoneに適用して復元すればOKです。 また、iTunesでの復元がうまくいかず、『iPhoneを探す』というアプリでiPhoneを初期化できなかった場合は、iPhoneを強制的にリカバリーモードにし、復元するという方法もあります。 まず、Phoneの電源をオフにし、ホームボタンを押したまま、デバイスをUSBケーブルでiTunesに接続します。 この時、ホームボタンを離さないでください。 『iTunesに接続』画面が表示されるまで押したままにしましょう。 iTunesに接続してもデバイスに電源が入らない場合は、ホームボタンを押したまま電源を入れます。 iTunesがiPhoneを正確に認識できたら、iTunesの画面に『iTunes はリカバリモードの [デバイス] を見つけました』というポップアップメッセージが表示されるはずです。 ここで『OK』をクリックするとiTunesがiPhoneの初期化はできるようになります。 ステップ1.「Dr. Fone」を起動して、画面のロックを解除したいiPhoneを接続します。 まずは、』を起動して、メイン画面の「ロック解除」機能をクリックします。 次は表示された画面から「iOSロック解除」を選択します 次は、画面ロックされたiPhoneをパソコンに接続して、「開始」ボタンをクリックします。 iPhoneのロック画面を解除する前に、リカバリー(DFU)モードで起動する必要があります。 以下手順を従い、iPhoneデバイスをリカバリー(DFU)モードに設定してください。 その他のAppleデバイスをリカバリーモードにする場合 1:デバイスを接続して、「開始」ボタンをクリックしてください。 2:「電源ボタン」と「ホームボタン」を同時に長く押してください。 3:電源ボタンを外して、ホームボタンを押してください。 2:「電源ボタン」と「ボリュームダウンボタン」を同時に長く押してください。 3:「電源ボタン」から指を離して、「ボリュームダウンボタン」を長押してください。 2:ボリュームアップ・ボリュームダウンボタンを一回ずつ押してください。 ステップ2.画面がロックされたiPhoneのフォームウェアーをダウンロードします。 ロックされたiPhoneの機種、モデル、OSバージョンを設定し、「ダウンロード」ボタンをクリックしてください。 ダウンロードが始まります。 ステップ3.iPhoneの画面ロックを解除します。 画面ロックを解除すれば、すべてのデータは削除されるので、最終確認をするために、六つの「0」を入力してください。 そうすると「Dr. Fone」はロックされたiPhoneをアンロックしてくれます。 画面ロックを解除する処理は数分かかる場合があります。 終了までしばらく待ちましょう。 これで、』を利用して、iPhoneの画面ロックを解除する操作はすべて完了となります。 「Dr. Fone-iPhone画面ロック解除」の詳しい使い方は以下動画をご覧ください。 Foneを使えば画面ロックが解除されたiPhoneのデータを復元できる! iPhoneの画面ロックが解除された3つの方法を紹介してまいりましたが、共通点としては、『どれも必ずiTunesもしくはiCloudで作成したバックアップファイルが必要』ということでした。 バックアップを先に取っておかないと、iPhoneを初期化せざるを得なく、データが全部消えてしまいます。 自分は果たしてバックアップを取ったかどうかがわからないという方もいるかと思いますので、そんな時に、、を使ってみましょう。 Foneを使えば、iPhoneを復元できるバックアップファイルがあるかどうかを確認できます。 それでは、「iTunesバックアップファイルから復元」というモードを利用して、画面ロックが解除されたiPhoneのデータを復元する方法を紹介します。 まずは画面ロックが解除されたiPhoneからデータを復元できるソフトWondershareの をパソコンにダウンロードしましょう。 ステップ1: をインストール インストールが完了したらソフトを起動します。 その後、USBケーブルでパソコンと画面ロックが解除されたiPhoneを接続します。 ステップ2:画面ロックが解除されたiPhoneのデータをスキャン 製品メニューの「復元」、「iTunesバックアップファイルから復元」をクリックして、復元したいデータのバックアップファイルを選択して、「スキャン開始」をクリックします。 すると、ロックされたiPhoneのデータをスキャンし始めます。 ステップ3:画面ロックが解除されたiPhoneのデータを復元 スキャンが終了後、画面ロックが解除されたiPhoneのデータがプレビュー表示ができます。 後は復元したいデータを選択して、復元ができます。 なら、iPhoneの消えてしまったデータを完全に復元することができます。 ぜひお試しください。 まとめ iPhoneのロックを解除する方法と、データを復元する方法を紹介してまいりましたが、いかがでしたでしょうか。 は、想像を超えた便利なツールであり、しかも有料機能につきましては、「 支払いする前に効果をプレビューできる」、「 問題が解決できなければ返金に対応する」などの特徴があるので、ダウンロードしておくと、いざという時に役に立ててくれるはずです。 ぜひダウンロードして、その強力な機能を体験してみてください。

次の