俺ガイル ss 同窓会。 比企谷八幡×由比ヶ浜結衣
八幡「やはり俺は合コンになど来るべきではない。」

【俺ガイル】静「じゃじゃーん!」 : やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS

俺ガイル ss 同窓会

八幡「俺はどう反応すればいいの?」 川崎「いや・・・・・そういう夢を見たってだけだし・・・」 八幡「だからそれを俺に言われてもさ・・・・・」 川崎「どう返していいかわかんねぇよって?」 八幡「分かってんなら言うなっての。 」 川崎「で?どうするの?」 八幡「どうするのって何が?」 川崎「私を嫁にする気があるの?」 八幡「話飛びすぎだろ。 大体お前も俺なんかじゃ嫌だろ。 」 川崎「あんたなら嫌じゃない。 というかあんたがいいんだけど。 」 八幡「・・・・自分で何言ってるかわかってるか?」 川崎「分かってるよ。 あんたに告白してる。 」 八幡「理解してる上での発言か。 困ったものだ。 」 川崎「さっさと答えてよ!・・・・・恥ずかしいんだから・・・・・」 八幡「そんなに怒鳴るなよ。 というかお前ってそこまで積極的なやつだったか?」 川崎「あんな夢見たらもう我慢できなくてさ。 それに誰かさんに取られたら嫌だし。 」 八幡「誰かさんって誰だ?」 川崎「別に知らなくていいよ。 八幡は私だけ見てればいいよ。 」 八幡「もう名前呼びかよ。 ついていけない。 」 川崎「じゃ、じゃあ!私と結婚したら専業主夫にしたげる!これでどう?」 八幡「その誘いは十分魅力的だ。 だが、現実にそんなことができるとは思ってない。 」 川崎「・・・・・私のどこがダメ?」 八幡「ダメな部分はわからん。 川崎は家事も出来て、家族想いの優しいやつだ。 それに顔だって十分可愛い。 だからこそ反対側の住人の俺となんて付き合ったらダメなんだ。 」 川崎「か、かわ・・・っ!かわいい・・!八幡が私に可愛いって・・・!」 八幡「ダメだ。 そこだけしか聞こえてない。 」 川崎「それで八幡。 子供は何人欲しい?いっぱい欲しい?私頑張るよ?」 八幡「だから話が飛びすぎだっての!」 川崎「・・・・どうしたら私と結婚してくれるの?」 八幡「誰も結婚するとは言ってないし。 」 川崎「彼女にしてください。 」 八幡「弥海砂は好きだけど、ここで言われてもな・・・・・」 川崎「じゃ、じゃあ!実質、京華が妹になるよ!」 八幡「家族で釣ろうとするな。 家族想いの言葉撤回するぞ。 」 川崎「ごめん・・・・」 八幡「まぁ、それは確かに魅力的な提案だな。 」 川崎「じゃ、じゃあ!!!」 八幡「だが無意味だ。 」 川崎「!?」 八幡「すまん。 ニーサンキャラをやれって事かと。 」 川崎「弟はいるけど、ライダーでもないし、泥棒でもないし・・・・」 八幡「ネタ通じるのな。 」 川崎「大志が見てるからね。 ・・・・・話を戻そうか。 」 八幡「話を変えられなかった。 」 川崎「いつまでも長く一緒にいたいね。 」 八幡「あれ?すでにもう結婚してる雰囲気。 」 川崎「私の名前は比企谷沙希。 旦那はただいま出張中。 子供は11人。 」 八幡「結婚してないし、俺出張なんだ。 しかも11人って。 俺も川崎も頑張りすぎ。 」 川崎「私頑張れるよ?」 八幡「いいよ。 頑張んなくて。 」 川崎「分かった。 」 八幡「良かった。 ようやくわかってくれた。 」 川崎「2人ぐらいで避妊しとくね。 」 八幡「ダメだった。 分かってなかった。 」 川崎「もういいよ。 」 八幡「そうか。 諦めたか。 」 川崎「放課後に奉仕部に行くね。 結婚の挨拶に。 」 八幡「やめて。 マジやめて。 俺が殺される。 」 川崎「じゃあ私と付き合ってよ。 」 八幡「結婚からランクダウンした。 」 川崎「先にお付き合いしてからお突き合いでしょ?」 八幡「下ネタじゃねぇか!」 川崎「お突き合いした後にコウノトリが赤ちゃんを運んでくるんでしょ?」 八幡「既にお突き合いって言ってるからね?もう純粋な子供は無理だぞ?」 川崎「本当に放課後に奉仕部行くね?」 八幡「お付き合いさせていただきます。 」 川崎「やった!ようやく念願がかなった!」 八幡「付き合うのはいいんだがいいのか?俺なんかで。 」 川崎「自分を卑下するのはやめてほしい・・・・」 八幡「急にどうした。 」 川崎「自分を犠牲にして誰かを助けないでほしい。 そこにいる相模だってそうだったんでしょ?」 八幡「相模の話はどうでもいい。 俺は自分を犠牲にしたつもりはない。 」 川崎「結果的にそうなってるじゃん。 」 八幡「まぁ、これからはしないから安心しろ。 」 川崎「ありがとう。 安心した。 」 八幡「おう。 それなら帰りにどっか寄るか?」 川崎「うん。 八幡の家でもいい?」 八幡「それでいいなら。 」 川崎「八幡の家がいい。 」 八幡「わかった。 じゃあ席に戻った方がいいぞ。 」 川崎「そうだね。 」 平塚「・・・・・・・・・授業中だぞ。 比企谷と川崎。 お前ら後で生徒指導室な。 」 八幡&川崎「「・・・・・・・はい。 」」 生徒指導室に呼び出された二人に待っていたのは最初は説教だった。 ・・・・・・・・徐々に、平塚静の結婚に対しての愚痴に変わっていったが。 誰か早くもらってあげて!!!俺はもう貰えないから!! 部室に行ったら雪ノ下と由比ヶ浜から質問攻めにあった。 部活も終わりの時間を迎えた時、由比ヶ浜が俺の家に行く!と言い出した。 雪ノ下も誘って。 やめて。 家なのにライフポイントが0どころかメーター振り切っちゃいそう。 何とかそれは阻止した。 校門に行くと川崎が待っていた。 しばらくの間何を話していいか分からず無言のままだった。 家に着くと誰もおらず、両親は出張。 小町は友達の家にお泊りすると書置きされていた。 ちなみに何も起こることなく次の日の朝を迎えた。 朝食は川崎・・・・・・沙希が作ってくれた。 何が驚いたって、本当に川崎沙希と付き合うこと。 正直妄想はしてた。 料理美味いし、家族想いだし、可愛いし。 最高の彼女になるのではないかと。 現実になるとこんなに嬉しい感情を持つことに驚いた。 川崎沙希と付き合ってから度々思うことがある。 「沙希が夢で言ったような家庭を持つのも悪くない」 って。

次の

比企谷八幡×由比ヶ浜結衣
八幡「やはり俺は合コンになど来るべきではない。」

俺ガイル ss 同窓会

60 やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 vip2ch. 90 いろは「雪ノ下先輩って、先輩の事好きなんですか?」 雪乃「ええ、それが?」 いろは「え?、か、簡単に認めるんですね。 」 雪乃「ええ、隠してもしかたがないわ。 35 いろは「かっ、カマかけたんですか」 雪乃「私は答えたもの。 いけなかったかしら」 いろは「い、いえでも雪ノ下先輩みたいな人が簡単に認めると思っていなかったというか」 雪乃「虚言は吐かないの。 真剣な質問のようだったし」 いろは「だ、だれに聞かれてもそんな簡単に答えるんですか?」 雪乃「まさか。 73 いろは「で、でも、あの先輩とですよ。 雪ノ下先輩とじゃつりあわないというか・・」 雪乃「容姿ということを言っているのなら、あなたとだって、とてもお似合いとは思えないけれど」 いろは「う、それは。 で、でも全くそんな様子見せてませんよね」 雪乃「そうね。 やはりひと目のあるところでというのは・・ちょっと困るかしら」 いろは「それって雪ノ下先輩も先輩と噂になるの恥ずかしいと思ってるってことじゃないんですか?」 雪乃「当然でしょう。 好きな人と噂になるんですもの。 76 雪乃「そういう意味ではあなたを尊敬しているのよ。 」 いろは「?」 雪乃「あなたのようなアピールは、彼に対してはとても効果的だと思うから・・。 45 いろは「じゃあ本当に校内で噂になったりしたらどうするんですか?」 雪乃「その時はしかたないわね。 でも比企谷くんと私がそうだなんて誰も信じないだろうけどく(クスクス)」 いろは「それってやっぱり二人は似合わないと思ってるんじゃないんですか?」 雪乃「一般論よ。 おそらく他人から見ればそうなのではないか?というだけね。 06 いろは「でも、前に葉山先輩との噂が流れた時そんなに困ったって風でもなかったですよね?」 雪乃「そんなこともあったわね。 まあ気にはならないわ。 むしろ葉山くんのほうが大変かもね。 興味はないけれど」 いろは「でもほら、先輩に聞かれたら困るとか」 雪乃「あの時は私より先に彼の耳に入っていたのだけれど。 それに彼はあの噂の原因になった時にその場にいたのよ」 いろは「そうなんですか?」 雪乃「ええ。 本当に彼に疑われたとしたら何かしらの対処をするけれど、それはないでしょう。 98 いろは「そ、そうですか?やっぱり妬む娘とかいると思うんですけど」 雪乃「いるでしょうね。 昔はそれでひどい仕打ちを受けたことも有るのだけれど・・・」 いろは「やっぱりそういうこと有りますよね」 雪乃「そうね、でももう実害がある・・と言うほどのことにはならないでしょうね。 」 いろは「実害・・・無いですかね?」 雪乃「あるとしたら、そんな気概や度胸が有る人なんて、三浦さんと・・あとはあなたぐらいかしらね(ニコッ)」 いろは「(ゾクッ)」 雪乃「まあ有るなら叩き潰すだけね。 17 いろは「でも先輩ですよ、先輩。 どういうところが好きなんですか?雪ノ下先輩みたいな人が好きになる要素ないって思うんですけど」 雪乃「一概にどこがとは言えないのだけど・・・、そうね、少なくともあなたが好きなところは私もすべてそうだと思うわ」 いろは「・・・・・、ででも、先輩って専業主夫希望とか言ってるダメ人間ですよ。 将来性ゼロっていうか」 雪乃「それが何か問題あるかしら。 00 雪乃「現在の日本においては、女性のみの収入で家族を養う収入を得続けるのはとても大変なの。 そもそも女性が定年まで働ける場所というのがかなり限定されてしまうわね」 いろは「はあ」 雪乃「その上で出産や育児の休暇をとった後でも元のポジションで復帰できる職種や企業となると、相応の学歴がないと難しいでしょうね。 17 雪乃「でもそれで構わないと思うわ。 23 雪乃「ひょっとすると教師なんて向いているのかもしれないわね。 93 いろは「でも本当に養ってくれるような人がいたらそのままヒモになりそうな気がしません?」 雪乃「そうかしら?私はむしろ、一人で生きていけるプランをいくつも考えていても不思議はないと思っているわ。 」 いろは「そうですか?」 雪乃「そういう女性を本気で射止められる、とは思っていないんじゃないかしら」 いろは「それはそうかもですけど」 雪乃「そうよ、だってあなたや由比ヶ浜さんみたいな人から好意を受けて、タダ戸惑ってしまうような人よ。 (クスクス)」 いろは「それはたしかに」 雪乃「ええ、そうよ。 41 雪乃「あら、まだ納得出来ないって顔ね?あなたも知っているでしょう。 基本的に疑り深く用心深い。 」 雪乃「だから徹底的にリスクを潰して、それでも自分の周りの状況を完全に他人の行動に任せておく事ができない。 」 雪乃「そして動くときは動く。 最良と言わなくてもより良い結果を出そうとする。 特に誰か他の人の為に動くときは特に。 91 いろは「でもそれって結衣先輩も先輩のこと好きって事はわかってるんですね」 雪乃「確認したわけではないのだけれど、おそらくそうよね。 」 いろは「確認って、あんなのバレバレじゃないですか」 雪乃「もちろん好意を抱いてるということはわかるのだけれど、私にはどの程度・・という事を推測する自信はないの」 いろは「?、どうしてですか?」 雪乃「私にとっては、いままでそういったことを判断する基準が、私への敵意だったからよ」 いろは「?」 雪乃「さっき妬むって話をしたのはあなたでしょう。 そういうことよ。 15 いろは「じゃあ結衣先輩が先に告白したらどうするんですか?」 雪乃「わからないわね。 由比ヶ浜さんは本当に大切な友達。 ここで三人で過ごす時間も本当に大事なものなの。 変わらずにいられればと・・ずっと考えているのだけれど・・」 いろは「でも恋愛でそういうのって絶対うまく行きませんよ」 雪乃「やはりそうよね。 それでもここは、私達が自分をごまかしたり・・そういうもっとも忌諱する事をしてまで守りたかった場所。 64 いろは「でも・・それじゃ・・その・・先へ進めないじゃないですか」 雪乃「私だって迷うことぐらい有るのよ。 ずっと考えているし、答えが出せる気がしない。 あなたも聞いてたんでしょ」 いろは「・・知ってたんですか?」 雪乃「あんなところにいればね。 ふふ」 いろは「・・・・」 雪乃「自分をごまかして身を引いて・・由比ヶ浜さんもそういうことを望んではいないと思うの」 いろは「それなら自分が先に告白するとか思わないんですか?」 雪乃「考えてるわ。 50 雪乃「私と彼は今勝負をしているの。 審判が平塚先生の主観によるものというのが少々不満ではあるのだけど・・」 いろは「勝負?」 雪乃「そうね、私と彼のどちらが・・・、まあ内容はいいわ。 19 いろは「な、いくらなんでもそれは」 雪乃「ふふふ、まあそうね。 高校生の賭け事の賞品としては、あまり常識的とはいえないかも」 いろは「あたりまえです。 非常識です」 雪乃「もちろんそうね。 彼なら言うとしても冗談でしょうね。 冗談でも平塚先生なら文字通り力ずくで止めると思うけれど、くすくす」 いろは「そういうのはありえないとわかって勝負するって、それってずるくないですか」 雪乃「あら、そうなっても構わないって言うのは本当よ。 06 雪乃「それにもちろんわざと負けるつもりはないわ。 私こう見えて勝負事は大好きだし、勝ち負けには拘るタイプなの」 いろは「(みてればわかりますけどねー)」 雪乃「何か?」 いろは「いえ、なんでもないです」 雪乃「そう。 56 雪乃「ところで、一色さんは、葉山くんのことはもういいのかしら?」 いろは「あ、あははは。 えー」 雪乃「話したくないなら別に構わないわ。 26 いろは「い、今はもう先輩だけです。 葉山先輩は吹っ切れたというか・・先輩に近づく口実というか・・。 」 雪乃「あら、簡単に認めるのね」 いろは「雪ノ下先輩にそこまで話させたら私が言わないわけにいかないじゃないですか・・何かそういうの卑怯だし・・。 」 雪乃「ふふ、やっぱりあなったって可愛いのね。 31 雪乃「は、入ってきなさい」 八幡「あ、いや・・」 雪乃「そ、そう。 ならそのまま。 92 雪乃「では、比企谷くん、入ってらっしゃい」 八幡「い、いや、でもだな」 雪乃「比企谷くん、これでも私、今動揺してるの」 八幡「・・」 雪乃「聞かれてしまった以上、明日からのあなたへの対応を・・」 八幡「・・」 雪乃「そうねアプローチの手段であるとか、そういうものを考える必要があるのだけれど」 八幡「・・」 雪乃「今一人になれるのであれば・・、とても冷静に、私にとって最良の方法を考えられると思うわ」 八幡「・・」 雪乃「例えば、そうね、・・一色さんのようにあなたに接してみるとか・・ふふ」 八幡「(ビクッ)」 雪乃「女性に免疫のないあなたに対処できるかしら?」 八幡「・・」 雪乃「状況を利用して揺さぶりをかけ、情報を引き出す・・・あなた得意よね?」 八幡「・・」 雪乃「今日の内にそれをしておくほうが、よりベターだと思うのだけれど」 八幡「う」 雪乃「わかったら入ってきてそこに掛けなさい。 80 ゆきのんいいっすね^~ 最近いろはすばっかだったから嬉しいよ.

次の

【俺ガイル】静「じゃじゃーん!」 : やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。 SS

俺ガイル ss 同窓会

平塚「・・・・という事で、私の知り合いの男を2人呼んだわけだが・・・・」 小町「ご協力ありがとうございます!」 男A「ど、どうもっす。 ナンパなんて初めてなんで上手くできるかわかりませんが・・・」 男B「まぁやってみます・・・」 平塚「由比ヶ浜達はいいのか?」 小町「結衣さんたちもかなりノリノリでした!」 平塚「そ、そうか・・・」 小町「という訳でこのモニターでお兄ちゃんの様子を見てみましょう!」 平塚「どうやって撮影してるかは聞かない方がいいか・・・・」 ----- ---- --- -- - 由比ヶ浜編~雪ノ下との待ち合わせの最中にナンパされる~ 八幡「小町遅いな・・・・待ち合わせの時間過ぎてるぞ・・・ん?あれは由比ヶ浜か?」 ~ 小町(モニター越し)『お兄ちゃんが早速結衣さんを発見!!』 平塚(モニター越し)『なぁ。 声はどうやって拾ってるんだ?』 小町(モニター越し)『お兄ちゃんの洋服に簡易的な盗聴器が仕掛けてあるだけですよ?』 平塚(モニター越し)『そんな物が中学生に用意できるわけが・・・・陽乃か・・・・』 小町(モニター越し)『はい!面白そうだって事でくれました!』 平塚(モニター越し)『あいつは・・・・』 小町(モニター越し)『そしてここで平塚先生の知り合いの男性2人が登場!!』 ~ 男A「キミカワイイネー。 オレタチトイッショニアソバナーイ?」 男B「カラオケトカオゴッチャウヨー?」 ~ 小町(モニター越し)『まさかの棒読み!!中国人みたいになってます!これは演技だとバレるか!?』 平塚(モニター越し)『ナンパ初挑戦だからな・・・大目に見てやってくれ・・・』 ~ 八幡「なんだ・・・?由比ヶ浜が中国人からナンパされてるぞ・・?ってかあれは中国人なのか・・・?」 ~ 小町(モニター越し)『やはり疑っている!!助けないまま見過ごすのか!?』 平塚(モニター越し)『比企谷妹・・君はテンションが高いな・・・』 小町(モニター越し)『モチのロンです!!!』 ~ 由比ヶ浜「いや、あたし待ち合わせしてるんで・・・ごめんなさい・・・」 男A「ソンナコトイワズニアソボウヨー」 男B「スコシグライイイジャンカー」 由比ヶ浜「本当に待ち合わせなんで・・・・」(棒読みすぎますって!)ボソッ 男A「エエーアソンデヨー」(ナンパ初挑戦なんで・・・)ボソッ 男B(早く俺達を助けに来てくれ・・・)ボソッ 八幡「ちょっとあんたら。 」 男A「ん?」 男B「あ?」 八幡「そこまでにしましょうよ。 デパートの真ん前で待ち合わせしてる可愛い女の子ナンパなんてダサすぎですよ。 」(よしっ!最後はうまく言えたぞ!) 男B「カワイコちゃん!今度遊ぼうぜ!」(カワイコちゃんなんて漫画の中でしか聞いた事ないわ・・・) 由比ヶ浜「あ、ありがとう・・・助かった・・・・」 八幡「おう。 待ち合わせか?」 由比ヶ浜「うん。 ゆきのんと。 ただ時間過ぎてるけどね。 」 八幡「珍しいな。 雪ノ下が遅刻なんて。 」 由比ヶ浜「初めて来るところだから迷ってるのかもしれないけど・・・・」 八幡「方向音痴だからあり得るな・・・・」 由比ヶ浜「ヒッキーは?」 八幡「俺は小町と待ち合わせだ。 あいつも遅れてるがな。 」 由比ヶ浜「そっか。 あたしゆきのんを探しに行ってくるよ。 」 八幡「そうか。 まぁ見かけたら連絡するわ。 」 由比ヶ浜「ありがとう!じゃあまたね!」 八幡「おう。 」 ----- ---- --- -- - 小町「いやぁ~ヒヤヒヤしましたけど、何とか上手くいきましたね!!」 平塚「確かにな・・・・で、これで満足なのか?」 小町「いえ!これから雪乃さんといろはさん、それと沙希さんにもナンパをしていただきます!!」 平塚「なるほど・・だから追加で4人って言ったのか・・・すまんな。 4人共、またラーメンでも奢る。 」 男C「まぁ・・・静のいう事なら・・・」 男D「ご飯連れて行ってもらってるんで、その恩はちゃんと返しますよ!」 男E「ナンパなんてドラマとかのしかレパートリー無いけど頑張ってみるわ。 」 男F「ラーメンの為なら。 」 由比ヶ浜「ただいま~。 って人が多っ!!」 男A「あれ。 お前らも呼ばれたのかよ。 」 男B「めっちゃ緊張した~」 由比ヶ浜「これからゆきのんといろはちゃんとサキサキ?」 小町「はい!同じ人だと怪しまれるので追加していただきました!」 由比ヶ浜「追加って・・・・食べ放題の料理じゃないんだから・・・」 小町「で、どうでした?助けられた感想は?」 由比ヶ浜「すっごい嬉しかったよ!!何気に可愛い子って言ってくれたしね。 」 小町「さて!次は雪乃さんの番ですね!!モニターON!!」 ----- ---- --- -- - 八幡「まさか由比ヶ浜がナンパされるなんてな・・・・まぁ可愛いから仕方ないか。 俺たちこの場所に行きたいんだけどさ。 案内してくれないかな?」 男D「お礼にカラオケとかおごっちゃうからさ~」 雪ノ下「お断りするわ。 携帯のマップ機能があるのに何故私が手間をかけないといけないのかしら?」 男C「そんなこと言わずにさ~」 男D「カラオケじゃないほうがよかった??」 ~ 小町(モニター越し)『今度の人たちはめっちゃ上手いですね!!』 平塚(モニター越し)『あいつらやるな。 』 ~ 八幡「雪ノ下までナンパされてやがる・・・・そしてあいつに道を聞くとか自殺行為だぞ・・・」 ~ 小町(モニター越し)『雪乃さんってそんなに方向音痴なんですか?』 由比ヶ浜(モニター越し)『そうだね~。 かなりのものかな?』 小町(モニター越し)『果たしてお兄ちゃんは助けるのか!?』 ~ 八幡「見過ごすのも気分悪いな・・・あの。 」 雪ノ下「しつこいわ。 ・・・・比企谷君?」 男C「何この人。 彼氏?」 八幡「彼氏じゃな・・・」 雪ノ下「そうよ。 付き合いたてだから名前呼びではないのだけれど。 」 男D「何だよ。 彼氏持ちならそう言ってくれよ。 行こうぜ。 」 男C「まぁまた機会があればな。 」 八幡「・・・大丈夫だったか?」 雪ノ下「えぇ。 ありがとう。 」 八幡「別に・・見過ごすのも気分が悪いって思っただけだ。 」 雪ノ下「それでもありがとう。 それより、比企谷君は今暇かしら?」 八幡「小町と待ち合わせだ。 もっとも、その小町がまだ来る気配がないが。 」 雪ノ下「由比ヶ浜さんを見かけなかったかしら?」 八幡「由比ヶ浜?このビルの裏にいたけど・・・連絡するって言ってたけど、きてないのか?」 雪ノ下「えぇ。 連絡来てないわね。 探してみるわ。 」 八幡「俺から連絡するか?」 雪ノ下「それには及ばないわ。 自分で探せるもの。 」 八幡「・・・迷うなよ?」 雪ノ下「大丈夫よ。 じゃあまた。 」 八幡「お、おう。 じゃあな。 」 ----- ---- --- -- - 小町「お疲れ様でした!」 男C「いやぁ~二人よりはうまくできたと思うけど、緊張したわ・・・・」 男D「声かけるの超怖かった・・・」 平塚「流石は元演劇部だっただけあるな。 」 小町「え?!演劇部だったんですか!?」 男C「何年前の話だよ・・・・高校生の頃の話だろ。 」 男D「平塚先輩はアニメのキャラ風になると途端に演技上手くなってましたよね。 懐かしいな~」 小町「先生も演劇部だったんですか!?」 平塚「う、うるさい!!墓穴を掘った・・・・次は一色か?」 小町「無理矢理話題変えてきた・・・・そうですね。 いろはさんは既にスタンバイ済みです!!」 ----- ---- --- -- - 八幡「いつになったら小町は来るんだよ・・・ん?あれは一色か?・・・・嫌な予感がする・・・・」 一色「あの~・・・私人を待ってるんですけど・・・」 男E「さっきからここで待ってるよね?すっぽかされたんじゃないの~?だったら俺たちと遊ぼうよ~」 男F「そうそう。 待ちぼうけ食らってんならラーメ・・じゃなくてカラオケいかない?」 一色「しつこい男は嫌われますよ?ほかをあたってください。 」 男E「いいから来なって!!!」 一色「きゃっ!!!」 八幡「その辺にしてくれませんかね。 こんな往来でナンパなんてダサすぎですよ。 」 一色「先輩!?」(ちゃんと来てくれた!!) 男F「何だお前?ラーメ・・・・じゃなくて痛い目見たくなかったら引っ込んでなよ。 」 男E(どんないい間違えだよ。 ) 一色(ラーメンと痛い目って相当違いますけど・・・・) 八幡(ラーメンって言いかけなかったかこいつ。 ) 男F「ちっ。 久々に可愛い子で遊べると思ったのによ。 いこうぜ。 」 男E「あぁ。 」 八幡「大丈夫か?」 一色「正直怖かったです・・・でも助けてくれてありがとうございます。 」 八幡「顔見知りがナンパされてるのを見過ごすのは気分が悪かっただけだ。 というか由比ヶ浜、雪ノ下に続き一色までナンパされてるなんてな・・・」 一色「結衣先輩たちも助けたんですか?」 八幡「別に助けたわけじゃねぇよ。 さっきも言っただろ。 顔見知りがナンパされてるのを見過ごすのは気分が悪かっただけだって。 」 一色「出ましたね捻デレ。 」 八幡「・・・・・小町か。 」 一色「どうでしょうね?・・・先輩はこれからお暇ですか?」 八幡「小町と待ち合わせなんだがな。 来なくてずっと待ってる。 」 一色「そうですか・・・・じゃあまた学校で会いましょう!!」 八幡「おう。 気をつけて帰れよ。 」 一色「はい!本当にありがとうございました!!」 八幡「わかったって。 はよ帰れ。 」 一色「は~い!!」 八幡「ふぅ・・・・・ってかあいつ待ち合わせはいいのかよ・・・・」 ----- ---- --- -- - 小町「さぁラストは沙希さん!!!今回は大志君もここに呼んであります!!ナンパ役は最初のお兄さん方!!」 大志「なんかよくわからないままなんですけど・・・・」 男性A「今度は頑張るぜ!!」 男性B「中国人は脱せたかな。 」 小町「早速お兄ちゃんの様子を見てみましょう!!」 ----- ---- --- -- - 八幡「疲れた・・・・・また場所変更って・・・帰っていいかな・・・ってあれは川・・・越か・・・?」 川崎「大志遅い・・・・いつまで待たせんのよ。 」 八幡「あいつも待ち合わせか。 ・・・・また嫌な予感がしてきたんだけど。 」 男性A「そこの青髪のお姉さん。 俺達と飲まない?」 男性B「もちろん奢っちゃうからさ~」 八幡「やっぱりナンパされてるし・・・・ってかあいつら由比ヶ浜をナンパしてた中国人・・?」 川崎「こんなところでナンパとか。 何考えてんの?あたしは弟待ってるだけだから。 」 男性A「強気なところも可愛いね~Mな俺としては責められたいわ~」 男性B「お前の性癖は暴露しなくていいわ。 気持ちはわかるけど。 」 川崎「警察呼ばれないうちに消えた方がいいよ。 」 男性A「誰も呼ばねぇだろ~」 男性B「早く行こうぜ。 」 八幡「そこらへんにしませんか。 」 川崎「誰・・・・?って比企谷!?」 八幡「あんたらまたナンパしてんの?由比ヶ浜もナンパしてたろ。 」 男性B「由比ヶ浜・・・?もしかしてあの胸大きかった子の事か?」 八幡「はぁ・・そうだよ。 中国人かと思ってたが違ったんだな。 」 男性A「失礼な奴だな。 ・・・・シラケた。 行こうぜ。 」 男性B「今日は収穫ゼロかよ。 」 八幡「大丈夫だったか?川・・・川・・・川越。 」 川崎「川越って誰だよ。 あたしは川崎だよ。 いい加減覚えなよ。 」 八幡「悪い。 冗談だ。 」 川崎「とりあえずありがとうね。 」 八幡「まぁ知り合いがナンパされてるのを見過ごすのは気分が悪かっただけだ。 って今日何回言えばいいんだこのセリフ。 」 川崎「由比ヶ浜もナンパされてたみたいなじゃない。 」 八幡「あぁ。 由比ヶ浜だけじゃなくて雪ノ下も一色もナンパされてた。 」 川崎「3人とも美人だから男は放っておかないだろうね。 」 八幡「何言ってんだ?それを言ったら川崎もだろ。 」 川崎「え!?」 八幡「川崎も美人だし、料理は出来るし家族想いだし、最高じゃねぇか。 ナンパするやつはそこまで知らないだろうけど。 大志のやつが遅くてね。 」 八幡「奇遇だな。 俺も小町と待ち合わせなんだが何度も場所変更してきやがって・・・帰ったら小町を説教だな。 」 川崎「ま、まぁお手柔らかにね。 」 八幡「おう。 じゃあな。 」 川崎「またね。 」 ------ ---- --- -- - 小町「どうだった大志君!!」 大志「なんかいつもの姉ちゃんの顔じゃなくて・・・言い方は悪いけど女って感じの顔がして少し複雑です・・・・」 小町「大志君もシスコンだったか~。 さてさて。 これで全員終わりましたね!!」 平塚「お疲れだったなお前ら・・・・」 男性A「緊張しましたよ・・・」 男性B「心臓バクバクでした・・・」 男性C「静の頼みはなんでも聞くからよ。 」 男性D「本当に疲れましたよ・・・・」 男性E「あんなんでよかったのかな・・・」 男性F「ラーメンの為なら。 」 小町「さて小町は・・・・ってあれ?お兄ちゃんを見失いました!!カメラさん!!探してください!!」 平塚「今更だけど誰がこんなことを・・・・・陽乃が頼んだのか・・・・」 小町「はい!!面白そうだと(ry」 平塚「あいつは本当に・・・・」 小町「あ!見つけました!!」 ----- ---- --- -- - 八幡「せっかくだから買い物でもしていくか。 ・・・・・ってあれは相模か?」 相模「遥もゆっこもまだかな・・・・すっぽかされたのかな・・・」 八幡「何だあいつ・・・・学校と全然違うじゃねぇか。 俺と並ぶぐらい暗いぞ。 ・・・ん?」 ナンパ男A「あそこにいる暗そうな女イケそうじゃね?」 ナンパ男V「ちょっと優しい言葉かけたり、お金ちらつかせたら簡単に撮らせてくれそう(笑)行くか。 」 八幡(こいつらマジかよ。 ・・・気分いいもんじゃねぇな。 ) ナンパ男A「ねぇ君。 この辺で取材してるんだけどお話いいかな?」 ナンパ男V「数分で終わるからさ。 」 相模「え?ウチ?待ち合わせしてるんでごめんなさい・・・」 ナンパ男A「そんな事言わずにさ~謝礼金も出るし!!」 ナンパ男V「そうそう!5万ぐらいでどうかな?」 相模「どう考えても怪しいんですけど・・・・」 ナンパ男A「全然怪しい者じゃないって!!さぁ行こう!!」 相模「ちょ、ちょっと放してくださいよ!!」 八幡「その辺にしときませんか??」 ナンパ男A「誰?」 相模「ひ、ヒキタニ!?」 八幡「一応そいつの学校の同級生です。 それと俺は比企谷(ひきがや)だ。 」 ナンパ男V「んだよ。 彼氏じゃねぇなら引っ込んでなよ。 男には興味ないから。 」 八幡「俺さっきあんたらの横にいたんだけど気付かなかった??」 ナンパ男A「あ?だから何?」 八幡「『ちょっと優しい言葉かけたり、お金ちらつかせたら簡単に撮らせてくれそう(笑)』って言ってたよな?」 ナンパ男A「は!?」 ナンパ男V「そんな事言ってないけど。 」 相模「何・・・それ?」 八幡「相模、お前この話にノッたらヤられるぞ。 それもAVの発売というおまけ付き。 世間に相模の裸が晒される事になる。 」 相模「最初からノる気なんてないし・・・・・ってか最悪。 」 ナンパ男A「ちっ。 久々の素人物で稼げると思ったのによ。 」 ナンパ男V「気分最悪だわ。 行こうぜ。 」 ------ ----- --- -- - 由比ヶ浜「小町ちゃん・・・・さがみんもこの企画の参加者?」 小町「いえ・・・そもそも小町はあの方の事をよく知りませんし・・・・」 雪ノ下「なら、リアルなナンパを彼は救ったって事になるわね。 」 一色「いろは的にポイント高いです・・・・」 小町「いろは先輩、それ私のセリフです。 」 由比ヶ浜「小町ちゃんの一人称が私になった・・・・」 平塚「やるじゃないか比企谷。 」 川崎「助けたのがよりによって相模なのは驚きだけどね。 」 ----- ---- --- -- - 相模「その・・・ヒキタ・・・・比企谷。 」 八幡「あん?」 相模「ありがとう・・・」 八幡「・・・・・どうでもいいと思っていたけどな、見過ごすのは気分が悪かった。 今回のは特にな。 」 相模「助けて貰えてなかったらウチ犯されてたんだ・・・・」 八幡「だろうな。 」 相模「で、そのDVDを見た誰かに口止めとしてまた犯されて・・・」 八幡「考えすぎだろ。 妄想激しいな・・・・」 相模「と、とにかく!!!ありがと!!!このお礼はまた学校でするから!!」 八幡「別にいい。 」 相模「ウチの気が済まないから!!じゃあね!!!」 八幡「あいつを助ける時が一番疲れた・・・・・」 ----- ---- --- -- - 小町「さ、さぁ。 これにて本当の終了です!!」 由比ヶ浜「ど、どうしよう・・・ヒッキーがさがみんを助けたのを見てたらすごいキュンキュンしちゃった・・・」 一色「私もです・・・・絶対次に会った時にボーっと先輩の顔見ちゃう・・・」 雪ノ下「私もまともに彼の顔が見れないと思うわ・・・」 川崎「抱きしめてナデナデしたい・・・・・」 平塚「川崎と同じく・・・・」 小町「・・・・・・・ポイント爆上げだね!!」 ----- ---- --- -- - 翌日、小町は八幡に待ち合わせ場所に来なかったことを散々説教された。 そのまた翌日。 学校では、授業中由比ヶ浜から視線を感じたり、奉仕部では雪ノ下から視線を逸らされたり、休み時間に会った一色は一色でボーっと俺の顔を見られたり、川崎に呼び出されたかと思えば無言で抱き着かれ頭を撫でられたり、平塚先生も川崎と同じことをしてきそうになったので丁重にお断りしたりして怒涛の1日だったのだが、何が一番驚いたって 相模「こ、これ!!こないだのお礼!!」 と言って相模が手作り弁当を持ってきたことだった。 ちなみに昼休みにベストプレイスで食べたが結構美味かった。 どうやら由比ヶ浜や雪ノ下、相模が俺がナンパから助けたことを言ったらしく、しばらくの間の噂は全て俺関連になっていた。 こういう噂のされ方は初めてだったから困惑したが、 『ナンパされてる知り合いを助けるのは悪くない。 』 そう感じた俺がいた。 終 平塚「あれ!?私だけナンパされてない!!?」 本当に終了。 オススメ送信• button-siori'. 0 : storage. data ; storage. toast, position : 'top-center', type : data. recommend. score'. scrollup'. scrollbottom'. offset. animate-scroll'. offset. stop. button-cheer'. sent-form'. sent-form button'. parents '. find ". html sentButtonCurrentHtml ; if data. toast, position : 'top-center', type : data.

次の